・運転日報の作成 ジョブカン勤怠管理のトライアルアカウントを発行してはみたものの、「マニュアルを見てもどう設定すればいいか分からない…」というご担当者様もいらっしゃるかもしれません。今回は出勤管理を行うための基本の初期設定が、「何のために必要で」「何に関連しているのか」を解説させていただきます!, この記事では、各設定の「役割」をメインに説明します。具体的な設定方法については、ヘルプページへのリンクを掲載していますので、そちらも併せて参照しながら進めてみてください。まず、ジョブカン勤怠管理にはとりあえずこの登録が終われば、基本的な出勤管理ができるようになる設定一覧ページがあります。それが、勤怠管理のメニューの右端の「基本情報設定」の中にあります、「初期設定一覧」です(オレンジの囲み)。, 下記の8項目が、基本の初期設定になります。この8項目の設定を終えると、打刻による出勤管理、勤務データの集計が可能になります。, 端から順番に設定していけばOKですが、まず設定を進める前に知っておいていただきたいポイントをお伝えします。それは、初期設定の中の、①グループ設定と、②スタッフ種別設定は、それ自体で完結するのではく、それ以外の設定にも関わってくるということです。例えば、下記は所定時間・残業・深夜を設定する項目ですが、その中に「所属グループ」と「スタッフ種別」を選択する箇所があります。, このように、ある設定を作るとき「社内のどの人たちに対しての設定か」の選択肢を作るための設定が①グループ設定と②スタッフ種別設定です。具体的にどういうことか、スタッフ種別の例で見てみましょう。例えば、正社員、という雇用形態の中に「フレックスで働く人たち」と「時短勤務する人たち」がいたとします。その場合、正しくジョブカン勤怠管理で管理するためには、「正社員」という一つのスタッフ種別だけではなくて、正社員(フレックス)と、正社員(時短勤務)という二つのスタッフ種別に分けて登録する必要があるのです。そうすると、正社員(フレックス)のための、所定時間・残業設定と、正社員(時短勤務)のための所定時間・残業設定を分けて設定が可能になります。このグループ・スタッフ種別は色々な設定の中で利用します。下記のような、働き方に関する設定を、この記事では「働き方ルール」を呼ぶことにします, もし、「あの人たちだけは、別の働き方ルールで管理したい」と思われたときはグループ・スタッフ種別に戻って、その人たちだけのグループやスタッフ種別が作成できないか、考えてみましょう。上記の「考え方」が理解できれば、初期設定を始める準備はバッチリです。早速、グループ設定から始めましょう。, 一般的には、部署・事業所では、働き方ルールは同じことが多いですよね。なので、難しいことは考えず、基本的には、社内の組織図にあるような、グループ区分を設定すればOKです。例えば、, 東京本社の下に、営業部・総務部・人事部が存在。その人事部の下に、採用課・労務課が存在。採用課の下に、ダイバーシティー推進チームが存在。, ただし、最初に述べたように、異なる働き方ルールが適用される場合には、さらに細かく区切ったグループが必要になる場合もあります。, スタッフ種別=雇用形態と考えていただいてOKです。以下が、初期設定として登録されているものになります。, ただし、先ほど例にも挙げましたが、社員の中でも、短時間勤務契約の社員と、フルタイム契約の社員がいた場合には、所定時間・残業設定に異なるルールを使うことになるので、スタッフ種別を分けて設定する必要があります。逆に、社員用の働き方のルールは1つしかない、という場合には、初期設定を変更する必要もなく、初期設定の中の「社員」だけ使えばいいことになります。なので、会社によっては、初期設定のまま特に触らなくともOKな項目です。, ジョブカン勤怠管理で打刻する社員の情報を登録する項目。これだけはどの会社も避けて通れない設定です。登録必須な項目は、【姓名】【メールアドレス】【スタッフコード】だけ。メールアドレスは、従業員が自分のパソコンや携帯から打刻するとき、打刻修正・休暇申請をするときに利用する「自分専用のページ」を作るときに必要になります。ですが、従業員には会社で付与しているアドレスも、私用のアドレスも存在しない…という場合は、空欄のままでも保存することが可能です(空欄でも、システムが自動で適当なアドレスを作るので保存できます)。ただしこの場合、従業員にはジョブカンからのメール通知も、マイページを付与することもできず、単純な打刻のみ可能となります。打刻修正なども管理者側で行う運用となります。次に、スタッフ情報を登録する画面下部にある「基本シフト作成へ」というボタンから、基本シフトが設定できます。, 基本シフト、というのは「この従業員は、◎曜日には◎時~◎時で働きます」という設定です。基本シフトを登録しておくと、システムが、実際の打刻時間が基本シフトと異なると「あれ、この人は9時から働くはずなのに、10時になっても出勤の打刻がない。遅刻だ!」と判断でき、遅刻・早退・欠勤の判定がつくようになります。