大好きな作品の一つです。 【収録曲】モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ト長調 k.216、第4番 ニ長調 k.218、第5番イ長調 k.219《トルコ風》 ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 k.216はオーストリアの作曲家、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)が1775年に作曲したヴァイオリン協奏曲です。 1772年、16歳のモーツァルトはザルツブルク宮廷楽団のコンサートマスターの職に就きます。 私としては 200番台の路線を変えずに行って欲しかったですが……。(笑) ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K.219「トルコ風」3. 協奏交響曲 変ホ長調 K.364, アルテュール・グリュミオー(1921-1986) はベルギー出身のヴァイオリニストです。, 有名な作曲家、デュボアとエネスコに学んだグリュミオーは、特にモーツァルトの演奏に定評がありましたが、サン=サーンス、フランク、ラロ、ルクーなど、フランス音楽でも名演を遺しています。, 少し古い録音ですが、心地よい快速なテンポで颯爽とした上品な演奏を楽しめます。艶やかな美しい音色も魅力です。, 「Amazon Music Unlimited」ならいろんなアーティストの「ヴァイオリン協奏曲第3番」を気軽に聴き比べが出来ますよ!, 参考資料:「ヴァイオリン協奏曲第3番 (モーツァルト)」『フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)』2016年5月21日 (土) 15:26 URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/ヴァイオリン協奏曲第3番_(モーツァルト)「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」『フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)』2020年4月29日 (水) 06:53 URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト野口秀夫著「モーツァルトのシュトラースブルク協奏曲について(その1)ヴァイオリン協奏曲ト長調K.216説の確定」『神戸モーツァルト研究会第213回例会』2010年6月6日野口秀夫著「モーツァルトのシュトラースブルク協奏曲について(その2)ヴァイオリン協奏曲ニ長調K.218説の顛末」『神戸モーツァルト研究会第214回例会』2010年8月1日「大阪交響楽団 曲目解説 名曲コンサート 2017年度」『大阪交響楽団』URL:http://sym.jp/publics/index/400/detail=1/c_id=938/page938=2. ・ヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調 K.218 ・ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K.219『トルコ風』 ・ヴァイオリンと管弦楽のためのアダージョ ホ長調 K.261 ・ヴァイオリン協奏曲第6番変ホ長調 K.268(K.Anh.C14.04) ・ヴァイオリン協奏曲第7番変ロ長調 K.271a(271i) 心、疲れた方に聴いて欲しいクラシック音楽を厳選していきます! ヴァイオリンを始めとした弦楽器の定番となる楽曲がまとめてあります。 向山弦楽器塾-Violin教室- モーツァルト_ヴァイオリン協奏曲第3番、第4番、第5番の無料楽譜です。 ヴァイオリンを始めとした弦楽器の定番となる楽曲がまとめてあります。向山弦楽器塾-Violin教室- 向山弦楽器塾-Violin教室- モーツァルト_ヴァイオリン協奏曲第3番、第4番、第5番の無料楽譜です。 末永く、お付き合いいただけたならうれしいです。, モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番【3枚の名盤解説】澄んだ空の青さのようなさわやかさ, 晴れやかな、モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番の演奏には、とてもピッタリ来る音世界, そんなチリを、掃(は)き清めるなら、モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番…ですよ〜, 「定額制の音楽聴き放題サービス」であるAmazonミュージックUnlimitedのご紹介, ヘンリック・シェリング:ヴァイオリンサー・アレクサンダー・ギブソン:指揮ニューフィルハーモニア管弦楽団, アルテュール・グリュミオー:ヴァイオリンサー・コリン・デイヴィス:指揮ロンドン交響楽団, サイモン・スタンデイジ:ヴァイオリンクリストファー・ホグウッド:指揮エンシェント室内管弦楽団, モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク【意味と感想と解説】【名盤5枚】明るい気持ちで希望を持…, ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番【おすすめ名盤の聴き比べ感想と解説】ロシア的憂いと情感がたっぷりの1…, ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番【3枚の名盤解説】旋律の美しい「おとたま」に触れてみよう!, シューベルト:四重奏断章(弦楽四重奏曲第12番)【解説と名盤3枚】それは断たれたプレリュード!, メンデルスゾーン:フィンガルの洞窟【解説と3枚の名盤の音と感想】その風景と音がありありと見える名曲, モーツァルト:交響曲第29番【解説とおすすめ名盤8枚】明るくて美しいロココ調の響き!. 【たぶん初心者むけ】モーツァルト中毒の僕がおすすめする名曲&名盤(CDアルバム), Mozart: Clarinet Concerto K.622; Flute & Harp Concerto K.299(Amazon), <オーガニックコーヒーを箱買い>小川珈琲店の有機ドリップコーヒーがおいしくておすすめ. « モーツァルト 交響曲第29番イ長調K.201 名盤 | (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチインしてください。”), 若々しい霊感と流行の要求とで二重に単純化された、豊かなモーツァルトが生まれ出ようとしているのである。, あまりにも霊感にあふれるこの音楽家はそれらをひとつひとつ捉え、(中略)それらが躍動するのを眺めるだけで充分である。, あの信じがたい色とりどりの香気の中(中略)それらのみずみずしさや、豊かさにどうしてうっとりしないでいられようか?, この、モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲を、ここまで素晴らしく表現した一文も珍しいですよね。, 「香りの高さ」と、「さわやかさ」が交互に、そして常に、ただよい流れ続ける、モーツァルトらしい気高いオーラをまとった、素晴らしい1曲です。, ほんの少しだけ、開けておいた窓からは、音もなく、わずかな風が、入り込みながら、透明なレースのカーテンと遊んでる。, 一瞬メランコリックな曲調も現れますが、それは、この第3楽章の明るさを引き立てるためのもので、そのコントラストが素晴らしいですね。, 「旋律は音楽の魂である」とはブルッフ(19世紀に活躍した音楽家)の言葉ですが、まさしくモーツァルトの音楽はその「音楽の魂」であるところの、美しい「旋律」に満ち満ちていますね。, アルパカが、クラシック音楽に興味を持ったのは、モーツァルトの音楽がキッカケでした。, そして、当時、ほとんどモーツァルト以外の作曲家の音楽は、聴いていなかったと思います。, 「狭い心」や、「人と争う気持ち」などを調和して、広い心に導いてくれる力をモーツァルトの音楽は持っているのではないかな?, 端正で整った中に、気品が漂う、素晴らしいヴァイオリンを聴かせてくれる、シェリングの名盤。, 晴れやかな、モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番の演奏には、とてもピッタリ来る音世界。, バックの指揮者、デイヴィスやロンドン交響楽団の演奏は、パンチが効きすぎかもしれませんが、深い香りが漂う名盤。, ほんの少し速めのテンポで、キレも良く、この、モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番のフレッシュな感覚が表現されていて好感度の高い名盤です。, 「時には、遊び心が欲しくなる」モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番にはいいかも。