所属リーグはMie(U-15)サッカーリーグ1部と4部に所属。 【三重県からJへ】ヴィアティン三重 part17 771コメント ... 441 U-名無しさん (中止W a9bf-8t4O) 2020/10/31(土) 15:28:22.90 ID:1D7jK66M0HLWN. ヴィアティン三重が百年構想倶楽部に 県内サッカーチーム初 三重 2020-02-26 スポーツ 【「Jリーグ百年構想クラブ」認定の連絡を受け、山本好彦GMと握手するヴィアティン三重の後藤大介代表(左)=桑名市の同クラブ事務局で】 ジュニアユースの出身選手として、サンフレッチェ広島F.Cに森島司が2016年より加入[25]。, 2012年発足。2019年度の所属は東海女子サッカーリーグ1部。なでしこひろばを年10回開催している。, 三重交通G スポーツの杜鈴鹿 (県営鈴鹿スポーツガーデン)サッカー・ラグビー場メイングラウンド, 町の夢をともに描くサッカークラブ。-No.434- ヴィアティン三重 代表取締役 後藤大介, https://web.archive.org/web/20130703115638/http://www.isenp.co.jp/news/20130630/sports02.htm, https://web.archive.org/web/20160401215331/http://www.veertien.jp/fc/wtn/?p=871, http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=1128, http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20171127/CK2017112702000012.html, https://www.asahi.com/articles/ASLCH321FLCHONFB006.html, http://www.veertien.jp/fc/news_all/top_news/19223, https://www.asahi.com/articles/CMTW1812212500002.html, http://www.veertien.jp/fc/news_all/top_news/19454, https://www.veertien.jp/fc/news_all/club/25240, https://www.veertien.jp/fc/news_all/club/25250, https://www.jleague.jp/release/post-63062/, https://www.veertien.jp/fc/news_all/top_news/28684, http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=8842&m=10&y=2015, http://www.veertien.jp/fc/news_all/top_news/19542, “【お知らせ】日本トランスシティ株式会社様 2020年度ユニフォーム鎖骨スポンサー決定”, https://www.veertien.jp/fc/news_all/top_news/26039, “【お知らせ】萩野メタルワークス株式会社様 2020年度ユニフォーム背中(裾部)スポンサー決定”, https://www.veertien.jp/fc/news_all/top_news/26006, “【お知らせ】プーマジャパン株式会社様 オフィシャルサプライヤー契約締結のお知らせ”, https://www.veertien.jp/fc/news_all/top_news/25916, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヴィアティン三重&oldid=79535826, この項目では、サッカークラブについて説明しています。バレーボールチームについては「, 保健・医療・福祉、社会教育、まちづくり、学術・文化・芸術・スポーツ、国際協力、男女共同参画社会、子どもの健全育成、職業能力・雇用機会. 株式会社ヴィアティン三重ファミリークラブのスポンサー契約の営業【転勤なし/業界未経験歓迎】(963463)の転職・求人情報。日本最大級の求人情報数を誇る転職サイト【エン転職】。専任スタッフによる書類選考対策や面接対策に役立つ無料サービスが充実。 ヴィアティン三重レディースユースは2019年4月1日より活動を開始した、新しいクラブチームです。 三重県北勢地域を中心とした地域の中学・高校女子サッカー選手が成長し、将来のトップチーム昇格・ステップアップに繋がるクラブを目指して活動しています。 伊勢新聞社のホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。. 