まだ見ぬ世界を夢見る. fpになったら年収はどのくらいなのか?会社員ファイナンシャルプランナーと独立系ファイナンシャルプランナーで年収は違うのか?fp3級は就職に有利になる?など、fp(fp1級・fp2級・fp3級)と年収にまつわる疑問について解説しています。fpになってキャリアアップしたい方は必見です! 受講料:100,500円(税込)※教材費込 こびと株.comの管理人。一部上場企業での経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリスト、FP資格を有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。, 経理・秘伝の書は次の3つのテーマで構成されています。 [box class="pin_box" title="3つのテーマ"] 経理の実態&裏話が知りたい→「経理のリアル」タグへ スキルアップしたい→「経理のスキルアップ」タグへ 職場環境&待遇を良くしたい→「経理の転職」タグへ [/box], 家計のホームドクターというイメージからはかけ離れた「経済的に成功している独立系FP」, こびと株.comは、4つの所得(給与、配当、不動産、事業)を強化する経理マンのブログです, FPの探し方!検索システムや著名FPをあたってみよう【現在の最有力候補はカン・チュンド氏!】, 「FP」になって独立・開業 わずか2年で年収1千万円を稼ぐ! 9. ファイナンシャルプランナーは、特定の企業に属している企業系fpと、どこにも属していない独立系fpの2種類にわけられます。 主婦は自宅で家事をやらないといけないため、独立系FPとして稼ぐのは効果的ですが、仕事のノウハウや集客ノウハウを身に付けるため、最初は企業系FPで修業する方法もあります。 時間的制限(いつまでにいくら)を設けない 独立系fpの見習いまたはアシスタント ; 企業の総務・経理などの事務 ... 【ファイナンシャルプランナー】fpは主婦に即役立つ資格!関連ページ . 当サイトに掲載中の情報は全て、都合によって予告なく変更・削除する場合があります。. 7. 会社員, 40代・ 配当は複利運用せず全て生活・趣味に使う ファイナンシャルプランナー(FP)は、マネーの専門家として知られますが、そのFPという仕事の年収はどうなっているのでしょうか? 一口にFPと言っても、その働き方はさまざま。働く職場、勤続年数などによって年収は変わってきます。さらに、企業FPとして働くのか、独立FPになるのかでも違いがありますし、ダブルライセンスを取得すれば、さらなる年収アップも期待できるでしょう。それぞれのパターンについて、紹介していきます。, FPほどいろいろな職場がある仕事は、なかなかありません。銀行や証券会社などの金融関係で働くFPもいますし、不動産会社でも、保険業界でも働けます。FPという仕事は、お金と暮らしにかかわるさまざまな分野を扱う仕事であるがゆえに、就職先もバリエーションがあるのです。, このようにFPの就職先はさまざまですが、全体で平均した場合、FPの年収は300万円程度と言われています。会社員全体の平均給与は422万円(国税庁「平成28年分民間給与実態統計調査結果について」より)ですから、全体に比べて100万円低いということになります。, 数字だけ見ると、この300万円は低く見えるかもしれません。しかし、これはあくまで平均的な数値です。先にも述べたようにFPは働ける職種が複数あり、職場によって年収は変わってきます。また、独立開業する場合は、会社員の年収とは当然変わってきますし、宅建などとのダブルライセンスなら、さらに年収が得られるようになります。順番に見ていきましょう。, 会社員FP(ファイナンシャルプランナー)として働く場合、一番高い年収が期待できるのは不動産業界で、平均給与は600万円です。FPの平均年収に比べて、かなり高い数値であることがわかります。会社員全体の平均年収よりも格段に高いです。次に年収が高いのが、銀行もしくは証券会社で、平均は400万円。不動産はやはり、扱う商品の値段が高いため、年収もそれに連動するということです。, 保険業界で働く場合は年収300万円です。そして、年金事務所で働く(FPは年金も扱います)場合は200万円となります。, 全体での平均年収は300万円ですが、上で見たように業種ごとに年収にはかなり差があります。会社員FPで高い年収を得ようと考えている場合は、その業種で見込める年収を考慮に入れて就職先を選ぶ必要があります。, FPとして独立開業すれば、会社員よりも多くの年収を得られる可能性があります。