逆に、そのような判定は不要で、最低限の打刻の時間の確認だけができればよい、という場合は、基本シフトは設定しなくても問題ありません(ただし、基本シフトに関連した勤務データは集計できません)。, 初期設定を進めているご担当者様が、打刻修正の承認作業なども含めて、「私が唯一の管理者で、一人で全従業員の勤怠管理をします」という場合には、この項目はスルーしてOKです。もし「自分以外にも、管理業務を行う人がいます」という場合には設定が必要です。, 例えば、勤怠管理は人事総務の専任者が行い、各グループ(部署や店舗など)の打刻修正の承認などは、各グループ長(部長や店長など)が行う、という場合です。グループ管理者を設定することで、自分以外の社員に、ジョブカン勤怠管理を使った管理業務の権限を与えられます。, 上記画面で、グループ管理者となる人の姓名、その人が管理者としてログインするためのログインID/パスワード、そして管理するグループを設定します。その管理者に対して、どんな権限を与えるかも柔軟に設定可能です。初期設定では、すべての権限が付与されている状態なので、権限に制限をかけたい場合のみ権限設定を行いましょう。, これで、従業員の管理ルール設定が終わりました。残り半分となります。次は、働き方のルールを設定していきましょう。, クラウド勤怠管理システムをご利用するということは、給与計算のための、勤務データが自動で集計された結果を見たいとお考えでしょうか。自動集計結果を正しく出すための設定です。所定労働時間、残業手当/時間、深夜手当/時間をそれぞれ設定します。初期設定では、「全て/全て」の社員に、日計算かつ所定8時間の設定がされています。この「全て/全て」とは、最初に設定した「グループ/スタッフ種別」がそれぞれ「全て」ということです。もしグループごと、スタッフ種別ごとに、所定時間などが異なる場合には、それぞれ、分けて登録していきましょう。, オレンジ色の下線のところで、個別にルールを定めるグループ・種別を選んでいきます。例えば、所属グループには関係なく、契約社員の人用のルールがあるとします。その場合は、上記画像のように、, を選択し、「表示」をクリックします。これで、契約社員用の登録フォームがその下に表示されます。新たに作る場合には、「現在このグループ/種別には設定がありません」と表示されます。「0時間」などになっている部分に登録を進めましょう。このように、社内の従業員が異なる働き方のルールを持っていても、グループとスタッフ種別をきっちり区分けしておけば、スムーズに登録できます。, もし、勤務時間を打刻通りに1分単位で集計している場合には、飛ばしてしまってOKです。勤務時間を5分、10分とまるめて集計している場合には設定が必要です。ここでも、打刻のまるめルールは、「グループ/スタッフ種別」で分けて作ることができます。全社的に同じルールで運用しているならば、全社向けルール(全て/全て)だけの設定でOKです。, 会社のお休みを設定する画面です。公休日、法定休を設定できます。ここでも、「グループ/スタッフ種別」に分けて設定が可能です。, もし全社員に対し、休憩のたびに開始と終了の打刻をしてもらう運用の場合、設定は不要です。「休憩の打刻はせず、打刻するのは出勤と退勤の2回だけ。休憩は勝手に引かれるようにしたい」というような運用を希望する場合には、設定を進めましょう。休憩時間の管理方法は2種類です。, 時間で管理 ⇒ 1日〇時間以上働くと〇時間、休憩として引く時刻で管理 ⇒ 開始と終了時刻を指定して、〇時~〇時を休憩として引く, 「休憩の打刻もさせたいけれど、打刻による休憩時間が1時間より短い場合」や、「1時間休憩したと見なして集計したい場合」の設定も可能です。, 以上で、出勤管理のための基本的な初期設定は完了です。「運用をシステムに合わせるのではなく、システムを運用に合わせることができる」という点が、ジョブカンの魅力の一つです。「もっとこういう設定にはできないの?」と思うことがあれば、お気軽にカスタマーサポートにご相談ください。, 出勤管理、シフト管理、有休管理、残業管理まで勤怠管理業務に必要な全ての機能を備えています。無料から使えるので、タイムカードと比べてコストや業務時間を大幅に削減します。, 社会保険労務士法人つむぎ ・ストレスチェック機能, 今まで指定用紙で処理していた場合ペーパーレス化もできるので、テレワークを進めたい企業に最適です。また、人事の方の業務負担の軽減も見込めます。, \ たった1分で「MINAGINE就業管理」の機能・料金がわかる / まずは無料で資料ダウンロードする, ジョブカンは、10年以上の歴史があるクラウド型勤怠管理システムです。これまでに5万社以上が、ジョブカンを利用してきました。, Slackからの打刻入力はもちろん、シフトの確認を行えるので、変動労働制を取り入れている企業にとっては、従業員がスムーズに予定確認をできるようになるのがメリットと言えます。