フォルダ リダイレクトのグループ ポリシー設定を使用すると、ユーザー プロファイル フォルダをネットワーク共有にリダイレクトできます。フォルダがリダイレクトされると、ユーザー セッション中にすべてのデータがネットワーク共有に直接保存されます。 このファイルの内容に基づき、グループポリシーの各項目を作成、設定可能な値等の定義、実際の設定場所(レジストリ)が決まります。 このファイルが壊れている場合、その解析で失敗し、グループポリシーを開けなくなります。 当項ではローカルグループポリシーから上項で作成した「サイトリストxml」の配置場所を指定します。 まずは、Windowsの「スタート」を右クリック→[ファイル名を指定して実行]を選択し、名前に「gpedit.msc」と入力してOKを押下し、「グループポリシーエディター」を起動します。 Windows10のローカルグループポリシーとは、PC上の様々な設定を自由にカスタマイズできるWindows10の標準機能です。今回は、ローカルグループポリシーの起動の仕方や、それを使ったカスタマイズ方法の例をいくつかご紹介します。 ローカルグループポリシーエディターは次のエディションでそのまま使用することができますが . 2つ目はバッチを作成して、ローカルグループポリシーを利用できるようにする。 これから手順を紹介します。 設定手順. ポリシーは「ローカル グループ ポリシー ... エラー: その名前のファイルは既に存在しています。既存のファイルを移動するか削除して gpresult を再実行してください。または gpresult を再実行し、/f オプションを指定して既存のファイルを上書きしてください。"GPRESULT /?" 前回↓の記事でグループポリシーでローカルドライブの保存を禁止する方法が書きましたが、これではまだ完全にローカルドライブに保存を禁止する事が出来ません。 設定された各ポリシーはGPOに保存されますが、GPOの実体はグループポリシーテンプレート(GPT)というファイルです。ポリシーの設定情報などが記載されています。GPTはドメインコントローラのSYSVOLフォルダ(C:\Windows\Sysvol\Sysvol)に保存されており、1つのGPO毎に1つのGPTが作 … 本記事では、グループポリシーでローカルpcのデスクトップ上やマイドキュメント等の任意の場所に指定したファイルを一斉配布する方法を解説します。 ファイル配布のポリシーを定義 グループポリシー管理エディターを開き、以下の場所へ移動します。 ポリシー設定が競合する場合、[コンピューターの構成] にあるポリシー設定が [ユーザーの構成] にあるポリシー設定より優先されます。 ローカルグループポリシー設定手順. 当サイトはセキュリティコンテンツをメインとして「Windows」に関する情報を皆さんと共に学んでいくブログです, 今回の投稿は、先日の投稿に引き続き、「Windows 10」のローカルグループポリシーエディターという機能に関する投稿となります。, さて改めまして今回の投稿は、先日の投稿に引き続き、「Windows 10」のローカルグループポリシーエディターという機能に関する投稿になります。, 先日の投稿では、「Windows 10 Home」でローカルグループポリシーエディターという機能を使用する方法という投稿テーマについて、記事を記載いたしました。, そして「Windows OS」のローカルグループポリシーエディターという機能に関しては、簡単に説明すると、当記事を参照されている皆様が使用する「Windows OS」に対するシステム設定やセキュリティ設定、または「Windows OS」を起動する際のプログラム設定などを変更することができる機能です。, しかしながら「Windows OS」のローカルグループポリシーエディターという機能を使用するする場合には、ローカルグループポリシーエディターの実行ファイルの場所やローカルグループポリシーエディターを起動する方法がわからないというユーザーさんもいらっしゃるのではないでしょうか。, そこで今回の投稿では、「Windows 10」のローカルグループポリシーエディターを起動する方法について、記事を記載してまいりたいと思います。, それでは初めに「Windows 10」のローカルグループポリシーエディターを起動する手順について記載いたします。, まずは「Windows OS」のローカルグループポリシーエディターの実行ファイルの場所について記載します。, 「Windows OS」のローカルグループポリシーエディターの実行ファイルに関しては、以下のように「Windows 10」のシステムフォルダに格納されています。, そして「Windows OS」のローカルグループポリシーエディターを起動する一例としては、例えば「Windows OS」のファイル名を指定して実行という画面に「%systemroot%\system32\gpedit.msc」や「gpedit.msc」という文字列を入力することにより、「Windows OS」のローカルグループポリシーエディターを起動することができます。