*エンジンはかかるがニュートラルにしておくと回転がどんどん上がる。 車ではなく燃料が原因という例も結構あるものです エアークリーナーや配管の吸入系 ATFは、自動変速機(AT)で使用されているフルードです。 俗に「オートマオイル」とも呼ばれています。ATFはエンジンオイルと比べて交換する頻度は少なく、一度も交換をしたことがない人も多いですよね。 ATFはエンジンオイルほど定期的に交換をする必要はありませんが、劣化するとクラッチやギヤの摩耗粉が混ざってしまい酸化が進みます。 劣化が進むと、コントロールバルブが正常に機能しなくなるため、アクセルを踏んでも思うように加速しないことがあります。 ATFの交換時期は車種やメーカ … 温まっても 回転数が下がらない・・なんて症状がよく 09月09日 10:58, [7] 2.どうすれば直りますか? プラグ・バッテリーは最近交換しました。, バリオス2に乗っています。 普通に走れます。 EACVと同じくしてスロットルボディのバイパス通路 あなたもQ&Aで誰かの悩みに答えてみませんか?. お教えください。宜しくお願いいたします。, 先日、超初心者でありながら中古のドカティ モンスターを買ってしまいました。納車翌日、店の人に言われた通り 半クラッチを長めにしてアクセルを開けると加速して行くのですが、 同様のエンジン始動時回転数上がらずが秋口に発生して *アクセルを開けると回転が落ちエンジンが停止する。 その時にアイドル状態だとエンジンストールすることもあります。 こんなもんなのでしょうか? TPSではなくISCサーボユニットの不良と断定されました。 エンジンの回転が通常のアイドリング回転数(700~800RPM)に留まらず、そのままストールをしてしまいます。秋までこのような現象は起こっておらず、今時期の昼にはこの症状は起こっておりません。 09月09日 08:59, [6] 国産車 - エンジンがかかっても止まることがある 私は平成11年式三菱パジェロミニAT 30000kmに乗っております。夏の間はなんともなかったんですが、去年と今年、寒いときにたまにエンジンのかかりが..(1/2) 質問No.1104128 2007年09月06日 23:33, [2]   (2)ISCサーボユニットは取り外すことは簡単に出来たが TPSを調整して何とか上がる状態にしましたが、最近また  お願いします。, 友人がKLX250Eを所有しています。 *チョークをある程度引きながらだとエンジンは停止せずに15km/hほどで走るがいずれエンジン停止する。 宜しくお願いいたします!, こんにちは。   mixiユーザー (1)TPSの調整は非常に微妙で危険→素人は手を出さない方が良い 原因という結びになっています, ガソリンはいつもレギュラーでした。でもスタンドを変えてみようかとも思います。寒いときにアイドルアップさせるのはどこかに温度センサーがあって、それが判断してるのでしょうか。, >水温を早く上げるために、サーモスタットが動作して水の循環を止めますが、この動作の異常でオートチョークが正常に動作しないのかも知れません。 mixiユーザー で、オートチョークなんて今の車にはありません!, この車はアイドル回転をコンピューター制御しています。おそらく回転制御用のモーターが悪くなっていると思います。(ステッパモーター)交換すれば直ると思います。 ディーラーならすぐ予想できる症状なんですが・・・・ もう1つは、バッテリーが上がったとか 交換ししてからの場合は調整で直ると思います。ディーラーなら10分程度で調整できます。, 回転制御用モーターなるものがあるんですね。これでアイドルアップをまかなってるんでしょうか。なんとなくこの症状が近いような感じがします。ありがとうございました。, タイトルの通り、バリオスのエンジンが安定しません。 09月10日 13:43, [17] (アイドリングを保つことさえできません。ストンとストールしてしまいます) この4点が知りたいので、是非教えてください。 どなたか詳しい方、お願いいたします!, エリミネーター400なのですが、エンジンをかける際、回転数が上がらず、エンジンがすぐ止まってしまいます。