そもそも住宅ローン控除(減税)とは、自分が住むための家を住宅ローンを組んで購入したりリフォームしたりする際に適用される制度。 年末(12月31日)時点の住宅ローン残高の1%が所得税から控除され、税金が安くなります。 住宅ローン控除が適用となれば、住宅ローンの残高の1%が10~13年間、所得税から差し引かれ還付金を受け取ることができます。 住宅ローン減税を受けるためには、 基本的に築20年未満、耐火構造の場合は築25年未満の建物でなければいけません。 リフォームローンの所得税控除はリフォームの内容や借り入れ条件によって減税額が変わるので、よく試算してからどの減税方法を使うか選択しましょう。 リフォームローン控除の必要書類. 住宅借入金等特別控除とは、個人が住宅ローン等を利用して、マイホームを新築、取得又は増改築等(以下「取得等」といいます。)をし、令和3年12月31日までに自己の居住の用に供した場合で一定の要件を満たす場合において、その取得等に係る住宅ローン等の年末残高の合計額等を基として計算した金額を、居住の用に供した年分以後の各年分の所得税額から控除するものです。 なお、バリアフリー改修工事や省エネ改修工事、多世帯同居改修工事を含む増改築等をした場合で、特定増改築等住宅借 … 家のリフォームを計画しているなら減税制度を利用してコストダウンをしましょう。減税制度の豊富な種類や対象の税金など、誰も教えてくれないリフォーム減税制度について役立つ情報を紹介。どんな制度が利用可能なのかリフォーム減税の基本から理解できます。 また、固定資産税など所得税以外の減税については、以下の関連記事よりご確認いただけます。 住宅ローンのお借換により、住宅ローン控除の適用が受けられなくなる場合があります。詳しくは税務署にご確認ください。 その他商品内容について詳しくは商品概要説明書をご確認ください。 リフォーム費用ですが、実は要件を満たしていれば確定申告・年末調整の際に住宅ローン控除(住宅ローン減税)を受けることができます。ここでは住宅ローン控除の適用条件や控除額、手続きに必要な書類などについて分かりやすく解説しています。 実は、住宅ローンで利用できる「住宅ローン控除(住宅ローン減税)」を、リフォームでも適用することができます。今回は、リフォームで住宅ローン控除を受けるための要件や手続きと、住宅ローン控除とも併用可能な優遇制度をご説明します。 【2018年版】ローンを組んでまで決心したリフォーム。家族の暮らしやすさのために大規模なリフォームをする場合や、中古住宅を購入してリフォームする場合など、リフォームでもローンの利用は十分に考えられます。このようなとき、住宅ローン減税がリフォームにおいても適用できるということをご存知でしょうか。知らないと帰ってこない納め過ぎの税金。今回はその控除・減税制度の概要、ポイントについてご紹介いたします。, 住宅ローン減税は新築だけの制度ではありません。長く住み慣れた我が家、あるいは中古住宅の購入にも、しっかり活用して、おトクに安心のマイホームをゲットしましょう!, リフォームに関する減税制度は内容や金額、ローン利用の有無に応じて用意されています。自分たちにとってのおトクな制度を見つけましょう(クリックで拡大)。, 住宅ローン控除は新築だけでなく、リフォームの場合も適用できます。最大で400万円の減税枠を上手に活用しましょう(クリックで拡大)。, リフォーム減税額の制度ごとの比較:借入金額600万円、返済期間10年、金利3.5%、年収500万円、扶養家族なしを前提条件としています(クリックで拡大)。, 家屋の居室、調理室、浴室、トイレ、洗面所、納戸、玄関または廊下の一室の床または壁の全部について行う修繕・模様替えの工事, 築後20年以内の木造住宅(マンションなどの耐火建築物の場合は築後25年以内)であること, 一定の耐震基準を満たすことが証明されているもの(耐震基準適合証明書、住宅性能評価証明書など). 住宅ローン控除とは……住宅ローンを組んで家やマンションを購入すると「年末のローン残高の1%が10年にわたり、所得税から控除される」という優遇制度です。 たとえば年末時点でローンの残りが2,000万円あった場合、その年払った所得税・住民税から20万円が戻ってきます。これが購入から10年間続くわけです。 住まい給付金とは……住宅を購入した人に「所得に応じて一定金額を給付する」という優遇制度です。ただし、個人売 … 自宅のリフォームを行う際には、状況に応じて住宅ローン控除が適用できます。いつでも利用できるとは限らないため、適用の要件や方法を知っておく必要があります。税制優遇やその他コストカットの方法を知り、お得にリフォームを行いましょう。 リフォームローン控除の必要書類について1つずつ確認していきましょう。 1つずつ必要書類を確認することで簡単なことに気づくと思います。 1については地域の税務署に行く必要になります。 住宅ローン控除を受けるための手続きは? 増改築やリフォームで住宅ローン控除を受ける場合も、通常の住宅ローン控除と同じく入居した1年目は確定申告が必要です。