, 「Windows OS」のローカルグループポリシーエディターの実行ファイルの場所に関する記載は以上です。, それでは次に「Windows 10」のファイルの検索フォームからローカルグループポリシーエディターを起動する手順について記載いたします。, 次に「Windows 10」のタスクバーに表示されている「ここに入力して検索」という項目をクリックします。, 次に「Windows 10」のファイルの検索フォームに以下の文字列を入力してから、検索結果に表示された「gpedit.msc」という項目をクリックしてください。, 以上で「Windows 10」のローカルグループポリシーエディターを起動することができました。, 「Windows 10」のファイルの検索フォームからローカルグループポリシーエディターを起動する手順に関する記載は以上です。, それでは次に「Windows 10」のファイル名を指定して実行という画面からローカルグループポリシーエディターを起動する手順について記載いたします。, まずはお使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「R」というキーを同時に押してから、ファイル名を指定して実行という画面を表示してください。, 「Windows 10」のファイル名を指定して実行という画面からローカルグループポリシーエディターを起動する手順に関する記載は以上です。, それでは次に「Windows 10」のローカルグループポリシーエディターの設定項目について記載いたします。, 当記事の冒頭で記載するように「Windows OS」のローカルグループポリシーエディターに関しては、簡単に説明すると、当記事を参照されている皆様が使用する「Windows OS」に対するシステム設定やセキュリティ設定、または「Windows OS」を起動する際のプログラム設定などを変更することができる機能になります。, そこでまずは、以下のローカルグループポリシーエディターの実行画面を参照してください。, 次にローカルグループポリシーエディターの実行画面に関しては、以下のように設定項目が表示されています。, 次にローカルグループポリシーエディターのWindowsの設定という設定項目では、以下のように「Windows 10」のセキュリティ設定や「Windows 10」の起動時及び終了時に実行することができるスクリプトファイルの設定を変更することができます。, 次にローカルグループポリシーエディターの管理用テンプレートという設定項目では、以下のように「Windows 10」のコンポーネントやコントロールパネル、またはネットワークなどのシステム設定を変更することができます。, 以上が「Windows 10」のローカルグループポリシーエディターの設定項目に関する説明となります。, 「Windows 10」のローカルグループポリシーエディターを起動する手順に関する記載は以上です。, それでは次に「Windows 10 Home」でローカルグループポリシーエディターを使用する方法について記載いたします。, 「Windows 10」のローカルグループポリシーエディターに関しては、基本的に「Windows 10 Home」というバージョンから、ローカルグループポリシーエディターを使用することができませんが、「Windows 10 Home」というバージョンについても、ローカルグループポリシーエディターの機能が含まれています。, そのため「Windows 10 Home」というバージョンからローカルグループポリシーエディターを使用する方法に関する詳細を把握する場合は、以下のという「Windows 10 Home」でローカルグループポリシーエディターを使用する方法に関する過去記事を参照してください。, <「Windows 10 Home」でローカルグループポリシーエディターを使用する方法>, ・「Windows 10 Home」でローカルグループポリシーエディターを使用する方法, 「Windows 10 Home」でローカルグループポリシーエディターを使用する方法に関する記載は以上です。, 今回の投稿で記載する記事以外の「Windows 10」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。, 「Windows 10 Home」でローカルグループポリシーエディターを使用する方法, 「Windows 10はこのPCで推奨される更新プログラムです」という画面に関する対策方法について, 「Windows 10」の無償アップグレードを途中でキャンセルする方法に関するまとめ, 「KB3035583」及び「KB2952664」!「Windows 10を入手する」というプログラムが「推奨される更新プログラム」に昇格することに対する対策方法, 「2016年7月度版」!「Windows 10」の無償アップグレードをキャンセルする方法.