, モーツァルトの活躍した当時の、雰囲気をかもす18世紀サロンのかぐわしいイメージが浮かんできて、とても楽しい名盤。, ケラケラと笑いながらはしゃぐ、子供のような無邪気さに、触れたいときに効く(聴く)名盤とも言えそうです。, さて、モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番の、名盤の紹介と、解説はいかがでしたか?, 毎日、思い通りに過ごせずに、イライラして、心に感情のチリが、積もっちゃっていませんか?, そんなチリを、掃(は)き清めるなら、モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番…ですよ〜。, 3ヶ月無料!(⌒▽⌒)個性あふれる演奏に出会うキッカケはAmazonミュージックが与えてくれますよ♬, そんな毎日を、ただ、たんたんと、そして、てくてくと歩いてきました。 この「第3番」には "春の日、雨上がりのパリの街を歩いていると 爽やかな風が吹いてくるような"趣がありますね。 モーツァルトのヴァイオリン協奏曲は全部で5曲有りますが、第1番が書かれた翌々年に残りの4曲がまとめて書かれました。ですので、ほぼ同時期に書かれたことになりますが、曲の充実度においては第3番以降の3曲が圧倒的に優れています。 6.ヴァイオリン協奏曲 第2番 ニ長調 k.211 第2楽章. アマチュアの場合にはむしろ気楽に楽しく弾ければ良いと思います。, 中古屋で見かけたのが、シェリングが3CDを占めるフィリップスの4CDでした。Vn協奏曲自体が初めてで、聴かず嫌いでなく、ナゼか縁が無かったのです苦笑。, Theシェリングそのものの音色、伴奏は入ってこない位に浸れるのですが笑、バッハに聞こえてくる錯覚感があるのです。, コレまたTheフィルハーモニアの音色も原因なのか、検索してもブログ等が全く引っ掛からない録音なのです苦笑。, シェリングは最も好きなヴァイオリニストの一人ですし、三大Bの演奏については最高なのですが、ことモーツァルトの演奏は真面目すぎて愉悦感や茶目っ気が不足するように思います。 8.ヴァイオリン協奏曲 第3番 ト長調 k.216 第2楽章. ヘンリック・シェリング:ヴァイオリン サー・アレクサンダー・ギブソン:指揮 2006年のモーツァルト生誕250年を記念して、アルヒーフとドイツ・グラモフォンから、録音と演奏の双方を勘案して、最良のアルバムを50枚セレクト。どれを選んでも安心して聴くことが出来るものばかりだ。 -- 内容(「CDジャーナル」データベースより), モーツァルト: バイオリン協奏曲 第3番 ト長調 KV 216/ベーレンライター社/新モーツァルト全集版/ピアノ伴奏付ソロ楽譜, チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番(1941年録音)、ムソルグスキー:展覧会の絵(1951年ライヴ)(期間生産限定盤), ISR(ヴァイオリン) モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調 K.218 (ISR (Violin)), Deutsche Harmonia Mundi - 100 Great Recordings [100CD], 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 愛聴盤は LP時代から グリュミオーの演奏を ずっと聴いています。C・デイヴィスの指揮もまた最高ですね。, >K番号の200番台と300番台では 聴いた感じがウェットなものから カラッとした曲調になっているような気がします。, 同感です。もちろん個々の曲に違いは有りますが、大きな流れとしては言い得ているように感じます。あのウエットな感じ、本当に良いですよね。, グリュミオー/デイヴィスの演奏は素晴らしいですね。全集としてはやはりこれ以上のものは有りませんね。, 今この曲を娘が半ギレになりながらレッスン受けてます。先生はもっと大変そうです(笑)。モーツァルトをいちおう「らしく」弾くだけでも、ほんとに大変なことだな・・と感じるこのごろです。 9.ヴァイオリン協奏曲 第3番 ト長調 k.216 第3楽章 [disc:2] 1.ヴァイオリン協奏曲 第4番 ニ長調 k.218 第1楽章. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 僕はクラシック音楽ファンと話すことが少ないから、実際どのくらいの人がモーツァルトを聴いているか、実感が全くないのだが、その実おそらくはあまりいないだろうと思う。自称クラシックファンでも。