チョークをめいっぱい引いてかけても、エンジンはかかるのですが、回転数が全く上がらず、アクセルから手を離した途端に止まってしまいます。 この症状は起こりやすくなり、徐行運転から(低い回転数)ニュートラルに入れても、この症状は起こりません。 落ち込むときは800~900くらいか或いはそれ以下になることもあります。 それを過ぎて暖気が終わってからしばらくすると逆に回転数が落ち込みます。 *以前はチョークを引かなくてもエンジンがかかったのにここ最近は始動時はチョークを引いていました。 エンジンがかかった後も、しばらくはアイドリングの  おそらく、アイドルコントロールバルブがうまく作動しないときが時々ある状態ですね。コンピューターのマッピング(考え)によっては不具合が発生したときは危険を感じてエンジンを最低限のレベルで動かせるように自動的に制御したりします。(フェイルセーフ機構)この特性をうまく使ってアイドルコントロールバルブのカプラーをはずしてワザと「故障」の状態を作って様子をみるということも私は使っています。もし変化があれば、故障を認知してコンピューターが「異常」と判定して固定制御になります。つまりシステムは正常に作動していることになります。でもう一度カプラーを取り付けて元の状態になることを確認します。逆に変化がない場合は電子的にそのセンサーが作動していない状態になりますので、コンピューターが信号を送っていない状態になりますので、コンピューター自体が信号を送れないか、他の情報が入ってこないのでコンピューターが信号を送っていないかの状態になりますので他の原因が予想できます。 mixiユーザー キャブレターではないかと思い、キャブレターのオーバーホール考えてます。 がその状態である時間もそんなに長くなくて(数分程度)それを過ぎると 新車当時は多分そんな事はなかったような。 燃料が濃いのかマフラーからアフターファイヤーが発生します(マフラーから火がボッと吹きます) 暖気時は通常の2倍くらいまで回転数が上がるものなのでしょうか? 冬場のエンジン始動時にチョークを使用していますが、暖気中はアクセルを少し開いてやらないとエンジンが停止してしまいます。 を設けておりこれを水温で自動開閉する方式を ありました  夜、ライト等をつける事から、バッテリーを疑い、電圧をチェックしましたが14.0Vをキープしており、これは昼と変わらない数字です。また、エンジンの回転数が2000RPM以上からニュートラルに入れると、 チョークを引きっぱなしでアクセルを開けると、エンジン回転は上昇しますが、 チョークを目いっぱい引いてエンジンをかけると始動します。  あまり金銭的な余裕がないものですから、自分で出来ることなら自分でしたいと思っています。(あまりバイクに詳しくはないのですが)皆さん原因がわかりましたら、対策などを教えてください。 誰かの疑問に誰かが答えることでQ&Aが出来上がり、後で見に来たたくさんの人の悩みの解決に役立てられています。 よろしくお願いします!, 車が大雨で大きな水溜りに浸かった後、 そこで、質問です。 先月までは普通に始動し、走行もできていましたが、今朝になって約1ヶ月ぶりにエンジンをかけたら下記のような症状があらわれました。 水の循環がとまればオーバーヒートを起こします GB250に乗っています。最近急にエンジンの調子が悪くなり、原因がわからないので質問させていただきました。 違う車ですが、以前にプラグコードと点火コイルがダメで同じ様な症状になった事がありました。, ECUのヒューズが切れると2、Dでは3速ホールド、Lでは1速ホールド、シフトインジケータランプが点灯しないそうですよ。. 09月10日 00:59, [14]  一度回転数を上げられれば、その後は何の問題もなく走りつづけられます。この症状は、エンジンが完全に冷えているときにだけ発生するようです。 ワックスが一般的に使われています  しかし、貴方がもし知識があるならばカプラーをわざとはずすことで簡易的に診断ができます。 暖気が終了すると(3分程度)チョークとアクセルを戻してもアイドリングは安定し、その後の運転についても問題ありません。 *試しに30分暖気運転しても改善しない。 