独立系ファイナンシャルプランナー(FP)の中には、年収1,000万円を超えている方もいますし、さらに2,000万、3,000万を稼いでいるFPもいます。自分の力量によって、いかようにも年収を増やすことができるのです。, しかし、たくさんの顧客を得ることができなければ、会社員FPの平均年収300万円よりも年収が低くなってしまう可能性は大いにあります。独立系FPは、ハイリスク・ハイリターンでもあるのです。, これは、独立系FPの年収を考えるときに、より当てはまることですが、宅地建物取引士(宅建士)、社労士、行政書士などのダブルライセンスを取得することで、さらなる年収アップが見込めます。, FPとしてだけ働くならば、お客さまにファイナンシャル・プランを提案するところまでしかできませんが、例えば宅建士を持っていれば、不動産の相談をご希望されるお客さまに対し、実際の物件の売買をするところまでお手伝いできます。FPの相談料に加え、不動産売買の手数料、宅建士としての相談料もいただけるので、年収UPが見込めるのです。, FPは専門家として顧客にアドバイスをする仕事です。そして、顧客はより信頼できるFPを選びます。「私はFPという専門家です」と名乗るよりも「私は宅建士も所持する不動産専門FPです」と名乗ったほうがお客さまに信頼されるように、より専門性が高いダブルライセンスのFPの方が選ばれやすくなるのです。同じことは、社労士や行政書士のダブルライセンスでも言えます。, ファイナンシャルプランナー(FP)の資格には、FP技能士1級~3級までがありますが、このうち3級は入門的な資格です。, 就職や転職に有利になるのはFP3級からではなく、その上位資格であるFP2級からとなります。求人票の「求める人材」「資格」の欄を見てみるとわかりますが、FP関係の求人で、「FP3級」と書いてあるところはほとんどなく、FP3級所持者であることを履歴書に書いても、採用されやすくなるということはありません。, FP3級は、主婦が家計管理に役立てるとか、金融に対しての一般的な知識を学びたい学生などにとっては役に立つ資格ですが、仕事探しに活用することは難しいでしょう。, FP2級を持っていると、就職・転職活動で有利になります。金融や不動産、特に保険関係の求人では、資格の欄に「FP2級所持者」と書かれていることが多いです。したがって、FPとして働くことを目指すのなら、FP2級を取得するところから始めましょう。AFPも取得しておくと、さらに有利になります。, 将来的に独立開業を考えている方も、まずは経験を積むために、FP2級を取得し、FPを生かせる職場で経験を積むことをおすすめします。FPになるならFP1級まで目指したい! と考える方もいるでしょうが、FP1級を受験するには実務経験が必要です。そのためにも、まずはどこかの会社に就職し、実績を積んでおくことが大事なのです。, FP1級を持っていると、就職・転職先を探すのにとても役立ちます。年収の高い求人に対して、FP1級があると履歴書に書いておけば、強力なアピールになります。給与面でも、例えばFP2級なら1万円上乗せのところがFP1級所持者は3万円上乗せになるなど、優遇が受けられます。, 先ほど、会社員FPになるのか、独立系FPになるのかという話をしましたが、独立系FPとして活躍することを目指すなら、FP1級は必須となります。独立系FPなら、たいていFP1級を所持していますから、FP2級で開業しても、どうしても見劣りします。他のFPより抜きんでて、より多くの顧客を獲得しなければいけない独立系FPにとっては、避けたい事態ですので、独立開業前にはFP1級を取得しておきましょう。, FPとして高い年収を目指すなら、まずFP1級を取得する。それから独立する。軌道に乗ってきたらダブルライセンスでさらに専門性を高める、というように進めると良いでしょう。FP1級に加え、CFPも持っているとなお良いです。, ファイナンシャルプランナーは副業におすすめの資格です。転職したり、独立開業したりする気はないけれど、FPの知識を活用して、副業してみたい、という方は、副業としてのFPを検討してみると良いでしょう。, なぜFPが副業におすすめなのかと言うと、元手がいらず、ローリスクで運用可能な仕事であるためです。パン屋さんや本屋さんなどのお店を始めるのとは違い、FPは初期投資がいりません。あなた自身のスキルさえあれば、すぐに仕事を始められるのです。, 働く時間も自由に選べます。お店や事務所を開いて、9時~17時までずっと拘束されなければいけない仕事ではないからです。お客さまの希望の日時を聞いて、自分のスケジュールとすり合わせて、ご相談に応じ、収入が得られます。お客さまは平日にお仕事をされていることが多いと思われるため、面談日は土日をご希望されるケースが考えられます。