(アニメ)の動画を無料で見るならabemaビデオ!今期アニメ(最新作)の見逃し配信から懐かしの名作まで充実なラインナップ!ここでしか見られないオリジナル声優番組も今すぐ楽しめる! これまた白地に淡い緑(ペールグリーン)の配色の爽やかなデザイン。. !」で登場するライバル校の1つ「青葉城西高校」のことである。通称「青城(せいじょう)」。宮城県の私立高校。 1月27日生まれ、身長は184.7cm。ポジションはウイングスパイカー。 !2期の14話「育ち盛り」は、漫画12巻105話「同じ土俵」、106話「それぞれの壁」、107話「育ち盛り」、13巻108話「集結」の部分です。, 春高予選1次予選を突破を決めた烏野高校、月島が帰宅すると、兄が試合について聞いてきます。, 2mに勝ったけどブロックは歯が立たなかった事を話した月島ですが、兄は「勝てないと思ってるだろ」「うちのチームの練習来てみない?」と言います。, 10月の春高代表決定戦まで2ヶ月を切り、烏野高校はそれぞれのレベルアップを目指して動き出します。, 影山は、どうしても見ておきたい学校があると言って変装して向かおうとしますが、谷地に止められ、アドバイスされて、普通の運動部の格好で再度向かいます。, 学校に帰って来た影山が、「俺は一生及川さんに勝てないかもしれない」と言い出します。, 青葉城西で大学生のチーム及川が入り、初めて会った人や及川をよく思わない様子だった人もいる中でも、すぐに及川がチームに溶け込んでスパイカーが生き生きしていたのを影山が見て来たのでした。, 影山はそんな及川にビビってはいるものの、その及川に勝つための最後のチャンスに挑んで勝つ!と気合が入り直したようです。, 学校では日向が月島に、ウシワカを止められるかと聞きます。日向が、月島が無理なら自分がやるしかない、全部倒さないと全国には行けない、と言うので、月島が煽られてやる気になって体育館を出て行きます。, 翌日、鵜飼コーチに高さでもパワーでも自分を上回るスパイカーをブロックする方法を聞く月島の姿がありました。, 一方青葉城西高校では、狂犬と呼ばれる、いろいろ問題があって部を去っていた京谷が久々に部活に戻って来ていました。, 烏野高校の面々は、再度関東に遠征に来ていました。木兎が自主練で月島にブロックについてくれと依頼すると、月島が素直に「お願いします」と言い、木兎は戸惑いを隠せません。, 先日の月島の質問に、鵜飼コーチは、ブロックで一番大切なのはタイミング、だと言います。, そして見本としては個人の技術でも司令塔としても、音駒の黒尾を参考にするといいとアドバイスしていました。, 合宿中に月島は実際の黒尾のプレーやリエーフへのアドバイスを聞きながら自分も吸収して行きます。, 遠征で日向は、音駒の研磨に、「負けたら即ゲームオーバーの試合」やってみたいと言われ、黒尾と澤村もゴミ捨て場の決戦をするためにと決意新たにします。, 月島は宮城に戻ってから兄のチームで練習し、以前は全然敵わなかった赤井澤のスパイクをブロックできるところまで成長していました。, 10月25日、仙台市体育館、全日本バレーボール高等学校選手権大会、宮城県代表決定戦当日、勢いよく体育館へ入ろうと走り出した日向が、入り口で他の人にぶつかります。, 烏野高校の一回戦の相手、条善寺のジャージを着た、前回清水に絡んでいた選手がそこにいました。, 日向がトイレに向かうとそこに青葉城西の及川と岩泉、白鳥沢の牛島が来て火花を散らします。, そこへ伊達工業の青根もやって来て、牛島は「誰だろうと受けて立つ」といってその場を離れます。, アニメハイキュー! 見た目から、日向からは「らっきょヘッド」と呼ばれることも。, 【青葉城西高校 国見 英】3/3発売予定クロチの登場キャラ紹介!第18回は国見が登場★青城のクールな頭脳派!