mixiユーザー 現在の症状です。 mixiユーザー どうもクラッチ系の異常?かなと思うのですが。  いくら暖気をしてもこの症状は改善されないのですが、チョークを引っ張り、強引にレッドゾーン付近まで回転数を上げると、その後は調子よく回るようになるのです。(なんででしょう?) 回転数が低く、不安定な状態のことがあります。 回転数を上げてしばらく走っていると落ち着きます。 エアーフローとは何か?_ あてずっぽに言ったところで車は直るものではありません E車においてプラグかぶりの不具合なんて ということですか、 これはエアフローメーターと言い 今までに経験のない症状でちょっと困っています。 ニュートラル時はアイドリングはあんていしており、ある適度暖気できると 私が実務で見てきた例でも mixiユーザー どうやらファーストアイドルがうまくいかないときがあるようですね。貴方がチョークとおっしゃっているのがファーストアイドル(アイドルコントロールバルブ)になります。 キャブレターを使ってる車には貴方がおっしゃってるチョークバルブなどを使ってエンジン回転をあげているのですが、(バイクなんかはそういうものが多いですね)その車はチョークバルブを使わなくても空気の圧力(負圧)でエンジン回転を上げたり下げたりしています。ですので、スロットルバルブは一個しかありません。バイパスを作ってそこを通る空気を電気的に制御してアイドリング時の回転を制御しています。 シトロエン ... 回転数があがらず加速できない - ... 加速しなくなるときは、回転数が不安定というより、ある一定の回転数で頭打ちになるような感じでしたか? 過去のブログで細かい症状とか書いた記事がありますので、もし同じような症状でしたら少しは参考になることを話 また、チョークを引いてエンジンをかけたあと、4000rpmくらい回ってます。 mixiユーザー 完全につながった時に急にエンジンがストールします。 09月08日 20:41, [4] E車において燃料を噴射する際、噴射量を決定するための情報のひとつとしてECUがこれを測定しています チョークを目いっぱい引いた状態で、アクセルを回しっぱなしで10分くらいすると、もう一段階チョークを戻した状態で、何とかアイドリングが出来るようにはなりますが、完全に戻すとやはり止まってしまいます。 これらの症状はガソリンが原因という例は数例 何かのトラブルのサインだったりします? ちなみに上記の症状はエンジン始動後、割とすぐ走りだして(なるべく回転数  私自身では、  ○スプレーのキャブクリーナーでキャブの清掃 これで駄目なら、ディーラーに行ってMUTで診断してもらって下さい。ダイアグノーシスに不調の記録か残っていれば、原因がすぐに分かると思います。, そういえばバッテリーは見てませんでした。ここ2年と言うか、たぶん登録されてから5年!は見てないと思います。機会を見てチェックしてみます。, 「ある程度暖まるとストールしなくなる。」 09月09日 11:15, [8] 夏の間、酷使されたバッテリーは気温が下がってくると不調になる場合があります。 更新日:2018年10月28日[エンジン, 故障と修理方法], 車種により特有の不具合が発見されてリコールになることもありますが、エンジン系の部品が劣化している場合があります。, 俗に「オートマオイル」とも呼ばれています。ATFはエンジンオイルと比べて交換する頻度は少なく、一度も交換をしたことがない人も多いですよね。, ATFはエンジンオイルほど定期的に交換をする必要はありませんが、劣化するとクラッチやギヤの摩耗粉が混ざってしまい酸化が進みます。, 劣化が進むと、コントロールバルブが正常に機能しなくなるため、アクセルを踏んでも思うように加速しないことがあります。, ATFの交換時期は車種やメーカにより異なりますが、一般的に4万km~5万km毎が基準です。, アクセルを踏んでもガクンとして思うように加速しない場合は、スパークプラグ(プラグ)やコードが汚れていたり劣化している場合が考えられます。, 「アイドリング時にエンジンがブルブル震える」で紹介していますが、プラグが汚れで点火部分に”すす”がかぶっていたり、火花が飛ばなくなるとエンジンの回転数が上がりにくくなります。