確定申告は居住地の税務署や国税庁ホームページで行うことができます。 リフォームローンの審査に必要な書類について詳しく解説! 金融機関にリフォームローンの本審査を申し込むときに用意する必要書類は多岐にわたります。必要書類を請求する先も、勤務先やリフォーム会社、役所などバラバラです。 そんな時の費用は、住宅ローン控除の対象になるのでしょうか? リフォーム費用が住宅ローン控除の要件を充たす場合、税金からリフォーム費用が控除されます。 外壁塗装は一般的な修繕にあたり、「大規模な修繕」として住宅ローン控除の対象となります。 「住宅ローン控除は年末調整が必要?」2年目以降の手続きと必要書類; 住宅ローン控除を受けるために必要な確定申告の書類と手続きの流れ; 金利から利息を計算する方法とは? 金利別の返済額シミュレーション; 住宅ローンにおける連帯債務型とは? 住宅借入金等特別控除とは、個人が住宅ローン等を利用して、マイホームを新築、取得又は増改築等(以下「取得等」といいます。)をし、令和3年12月31日までに自己の居住の用に供した場合で一定の要件を満たす場合において、その取得等に係る住宅ローン等の年末残高の合計額等を基として計算した金額を、居住の用に供した年分以後の各年分の所得税額から控除するものです。 (注)災害によりマイホームが被害を受けた場合で、一定の要件を満たすときは、以下の特例の適用を受けることができ … 各控除を受けるためには、確定申告書とともに以下の書類を添付する必要があります。 控除の種類によって必要な書類が変わるので、詳しくは税理士に相談しましょう。 確定申告で控除の申請をするためには、以下の書類が必要です。 リフォームの優遇税制を受けるための手続きと必要な書類 リフォームに関する減税を受けるためは、必要な書類を準備して申告する必要があります。 改修工事の領収書など個人で保管してあるものだけでなく、新たに取得する必要がある書類もあります。 年末残高証明書. 住宅ローンを利用した場合、金融機関から年末に郵送されます。借り入れたローンの全てにおいて必要です。 多くの場合、建築士などの「増改築等工事証明書」や、指定確認検査機関などの「適合証明書」「評価証明書」などは、あらかじめ工事前に手続きしておくことが必要ですので、何気なくリフォーム業者と工事契約を締結してしまうのではなく、事前にこれら帳票、書類の発行について流れや必要書類を揃えてもらうようにしましょう。 住宅ローン名義が1名 10,000万円 (税別) 住宅ローン名義が共同名義 18,000万円 (税別) 不動産登記簿謄本と住民票の代理取得が必要な場合 別途3,800円 (税別) 必要書類を用意して翌年の確定申告期間に税務署に申告する必要があります。 所得税は住宅ローン控除・投資型減税・ローン型減税の3つがあります。リフォームの内容によって適用される減税措置が異なるので注意しましょう。 住宅ローン控除 リフォームをするなら、少しでも費用を抑えられたらうれしいですよね。 リフォーム費用が控除される住宅ローンを活用すれば、よりお得にリフォームができるかもしれません。 では、リフォームローンの控除を受けるにはどうしたらよいのでしょうか。 「住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)|必要な手続き&記入例」を読む. リフォームローン控除 必要書類について. COPYRIGHT © ART REFORM. ALL RIGHTS RESERVED. リフォームで税金控除を受けるには? リフォーム行うことで所得税が控除される制度があります。 たとえば返済期間10年以上の住宅ローンを使って特定のリフォームを行うと、工事完了後、入居した年から10年間は一定額の所得税が控除されます。 住宅ローンを借りるためには、金融機関に所定の書類を提出しなければなりません。その数は多く、事前審査や本審査、契約時など手続きごとに異なる書類を提出することになります。ここでは、住宅ローン借り入れの流れにそって、手続きごとに必要な書類をご説明します。 1 住宅ローン控除でリフォーム費用は対象となる?ならない? 築年数を超えると、 大規模修繕 が必要になります。 目安としては 10年~15年 となっていて、中古物件を購入した人は自分好みにリフォームする人もいます。. その際に必要な書類が、住民票の写し、住宅ローンの残高証明、登記事項証明書、売買(請負)契約書の写し、源泉徴収票です。 それに加え今回はリフォームの控除をするための申請ですので、リフォームの明細書も必要になります。 住宅ローンの控除は購入や新築だけでなく、リフォームでも受けられます。今回はリフォーム内容別に受けられる控除の種類や申請方法、申請時に必要な書類について調べてみました。ご参考になれば幸いです。, リフォーム控除の対象となるのは、リフォームに必要なローンを組んだ場合と、機能性住宅(耐震、バリアフリー、省エネ)に改修した場合です。