今日の中日新聞三重版にヴィアティンの記事が頁の半分程のスペースで掲載されてる コルリは放送室からチャントを流す係をしてるんだな 33 U-名無しさん (ワッチョイW 4360-5f+M) 2020/10/05(月) 13:50:01.83 ID:Gh188LY40 2015年、浅野博史が監督就任[24]。 株式会社ヴィアティン三重ファミリークラブ(98097)の転職・求人情報。日本最大級の求人情報数を誇る転職サイト【エン転職】。株式会社ヴィアティン三重ファミリークラブのクチコミ、専任スタッフによる書類選考対策や面接対策に役立つ無料サービスが充実。 ヴィアティン三重(ヴィアティンみえ、英語: Veertien MIE )は、三重県の桑名市・いなべ市・員弁郡 東員町・桑名郡 木曽岬町・三重郡 菰野町・川越町・朝日町をホームタウンとする、日本フットボールリーグ(JFL)所属のサッカークラブ。 Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。 エン・ジャパンが運営する会社口コミプラットフォーム「Lighthouse(ライトハウス)」の情報を掲載しています。会社の強みを可視化したチャートや、社員・元社員によるリアルな口コミ、平均年収データなど、ぜひ参考にしてください。, Jリーグを目指すサッカークラブのため、全員が共通の目標に向かって走り続けている。ただ、それだけではなく子ども達の教育や地域の活性化、街づくりが基本理念にあるため、地域に欠かせない存在として色々な世代の方から応援して頂いていることで毎年の成長を強く感じ取れる。スポーツを通じた夢のある活動には終わりが無いため将来の理想の姿へ少しずつ近付いていけることをとても楽しみにしている。頑張った分だけ会社の成長も感じ取れるのでやりがいがある。, 市民クラブと呼ばれる地域の皆様に支えて頂いているクラブチームですので、法人個人問わず、あらゆる場面で応援頂けるファンづくりを意識している。街中にポスターを貼る地道な活動から、大手や中小の企業へ飛び込み営業をしたり、試合にお越し頂いた観客の皆様へのおもてなしだったり、状況に応じて色々な接し方や関係性を持つ必要があるため柔軟にスピーディーな対応が必要。動けば動くほど(スポンサー獲得出来たり、地域の方から笑顔で声をかけて頂いたり)結果が必ず付いてくるため体力は必要だがやりがいをとても強く感じ取れる。一般の企業だとなかなか感じ取れない部分。, ベンチャー企業として発展途上のため、安定したボーナスは難しいかもしれないが、営業職の場合は成果に応じて特別賞与が出る場合もあるためやりがいにも繋がる。安定した休みや安定した収入を求めたい大企業志向の方には不向き。, 週末にはサッカーの公式戦が入ることが多いため、変則勤務になる。平日の休みは仕事の状況により休む曜日が変化することがあるので毎週毎月決まった曜日に休みたい方には不向き。休む曜日も自分の裁量で決めれる部分が多いため計画的に業務を進めれるのであれば問題は無いと思う。, 【株式会社ヴィアティン三重ファミリークラブの転職・求人情報】 - エンジャパンのエン転職, 日本最大級の求人情報数を誇る転職サイト、エン転職。仕事内容、募集背景、会社概要、担当取材者のコメント、クチコミ情報、転職者インタビュー、社長のインタビュー、人事・採用担当者からの選考のポイントなど、株式会社ヴィアティン三重ファミリークラブに関する様々な転職・求人情報の提供を行っています。, エン・ジャパンが総力を挙げて取り組む、人材採用・活躍支援プロジェクトの紹介ページ。, 日本最大級の転職・求人情報サイト。エンの社員が100%独自取材した転職・求人情報満載!, エンジニア向けWebメディア『エンジニアHub』から派生したエンジニア専門求人サイト。, 「エン転職」、「エン派遣」等、エンの求人を、職種・雇用形態・年収など様々な条件で検索!, 年間5,000万ユーザーが利用。会社の口コミや年収・残業時間などが、すべて無料で閲覧出来ます。, 日本No.1のインターン掲載数!大学生向け長期実践型の有給インターンシップ求人サイト。. トップページ; ニュース; チーム. サッカーのJリーグ入りを目指す、日本フットボールリーグ(JFL)のヴィアティン三重が25日、Jリーグへの参入条件の一つ、「百年構想クラブ」に承認された。三重県内チームで初。同日開催のJリーグ理事会で認定された。, 百年構想クラブの承認には、クラブの運営実績、財務状況、Jリーグ基準にあったホームスタジアム整備などの審査基準がある。ヴィアティン三重は本拠地の一つ、員弁郡東員町で、同町スポーツ公園陸上競技場をJ3基準を満たすスタジアムに改修するなどして昨年11月、Jリーグへ百年構想クラブとして申請していた。, 今後、百年構想クラブより詳細な基準を設けたJ3のライセンス交付審査を通過した上で、3月15日に各地で開幕するJFLで年間成績4位以内、ホームゲーム平均入場者数2千人以上などの条件をクリアすればJ3参入が認められる。