モモスズメ Marumba gaschkewitschii ★★ (芋活.comにリンクしています)-75-6-10 <分布> 北海道・本州・四国・九州: クチバスズメ Marumba sperchius ★★ (芋活.comにリンクしています)-85-7-10 <分布> 北海道・本州・四国・九州・沖縄: ウチスズメ Smerinthus planus ★★ ... しかしながら、モモスズメが出てくるのであればそれでも待てるわけです(^O^) Posted by ぁぃ♂ at 2016年09月12日 00:49. 【幼虫食餌植物】 バラ科:ウメ、モモ、サクラ(※kd) ... 【掲示板から一言】 クチバスズメに似るが、前翅の色、脚の色、触角の太さ(雌雄に注意)、大きさ、一番内側の横線の走り方などで区別できる。【成虫写真4】は2004年5月10日、南紀・日置川町にて。 モモスズメの幼虫ですな。終齢幼虫ですが、まだピンク色は少ししか出ていないので若い終齢です。 とんがり頭。 かわええ・・・(*´Д`) 放置はできないので確保。スズメガのお母さん、ユスラウメに卵を産まないでくださいw ‚Í‚T‚Oƒ~ƒŠ‚قǁB‚Q‚O‚O‚WD‚WD‚W`‚XD‚X‚Ü‚ÅŠÏŽ@B, —c’Ž‚̓TƒNƒ‰ƒ“ƒ{‚Ì—t— ‚É‚¢‚½B“ª•”‚ð‰º‚°‚ÄŒx‰ú‚µ‚Ä‚¢‚é‚悤‚ÉŒ©‚¦‚éB, ¶‚̓TƒNƒ‰‚ÌŽ}‚ɂԂ炳‚ª‚Á‚Ä‚¢‚½‚à‚̂ŁA‰®ª‚É•³‚ª—Ž‚¿‚Ä‚¢‚ÄŒ©‚‚¯‚邱‚Æ. 6月くらいですかねぇ? ... アゲハ(36) ヤマトシ … でも、幼虫の時は、琵琶(ビワ)、梅(ウメ)、桃(モモ)、桜(サクラ)、林檎(リンゴ)、梨(ナシ)などの葉を食べるので、害虫とされています。 かなりの食欲なので、葉っぱを食べていくので要注意生物の一つとなっています。 モモスズメのクリクリな目 オオスカシバ モモスズメの幼虫です 去年から「クチナシ=オオスカシバ」と私の頭に刷り込まれていまして…最近はクチナシの木を見るたびに幼虫に会えないかなぁとキョロキョロしてましたI 今回も人目を気にしつつ物色… 蛹化態勢構築、モモスズメの幼虫. スズメ科の一種のモモスズメかと思い、ヤマブキを与えて箱の中に入れておきました。 写真を撮るのに薄暗くなってしまったので、明日の朝撮ろうと思ったからです。 朝見たらヤマブキの葉は食べていませんでした。でも体がピンクがかってきています。 でも、幼虫の時は、琵琶(ビワ)、梅(ウメ)、桃(モモ)、桜(サクラ)、林檎(リンゴ)、梨(ナシ)などの葉を食べるので、害虫とされています。 かなりの食欲なので、葉っぱを食べていくので要注意生物の一つとなっています。 モモスズメのクリクリな目 モモスズメの幼虫はまだ生きて いて、時折、からだをくねらせ 不快感をあらわにした。 夕方、左側のこんもりした 綿だけが残り、モモスズメも コマユバチの一種もいな かった。モモスズメを覆って いた綿は下に落ちていた。 2007.8.20 モモスズメの幼虫は梅・サクラ・リンゴなどバラ科の葉を食べる。 これには複数の幼虫が写っている。 この個体は少し大きいのであと数日で蛹化するかもしれない。 これには右に1匹、右端の細い枝に1匹の幼虫 … –쌧¼–{Žs‚ŁA‚±‚̌‘̂ªŽY‚ñ‚¾—‘‚ªy—‘ŽÊ^2z‚Ɓy—‘ŽÊ^3zBy—c’ŽŽÊ^4z‚Í2006”N7ŒŽ30“úAƒvƒ‰ƒ€By¬’ŽŽÊ^27z‚Í8ŒŽ6“úA“Œ‹ž“s™•À‹æBy¬’ŽŽÊ^28z‚Í2007”N5ŒŽ14“úAÃ‰ªŒ§Œä“aêŽsBy¬’ŽŽÊ^29z‚Í2007”N6ŒŽ10“úA‘åã•{ŠÝ˜a“cŽsB. トビイロスズメ Clanis bilineata ★★: 80-90 開張: 6-8 <分布> 北海道・本州・四国・九州・沖縄: モモスズメ Marumba gaschkewitschii ★★: 70-90 開張: 5-8 <分布> 北海道・本州・四国・九州: クチバスズメ Marumba sperchius ★★: 95-115 開張: 6-8 ガーデニングで使う、バークチップのような感じにもちょっと見えます。