サーチコンソールに戻って「確認」ボタンをクリック。 すぐに反映されないので、ちょっと時間がかかります。 所有権を確認できませんでした とか言われちゃいます(笑) 私の場合、1つ目のサイトは10分くらいで反映されました。 サーチコンソールのデータは毎日見る必要はないのかもしれません。 でも、5日も更新されないと、ちょっと不安になりますね。 いずれにしても、気長に待つしかなさそうです。 追記(2016年3月2日) 通常は2~3日遅れでデータが表示されるようです。 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". 履歴消したり、「解決法〇〇選」とかいうの これを「お名前.com」に設定しますよ。, ここで「コピー」して覚えても良いけど、また戻ってくるので サーチコンソールの認証作業が完了すれば、3日ほどでデータが反映され始めます。 導入後の作業になりますが、Googleアナリティクスを使っているならばプロパティの連動設定をしておけば、使い慣れた管理画面で流入語句の詳細な分析もできるようになります。 サイトのドメインを入力します。, DNSレコードでのドメイン所有権の確認のところの「コピー」 サーチコンソールの認証作業が完了すれば、3日ほどでデータが反映され始めます。 導入後の作業になりますが、Googleアナリティクスを使っているならばプロパティの連動設定をしておけば、使い慣れた管理画面で流入語句の詳細な分析もできるようになります。 「自分のサイトにSEO対策を行ったけど、検索結果に全く反映されない……」「SEO対策が反映されるまでの時間ってどれくらいなんだろう?」, 今回は、そういった方向けに、SEO対策が反映されるまでの時間はどれくらいなのか、SEO対策がなかなか反映されない場合の原因や対策はどういったものなのかということを、具体的に説明していきます。, この記事を読めば、SEO対策が検索結果に反映されるまでの時間が分かり、具体的な対策を行うことができるようになりますよ。, SEO対策が検索結果になかなか反映されず、「一体どれくらいの時間で反映されるんだろう?」と思っている方は多いと思います。, 結論からいうと、SEO対策が検索結果に反映されるまでの時間は、具体的には分かりません。, 一般的に1か月~6か月程度でSEO対策が反映されるといわれていますが、具体的な数字についてはGoogle側の人間にも分からないのです。, SEO対策が反映される時間について、GoogleのJohn Mueller氏も「明確なラインは設けられない」と、以下の動画で語っています。, 検索結果の順位を決めている検索エンジンの、Google側の人間でさえ分からないため、私たちにはもちろん正確な時間が分からないのです。, SEO対策を施したページを正当に評価してもらい、検索結果になるべく早く反映してもらうことが大切なのです。, 以下では、SEO対策が検索結果になかなか反映されない場合の原因と、その対応策について具体的に紹介していきます。, SEO対策が検索結果に反映されるまでの時間が長いと、サイトやブログを運営していて不安ですよね。, 具体的に対策を打ってから1か月~6か月以上経っている場合は、まずここで紹介する原因が、あなたのブログやサイトに当てはまっていないか確認してみて下さい。, 原因がわかれば適切な対策を打って、SEO対策が反映されるまでの時間を短くすることができます。, また、原因によっても行うべき対策も変わってくるので、原因を特定することは大切です。, クローラーが、あなたのサイトのページに巡回してきていないために、SEO対策の効果が反映されるのが遅れていることも、原因として考えられます。, なぜなら、クローラーがページに巡回しに来なければ、そもそも検索結果にそのページが並ぶことがないからです。, 公開したページや、更新したページが検索結果の順位に反映されるまでの流れは、以下の通りです。, このような流れで、検索結果の順位が決まるため、まずはクローラーにページを見つけてもらうことが何よりも大事なのです。, 順位が低いなどの問題以前に、検索結果に全くページが表示されないという場合は、クローラーがページに巡回しにきていないかもと疑ってみてください。, キーワード選定を想定している場合、基本的には、1ワードで構成される単一のキーワードと言い換えられます。, SEO対策を適切に講じていたとしても、ビッグキーワード(検索数の多いキーワード)を狙っている場合、検索結果で上位表示されるのは難しくなります。