が汚れている」「商品に傷がある」「洗濯したら縮んでしまった」「洗濯したら色落ちしてしまった」といったように、商品自体の製品に関してお客様の想定していた状態と異なっていた場合が考えられます。そのほかにも、「サイズが合わない」「色が気に入らない」「デザインが気に入らない」などというように、購入後にお客様の気持ちが変わるなどして起こるクレームもあります。 アパレル店員の中には、接客に苦戦している人も多いようです。お声がけをするタイミングがつかめないとファーストアプローチでつまづいてしまいます。まず、お客さまが求めている接客やコツを体得することで、接客の質を高めていきましょう。ここからは、不快と感じられてしまう接客 … ョン上級者?アパレル店員が使う「色」の呼び方, いつが捨てどき? アパレル店員さんに聞く、服の断捨離ルール, お客様に聞きました! 店員が注意すべきメイクポイント, 接客だけじゃない! アパレル業務とジョブステップ、養えるスキルのすべて, 快適にフィッティングしてもらうためにチェックすべきポイントは?. また、商品に対する不満に匹敵するほど多いクレームが、スタッフの接客態度に対するもの。たとえば、「接客の際に、気分を害するような言葉を言われ、態度を示された」「ショップを訪れた際に、販売員同士がおしゃべりをしていて接客をしてくれなかった」「クレームを言ったら、まるで客側に責任があるかのような物言いだった」などがこれに当たります。, ショップにとって、クレームは突然、発生するため、どのように対処したら良いのか慌ててしまうスタッフも多いようです。しかし、クレームを受けたときは、まずは冷静になることが大切です。クレームを言ってくるお客様は怒っている可能性が高いため、まずは、気分を悪くさせてしまったことに対して謝罪します。お互いが落ち着いて話せるような雰囲気を作りましょう。そして、お客様が求めていることをうかがい、それに対して、お店として対応できるかどうかの判断を行います。販売員だけで決められないことであれば、店長や会社に判断を委ねる必要がある旨をお客様にお伝えしましょう。, 商品に対するクレームが発生した場合、一番気をつけなければならないのは、お客様に非があるような態度をとってしまうこと。「お客様の扱いが悪いために生じた問題なのではないだろうか」といった気持ちが言葉や態度からにじみ出てしまうと、さらなるクレームのもととなってしまいます。接客態度に対するクレームの場合も同様です。「こちら側に落ち度はまったくない」といった態度を取ることは決してしてはいけません。どのような理由であれ、お客様が不満を持たれたことは事実なのです。常に、お客様の立場になって考え、行動するように心がけましょう。, クレームは、全くゼロにすることは難しいですが、あらかじめ予防することによって減らすことができます。たとえば、商品に対するクレームを減らすためには、商品置場を整理し、清潔に保つことにより、不良品を生じさせないようにすることができます。また、商品が入荷したら、入念に検品を行い、店頭に商品が並ぶ前に不良品を見つけることも重要です。 ョンズ, ビューティーカウンセラー採用, NGワード使っていませんか?アパレル接客用語を再チェックしよう, アパレル店員向け、接客のコツ, アパレル店員向け、接客に使える英語フレーズ, 美容部員に求められる接客の内容は?. アパレルショップをはじめ、接客や販売の仕事についてまわるのがお客様からのクレームです。具体的に、どのようなクレームがあるのでしょうか。また、どのような対処をすれば良いのでしょうか。, アパレルショップで働いていると、お客様からクレームを受けることがあります。最も多いクレームは、商品に対する不満です。具体的には、「縫製が甘く、糸がほどけている」「商品 4.最後に. 一方、接客態度に対するクレームは、定期的に接客研修を受けることや接客練習を行うことにより改善することができます。, また、発生し得るクレームを前もってリストアップし、ショップスタッフ間でそれを共有し、対策をとることによっても、クレームを未然に防ぐことができます。, アパレルショップは接客業であるため、どうしてもクレームは生じてしまいます。そこできちんとした対処ができるかどうかが、販売員としての腕の見せどころ。クレームを出されたお客様が、そのショップで再び購入したいと思われるようなフォローができれば、販売員として合格と言えるでしょう。. アパレルショップで働いている方や以前勤めていた方は、誰しも一度はクレームの対応をしたことがあるのではないでしょうか? 接客業においてクレーム対応は避けて通れないものですが、事例や対処 … コロナ禍により小売アパレル7割の企業が「景気が悪い」という認識で、早く特効薬、ワクチン待ちが全体の傾... 店舗退店が続く中、益々既存店舗の生産性が問われている。先日雑誌記事に生産性を図る指標の一つに「販売効... コンビニエンスストア業界の成長モデルが行き詰っている。2019年度の店舗数は58250店で40年ぶり... コロナショックの影響で多くの企業がビジネスモデルの見直しを迫られています。 新型コロナウイルスについ... 昨日もコロナ感染が急速に拡大し、東京都で新たに463人の感染が確認された。400人を超えるのは初めて... コロナで制限された暮らしは、人生や生活に必要なものとそうでないものを問い直すきっかけになった。言い換... ファッション・アパレル業界の求人ならFINES TOKYO~ファインズ東京~あなたの転職活動や派遣就業を徹底サポート, ファインズ東京はファッション・アパレル業界の発展に向け、「求人企業の業績向上」と「求職者の自己実現」を両立させることを目的に、人材紹介(正社員・契約社員・業務委託契約)、人材派遣(一般派遣・紹介予定派遣・正社員型派遣)、店舗運営受託、各種コンサルテーション等のサービスをワンストップで提供できる体制を整えたファッション・アパレル業界に特化した人材サービス会社です。デザイナー・ディレクター・パタンナー・MD・DB・店長・販売・ファッションアドバイザー・生産管理・品質管理・物流・商品管理・営業・SV・エリアマネージャー・トレーナー・プレス・販促・マーケティング・バイヤー・VMD・経営・事業人材・web・管理部門など、ファッション・アパレル業界のあらゆる職種を紹介しています。. 冒頭で述べたとおり、クレームはどのような仕事にも存在します。しかし、アパレル販売の場合は、店員自身が接客に対して高い意識を持つように心がけたり、丁寧な検品をしたりすることで、クレーム … アパレルショップをはじめ、接客や販売の仕事についてまわるのがお客様からのクレームです。具体的に、どのようなクレームがあるのでしょうか。また、どのような対処をすれば良いのでしょうか。 アパレルでありがちなクレーム アパレルショップで働いていると、お客様からクレーム …