直射日光は苦手みたい?https://t.co/grBASoQyO5#haikyu_game pic.twitter.com/dHlyVM1yzL, 1年6組、国見英(くにみあきら)。 スポーツの描写は、日向翔陽と日向のコンビとなる影山飛雄(かげやまとびお)が行う一部の技を除き、多少おおげさではあるものの基本的に現実でも可能な範囲のプレーが描かれます。 背番号12番。声優は古川慎(ふるかわまこと)さんが担当しています。 6月10日生まれ、身長は179.3cm。ポジションはウイングスパイカー。 ですが、実際は体力を温存するためであり、後半戦やいざという時にその実力を発揮し活躍します。, マネージャーや青葉城西をはじめとする多くのライバル校の選手たちは、それぞれがバレーへの熱い想いを胸に抱き、烏野高校の前に立ち塞がります。時に勝利し、時に敗北し、時に助け合う彼らは、『ハイキュー!!』をよりいっそう魅力的な作品にしてくれていますね。ついに終章へ突入した『ハイキュー! TO THE TOP」も放送されました。, 烏野高校は、第一回戦で常波高校に勝ち、二回戦目は鉄壁といわれるブロックが強いことで有名な伊達工業高校と戦います。日向の囮役が成功したこともあり、二回戦も勝利をおさめました。しかし、次なる相手は県ベスト4の強豪校の一つ、青葉城西高校でした。接戦を繰り広げる中、最後は及川に影山の動きを読まれ、惜しくも敗北します。一同は悔しさを噛み締め、次なる大会・春高予選を目指すのでした。, インターハイ予選3回戦で対決した青葉城西高校に敗北した烏野高校は、次なる大会の春高バレーを目指し練習に打ち込みます。顧問の武田は、東京で音駒高校、生川高校、梟谷学園、森然高校が参加する強化合宿を取り付けました。外でランニングをする中、日向と影山は強豪校の一つ・白鳥沢学園高校男子バレー部の主将・牛島若利と出会います。2人は牛島若利に宣戦布告をし、全国大会へ行くと宣言するのでした。, 東京合宿が間近に迫る中、期末テストという難関が待ち受けていました。補習の日と日程がかぶることから、参加のためには赤点を回避しなければならなかったのです。成績の悪い日向、影山、田中、西谷は、赤点回避のために勉強に打ち込みます。日向と影山は、嫌々ながら月島に頭を下げ、勉強を教えてもらうことにしました。, 一方、新たな男子バレー部のマネージャーを探していた清水は、帰宅部の1年生・谷地を勧誘し、仮入部にきてもらうことになります。こちらの内容は、原作漫画9巻にまとめられている73話と74話の内容です。, 清水の誘いで男子バレー部に仮入部した谷地でしたが、母親の言葉から本入部するか迷っていました。日向の後押しもあり、谷地はマネージャーになる決意を固め、そのことを母親に伝えにいきました。東京合宿の費用が足りないことから、早速広告を作って寄付を募ります。, 期末テストの赤点を回避するため、日向と影山は谷地に勉強を教わっていました。ようやく期末テストも終わり、答案用紙が返却されることになります。こちらは、原作漫画9巻にまとめられている75話と76話にあたる内容です。, 2年生の田中と西谷は、ギリギリ赤点を回避することに成功します。しかし、影山は苦手な読解問題が多く出たことで現代文で赤点を、日向は回答欄をずらして書いてしまったことに終了時間間際まで気がつかず英語で赤点をとってしまいました。しかし、2人は補習後に田中の姉・冴子に東京まで送ってもらい、合宿に参加することができました。, レシーブが強い音駒高校、サーブを得意とする生川高校、全国クラスのスパイカーのいる梟谷学園、連携の取れたプレーで知られる森然高校。烏野高校も強豪校と練習試合を通して新たに成長していきます。音駒高校には、以前の練習試合にはいなかった新たなの選手・灰羽リエーフがいました。, 東京合宿2日目、烏野高校は音駒高校と練習試合をすることになります。試合開始からほどなくしてリエーフは、日向と影山の変人速攻を宣言通りブロックしてしまいます。