, なぜなら、ビッグキーワードは検索数が多いので、その分競合サイトが多く、また強い傾向があるからです。, どれだけ良いコンテンツを作ったとしても、競合が多くて強ければ、検索結果で上位表示を狙うのが難しいのは当たり前です。, SEO対策は適切に行っていて、検索結果には表示されているけど、なかなか順位が上がってこないという場合は、ビッグキーワードを狙っていることが原因かもしれません。, 上で説明した原因に、あなたのサイトのページが当てはまる場合、適切な対策を講じることでSEO対策が反映されるまでの時間を早めることができます。, ここでは、そんなSEO対策の効果が反映されるまでの時間を早めるための対策を、具体的に紹介していきます。, あなたのサイトが抱えている上述の原因に合わせて、以下の対策を活用し、SEO対策の反映時間を縮めていきましょう。, そもそもページが検索結果に反映されていない場合は、インデックスをGoogleにリクエストするという対策を行いましょう。, ページのインデックスをGoogleにリクエストすると、クローラーがページを巡回しに来てくれるようになります。, 具体的には、Googleサーチコンソールを利用して、以下のような手順でインデックスのリクエストを送信します。, この流れに沿ってインデックスのリクエストを行えば、クローラーがページに巡回しに来てくれるようになります。, ただし、あくまでリクエストを行うだけなので、必ずインデックスしてくれるかどうかは分かりません。, インデックスされる可能性をさらに高めたい場合は、次に紹介する施策も同時に行いましょう。, Googleの検索結果になかなかインデックスされない場合、XMLサイトマップを送信することで、クローラーがサイト内を巡回しやすくなります。, なぜなら、XMLサイトマップは、サイト全体の構造を示したものであるため、クローラーが参照することで、サイト構造を把握できるからです。, XMLサイトマップは自分で作成し、Googleサーチコンソールで送信することもできますが、ややこしいのでワードプレスのプラグインを使用するのがおすすめです。, ワードプレスを使用してサイトやブログを運営している方であれば、こちらのプラグインを利用するのが良いでしょう。, XMLサイトマップをGoogleに送信し、クローラーがサイトを巡回しやすくすることで、サイトのページのインデックスを促進することができます。, キーワード選定を前提としている場合、2語以上のキーワードと言い換えてもいいでしょう。, SEO対策を適切に行っていて、検索結果には反映されているけど、なかなか順位が上がってこないという場合は、このロングテールキーワードを狙ったページを作成しましょう。, なぜなら、ロングテールキーワードは、2語以上のキーワードから構成される複合キーワードであるため、範囲が限定されて検索ボリュームが少なくなるからです。, 検索ボリュームが少なければ、一般的にはそれに比例して、競合サイトも少なくなります。, ビッグキーワードとロングテールキーワードの検索ボリュームの比較は、以下の通りです。, 例)「コーヒー」 ビッグキーワード: 「コーヒー」→約 589,000,000 件, ロングテールキーワード: 「コーヒー 歴史」→約 66,600,000 件 「コーヒー 歴史 アメリカ」→約 11,700,000 件, このようにキーワードが、2語、3語と増えるにしたがって、検索ボリュームが少なくなります。, 検索意図が具体的になり、競合サイトが減ると考えられるので、上位表示を狙いやすくなるのです。, まずはロングテールキーワードを狙って検索順位を上げ、サイト全体の評価を高めることを優先しましょう。, 今回は、SEO対策が反映されるまでの時間はどれくらいなのか、SEO対策がなかなか反映されない場合の原因や対策はどういったものなのかということを説明しました。, ただし、これもあくまで一般論に過ぎず、Googleが公表しているわけではないので、確実な反映時間はわかりません。, この記事を参考にして、SEO対策が検索結果に反映されるまでの時間が長い場合の原因を明確にし、具体的な対策を行うようにしましょう。, WEBMARKSがあなたのビジネスを一緒に盛り上げます!ささいな疑問点も、お気軽にご連絡ください。, フリーランスのWEBライター。出張バリスタ&WEBライターとして活動。コーヒー関連の記事を中心に、ブログや他社メディアでライティング。