そうなれば、平日に働くあなたの都合とも合わせやすくなります。, ファイナンシャルプランナーの仕事は、相談を受けてファイナンシャル・プランをご提案することです。保険のこと、不動産のこと、相続のこと、投資のこと…、FPの相談を希望するお客さまは、お金にまつわる煩わしいことを、スムーズに解決したい、またはもっと賢く活用したいと考えています。お金と暮らしの専門家であるFPは、お客さまの悩みを聞き、具体的なファイナンシャル・プランを提案します。それは、不動産FPでも、証券FPでも、保険FPでも、業種を問わずすべてのFPについて共通のことです。, たとえば、銀行で働くFPなら、金融にかかわるお客さまのご相談に乗るのが仕事となります。預金の引き出しや預金をしたり、口座をつくったり解約したりというお仕事とは別に、ご相談だけを専門に扱うことになります。, FPの就職先は、不動産や証券会社、銀行、保険会社などが考えられます。特に、新卒で入った場合など、これらの就職先へ、FPの資格を持たずに就職することもあるかと思います。しかし、たいていの場合、入社時は取得していなくても、そのあとにFP2級の資格を取得することを求められます。特に保険や証券業界はその傾向が顕著です。, そうなると、新しい職場に慣れつつ、資格の勉強もしないといけなくなります。せっかく就職したものの、入社後の苦労が多くなってしまうかもしれません。FPとしてスムーズに働き始めるためにも、できれば入社前に、FP2級は取得しておくことをおすすめします。, 独立FPか企業FPか、また企業FPでもどの業種を選ぶかによって年収は変わってきます。また、企業FPではFP2級よりFP1級を取得した方が、独立FPではダブルライセンスを取得した方が年収アップが期待できます。, FPで高い年収を得ようと考えている場合、企業FP、独立FP、それぞれでどうすれば高い年収を得られるかを調べ考えることが大事です。, 30代・ ※金額には、教材費、指導費、消費税などを含む。 当サイトの掲載コンテンツにより、何らかの問題・損害が発生することがあった場合、直接・間接を問わず一切の責任を負いません。 10. NISA(ニーサ)とは、2014年の1月からスタートした少額投資非課税制度です。 イギリ... iDeCo(イデコ)の仕組みをわかりやすく説明します 4. 会社員, 50代・ ... FPの資格を副業で活かす方法! AFPや2級・3級FPが副業するデメリットとは?!. ファイナンシャルプランナーの資格を取得すると、家計の相談業務について... 生命保険の見直しはなぜ必要なの? ※教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象 医療費控除とは、病気や出産で多額の医療費を支払った人が税金の一部を取り戻せる制度を指します。 支払った... 老後の資金はいくらくらい必要なの? ※ 標準学習期間は6ヵ月 、添削回数は8回(科目別6回、総合模擬試験2回)その他提案書の提出あり。, 「資格の取りやすさ」や「取得のためにかかる費用」は無視できない。それにせっかく資格を取っても「世間から必要とされている資格か」を考えていないと、そもそも仕事がないかも……。「ちゃんと稼げるか」や「長く続けられるか」も重要。ここではそれらを踏まえ、主婦にとくにおすすめの資格を6つピックアップして紹介しました。, 「想定収入」「将来性」「ニーズ」「難易度」などの観点を踏まえ、おすすめの資格・講座をピックアップ。金銭的に自立したい、知識や技術を身につけて就職や仕事に活かしたいなど、将来の支えになる資格を探している主婦の方は必見。, 【免責事項】 会社員, 20代・ ©Copyright2020 こびと株.com.All Rights Reserved. 街中の保険ショップでは、「生命保険の見直し相談をしませんか?」と記載されていることがあります。 ※教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象 アルバイト. 