▽ブロンズボールには、ベネズエラ代表の3位入賞にキャプテンとして大きく貢献したMFヤンヘル・エレーラ(19)が選出。既にフル代表デビューを飾っている逸材ボランチは、マンチェスター・シティのリザーブチームに在籍しており、現在は提携クラブのニューヨーク・シティで武者修行中だ。 ・シルバーボール ▽PK戦はウルグアイの2人目のキッカー、ルイス・ロドリゲスがGKフェリネスに読まれ失敗。その後ベネズエラの4人目のシテルドがクロスバーに当ててしまいイーブンに。互いに一人ずつ失敗して迎えた5人目は、先攻のベネズエラはきっちり沈めたが、ウルグアイの5人目をキッカーを務めたキャプテン・クルスが、GKフェリネスが足で止めるというファインセーブに遭い失敗。劇的な同点弾から、4-3でPK戦を制したベネズエラが逆転勝利し、決勝進出を決めた。, 大会MVPはイングランド代表FWソランケ! ◆ゴールデングローブ(大会最優秀GK) ▽さらに22分、バイタルエリア左でパスを受けたソランケが中央へ横パスを供給すると、これに反応したルックマンがペナルティアーク手前からシュート。しかし、これもGKファリニェスの好セーブに防がれた。 , Phil Foden(@philfoden)がシェアした投稿 – 2020年 7月月21日午後12時47分PDT, Mason Greenwood(@masongreenwood)がシェアした投稿 – 2020年 7月月4日午前10時22分PDT, マンチェスター・ユナイテッド所属 / イングランドU-21代表 / 18歳 / FW, Stupid penalty to give away, put my hands up for that!! ▽ソテルドの交代で敵陣へ侵攻する回数が増えたベネズエラに同点のチャンスが訪れる。73分、ボックス内でペニャランダがクラーク=ソルターに倒されPKを獲得。しかし、このPKをペニャランダが失敗。同点のチャンスを逃してしまう。 ▽結局、90分間の戦いでは決着が付かず、PK戦に委ねられることになった。ABBA方式で行われたPK戦では、全員が成功したイタリアに対し、ウルグアイは2人目のアマラルと3人目のボセッリが失敗。この結果、4-1でPK戦を制したイタリアが強豪ウルグアイを撃破し、今大会3位フィニッシュを果たした。, ▽FIFA U-20ワールドカップ(W杯)準決勝のU-20イタリア代表vsU-20イングランド代表が8日に行われ、3-1でイングランドが勝利を収め、決勝進出を果たした。 ▽シルバーボールに選出されたのは、4位フィニッシュしたウルグアイ代表の中盤で絶大な存在感を放ったMFフェデリコ・バルベルデ(18)。母国の名門、ペニャロールで輝きを放った守備的MFの逸材は、現在レアル・マドリー・カスティージャで研鑽を積んでいる。 ▽猛攻のイングランドが同点に追いつくのは時間の問題だった。66分、右サイドのオジョがクロスを上げると、GKザッカーニョが手ではじき返す。しかし、そのボールがソランケの下へ繋がると、ソランケはダイレクトで蹴り込み、ネットを揺らした。 ・シルバーブーツ サッカー殿堂, Under-20 World Cup:England beat Venezuela in final, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=U-20サッカーイングランド代表&oldid=79624654. ▽ピンチを凌いだイタリアは59分、マンドラゴーラのパスをボックス左で受けたパニコがゴールネットを揺らしたが、パニコへのパスがオフサイドの判定となりゴールは取り消された。イタリアは、62分にもファヴィッリがミドルシュートでウルグアイゴールを狙うが、これもGKメレに防がれる。 ▽先制を許したベネズエラは42分、バイタルエリア左でFKを獲得。このFKをペニャランダが直接狙うも、シュートはわずかにゴール左に逸れた。 ▽その後は両チームともシュートチャンスは作るものの、相手ゴールを脅かすまでには至らない。このまま終わるかに思えたが試合終了間際の91分、Y・エレーラが倒されベネスエラにFKの判定。ボックス手前右からのFKをソサが左足で見事に決めて、土壇場で同点に追いついた。 : U-20,19,18 イングランド代表 シュートデータ ウルグアイ代表MF:フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー・カスティージャ/スペイン) !, Callum Hudson-Odoi(@calteck10)がシェアした投稿 – 2020年 7月月19日午後1時17分PDT, Job done ✅ Tough place to go but a positive performance all round from the team. ▽試合はこのまま終了。最後にダメ押し弾を決めたイングランドが、イタリアを逆転で下し決勝進出を決めた。, ▽FIFA U-20ワールドカップ(W杯)準決勝U-20ウルグアイ代表vsU-20ベネズエラ代表が8日に行われた。