検索結果で上位表示を獲得した経験を生かして、SEO対策コラムを多数執筆中。, SEO対策が検索結果に反映されるまでの時間が分かり、具体的な対策を行うことができる, 検索結果の順位を決めている検索エンジンの、Google側の人間でさえ分からないため、私たちにはもちろん正確な時間が分からないのです, SEO対策が検索結果に反映されるまでの時間が長いと、サイトやブログを運営していて不安ですよね, あなたのサイトのページに巡回してきていないために、SEO対策の効果が反映されるのが遅れている, あくまでリクエストを行うだけなので、必ずインデックスしてくれるかどうかは分かりません, インデックスされる可能性をさらに高めたい場合は、次に紹介する施策も同時に行いましょう, XMLサイトマップをGoogleに送信し、クローラーがサイトを巡回しやすくすることで、サイトのページのインデックスを促進, https://webmarks.jp/wp-content/uploads/2019/12/logo.png, [メニュー]→[URL検査]と進みインデックスして欲しいページのURLを貼り付ける. なにをやるにも時間がかかるんです。, モデムのコンセント抜いて一定時間放置してみたり ※ 2016/3/1:Fetch as Googleと更新頻度による検索結果への反映時間についての説明を追記。, サイトやページに加えられた変更が検索結果に反映されるまでにかかる時間は変更内容に依存するので、Googleでも一律に定めること、言えることではないことが『海外SEO情報ブログ』のエントリー「変更内容が検索結果に反映するまでに必要な時間 ―― ちなみに「アルゴリズムのペナルティ」はGoogleにはない | 海外SEO情報ブログ」にて報じられていました。, 私のみならず、SEOに携わっている人のほとんどの人が「サイト修正を行ったのだけど、この内容はいつ検索結果に反映されるの?」という質問を多く受けることがあると思います。, (その際、私はいつも「Googleではないので正確には言えませんが・・・」という前置きをしつつ、修正したボリュームを鑑みて経験則からおおよその期間を見積もります。), 今回、同じ質問がGoogleのジョン・ミューラー氏に投げかけられ、そのときのやりとりが紹介されていましたので、私の雑感と共に共有をしたいと思います。, 変更後の変化が見えるようになるまでにはどのくらいの時間がかかるかについては、たいていはかなり速い。だが、変更がすべて行われて落ち着き、その変更を考慮にいれるまでに多少時間がかかるアルゴリズムもある。たとえばサイト全体にわたって変更を加えたらより長い時間がかかるだろう。再インデックスや再処理などすべてが完了するのに2、3か月かかることがあるかもしれない。, 一方で、titleタグの変更のように個別のページに対する変更なら、2、3日で反映されるだろう。, したがって、この変更をやったら1週間後、2週間後ぴったりに検索結果に反映されるという明確なラインを設られるものではない。, 変更内容が検索結果に反映するまでに必要な時間 ―― ちなみに「アルゴリズムのペナルティ」はGoogleにはない | 海外SEO情報ブログ, 以前に当ブログでもエントリーをしましたが、検索エンジンにインデックスされても、すぐにコンテンツの質(評価)は決まりません。, 即ち、すぐにインデックスされたとしても、しばらくの間は安定せずに検索順位は変動を繰り返すのです。, また、ミューラー氏が語っているように、サイトやページを変更した内容が検索エンジンに評価、反映されるまでにかかる時間についてはGoogleにも明確なラインがなく、一概に言えることではないのです。, SEOに携わっている人はだいたい上記と同じくらいの肌感覚、経験則を持ち合わせているでしょうし、「いつ検索結果に反映されるの?」という質問には、ミューラー氏と同じような回答をすることでしょう。, ただし、その回答もあくまで推測であり、一概には言えないことなのだとご理解ください。, titleタグの変更にしても、そのページのクロール頻度にも依存します。なかなかクローラがやってこないページであれば、2、3日ではなく2、3週間かかるかもしれません。でもFetch as Google実行後にURLをインデックスに送信すれば、1日ほどで反映されることも普通です。, ドメイン名の変更を伴うサイト移転は規模が大きければ大きいほど、反映までに時間がかかりそうです。