その日、人類は思い出した―。 百年以上前、突如現れた巨人たちに、人類の大半は喰われ、文明は崩壊した―。 この巨人大戦を生き残った者たちは巨人の侵攻を防ぐため、 !ちゃんと原作の続きを読みたいと感じました観られて良かった。個人的には、モブ巨人はもっと人間に見えない方が良かったかな【2020.8.16観賞】, 巨人は嫌いだけど、三浦春馬を観たいので観てみた。だから、巨人を出来るだけ見ないようにしていたら、戦争中のレジスタンス物語のような名作だと気づいた。三浦春馬の演技に涙した。, 原作無視の限度が度を超えすぎてる車があるのに、なんで立体機動で巨人倒すの?タンクレベルにして効率良く倒して、うなじを銃で乱射すればい~じゃん人物相関図も原作無視、ここまで無視するなら「進撃の巨人」を抜いて「ATTACK ON TITAN」だけでい~じゃん巨人がなぜか居ます、近代兵器で駆逐していきます~でい~じゃん, 原作は読んでおりませんが、それでもとてつもなくつまらなかったです。わざと面白く無くしようとしてやってるのかな?って感じの脚本と演出に思えました。, まず先に原作ありきで話をするのはやめて適当に思った事書きます。悪い所同じ題材を元に制作した別のお話、時代背景や設定が良いだけにまとめ方が下手くそだなぁって言う日本映画の特徴をまとめたような映画です。主人公が「駆逐してやる!」と強く思える程の心理描写がない。急な寝取られ描写。うなじへの攻撃にブレイドを使う事の意味、重火器でも狙えると思った。火薬が無いからと言う設定で良かったのでは?人の声に敏感なのに車の走行音はフルシカトの巨人さん。全体的な説明不足の為にキャラ愛が出ない。謎の巨人を一本背負い。自己中爆発女。夜中のうちに火薬持って帰還すればよかったのでは?。良い所日本映画にしてはわりと戦闘シーンは好きな部類。エンディングがカッコいい。予告が1番面白い。主人公口説かれる所のお尻がセクシー。, 評価が低いから,見るのを躊躇っていたが、ついに鑑賞いきなり設定変更していて,ついていくのがやっと原作とは違う違うと頭の中で思っておかないとしんどい。巨人を狩る理由周りの人々の動機登場人物の名前巨人…全てが曖昧。, 評価低いの知って見てたかな?昔すぎて忘れた。巨人の描写、特に補食シーンキモくてサイコー。原作は途中まで見て観賞。脚本がダメな感想です。ダサカッコイイ狙い?リヴァイが居ないのもダメ。頑張って欲しかったねぇ。。変わりなのかシキシマダサすぎっす!!!ラブシーンも不要!エレン・ミカサ・シキシマのくだりもダサーイ!リンゴの件は伏線なら仕方ないとこですが、そうでもなかったみたい。。wでも上回る補食シーンの良さ。でもこれは私が食人族とかグリーンインフェルノ好きだからかも??!!, 原作とは全然違うから、こういうオリジナルの映画なんだ!って観たらめっちゃ面白かったです!でもシキシマはいらんだ…, 原作は好き(アニメは観ていない)だけど、実写映画化となると多少間引いて評価する心構えで鑑賞してみた。設定が結構違う。それはある程度仕方ない。でも、登場人物の関係性が今一つわからない作りになっていた。2部作の前編として、あそこで終わらせるのであればもう少し登場人物の背景なり関係性を見せてほしかった。そして巨人と立体起動だが、個人的にこれの違和感がひどかった。立体起動で飛び立つ瞬間に人間の身体がバタバタするのはリアルと言っていいのだろうか。とても不格好に感じてしまう。巨人の方も妙。巨人の動きや周りの建物とのコントラスは、松本人志監督の大日本人を思い出した。コントみたい。シリアスな映画として受け止めることが難しかった。, 映画の内容はピンと来なくてイマイチでしたけど、主題歌来た時がもうブワッてくるくらい震えて神曲すぎました。映画の評価は1ですけど、主題歌よかったんで5で, 特にミカサのキャラが意味わからない原作と違うことがダメだという訳ではないが、これはない原作とストーリーが違う、登場人物も少し違う、終始薄暗い、端折っててよく分からない原作とストーリーが違うのに端折られたら意味わからないお母さん食べられるシーンは絶対必要ってか車あるんかい車が作れるなら結構何でも作れそう, 原作全巻持ちで、アニメも全話見ています(ova除く)。今まで見ようと思いながらも不評すぎるレビューの数々に恐れて見てきませんでした。しかし、遂に決心して観ました。感想基本的に実写作品は否定しないで原作との比較を楽しんでいる方ですが、すみません。今回はあえて厳しくレビューしていきます。正直に述べます。あまりの酷さに何もいいたくありません。褒めるとすれば巨人のビジュアル。不気味さが出ててよかったかな?しかし、この作品根本的に作品ジャンルが原作とは別物なのでそう解釈しての褒めポイントです。原作の目線だと当然アウトです。 先程ジャンルが違うと述べましたが、原作は王道な熱い少年漫画のダークバトルファンタジーです。そして映画ですが、冷め切ったバトルアクションものです。ウルトラマン的な特撮バトルと意味不明な間延びの展開の数々。特にミカサとシキシマ(リヴァイの代役)には吐き気がしました。 何もいいたくないと言いながら不平不満をただ述べてしまいました。総評 よくこんなものを世界発進の超大作と命名して公開しましたね!公開当時、この映画を楽しみに観に行ったファンの方へ、お気持ちお察しします。原作に中途半端に似せる展開が続編で無くなっていることを期待して今回のレビューを終わります。, 原作付きの映画だが、必ず紐づけしなければならない理由が見当たらない。と思うほど、原作を全く知らないせいで、作品単体としての仕上がりの良さにのめりこめた。物語にも画面にも既視感がなく、貴重。それでいて説得力があり、観ていて気持ちが途切れない。今の心境としては、原作は読まなくていいと思えるくらい一つの作品として完成していたように思う。監督は好物だったガメラシリーズの樋口監督と後で知り、作中あったリアル感、臨場感に納得する。