日向は、変人速攻が強豪校相手にずっと通用するものではないとわかり、影山に目を開けた状態で打ちたいと申し出ました。, しかし、何度練習しても日向のスパイクは決まりません。影山は、日向のしようとしていることに苛立ちを覚え、ついに喧嘩に発展します。原作漫画9巻にまとめられている80話と81話、10巻にまとめられている82話にあたる内容です。, コーチの烏養繋心は、祖父で名コーチとしても有名だった烏養一繋の元に日向を連れていきます。日向は、烏養一繋からバレーの指導を受けることになります。影山の方は、及川に日向が変人速攻を目を瞑らず自分の力でやろうとしていることを相談していました。, その相談に対し及川は、攻撃の主導権はトスをあげる側にはないと言います。祖父の話を聞いてセッターの影山にも改善が必要だと判断した烏養繋心は、影山にボールの投げ方について講じます。影山は、日向の意思を尊重して新しい速攻を完成させるためのトスの練習に打ち込むことにしました。こちらは、原作漫画10巻にまとめられている83話から84話の内容です。, 再び東京で1週間の長期合宿が始まります。影山は烏養繋心にいわれた通りのトス練習をしてきており、日向もその変化に気づいていました。春高バレーに向けて気合を入れ、それぞれが練習時間後も残って自主練していました。いつもは自主練せず切り上げる月島はでしたが、音駒高校の黒尾に挑発されブロックの練習に付き合いました。原作漫画10巻にまとめられている85話から87話の内容になります。, 月島が部活動にドライなのは、烏野高校男子バレー部のOBでもある兄・明光のことが関係していました。他のメンバーと違い自主練をしない月島を気にかけていた山口は、月島に声をかけ叱責します。, 山口の言葉を聞いた後、月島は音駒高校の黒尾、梟谷学園高校の木兎と赤葦の元へ行き、部活動を続ける理由について質問するのでした。原作漫画10巻にまとめられている88話と89話の内容になります。, 1週間の東京合宿も3日目を迎えますが、日向と影山の新たな速攻はまだ1度も成功していませんでした。周囲のメンバーの確実な成長を目の当たりにしていた日向は、余計焦りを覚えました。そんな中、影山は日向にスパイクを打たせるために普通のトスをあげます。, 日向は、すぐにそのことを見抜き、影山に激怒しました。影山と日向は効率の良さを考え、それぞれ別で練習に打ち込むことにしました。原作漫画11巻にまとめられている90話から92話にあたる内容です。, 東京合宿の最終日で烏野高校は、梟谷高校と練習試合をすることになります。梟谷高校のエース・木兎は、三枚ブロックであるにも関わらずインナーに打ち込んできました。日向は、自主練の時に木兎から教わったフェイントを使い1点とります。それぞれの成長が感じ取れる中、影山はまだ一度も成功させていない新しい速攻をこの試合で試すことにしました。原作漫画11巻にまとめられている92話から95話にあたる内容です。, 梟谷高校との練習試合は、エースの木兎のスパイクによって敗北します。しかし、東京合宿最後の試合を見たコーチの烏養繋心は、烏野高校バレー部は全国で通用するほどに成長したと実感していました。参加校のチーム全員でバーベキューで打ち上げをして長期合宿を終え、春高バレーに備えます。原作漫画11巻にまとめられている95話から98話「会話」にあたる内容です。, 春の高校バレー大会一次予選で、烏野高校は扇西高校と対決することになります。日向は扇西高校の十和田とトイレで鉢合わせ、全ての試合に勝利して全国に行くと宣言しました。扇西高校は1セット烏野高校にとられ、意気消沈します。しかし、引退した先輩の秋宮が彼らを勇気づけ、士気をあげます。原作漫画12巻にまとめられている99話から102話の内容です。, 春の高校バレー大会一次予選で扇西高校に勝利した烏野高校バレー部は、2回戦めで角川学園と戦うことになりました。