, 「Fetch as Google」を使えば、Googleに即座にインデックスしていただくようにリクエストが出来るのですが、これもあくまで「インデックス」を促進するだけであり、検索結果にすぐに表示させるものではありません。, 【SEO】「Fetch as Google」はすぐにインデックスするものではなく、リクエスト送信をするだけのものです - 検索サポーター, 結局は変更内容、ボリュームはもちろん、サイトの状況などにも大きく影響するので、私達も明確な答えは出せないのです(答えられるのはあくまで経験則による目安です)。, 完全なる正解、明確な尺度はGoogleでさえも出せない、一概に言えることではないのです。, (よく「更新頻度が高ければすぐに検索順位に反映される(検索順位が上がりやすい)」という都市伝説がささやかれますが、あくまで「インデックスされやすいだけ」であり、即座に検索順位が決まるわけではないのです。), 【SEO】更新頻度は検索順位には影響しない。頻度よりも大切なものとは? - 検索サポーター, ほかの例では、パンダアップデートやペンギンアップデートは、常時稼働していないので、問題点を改善したとしても結果がわかるまでには半年以上、ともすれば1年近くかかります。直近のパンダアップデート4.2は、前回の更新から10か月の間隔が空いたうえに、展開が完了するまでに数か月かかるとGoogleは言っていました(まだ完了していないっぽい)。, 【Google】ついにパンダアップデート4.2が開始!完全ロールアウトまでは数ヶ月を要す見込み - 検索サポーター, このようにSEOに限らず不明確かつ、自分自身の力が及ばない要因がある場合、私はそれ(外部要因)に注力するのではなく「自分の出来ること、出来る範囲でのことを実行する」ことに注力するべきだと考えます。, そもそも検索ユーザーに求められていること、サイト運営者が考えるべきことは、コンテンツの検索順位を上げることではなく、コンテンツの質を上げることだと言えるからです。, (当ブログではかなりしつこく言っていることですが)「SEOは手段であって目的ではありません。」, 最近なら「バズる方法も手段であって目的ではありません。」といったところでしょうか。, 「良質なコンテンツを作成した上で」バズる方法を考えることこそが自然な流れ、真っ当な施策であるのですが、SEOでは方法論ばかりが語られるように、最近はバズる方法論ばかりが語られ、肝心の中身(コンテンツ)が伴っていないということがあります。, (バイラルメディアを想像すれば分かりやすいでしょう。「タイトルに釣られて」、肝心の中身、コンテンツの質がが伴っていないことが多いですよね。), しかし、それよりも先に実行すること、考えるべきことがないか(SEOやバズる方法よりも先に)、「肝心の目的は何なのか」を今一度考えてみることを私は推奨します。, 【SEO】SEOは方法論ばかりになりがち。本質はユーザーのニーズを満たすことです。 - 検索サポーター, 【ブログ運営】バズる方法だけでは良質なコンテンツは作成出来ない - 検索サポーター, 1億人のSNSマーケティング バズを生み出す最強メソッド〈SNS検索、インフルエンサー、UGC、ULSSAS〉, 販促・PR・プロモーション ネット戦略のやさしい教科書。 小さな予算で最大限に知名度と成果を上げる6つの宣伝術, 文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート 日々の更新に使えるネタの考え方と書き方, SEOやPPC広告運用、コンテンツ企画からライティングも行うサッカー大好きWebマーケティングコンサルタント『サーチサポーター』代表の敷田憲司です。福岡県北九州市出身、東京在住。, 【SEO】Googleでも検索結果に反映するまでの必要時間は一概には言えないのです, 【告知】「1億人のSNSマーケティング バズを生み出す最強メソッド」が2020年3月3日に発売!, 【ブログ運営】2020年 新年のご挨拶と今年の抱負(&Webサイト、ブログの考察), 【告知】「KPI・目標必達のコンテンツマーケティング 成功の最新メソッド」が2019年10月1日に発売!, 【告知】「販促・PR・プロモーション ネット戦略のやさしい教科書。小さな予算で最大限に知名度と成果を上げる6つの宣伝術」が2019年4月2日に発売!. Googleサーチコンソール(Search Console)の機能一つ、「インデック登録をリクエスト」を利用すればすぐにGoogleにインデックスをすることが可能です。