, クラシック=古典派の音楽はその名前が西洋芸術音楽を表すように、代表的な音楽なのだが、それだけ難解なものでもある。, まあロマン派の音楽にも難解なものもあるし僕にとっては近現代のもののほうが難しいのだが、ファン層の厚さからみて、どうも古典派音楽というのは難しいらしい。, モーツァルトの音楽のどこが面白いのか?それをちょっとでも説明しようなら読者さまから難しいといわれるだろう。, ただモーツァルトをあまり聴いたことがない人にはウケないだろうと思われるものは好きな曲でも省いておく。, これまでもある記事の部分としてモーツァルトの音楽は紹介してきたから、重複するところがでると思われるが、気にしないことにする。, クラシック・ヴァイオリンおすすめの名曲・名盤まとめ【初心者向け~ややマイナーなソナタ・協奏曲】, 前にどこかに書いたようにこのヴァイオリン協奏曲第五番と第三番は僕がモーツァルトを聴き始めるきっかけになった曲である。, モーツァルトのヴァイオリン協奏曲は真作が全部で五曲あって、この二曲が最高傑作とされている。, 最近第五番をヴァイオリンで弾いていて第三番のほうが難しい音楽だとなんとなく思うようになった。, それには色んな理由があるが、とにかくどちらかといえば第五番のほうが初心者むけな気がする。(どちらも傑作なのに変りはない。), 協奏交響曲というのはソロ楽器が複数ある協奏曲をいうのだが、この場合ヴァイオリンとヴィオラである。, これを聴いたのは3&5番を聴き始めたのち暫くたってからだったが、モーツァルトの驚くべき進歩に本当に仰天した。, ヴァイオリン協奏曲は19才のときに書かれ、協奏交響曲は23才のときに書かれたのだが、天才というのがどういうものかよくわかる。, ただこの曲は 演奏が非常に難しいらしく、完璧な演奏というのはなかなか聴けないものらしい。, この曲に限ってはグリュミオーの録音より、クレーメルの録音のほうが優れているように思う。, (こういう記事を書くと難しくてわからないという意見がとんでくる。よく書けていると思うのだが), ◇Mozart: Clarinet Concerto K.622; Flute & Harp Concerto K.299(Amazon), 上に書いたとおり協奏交響曲はソロ楽器が複数ある、つまりフルートとハープがそれである。, この曲はヴァイオリンとヴィオラのための曲の前年に書かれたものであり、また違った味わいがある。, この時期の音楽をロココ音楽などというがこの曲はロココ音楽の真髄と呼ばれるものである。, フルートとハープという楽器がもつ華麗な部分、華やかさと麗しさが奇跡的な創造物となっている。, このCDに一緒にはいっているクラリネット協奏曲はモーツァルト全作品中もっとも素晴らしい曲のひとつだと思うが、おそらく難しい曲である。, モーツァルトのピアノソナタといえば第11番トルコ行進曲つきと第16番が有名だと思うが、おそらくその次によく聴かれるのがこの曲である。, ”めでたい(終止形めでたし)”という言葉は”めづ(愛づ)”つまり現代語の”めでる(愛でる)”と関係のある言葉だが、この曲はこの元の意味でめでたい曲である。, モーツァルトはピアノの達人で派手な協奏曲をつくりもしたが、ピアノの”こういう面”をちゃんと発見して、めでたいピアノ曲を残してくれている。, それらはどれも名曲なんでどれを敢えて推すということもなくて、この第23番を少し前によく聴いていたというだけの話である。, 始まりからしてなんというか慎重というか丁寧というか、よくあるようにババーン!!というのではないのがいい。, 上に貼った交響曲を紹介した記事では確か第35番ハフナーなんかを紹介したが、ここでは第29番をおすすめしておく。, モーツァルトは奇跡を何度も起こしているが(笑)、この曲もモーツァルト創造上の奇跡の一つである。, ただ交響曲は長いのでクラシックを聴きなれていない人には聴きにくいものかもしれない。, ああ、モーツァルトを知っていてよかった。モーツァルト生まれてきてくれてありがとう・・・, モーツァルトの音楽は快くて、それは精神的な意味合いばかりでなく人間の身体全体にいいようである。, 出来上がった楽器にモーツァルトを聴かせている楽器工房というのを見たことがあるし、植物の生長をうながすという研究結果もある。(モーツァルトを聴かせると植物の内部の液体の循環なんかが促されるらしい。), 音楽にはたしかに精神的内容も含まれるけれど、それに加えて最高に快い音楽の響き、明快な形式、とにかくすべてがこれまた奇跡的に組み合わせられているのがモーツァルトなのだ・・・, モーツァルト良いですよね!曲のリンクを貼って頂いたので、