, また、プラグコードが劣化した場合、漏電(リーク)するためにプラグの火花が飛ばなくなってしまいます。, 結果としてエンジンの回転数が上がらないため、アクセルを踏んでも加速しない症状がでてしまいます。, プラグもコードも消耗品なので、交換することで症状が改善します。費用はプラグで3千円~2万円、コードの交換で5千円~3万円程度かかります。, プラグから火花が飛ばなくなると、エンジンが正常に作動しなくなり回転数が落ちてしまいます。, プラグは消耗品で寿命があります。一般的なプラグで約2万km、イリジウムなど長寿命型のプラグで約10万Kmが交換目安とされています。, また、スパークプラグに電圧を送るプラグコードも劣化するとリーク(漏電)するため火花が飛ばなくなってしまいます。, 錆や結露などが原因で水が入る場合があり、アイドリングが安定しなく加速しづらい症状が発生します。, フィルターが汚れている場合、正しく機能しないためにゴミが燃料内に入ってしまう可能性があります。, 燃料にゴミがはいると、ポンプやエンジン内部にゴミが溜まり、性能を発揮できなくなります。, インジェクターにが正しく作動していない場合はアイドリングが安定しないために、加速しづらい症状がでます。, ターボエンジンの車両に限られますが、エンジンオイルに小さなゴミや異物が混入しベアリングが破損しターボチャージャーが正常に作動せずに加速しないケースがあります。, こまめにオイルとオイルフィルターを交換することが大切ですが、ターボチャージャー本体の破損は交換するしかありません。, まれなケースですが、車両そのものの不具合が原因で、アクセルを踏んでも加速しないケースがあります。, 例えば日産ティーダ(C11)。筆者が以前乗っていた車ですが、運転中にアクセルを踏んでも加速しないことが度々ありヒヤッとした経験があります。, ティーダは結局リコールの対象になりませんでしたが、同様の報告が国土交通省のサイトにいくつか掲載されておりました。, ティーダの場合、CVT(無段変速機)タイプのエンジンを搭載しており、構造上の不具合と思われます。, 加速しない原因がわからないときは一度、国土交通省のリコール・不具合情報を調べることをオススメします。, アクセルを踏んでも加速しない場合は、車種によるエコモードの仕様で急加速を制御していることもありますが、エンジン関係の不具合も考える必要があります。, 最近の車は電子制御が複雑になっているため、メカに詳しくない一般の人がボンネットをあけてみたところでおそらく原因はわからないことが多いと思います。, ディーラーや整備工場で診断してもらうのが一番手っ取り早い方法ですが、プロも診断機を用い一か所ずつ調べていく人海戦術を行うため時間を要します。, しかし、重症の場合や原因を突き止められない場合は、複数個所の部品交換や、最悪エンジン交換となり費用が高額になる場合もあります。, 年式が高い車や走行距離が多い車は故障する確率が高くなります。修理費が高いと直すべきか悩みますよね…。, 修理して乗り続けるのはコスパも良いですが、場合によっては売却して乗り換えたほうがお得なことも。, 中古車は年式が1日でも低ければ低いほど査定に有利な傾向があります。少しでも「売りろうかな…」とおもったら、無料の一括査定の申込みも視野に入れましょう。, もし満足のいく査定額でなくても無理して売る必要はありませんしね。何より無料なので試してみる価値があります。, 買取店によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも平均で13万円以上の差がでると言われています。, ただ正直なところ、一括査定は手間がかかるので、全ての人にお勧めはできません。時間は有意義ですからね。, 私が愛車の日産ティーダを一括査定で売却したときは、ネット申込~売却まで3時間かかりました。, 3時間で15万円を儲けたので、時給換算だと5万円。手間をかけた価値は十分あったと思います。, ユーカーパックは複数社の査定交渉も一手に引受けてくれるので、営業電話は無く、個人情報も拡散せず安心して利用できます。.