選考期間. 就活は、「将来の夢(就職活動の軸)に沿って行わなければなりません。 →MY企業研究に戻る, 就活生の弱点は「消費者に有名な会社しか知らない」ところです。 完全にBtoBビジネスなので一般消費者の知名度はありませんが、非常に高度な「精密技術」があり、 「学生も 企業も問われる 変化力」「WEB面接 カンペ見てるの まるわかり」など, 調査結果レポートはこちら: 知らなかった優良企業が向こうからあなたを探し出してくれます。, プロフィールを充実させていくとマッチング精度がどんどん上がっていき、 株式会社ディスコ 社長室 広報担当 前年度より「増加」15.0%、「減少」27.6%。新型コロナの影響で採用抑制企業増加, 2.学生の反応(2020年卒採用との比較) 怪我をした当初は、およそ経験したこともないような激しい痛みを経験し、また、普段思い通りに使えていた足が全く動かせないばかりか、枷となっていて、思うように体を動かせない現実に行き場のないストレスを抱えていました。何より、日常生活の一部となっていたサッカーができなくなってしまったことに絶望し、鬱屈した日々を送っていました。 以上の2点から貴社を強く志望しております。, 【ワーキングプアの傾向】についてゼミで共同論文を執筆しました。 転職サイトから応募したら、すぐに書類選考通過となって面接に進むことになった。 そんな経験はありませんか? 書類選考がある会社なら通常は応募から結果まで1週間から2週間の猶予を設けますが、たまにそう言っておきながらあまりに・・・ この企業は会社HPに自社のことをかなりわかりやすく詳しく紹介していて、求める人物像も明確にしているので、企業HPをじっくり見ることも大切だ。また企業のCMなどもあるので視聴してみるのもいいかもしれない。, 私が御社を志望した理由は、世界トップクラスの技術力を持つ御社でDISCOのファンを増やしたいのと、自分自身の夢である加工のプロフェッショナルとなることが御社で実現できると思ったため、志望致しました。 また、降車して、エレベーターを待っているときも、隣のおじいちゃんは僕の怪我を心配してくれたり、気遣って、荷物を持ってくれたこともありました。 2018卒の立命館アジア太平洋大学の先輩が書いたディスコの本選考体験記です。過去の選考フロー、面接を参考にディスコの選考対策を行いましょう。 成功したら配当がもらえるという「社内投資」の仕組みもあり、技術力を進化させ、ウィルも稼げるようになっています。, こうして稼いだウィルがボーナスに上乗せ支給されるのが社員にとって最大のメリットです。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 隠れ優良企業の記事でも紹介していますが、ディスコもライバルは少なく、 面接はどこの会社も同じですが、自分が会社に与えるメリットや可能性を表現し、些細な質問でもその会社に入りたいことに繋げれればいいと思います。 調査方法 : インターネット調査法 調査機関:株式会社ディスコ キャリタスリサーチ, https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2020/07/2021_chukanchosa_k-.pdf. いちいち書類選考に応募しなくていいので、時間短縮にもなりますね。, もちろん選考を受けるかどうかはじっくり会社を調べてから決められます。 企業規模では不二越のほうが大きいのですが、不二越は事業が幅広く、   東京証券取引所 ・当たり前のことを徹底することなどが、製品や会社の信頼につながっていると感じた。 ・ステークホルダーとの関係を大切にしていることに魅力を感じた。 この企業は会社HPに自社のことをかなりわかりやすく詳しく紹介していて、求める人物像も明確にしているので、企業HPをじっくり見ることも大切だ。また企業のCMなどもあるので視聴してみるのもいいかもしれない。, 貴社を志望する理由は2つあります。1点目は貴社の高度な技術力で世界の発展を支えている点です。現代の私たちの生活には欠かすことができない半導体を貴社の高い「Kiru Kezuru Migaku」技術で支えています。また貴社でならば「現代のあり得ないをあり得る」にすることができると思い魅力的に感じております。 ・disco valuesに惹かれ、discoの価値観と自身の価値観が合うと感じたから。  また、自社社員も含んだ社会的責任を果たし、正当な需要を満たすことを目標とする御社の価値観に魅力を感じました。その根本にあるものは、模擬国連をやってきた私にとって、誰かを犠牲にした平和は成り立たない、という考え方と通じるものがある気がするからです。グローバルマーケットで仕事をしつつも、DISCO VALUESを持ち続ける場で御社に貢献したいと考えております, 私は異文化理解力、適応力、楽しむ心、提供価値の追求に長けていると思います。 大学の寮では留学生が7割を占める環境で、文化、習慣の違いからくる様々なトラブルがあり、その都度自分の物差しは狭い世界だけで通用するものだと痛感し、彼らと共生していくために、新しいルール、互いの文化への理解、尊重の必要性を実感し、ルールやアクティビティについて話し合いの時間を設け、それらを通じて違いを楽しめる仲間になりました。また、タイの貧困地域での国際教育支援学生団体に参加し、現地の「小学生への読み書き、数的処理等の教育」・「現地住民への衣料製作依頼、日本での販売、利益を会計、教育費、生活費への還元」等の活動に従事していました。小学生の数的処理能力の向上のため、百マス計算を導入し、時間を計測し早い生徒には飴をあげるなどして、生徒の学習意欲の向上、成績向上に寄与しました。衣料製作では、デモで製作したものを持ち込み、布なども自分たちで買い付け、製作物のクオリティを管理できるようにし、それまで一人ずつ個別に製作していたものを部分毎に作り、組み合わせることで効率化を図り、日本での販路も大学の生協だけでなく、フリーマーケットやネット通販を利用するなど拡大し、それまでの3倍の規模の支援ができるほどに成長させました。, 自分の言葉でしっかりと話せた。他の会社でなくなぜこの企業で働きたいのかということを熱意をもって伝えることができた, 口調も物腰の柔らかい感じだった。他の学生とグループワークがあり、チームの中でどのように立ち回るのか見ていると感じた, 6歳から始めたサッカーで選手になる夢がありましたが、地区の選抜選手のレベルの高さを目の当たりにし、高校時代に全治4か月の怪我を負ったこともあり、断念しました。しかし、サッカーを辞めたことをきっかけに得た高校での海外経験はその後の自分の人生を大きく変えました。頭の中の地図が世界へと一気に広がり、大学では学生寮にて、世界86もの国、地域からの留学生と寝食を共にし、お互いの文化や価値観、国際認識などを英語で語り明かしました。留学生の優秀さ、学びへの貪欲さ、言語習得の早さを目の当たりにし、特に近年経済的、文化的に飛躍的な進歩を遂げている東南アジア圏の成長を肌で実感しました。