家計の相談業務ができるファイナンシャルプランナー(FP)について 一括支払:64,000円 利益の最大化を目指さない iDeCo(イデコ)とは個人型確定拠出年金のことで、2017年の1月から専業主婦... FP・ファイナンシャルプランナーの転職や求人、未経験や30代・40代以上、転職先は?. (資格取得者応援シリーズ), 知恵と時間とエネルギーをかければかけるほど、よい投資アドバイザーに出会う確率は高くなる, 企業系FP:銀行や保険会社、証券会社などの金融機関や不動産会社などの民間企業に所属して活動するFP. ‚łɐ¬Œ÷‚µ‚Ä‚¢‚éFP‚̐æ”y•û‚ɋ߂­‚±‚Æ‚ª‚Å‚«‚é, yƒtƒ@ƒCƒiƒ“ƒVƒƒƒ‹ƒvƒ‰ƒ“ƒi[zFP‚ÍŽå•w‚É‘¦–𗧂Ž‘ŠiIŠÖ˜Aƒy[ƒW, yFP2‹‰zƒtƒ@ƒCƒiƒ“ƒVƒƒƒ‹ƒvƒ‰ƒ“ƒi[‚É‚È‚é‚ɂ́H, ’–ڂ̐V•ª–ìIƒXƒJƒ‰ƒVƒbƒvƒAƒhƒoƒCƒU[‚Ƃ́H, s­‘ŽmA‘“™‚̃_ƒuƒ‹ƒ‰ƒCƒZƒ“ƒX‚ʼn҂®I, ‘Â“™‚Ì‹à—˜‚ւ̊֐S‚ª‰â‘R‚‚­‚È‚éI`FP2‹‰ƒƒŠƒbƒg2, ƒNƒŒƒWƒbƒgƒJ[ƒh‚ðŽg‚¢•ª‚¯‚Đߖñ‚µ‚Ä‚¢‚éB. /約6ヶ月, FP技能検定は、FPとして働くうえで身に付けるべき、また必要とされる技能の習得レベルをはかっていく国家試験です。FP技能検定には3つの等級があり、それぞれのレベルに合わせた学科試験と実技試験があり、合格することでその等級の技能士であることを名乗ることができます。(例:2級FP技能士)FPとして働くには、2級以上の取得が望ましいとされています。, 通信講座のユーキャンが提供しているFP講座は、日本FP協会の認定講座です。そのため、講座を受講し、修了後に必要な課題を提出して合格すれば、2級FP技能検定の受験資格が得られるようになっています。ですので、初めての方でも受験資格などを気にせず合格を目指していけますし、学習サポートもあるので無理なく勉強できます。, ファイナンシャルプランナー(FP)講座 ファイナンシャルプランナーは独立開業して仕事をするか、または企業に勤めるかという二つの働き方があります。 ファイナンシャルプランナーという単語は長くて呼びづらいため、イニシャルのfpと表記されることがよくあります。 主婦, 30代・ 分割支払:4,980円 × 13回(13ヵ月) 総計:64,740円(税込) fp(ファイナンシャルプランナー)として独立・開業している人はどのような人達か? 家事や育児に日々忙しい主婦のみなさんが、時間をつくってでも取得したいと思うのはどんな資格なのでしょうか?そして、資格取得の目的やメリットとは?今回は、20〜40代の主婦221人にアンケートを … 仕事と日常、両方に役立つ知識として人気なのが、ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格です。暮らしとお金に関するプロとしてどのような仕事をしていくのかご紹介します。, ファイナンシャル・プランナー(FP)の仕事は、相談者のライフスタイルや価値観、経済環境といった現在の状況を踏まえ、相談者が目指す将来設計が達成できるよう、経済的な面からアドバイスやサポートを行っていくものです。そのため、家計に密接した金融や税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など、暮らしに関するお金について幅広い知識が必要となることから、FPは「暮らしとお金に関するプロフェッショナル」ともいわれています。FP技能検定は、こうしたFPとして業務を行う上で必要な知識を備えていることを認定する国家検定試験です。金融機関以外にも様々な業種での活躍が期待でき、また日常生活にも活かせる資格として、高い人気を誇っています。, ファイナンシャル・プランナーの仕事は、相談者の人生にとって大切な将来のお金に関する計画を、暮らしとお金のプロフェッショナルとしてアドバイスしていくことです。そのため、自分がアドバイスを行った相談者の方から、「あなたに相談してよかった」と言ってもらえることが、何よりの励みでありやりがいがあると感じる時ではないでしょうか。また、資金計画などで困った方から頼りにされ必要とされていると感じる時も、FPの仕事にやりがいを持てる瞬間に上げる方が多いです。, FPの資格を取得したことで専門知識が身に付き、保険会社に勤める自分のキャリアアップにつながりました。保険商品もただ安いだけでなく、本当の意味でその人に合った保険をアドバイスできるようになったのが、最大の収穫です。, 専業主婦ですが、ママ友に相続税のことなどについて若干のアドバイスがすることができたり、姉に金融商品について相談された時も、どの商品が良いか知識を活かして検討してあげたりと、そういう身近なところでも役立っています。, ファイナンシャル・プランナーの資格は、自分自身のライフプランを建てる際にも役立ちますし、興味をもって楽しく勉強していけると思います。今後は、資格を活かして仕事をしていきながら、将来的には独立を目指していこうと思っています。