相手チームには身長2mを超える1年生の百沢雄大がおり、当初苦戦を強いられます。しかし、バレー初心者の百沢雄大の動きを見越し、どんどん点数を稼いでいき勝利しました。原作漫画12巻にまとめられている102話から105話の内容です。, 春の高校バレー大会予選2回戦めを終え、月島は兄の明光に社会人チームの練習に誘われ参加することにします。影山は、青葉城西高校に出向き試合の偵察に向かい、及川のセッターとしての実力を目の当たりにしました。, 烏野高校は、再び遠征に出向き練習試合をしました。月島は、コーチのアドバイスや、お手本にするよう示唆した黒尾のプレーを見てブロックの仕方を学びます。原作漫画12巻にまとめられている105話から107話、13巻の108話までの内容になります。, 烏野高校は、春高予選代表決定戦に挑みます。一回戦の相手は、自由なプレースタイルで知られる条善寺高校でした。影山は顔面でブロックをして鼻血を出し、医務室で診てもらうことにします。影山がコートから離れたことにより、日向も2年生の成田と交代させられることになりますが、烏野高校は条善寺高校から1セットとることに成功します。, 鼻血が止まった影山は再びコートに戻り、2セットめが始まります。烏野高校との点差が開き、条善寺高校はタイムアウトをとりました。部で唯一の3年生だったマネージャーの三咲華は、メンバーを叱責し、コートに送り出します。こちらは、原作漫画13巻にまとめられている109話から113話の内容です。, マネージャー・三咲華の叱責の甲斐もあり、条善寺高校は調子を取り戻しましたが、2セットめも烏野高校にとられ、敗北しました。試合を見ていた伊達工業高校は、日向と影山の速攻が以前にも増してパワーアップしていることに気づきます。烏野高校の次なる対戦相手は、音駒高校に並ぶ守備力を持つ和久谷南でした。原作漫画13巻にまとめられている114話から117話の内容にあたります。, 和久谷南高校との試合中に田中と接触した澤村は、頬を強く打ち医務室で診てもらうことになります。澤村の代わりにコートに入ったのは、2年生の縁下でした。烏野高校が着々と点を稼ぐ中、山口がピンチサーバーとしてコートに出されます。一度目にジャンプフローターサーブを打ってネットインし、烏野高校はマッチポイントとなりました。, しかし、二度目で失敗することを恐れ、普通のサーブを打ってしまいました。1セット目は烏野高校が勝利しますが、山口にとっては苦い経験となります。原作漫画14巻にまとめられている118話から120話までの内容になります。, 主将の澤村がいない中、烏野高校は2セットめを落としてしまいます。澤村の代わりにコートに入った縁下は、強いプレッシャーを感じつつも作戦を立て、点につなげることに成功しました。連携が取れるようになってきた烏野高校は3セット目をとり、和久谷南高校に勝利します。一同は、青葉城西高校と伊達工業高校の試合の行方を見守ります。原作漫画14巻にまとめられている121話から125話までの内容になります。, 烏野高校の次の対戦相手が決まる青葉城西高校と伊達工業高校の試合が始まります。伊達工業は、3年生が引退し新しい1年生メンバーが入っていました。セッターとしては初心者の黄金川貫至は、ミスが多いものの身長の高さを生かしたトスやブロックを強みとしていました。しかし、及川のあげたトスを岩泉が黄金川の手の間に打ち込み、青葉城西高校が勝利をおさめます。原作漫画15巻にまとめられている126話から128話の内容です。, 烏野高校は、春の高校バレー予選準決勝で青葉城西高校と対戦することになります。それぞれが合宿での練習の成果を発揮する中、日向と影山も新しい速攻を成功させ点をとります。青葉城西高校は、うまく日向にマークをつけて打てるコースを制限させ、ブロードを拾いました。