大きくわけて「住宅借入金特別控除」、「特定増改築等住宅借入金等告別控除」、「住宅特定改修特別税額控除」、「住宅耐震改修特別控除」の4種類があります。これらの控除を受けるためにはそれぞれ、満たさなければならない条件があります。, 取得日から半年以内に住み始め、適用される年の12月31日まで住むことが条件となっています。, こちらの控除もリフォーム後、半年以内に入居を始め、控除を受ける年の12月31日まで住み続けなければなりません。一定のバリアフリー改修工事、または省エネ改修工事を行っている必要があります。そのリフォーム費用が50万円以上で、半分は自分が住む居宅のリフォームでなければ控除は受けられません。また、返済の期間が5年以上と設定されている必要があります。, こちらの条件は上で紹介した特定増改築貸入金等告別控除と似ています。異なる点は、控除を受ける年の所得合計額が3,000万円より下であるという条件があることです。, 1981年5月31日より前に建てられた建物が対象になります。現在の耐震基準に適合した耐震リフォームを行った場合にこの控除を受けることができます。, いずれも共通した条件として、「申請を行った人間が居宅を目的としたリフォーム」に限ります。また、気を付けておきたいのが、「住宅の床面積が50㎡以上、かつ床面積の半分以上が居住スペースになっている」という点と、「控除を受ける年の所得が合計3000万円を超えてはいけない」という点です。, その他にも各都道府県や自治体で受けられる控除もありますので、詳しく知りたい方は役所の窓口で問い合わせてみることをおすすめします。, そのため確定申告をすることで各種税金が減額され、結果的にリフォームの負担を一部まかなうことができるので確定申告が推奨されています。, 確定申告をする方法は税務署に郵送する方法、直接最寄りの税務署に書類を手渡す方法、e-Tax(電子報告システム)を利用してオンラインで申告する方法の3つがあります。, 確定申告の受付期間は毎年2月16日から3月15日までです。税務署は土日祝が閉庁するため、手渡しをする場合や郵送の場合は余裕をもって申告しましょう。, 確定申告は必要書類をたくさん揃えて確定申告書に必要事項を書いて提出する必要があります。その際に必要な書類が、住民票の写し、住宅ローンの残高証明、登記事項証明書、売買(請負)契約書の写し、源泉徴収票です。それに加え今回はリフォームの控除をするための申請ですので、リフォームの明細書も必要になります。, たくさん書類が必要なので大変だと思いますが、漏れがないようしっかり管理をしておきましょう!, 例えば中古物件の場合は耐震基準適合証明書、住宅性能評価書、保険付保証明書の3つが必要になります。長期優良住宅の場合は長期優良認定住宅認定通知書の移しと、住宅家屋証明書の写しの2つが必要になります。, もし他に必要な書類があるのか分からない場合は税務署に問い合わせると教えてもらえます。, 会社に勤めている場合、翌年からは年末調整でかまいません。ただし必要書類を提出しなければ控除が受けられませんのでご注意ください。自営業の方は、翌年以降も確定申告が必要になります。自営業の方が提出する書類は前年度と同じになります。, リフォーム費用の負担を軽減するためにも、受けられる控除の内容や条件は知っておいて損はありません。今回ご紹介した内容は各控除の一部ですので、もっと知りたいという方はリフォーム会社か、リフォームに詳しい専門家に尋ねてみてください。, 大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・東京・神奈川・愛知・福岡でリフォームするならアートリフォームへ。創業1985年の信頼と実績で最適なプランをご提案します。. 住宅ローンを組むと、住宅ローン控除を受けられるのは広く知られています。実はリフォームローンを組んだ場合も、リフォームローン減税(控除)によって税負担を軽減できる可能性があるのです。 また、リフォームをした場合に適用できる控除制度は、1種類ではありません。 住宅ローン控除は、住宅ローンの年末残高の最大1%を原則10年間にわたって所得税および住民税の一部から控除してくれる制度です。 リフォームローンは 、一定の要件を満たしたリフォームのみ住宅ローン控除が適用 となります。 住宅ローン減税の増税にともなう特例については、以下で解説しています。 【2020年版】リフォーム・リノベーションの住宅ローン控除(減税)と優遇制度まとめ. 市町村の役所にて、住宅ローン控除を受ける人の購入した住居若しくはリフォーム工事を行った住所地の住民票の写しを入手します. 自宅のリフォームや、居住用の中古住宅を購入・改修するための借入金にも住宅ローン控除は適用されます。他にも給付金や固定資産税の軽減措置などがありますが、いずれも適用には条件があります。ローン控除の条件と手続きについて詳しく紹介します。 必要書類. 住宅ローン控除の必要書類や入手先は? 住宅ローンを借りてマイホームを購入したり、一定の増改築やリフォームを実施したりした場合、納めすぎた所得税を還付してもらう「住宅ローン控除」を受けるこ …