, また、現在までの労働時間の確認もできるので、長時間労働の防止に活用することも可能です。, IEYASUは、従来の機能である「LINE打刻」に加えて、Slackから出勤・退勤打刻を行うことができる「slack打刻」機能を、2020年4月にリリースしました。, IEYASUでは、次の画像のように、勤怠管理を行っているワークスペースで「@ieyasu勤怠管理」とメンションをつけた上で、「出勤」「退勤」と日本語のメッセージを入力するだけで打刻ができます。, 日本語に対応しているので、無理に辞書登録をする必要はありません。また「in」「out」でも打刻できるので、日本語が不慣れな従業員がいても安心です。, KING OF TIMEでは、デベロッパー紹介の元、SlackとAPI連携が可能です。, 実際にKING OF TIMEとSlackを連携させている企業では、長時間労働を防止するための機能を導入。一定時間を越えて勤務した場合、Slackにアラート通知が行くように設定しています。, RecoRuは、誰でも手軽にマニュアルがなくても使えるくらいシンプルなデザインが特徴の勤怠管理システムです。, 出退勤の打刻の連携はもちろん、有給や打刻修正の申請をSlackで通知できるので、管理職や人事の方はスムーズに承認や確認を進めることが可能です。, Slack打刻が利用できるおすすめ勤怠管理システムを5種ご紹介しました。もっと多くの勤怠管理システムの特徴をみてから導入を検討したい場合は、こちらの記事もあわせてご覧ください。22種の勤怠管理システムを一気に比較検討できるようにまとめて紹介しています。, リモートワークの推進により、今後は会社以外の場所でも打刻ができる方式が主流になることが予測されます。, 会社以外での打刻は、Webブラウザ上での打刻や打刻アプリの活用などさまざまな方法があります。しかし、打刻率の向上とコミュニケーション活性化を両方叶えたいと考えた時にはSlack打刻が最適です。, Slackは有料版だけでなく、無料版もあります。ぜひ、Slackをダウンロードし、勤怠管理ソフトとの連携を試してみてください。. ジョブカンは、10年以上の歴史があるクラウド型勤怠管理システムです。これまでに5万社以上が、ジョブカンを利用してきました。 ジョブカンで利用できるSlackとの主な連携機能は、以下の通りです。 打刻入力; シフトの確認 ・スッキリしたUI 打刻履歴の部分に、打刻した日付と打刻方式の欄に「Slack」と表記されていれば、打刻は完了となります。, ここでは、勤怠ソフトごとにSlackと連携することで、どのような機能が使えるかを紹介します。, サービスごとに、Slackで利用できる機能に若干の差異があるので、確認してみましょう。, 勤怠管理システム「MINAGINE就業管理」は、人事制度コンサルティングを行う株式会社ミナジンが開発した、コンプライアンスに強い勤怠管理システムです。, MINAGINEでは、Slackと連携しての打刻機能以外に、「GPS打刻機能」(iOS、Android対応)も用意されています。, GPS打刻機能を利用すると、外出先の「どこで打刻したか?」も管理できるようになります。営業職などの外回りが多い従業員の業務状況の確認、また安全管理もSlackを通じて行えるのがメリットです。, また、打刻だけでなく、下記のような日々の細かい業務を効率化できる機能も搭載されています。, ・勤務表の作成 ジョブカン勤怠管理は、あらゆる業種に対応できるクラウド型の勤怠・シフト管理システムです。労働時間の自動集計はもちろん、多種多様な勤務形態により煩雑化している労務管理やコンプライアンス遵守などの労務対策としても利用されています。 直感的な操作で作成できるシフト管理機� 使いやすいな!と思えたことがあまりないです。, 勤怠をしっかり打刻データとして残し、休暇日数管理や深夜残業の申請など各社員の勤怠への意識が高まったことは良かった点です。, 複雑な勤怠管理ではなく、シンプルな日々の打刻をメインに使われるのであれば選択肢の一つとして検討いただいてもいいのでは。, 基本的な機能は揃えているので、エクセルなどからの乗換?に関しては問題なく移行できると思います。とはいえ、休憩時間がつけづらいなど、変な部分を自動判断(出勤/退勤など)をしており、操作しづらさもある。, 朝のシステム障害が多い印象があります。自身は利用して半年ほどでしたが、システム障害により、出勤記録をつけられないなど経験することがあった。勤怠管理システムとしては致命的だと感じた。, ウェブでの勤怠管理を実現できた。リモート業務下での勤怠管理を実施できた。承認に関してもスムーズに記録ができた, 勤怠管理システムで何をしたいのかをよく確認のうえ導入を実施するといいと思います。単機能な部分があるので、あとからいろいろと実施したいというのにはあまり向かないかもしれません。, 他のサービスを利用したことはないのですが、WEB(ブラウザ)・ICカード・Slack経由など様々な方法で出退勤を行えることだと思います。