留まっている場所によっては、もう彼はそのままに見えるほどの擬態能力です。, 鱗粉アレルギーの場合は、アレルギー反応が出るとおもいますけど毒はありません。害になるようなこともないです。, でも、幼虫の時は、琵琶(ビワ)、梅(ウメ)、桃(モモ)、桜(サクラ)、林檎(リンゴ)、梨(ナシ)などの葉を食べるので、害虫とされています。, 蛾は全体的にクリクリな目をしているんですけど、なかなか見えにくかったりしますからねぇ。モモスズメも、パッと見では目が分かりにくいですけど、横からのぞき込むとこんなにカワイイ顔しているんです。, ベースの色が茶色系だけど、地味な感じではなくてオシャレな色使いの目を惹く茶色系です。そして、全体的に大きく横向きに幅の広めの波模様が入っています。, あと、翅(はね)を広げると、下に隠れている後翅(こくし)がキレイな桃色しています。この後翅(こうし)の桃色から、桃雀蛾(モモスズメ)と名前が付いた説があるようです。, 他にも、翅(はね)の下の方に黒い点の模様が左右対称に入っています。翅(はね)の縁は、キレイに直線ではなくて波打つ感じの細かいウェーブカットになってます。, 顔の回りの辺りは、茶色の毛がフサフサしてファーを巻いているように見えます。腹部は、どっしりとしたて太いです。それがまたかわいいポイント。, 幼虫の時に、果物の木などで生活して成虫になるので、果樹園や桜の木のある公園などの近くによくいます。近くに雑木林があれば、家の壁などに留まっていることもあります。, 見た目がちょっとずんぐりむっくりな体型で、目もクリクリなのでのんびり感じがしますけど、飛ぶことに関してはスペシャリストです!!, ススメガの種類は、時速50キロ程度は出せるほどなので、モモスズメも車と並んで飛べるだけの早さで飛行が可能なレベルなんです。, その反面、成虫の蛾の姿で生活できるのは短い期間でしかないです…口吻(こくふん)がないため、幼虫の時に蓄えた栄養だけで生涯を終えてしまうんです。, インパクトのある大きな蛾ですけど、模様と形の感じがブーメランっぽく見えませんか??ちょっと矢印のようにも見えますかね。, 真っ黄色の目立つ色で、手のひらぐらいはある大きな蛾!!それが、『ヤママユガ』です。, 淡い緑色に薄っすらと入れるほっぺがポッと赤くなったような模様がチャームポイントの『ベニモンアオリンガ』, なんとも優しい色合いで、つるっとした木の表面の見える『ウスキシャチホコ』 顔回りと前脚の白い毛がフサフサしているのがカッコイイ。ちょっと気品のある風格の蛾です。, キレイな三角形の格好でいることの多い『ハナオイアツバ』 大きさ的にも可愛らしいくて、特徴となっているのはなんと言っても鼻!!, バラの葉を食べ尽くす小さい黒い頭がずらりと並んだイモムシ集団『チュウレンジバチの幼虫』, 大きくてまるまると太ったイモムシが、一心不乱に山芋の葉っぱを食べている姿を見つけることができたらそれは、『キイロスズメの幼虫』です。キイロスズメは、スズメガという種類の蛾(ガ)の幼虫なります。, 『アケビコノハ』はかなり枯れ葉にそっくりな蛾です。でも、カブトムシにも似ているような…, オレンジの筋に赤黒カラーのトゲの毛虫がパンジーを…それは『ツマグロヒョウモンの幼虫』です!!. モモスズメ Marumba gaschkewitschii echephron (Boisduval, [1875]) 分布:北海道から屋久島~朝鮮 開長:70~90mm 時期: 幼虫はバラ科のモモ・スモモ・サクラ・ウメ・アンズ・リンゴ・ナシ・ヤマブキ・ビワ、ニシキギ科のニシキギ、ツゲ科のツゲ等を食べる。