, 桑名市和泉の事務所でJリーグ側から報告を受けたヴィアティン三重の後藤大介代表はほっとした表情を見せながら、「これが出発点。さらに地域に後押しされるチームになるような努力を」とJリーグ側から叱咤激励を受けたことも明かし「選手らは4位以内を目指して頑張ってくれる。フロント側も泥くさく、地域とコミュニケーションを深めて、一丸となって目標を達成したい」と語った。, Copyright © 2020 | The Ise Shimbun, All Rights Reserved. ヴィアティン三重バスケットボール Tel:0594-87-6009 〒511-0838 三重県桑名市和泉680. Copyright © 2020 en-japan inc. All Rights Reserved. 現在、三重県リーグ3部に所属。, 北勢FCを前身とし、ヴィアティン発足とともにヴィアティン三重北勢FCへ改称。現在はヴィアティン三重U15として活動している。 ヴィアティン三重(ヴィアティンみえ、英語: Veertien MIE)は、三重県の桑名市・いなべ市・員弁郡東員町・桑名郡木曽岬町・三重郡菰野町・川越町・朝日町をホームタウンとする、日本フットボールリーグ(JFL)所属のサッカークラブ。Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。, Jリーグ百年構想の趣旨に賛同するサッカークラブとして2012年に設立された[1]。, 「ヴィアティン」とはオランダ語で「14」を示す言葉であり、クラブ設立前に視察をした、三世代が集まるオランダのスポーツコミュニティを手本とすることを念頭に置いている[1]。またオランダ代表として活躍したヨハン・クライフの背番号14をも込めているという[1]。クラブエンブレムにも、数字の「14」とオランダ代表のエンブレムにも用いられているライオンが描かれており、ライオンにはクライフの愛称「フライング・ダッチマン」にちなんで翼が描かれている[1]。クラブマスコットはライオンの「ヴィアくん」[1]。, ホームタウン創設当初は桑名市・四日市市を中心とする三重県全域としていたが、のちに亀山市・いなべ市・及び桑名郡木曽岬町・三重郡菰野町・朝日町の合計4市3町をホームタウンに制定。2015年2月設立の「ヴィアティン三重後援会」には三重県北勢地域の企業が多く参加し[2]、上記7自治体の首長が名誉顧問として参加している。その後、市町村合併や亀山市・四日市市のホームタウンからの撤退と入れ替わりで試合会場のある員弁郡東員町をホームタウンに加え、現在は2市5町で構成されている。なお、下部組織については「桑名市、四日市市を中心とした三重県全域」をホームタウンとしている。, 桑名市出身で、ファクトリーオートメーション設備を手がける株式会社グローバックスの中国法人を立ち上げた後藤大介(後に同社社長)が、帰国後に名古屋・大須で小学生向けモノづくり教室「ROBOBASE」を開講。その中でモノづくり以外の身体的なもの、スポーツの教育を提供したいとの想いを抱いていた2011年、名古屋グランパスエイトのクラブ立ち上げに携わりJリーグ技術委員長等を務めた山下則之と出会い、その縁でオランダを訪問して現地のスポーツコミュニティを目にしたことで、サッカー、さらにスポーツを通して、家族が意思疎通を取れるコミュニティを自身の生まれ育った三重県桑名で作りたいという想いをきっかけに、桑名市を拠点とした子どもたちの健全育成のための総合型クラブづくりに動き出したことを端緒とする[3]。ちなみに後藤自身はサッカーの経験はほとんど無かったという[3][4]。, ホームスタジアムは、2017年度は四日市中央緑地陸上競技場(四日市市)、三重交通G スポーツの杜鈴鹿 (県営鈴鹿スポーツガーデン)サッカー・ラグビー場メイングラウンド(鈴鹿市)をメインとして、東員町スポーツ公園陸上競技場、上野運動公園競技場(伊賀市)の合計4か所に分かれて行っていた。, 2018年からメインを東員町スポーツ公園陸上競技場にほぼ集約するようになり、2019年は全主催15試合を開催。上記にある通り、2020年4月から10年間、スタジアムの指定管理者となることが決定した。, 下部組織はNPO法人「ヴィアティンスポーツクラブ」により運営されている。同法人はサッカースクールやランニングクラブ、ハンドボールなど総合型地域スポーツクラブの運営を行っている。, 2012年、桑名市にてトップチーム発足と共にジュニアサッカースクールを設立。育成年代の発達段階に応じたコーディネーショントレーニングを行うために、U-6,U-8,U-10,U-12というように細かく年代分けをしてスクール展開をしている。さらに、U-15年代によるヴィアティン北勢FC(当時)を設立し、ジュニアユースも活動している。サッカー選手の人材育成と、地域におけるサッカーの普及・サッカー文化の発展を目指している。, 2014年度にチーム発足。