, ファイナンシャル・プランナーは、暮らしとお金のプロフェッショナルですから、まずは暮らしに関するお金(税金や不動産、保険、住宅ローンなど)に興味があり、詳しく知っておきたいという方におススメ。またその知識を自分の生活だけでなく、他の人のためにも活用したい、という人にも適している仕事といえますし、相談者に対して将来の生活設計を経済面からアドバイスしていく仕事ですので、コミュニケーション能力の高い方というのも、FPに向いているといえます。, ファイナンシャル・プランナーとして働いた場合、平均的な年収は300万円~400万円とされています。ただFPの収入は、就職した職場の業界や勤務形態によって変わる特徴があり、不動産業界が一番平均年収が高い傾向にあるようです。また独立して仕事をされる場合、顧客数を多く持つことができれば、年収が1,000万円を超える高収入を得られる可能性もあります。しかしそのためには、相当な高い営業力とコネが必要になるとのことでした。, ファイナンシャル・プランナー(FP)になるには、まず資格を取得する必要があります。FPの資格には国家資格である「FP技能士」と、民間資格である「AFP・CFP」の2種類があります。初めてFPの勉強を始める方や資格取得にチャレンジされる方は、一度取得したら生涯有効となる「FP技能士」の取得がおススメ。「FP技能士」資格を取得後、さらに知識をブラッシュアップ、レベルアップさせたいと思われたら「AFP・CFP」の資格に挑戦されることをおススメします。, AFP資格とは、ファイナンシャル・プランナーとして必要な基礎知識を十分に持ち、相談者に対して適切なアドバイスや提案ができるFP技能を持っていることを証明する資格です。取得にはAFP認定研修の受講やFP技能検定2級の取得が条件とされているなど、「教育」「試験」「倫理」を重視して、健全で質の高いFPの育成を目指しています。, 資格の大原は、大原学園グループの一つで、資格取得を目指す講座に特化したスクールです。社会人であっても勉強していきやすい講座を豊富に取り揃えており、それぞれのライフスタイルやペースに合わせた勉強をしていけます。講座の内容やオリジナルの教材には、合格に必要なすべてがそろったカリキュラムが組み込まれています。, 3級から学ぶ2級(AFP)合格フルセット[Web通信] 将来が不安なこの時代。普通のサラリーマンなりに、4つの財布(給与/配当/不動産/副業)を育てます!, ※2019年4月時点で目標大幅クリア済 6. 当サイトに掲載するコンテンツは、可能な限り正確かつ新しい情報の掲載に努めておりますが、 サラリーマン(好きな仕事)を継続する 私たちが生きていくに当たり、お金は絶対に必要です。 現在では平均寿命や高齢者の健康寿命が延び... 日本の公的年金の仕組みを簡単にまとめてみた fpになったら年収はどのくらいなのか?会社員ファイナンシャルプランナーと独立系ファイナンシャルプランナーで年収は違うのか?fp3級は就職に有利になる?など、fp(fp1級・fp2級・fp3級)と年収にまつわる疑問について解説しています。fpになってキャリアアップしたい方は必見です! かつては成人した子供が高齢の親と同居し、面倒を見たり介護をしたりと家族で扶養していました。... 投資のメリットと始め方についてまとめてみた 入学金: 6,000円 (税込) 突然ですが、ファイナンシャルプランナーの資格を取る方について、どのような属性の方をイメージしていますか?, まず、国家資格(技能検定)であるファイナンシャル・プランニング技能士のなかで、3級の合格率は約70%と非常に高く、一から勉強を始めても比較的短期間で取得できるから、というのが、その理由です。, というのも、取得しやすい3級から始めて、経験を積みながら2級や1級とキャリアアップすることにより、主婦の方でも充実した仕事や自己実現ができるようになるからです。, ●ファイナンシャルプランナーの資格をとる本当のメリット ●資格取得により、どのようにキャリアアップしていけるのか?, 資格を取って実績を積むことにより、限られた時間のなかで最大の効果(成果・収入など)を実現することができます。, ぜひ、将来仕事で活躍したいと考えている主婦の方に、この記事を読んで頂きたいと思います!, FPの資格には、国家資格(技能検定)であるFP技能士の他、民間資格のAFP/CFPもあります。, 国家資格(FP技能士)と民間資格(AFP/CFP)の違いについては、こちらの記事を参考にしてください。, まず、専業主婦がファイナンシャルプランナーの資格を取得するメリットをまとめてみました。, 日常生活にも大いに活かすことができますので、お金と深く関わるファイナンシャルプランナーは専業主婦にも、おすすめなのです。