1-1でPK戦にまで突入した試合は、4-3でPK戦を制したベネズエラが決勝進出を果たした。 メキシコ代表, ▽FIFA U-20ワールドカップ(W杯)決勝戦のU-20ベネズエラ代表vsU-20イングランド代表が11日に行われ、0-1でイングランドが勝利。イングランドが11度目の出場で同大会初優勝を飾った。 イングランド代表 euro予選日程 03/22 5-0 チェコ(h) 03/25 5-1 モンテネグロ(a) 09/07 4-0 ブルガリア(h) 09/10 5-3 コソボ(h) 10/11 1-2 チェコ(a) 10/14 6-0 ブルガリア(a) ベネズエラ代表MF:ヤンヘル・エレーラ(ニューヨーク・シティ/アメリカ) ▽イングランドサッカー協会(FA)は8日、韓国で行われるU-20ワールドカップ(W杯)に臨むU-20イングランド代表メンバーを発表した。. 各大会の試合結果やランキングを、選手、チーム、監督、審判などの切り口からまとめています Soccer D.B. 2020年度の「transfermarkt」による選手の市場価値において20歳以下のイングランドプレミアリーグの選手で1位になったのは、昨シーズンブレイクしたアーセナル所属のMF マテオ・ゲンドゥージ (20)で市場価値は€45mとなった。 【関連記事】:アーセナルの未来を担う若手の逸材6選手! 8位以下になると多くの選手が同率で並ぶので、今回は8人に絞った。 ワースト7位タイ:ネイマール(PSG) 下落額:3200万ユーロ(39.4億円) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); マンチェスター・ユナイテッド所属 / イングランドU-20代表 / 19歳 / DF, God’s Child (@bukayosaka87)がシェアした投稿 – 2020年 7月月4日午後12時29分PDT, M A(@maxaarons2)がシェアした投稿 – 2020年 6月月27日午後1時51分PDT, Important win, big 3points! 久保建英もランクイン! ▽攻勢を強めたいベネズエラは51分、チャコンを下げてソテルドを投入。すると直後の52分、ソテルドのスルーパスでボックス右から侵入したセルヒオ・コルドバが決定機を迎えたが、これは飛び出したGKウッドマンがファインセーブ。さらに55分にも、ルセナの右CKからY・エレーラがヘディングシュートを放ったが、これも相手GKのセーブに阻まれた。 30秒で天国から地獄へ…!試合終了間際、決死の攻撃参加から劇的ゴールを決めたGKを悲劇が襲う! ▽迎えた後半、攻撃のギアを上げたウルグアイは立ち上がりから決定機を作る。46分、スルーパスで左サイドを突破したオリベラがマイナスに折り返すと、ボックス中央に走り込んだバルベルデが合わせたが、これはゴール右に外れた。 Lads were superb. ◆ゴールデンボール(最優秀選手賞) But buzzing to be in the final, great team performance from the boys!! ▽試合立ち上がりはベネズエラペースで進んでいく。開始1分に、ルセナが敵陣中央からロングシュートでGKフェリネスを急襲すると、13分にもフェラレーシがFKから頭で合わせるなど、GKに休む暇を与えない。 市場価値:€8m(約9億円) トッテナム所属 / イングランドU-21代表 / 19歳 / MF 及び特定個人情報の適正な取扱いの確保に関する基本方針. ◆FIFAフェアプレー賞 ▽その後は、連戦の疲れからか試合が停滞する。40分、ウルグアイはバイタルエリア中央からビエラが強烈なロングシュートでイタリアゴールを脅かしたが、これもGKプリツァーリのセーブに防がれ、前半はゴールレスで終了した。 イングランド代表GK:フレディー・ウッドマン(ニューカッスル/イングランド) ▽先制したウルグアイは、51分にも追加点のチャンスが訪れる。クルスがボックス右からクロスをあげると、ゴール前フリーで待っていたスキアッパカッセがダイレクトで狙う。しかし、やや当たり損ねたシュートはGKフェリネスがブロック。こぼれ球に詰めるも今度はDFのブロックに遭い、得点とはならなかった。 ▽準決勝でPK戦の末にU-20ベネズエラ代表に敗れたウルグアイと、U-20イングランド代表に1-3で敗れたイタリアの一戦。グループステージ初戦と同じ顔合わせとなった3位決定戦は、開始3分にウルグアイにチャンス。前線でボールキープしたアルダイスのラストパスをボックス右で受けたカノッビオが縦に切り込みシュート。しかし、これは右サイドネットに外れる。 ▽さらに、54分にドーウェルに代わって入ったオジョが、立て続けに決定機を迎える。55分に左サイドからのクロスのこぼれ球をオジョが狙うがゴールの左へ。さらに59分にもボックス右外からオジョが左足で狙うも、ボール一つ分枠の左へそれてしまう。続く61分にもオジョにチャンスが訪れるがGKザッカーニョに阻まれる。 