, ここではインデックス登録のリクエストの方法について解説します。Googleから検索流入を獲得するためには記事を投稿するだけでは非効率です。記事投稿後Googleにインデックス(掲載)をお願いする必要があります。, インデックスとはGoogleなどの検索エンジンに自分の記事やホームページが掲載されることを言います。インデックスすることで検索ユーザに検索結果で自分のブログを見つけてもらう事が可能になります。インデックスをリクエストする方法は2つです。, 今回は2の「インデックス登録をリクエスト」の方法を紹介します。Googleは専用のプログラムで世界中のブログやホームページをインデックスしようと巡回しているので自分のサイトがすぐにインデックスされるとは限りません。, そこで「インデックス登録をリクエスト」をすることでGoogleのインデックスを促すことができます。次にインデックス登録をリクエストする方法を下記に掲載します。, 2019年4からGoogleサーチコンソールの仕様が新しくなっています。以前使用していた「Fetch as Google」は仕様が新しくなり使えなくなりました。, Googleサーチコンソールが新仕様になり「インデックス登録のリクエスト」はより簡単になっています。, まだログインしていない人は「今すぐ開始」クリック後、Googleアカウントとパスワードを入力してログインしましょう。, 検索ボックスに「インデックス登録をリクエスト」を行いたい記事のURLを入力します。, まだインデックス登録されていないURLは「URL が Google に登録されていません 」の表示になります。画像部分の「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。, しばらく「公開URLがインデックス登録可能かどうかをテストする」 のポップアップが出現ししばらく読込が続きます。, Googleサーチコンソールでインデックス登録のリクエストが完了した後はGoogleにインデックスされているかの確認をしましょう。確認する方法は2つあります。, Googleサーチコンソールの検索ボックスにインデックス登録を確認したいURLを入力し「URLはGoogleに登録されています」の文言が表示されれば問題なくGoogleにインデックスされています。, 「site:」はGoogleのコマンドの一つです。Googleでインデックス登録されている実際のページを検索結果で確認をすることができます。, 例えばこの記事であれば「site: https://shima-blog.com/google-index-request 」と検索することによって下記の画像のような検索結果になります。, 検索結果に表示されている事が確認できればGoogleにインデックスされていることになります。, この記事投稿後上記作業を行いインデックスまでの時間を計測しました。 Googleサーチコンソールでは反映がまだされていませんでしたが、Google検索で「site:」をつけてURL検を索するとインデックス登録のリクエスト作業の1分後にGoogleに登録されているのが確認できました。早いですね。, 「インデックス登録のリクエスト」はあくまでGoogleに登録を依頼をしているものになります。リクエスト後GoogleがリクエストされたURLを公開してもよいか判断をしてインデックス登録を行います。そのため様々な理由によりすぐにインデックスされない場合もあります。, しかし時間が経てばGoogleが巡回してきて自然にインデックス登録が行われますのでもし「インデックス登録のリクエスト」を行ったがなかなかインデックスされないとなっても「インデックス登録のリクエスト」を何回もするのは控えましょう。, 「インデックス登録のリクエスト」後Googleがどのキーワードで何位に掲載するのが良いかを判断します。そのため自分の狙ってるキーワードでのインデックス登録と違う結果になる事もあります。その場合は記事の構成や検索上位の記事を参考にし自身の記事をリライトするなどの修正が必要になります。, 以上Googleサーチコンソールを使ったインデックス登録のリクエストの方法と注意点を解説しました。一昔前に比べて操作も簡単ですぐにインデックスされるイメージがありとても使いやすいツールです。, 検索流入は自身のメディアのアクセス数を増やすために重要になりますのでこの作業はルーティン化する事をおすすめします。.