烏野高校が1セットをとりそうになる中、青葉城西高校の新しいメンバー・京谷賢太郎がコートに出てきます。原作漫画15巻129話から131話の内容です。, 及川は金田一にトスをあげますが、横から京谷が割り込んでスパイクを決めます。アウトボールとなり、烏野高校は青葉城西高校から1セットとりました。しかし、京谷がコートに入ってから流れが青葉城西高校に向くようになります。, さらに、序盤から及川が使っては失敗していたパワーあるサーブが決まりました。烏野高校は、攻撃と守備を強めるため、月島と菅原を入れ替えツーセッターで挑み点をとります。序盤ミスも多かった京谷ですが、試合が進むにつれ調子をあげていき、烏野高校は2セット目にして窮地に立たされます。原作漫画15巻の132話から135話の内容になります。, 和久谷南高校との試合で、守りに入った山口は、ジャンプフローターではなく普通のサーブを打ってしまい後悔しました。その後、烏養コーチの元へまたピンチサーバーとして使って欲しいと頭を下げに行っていたのでした。, 烏野高校は、ピンチサーバーとして山口をコートに入れます。1投め、2投めはサービスエース、3投めは相手に拾われますが、点数に繋がりました。4投めはネットイン、さらに続けて5投めも成功させ、青葉城西高校から1点リードします。しかし、青葉城西高校は点を取り返し、2セットめ勝利しファイナルセットに持ち込みました。原作漫画16巻の136話から139話の内容になります。, 烏野高校と青葉城西高校のファイナルセットが始まります。試合の中で田中は度々京谷に絡んでおり、京谷の方もそれに気づいていました。それに気づいた月島は、ブロックの位置を田中と替り、京谷のスパイクをブロックすることに成功します。, 挑発に乗ってペースを崩した京谷は、国見と交代させられました。矢巾秀に叱責されて再びコートに戻された京谷は、以前よりもチームと一体感がありました。原作漫画16巻140話から142話の内容でした。, 青葉城西高校とのファイナルセットも中盤に差し掛かります。それぞれ一歩も引かない中、及川がパワーとスピードのあるサーブを使い点をとり青葉城西高校がマッチポイントになりました。しかし、次の及川のサーブを澤村が拾い、東峰がスパイクで点を入れました。, 1点でもミスするわけにはいかない局面で、月島と菅原が交代になります。影山と日向は、京谷のスパイクをブロックし、デュースに持ち込みました。原作漫画16巻の143話と144話、17巻に収録されている145話の内容になります。, 烏野高校は、ファイナルセットをとり青葉城西高校に勝利し春高バレー代表決定戦決勝戦に進出します。決勝戦の相手は、全国大会に度々出場してきた強豪校・白鳥沢学園高校です。試合の後のミーティングで、日向は影山にトスをあげて欲しいと頼みます。帰ろうとしていた谷地も、2人の練習に付き合い、マネージャーになった喜びを語ります。原作漫画17巻に収録されている148話から149話の内容になります。, 日向翔陽は、明るく前向きな「ハイキュー」の主人公の1人です。春の高校バレー全国大会の中継で、小さな巨人という異名のついた選手に憧れを抱きバレーを始め、彼が通っていた烏野高校に入学します。小柄ですが高い身体能力を生かし、ミドルブロッカーのポジションを務めます。背番号は小さな巨人と同じ10で、誕生日は6月21日です。, アニメ「ハイキュー」で日向翔陽役を演じた声優は、VIMS所属の村瀬歩でした。中性的なキャラクターや、少年役などが多くあります。声優養成所で技術を学び、2012年に発売されたPS2用のゲーム「Persona4_the_ANIMATION」で声優として活動を開始しました。, 「ハイキュー」の主人公の1人である影山飛雄は、鋭い目つきとストレートの黒髪を持つセッターの1年生です。