イングランド u-16: 5 (0) 2010-2011 イングランド u-17: 17 (0) 2010-2012 イングランド u-18: 3 (0) 2012-2013 イングランド u-19: 8 (0) 2015 イングランド u-20: 3 (0) 2015-2017 イングランド u-21: 14 (0) 2017-イングランド: 26 (0) 1. 《U-20W杯》, 死闘の末、PK戦を制したベネズエラがウルグアイを下し決勝進出!! “のぞき”は許されない、VARを盗み見たスアレスがスポーツマンシップに反してイエローカード, 圧巻バイシクル!若手を牽引する39歳イブラヒモビッチのリーダーシップ「残りの面倒は俺が見る」, ▽11日、韓国で開催されていたFIFA U-20ワールドカップ(W杯)2017の全日程が終了した。そして、決勝戦終了後に大会最優秀選手賞および大会得点王が発表された。 日韓戦のメキシコ代表がメンバーを発表《国際親善試合》. ◆ゴールデンブーツ(大会得点王) ▽また、最優秀GKに贈られるゴールデングローブは、決勝戦で見事なPKストップを披露し、イングランドの1-0の勝利の立役者となったGKフレディー・ウッドマン(20)が選ばれた。なお、FIFA U-20W杯2017の各賞受賞者は以下の通り。 ▽1-1で突入した延長前半、98分にクルスがドリブルで突破し、ボックス左のカノッビオにラストパス。左足からのシュートはGKの正面に飛んでしまいゴールとはならず。直後の99分、ウルタドが難しい角度から右足で狙うが、GKサンティアゴ・メレがセーブする。 「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持つ者だけ」21世紀で最もPKを外したのは誰?トップは同数で、やはりあの2人…! ▽迎えた後半、早く同点に追いつきたいイングランドは攻勢をさらに強め、次々とイタリアゴールを脅かす。53分、ソランケが自陣でボールを持つと、カウンター気味にドリブルを開始。そのままボックス手前まで持ち込みシュートを狙うが、ゴールの上へ外れた。 ▽試合は開始早々に動く。2分、自陣でFKを得たイタリアが素早いリスタート。イングランドの対応が遅れているうちに、スルーパスからボックスに侵入したファヴィッリが中へ折り返す。そこに右から走り込んできたオルソリーニが左足で合わせ、イタリアが先制に成功した。来シーズンのユベントス加入が内定しているオルソリーニは今大会5点目となった。 ▽試合終盤にかけて決死の猛攻を見せるベネズエラに対し、イングランドは最後まで集中した守り披露。結局、試合はそのまま終了。1-0で勝利したイングランドが、U-20W杯初制覇を飾った。, ▽11日にFIFA U-20ワールドカップ(W杯)3位決定戦のU-20ウルグアイ代表vsU-20イタリア代表が行われ、0-0で90分間の戦いが終了。その後に行われたPK戦を4-1で制したイタリアが初の3位入賞を果たした。 ▽イングランド代表の初優勝で幕を閉じたFIFA U-20W杯で、大会最優秀選手に与えられるゴールデンボールに輝いたのは、イングランドを優勝に導く原動力となったFWドミニク・ソランケ(19)。今大会で全試合に出場し、チーム最多の4ゴールを記録したソランケは、今夏チェルシーを退団し、新シーズンからリバプールでプレーする注目のアタッカーだ。 ▽完全にイングランドの流れの中、勢いそのままに逆転に成功する。交代で入って以降何度もチャンスを演出しているオジョが、右サイドからクロスを上げると、ゴール前のルックマンが胸でトラップし、ハーフボレーでゴールに沈めた。 20歳以下のサッカー選手市場価値ランキングトップ50はこれだ! ▽準決勝でPK戦の末にU-20ウルグアイ代表に勝利したベネズエラと、準決勝でU-20イタリア代表に3-1と快勝したイングランドが激突。どちらが勝っても初優勝となる一戦は、ポゼッションを高めて能動的に仕掛けるイングランドに対し、ベネズエラがショートカウンターを狙う展開となる。 ・ブロンズブーツ フランス代表FW:ジャン=ケヴァン・オギュスタン(パリ・サンジェルマン/フランス) ▽大会得点王に与えられるゴールデンブーツは、今大会で5ゴールを記録したイタリア代表FWリッカルド・オルソリーニ(20)が受賞。セリエBのアスコリで“イタリアのロッベン”と評される左利きの右ウイングは、来シーズンからのユベントス加入が決定している逸材だ。 元イングランドu-19代表: df 6 クリス・ベイシャム: 1988/7/20: イングランド: df 12 ジョン・ … ▽イングランドの1点リードで迎えた後半、ベネゼエラは[4-2-3-1]の布陣から[4-4-2]の布陣に変更。前半は左MFで起用したペニャランダを1列前に移動させた。すると50分、左サイドで獲得したFKからルセナがクロスを供給。これをボックス中央のY・エレーラが頭で合わせたが、これはGKウッドマンがキャッチ。 ▽後半序盤からベネゼエラの猛攻を受けたイングランドだが、56分に反撃。バイタルエリアまで持ち上がったオノマーが強烈なミドルシュートでベネズエラゴールを脅かしたが、これはクロスバーを直撃した。