, ファイナンシャルプランナーの勉強をして3級や2級の資格を持っている専業主婦は、家計に活かすことができます。, 家計のやりくりで困っている専業主婦にとって、ファイナンシャルプランナーは是非とも取得したい資格です。, 貯蓄をして家計を守るには、「毎月どのくらい積み立てるのか?」「どのくらいの金利で増やしていくのか?」という計画性が大事です。, 家族を持っていると子供の教育費や住宅の購入など人生の転機でお金に関する問題が発生しますので、家計や将来に活かすために専業主婦もFPの資格を取得した方が良いわけです。, 「FP資格者は、どのように顧客の家計の相談に乗っているのか」、その流れを知りたい方は、下記の記事を参考にしてくだださい。, また、家計に役立つ記事を以下に列挙しますので、良かったらチェックしてみてください。※これらの知識は、FP資格取得の勉強で学ぶものばかりです!, 主婦がファイナンシャルプランナーの資格を取るメリットは、家計のチェックのためだけではありません。, 「一度仕事を辞めて子育てをしたけれど、子供が大きくなったからそろそろ再就職したい」, そんな時にファイナンシャルプランナーの資格を持っていると、正社員として再就職したりパートで雇ってもらえる確率が高くなるなどのメリットがあります。, 転職サイトや求人サイトの求人情報で、ファイナンシャルプランナーとしての求人があるわけではありません。, しかし、下記のようにファイナンシャルプランナーの資格や知識を活かせるパート先やアルバイト先はたくさんありますよ。, 「正社員」「派遣社員」「パート」と雇用形態は豊富ですので、主婦の方は今の自分に合う働き方で求人を探してみてください。, FP資格を活用した就職・転職・求人事情などについては、下記記事も参考にしてください。, 主婦がFP資格を絡めて副業することで、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。, ファイナンシャルプランナーの資格をお持ちの主婦も、副業で稼ぐことは十分に可能です。, 一口に副業と言っても、ファイナンシャルプランナーの資格を活かした稼ぎ方はたくさんあります。, ただし、ブログやSNSでの集客は成果が出るまでに長い時間がかかることもありますので、地道に取り組む姿勢が大事です。, ファイナンシャルプランナーの資格を活かして求人に応募するのではなく、独立するのも選択肢の一つです。, ファイナンシャルプランナーは、特定の企業に属している企業系FPと、どこにも属していない独立系FPの2種類にわけられます。, 主婦は自宅で家事をやらないといけないため、独立系FPとして稼ぐのは効果的ですが、仕事のノウハウや集客ノウハウを身に付けるため、最初は企業系FPで修業する方法もあります。, そこで、ファイナンシャルプランナーとして独立開業する上で押さえておきたいポイントを見ていきましょう。, 独立後の仕事に関しては、執筆(ライター)や個人の顧客のコンサルティングなど様々です。, どの業務に携わるとしても、ファイナンシャルプランナーとして独立してすぐに成功できるわけではありませんので、上記で説明した副業と同じように地道な努力が必要だと心得ておいてください。, ファイナンシャルプランナーとして独立する覚悟があるなら、他の資格も同時に取得するのがおすすめです。, ファイナンシャルプランナーと関連する代表的な資格は社労士や行政書士で、それぞれが一体どのような資格なのか、まとめてみました。, 社労士:社会保険労務士法に基づく国家資格で、労働法や社会保険に精通したプロフェッショナル 行政書士:行政書士法に基づく国家資格で、許認可申請やビジネスコンサルタントのプロフェッショナル, ファイナンシャルプランナーとのダブルライセンスができる資格として、社労士や行政書士は代表的です。, 中でも社会保険や年金の分野では、ファイナンシャルプランナーと社労士のダブルライセンスでより具体的なアドバイスを顧客にできます。, 行政書士としてコンサルティング業務を行う際もファイナンシャルプランナーの知識が大いに使えますので、特定分野における専門家を目指して仕事に活かしてみてください。, FPとのダブルライセンスについては、下記記事でも詳しく説明しています。よかったら参考にしてください。, ファイナンシャルプランナーは社会人だけではなく、主婦にも役立つ資格だとおわかり頂けたのではないでしょうか。, パートや再就職で役立つのはもちろんのこと、お金にまつわる基礎知識の習得で家計に活かすこともできます。, 「何か資格を取得して将来に活かしたい」と考えている専業主婦は、空いている時間を有効活用して、資格取得を目指して欲しいと思います。.