強豪校であった北川第一中学の出身であり、周囲の選手に合わせようとしない自己中心的なプレースタイルから、コート上の王様という異名をつけられていました。名コーチだった烏養が復帰するという話を聞き、烏野高校へとやってきます。, アニメ「ハイキュー」で影山飛雄役を演じた声優は、石川界人でした。アルバイトで資金を稼ぎながら声優養成所に入り、I*Chi*Ka原作のJ.C.STAFFオリジナルアニメ「あの夏で待ってる」に出演し、「翠星のガルガンティア」で初めて主役に抜擢されました。, 澤村大地は、烏野高校男子バレー部をまとめるキャプテンです。レシーブを得意としており、ポジションはウイングスパイカーです。アニメ「ハイキュー」でキャプテンの澤村大地役を演じた声優は、アニメ声優の他に吹き替えの仕事も多くこなす日野聡でした。声優デビュー当初はグループこまどり、その後ぷろだくしょんバオバブに入り、現在はアクセルワンに所属しています。, 菅原孝支は、烏野男子バレー部副主将の爽やかで社交的な3年生です。ポジションはセッターですが、天才の1年生影山が入ったことによりスタメンから下されます。しかし、確かな経験と持ち前の洞察力を生かしたチームプレーができます。アニメ「ハイキュー」で菅原孝支役を演じたのは、入野自由でした。子役から活躍しており、2001年公開のジブリアニメ「千と千尋の神隠し」ハク役で注目を集めます。, 田中龍之介は、丸刈りに鋭い目つきが特徴の面倒見の良い2年生です。ポジションはパワーを生かしたウィングスパイカーであり、ミスを連発してもすぐに心を入れ替えるメンタル面の強さも持ち合わせています。アニメ「ハイキュー」で田中龍之介役を演じた声優は、林勇でした。主に洋画や海外ドラマの吹き替えの仕事が多くあります。歌唱力も高く、音楽ユニットSCREEN modeのボーカルも務めています。, 東峰旭は、烏野高校のエースで、ポジションはウイングスパイカーです。鉄壁といわれる伊達工業高校のブロックで度々スパイクが防がれ、一時責任を感じて部活動から距離を置いていました。アニメ「ハイキュー」で東峰旭役を演じた声優は、細谷佳正でした。吹き替えの仕事を中心に活動していましたが、「テニスの王子様」白石蔵ノ介役からアニメファンの間でも知名度が上がります。, 西谷夕は、影山と同じく天才と評される2年生の選手で、身長は159.3cmと日向よりも小さく、ポジションはリベロです。まっすぐで熱い性格であり、周囲からも信頼されています。アニメ「ハイキュー」西谷夕役を演じた声優は、岡本信彦でした。アルバイトで学費を稼ぎながら声優養成所に通い、「N・H・Kにようこそ!」でアニメ声優としてデビューを果たします。, 月島蛍は、烏野高校男子バレー部の1年生で、ポジションは身長の高さを生かしたミドルブロッカーです。毒舌家で嫌味な発言が多く、特に影山とは衝突しがちでした。真面目に練習に取り組んではいますが、あることがきっかけで周囲よりも冷めた姿勢をとっていました。アニメ「ハイキュー」で月島蛍役を演じた声優は、内山昂輝でした。劇団ひまわりに所属しており、子役の時から俳優や声優の仕事で活躍していました。, 山口忠は、ミドルブロッカーの1年生です。月島と小学生の頃からの付き合いで、当初からよく一緒に行動していました。自身の強みになるようにとジャンプフローターサーブを練習し、試合ではピンチサーバーとして出場していました。アニメ「ハイキュー」で山口忠役を演じた声優は、斉藤壮馬でした。本作で知名度をあげ、2015年には、第9回声優アワード新人男優賞を獲得しています。, 2015年10月にリリースされた「アイム・ア・ビリーバー」は、2期の1クールめのOPに起用されたロックバンド・SPYAIRの17枚目のシングル楽曲です。SPYAIRは、1期のOP「イマジネーション」の曲も担当しています。週間オリコンランキングでは、9位にランクインしました。, 2016年3月にリリースされた「FLY HIGH!