進撃ファンというより、樋口ファン向け映画ではなかろうか。続きも見ようと思う。楽しみでならない。それにしても気づいたら、ナチュラルに人の尻を次々見ている自分にビックリ。, 【2週間無料トライアル】メジャーからZ級まで世界中のホラー映画・ドラマが《見放題》, “アマゾンズ”谷口賢志「劇場版 仮面ライダーセイバー」にゲスト出演!「何かの細胞が躍ります」2020年11月15日 09:30, 【「バック・トゥ・ザ・フューチャー」評論】35年を経た今でも容易には越えられない、エンタメの“ワールドレコード”2020年11月15日 06:00, のん×林遣都「私をくいとめて」 大九明子監督が語り尽くす“綿矢文学”の魅力2020年11月15日 11:00, 岡田准一「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」にカシラ役のインコが続投! 新カットお披露目2020年11月15日 10:00, セーラー服の幽霊がストローで鼻血を吸う…「海の底からモナムール」衝撃シーンおさめた予告編2020年11月15日 09:00, 「鬼滅の刃」興行収入200億円突破! 歴代興収ランキング5位に2020年11月9日 12:12, 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」邦画アニメ初のドルビーシネマ上映が決定2020年11月7日 08:00, 【コラム/細野真宏の試写室日記】劇場版「鬼滅の刃」のメガヒットで、どの会社に、いくら利益が出るのか?2020年11月12日 14:00, 【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」が4週連続首位、歴代興収5位に 新作は「モンスト」「461個のおべんとう」「羅小黒戦記」が初登場2020年11月10日 13:00, ポルノまがい、女性嫌悪主義のレッテルを貼られた写真家ヘルムート・ニュートンのドキュメンタリー予告編2020年11月10日 06:00, “アマゾンズ”谷口賢志「劇場版 仮面ライダーセイバー」にゲスト出演!「何かの細胞が躍ります」, 【「バック・トゥ・ザ・フューチャー」評論】35年を経た今でも容易には越えられない、エンタメの“ワールドレコード”, 岡田准一「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」にカシラ役のインコが続投! 新カットお披露目, セーラー服の幽霊がストローで鼻血を吸う…「海の底からモナムール」衝撃シーンおさめた予告編, 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」邦画アニメ初のドルビーシネマ上映が決定, 【コラム/細野真宏の試写室日記】劇場版「鬼滅の刃」のメガヒットで、どの会社に、いくら利益が出るのか?, 【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」が4週連続首位、歴代興収5位に 新作は「モンスト」「461個のおべんとう」「羅小黒戦記」が初登場, ポルノまがい、女性嫌悪主義のレッテルを貼られた写真家ヘルムート・ニュートンのドキュメンタリー予告編, 「ストックホルム・ケース」(C)2018 Bankdrama Film Ltd. & Chimney Group. アイヴィーが、ルシアスへの薬を手にするため森を抜けると、そこには自動車に乗った保護区域の警官がいました。村は、犯罪を憎むアイヴィーの親達によって作られた村であり、子供達を現代の世界から隔離するために、怪物の恐怖を植え付けていたのでした。, ダニエルという少年の葬式から『ヴィレッジ』の物語は始まります。しかし、物語ラストでは、アイヴィーが森を抜けた先で、侵入者を許さないためのガードが警備をし、飛行機が飛行することも禁止している保護地区の中に村があったことが分かりました。 諫山創の大ヒットコミックをtvアニメ化した第5巻。トロスト区全域で繰り広げられた人類と巨人との死闘。巨人の餌食となったエレンは、自ら巨人となりミカサたちの窮地を救ったが、キッツ率いる駐屯兵団に武器を向けられ…。第9話と第10話を収録。 進撃の巨人 attack on titanの映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全511件。評価2.6。みんなの映画を見た感想・評価を投稿。 進撃の巨人を模した別の作品という感じだった。ストーリーとキャラクターが中途半端に採用されていたため、物語も全体的に中途半端に感じた。別の物語として映画化されていたらよかったかもしれない。また、おそらく進撃の巨人を知らない人に向けて分かりやすいようにしたのだろうが、説明するセリフがやや多い気がする。そこ説明いる?と思うところや、そのセリフは余計な気がすると思うところがいくつかあった。全体的にテンポが悪い。エレンがミカサのこと想いすぎ…なのもちょっと拍子抜け。, ハンジ役の石原さとみちゃんが好きでした。スピンオフの進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙のドラマの方が面白かったです。「映画化は、原作を再現することではなく、面白い作品を作ることが目的であるべきだと思っています。そしてそれはこの映画で達成されたのではないかと思っています」と原作者の方が映画を見ておしゃったみたいです。それなら変に原作の要素をいれずに漫画には描いていない登場人物で作れば良かったのではないか。キャラクターに添えないのであればそれはファンから文句を言われるでしょう。どの作品で何を演じても仕草しゃべり方、歩き方が一緒の人を器用するのはやめて欲しい。演じてるのではなくその人本人にしか見えないです。比較的年齢が上の人が演じてるのも違和感でした。個人的に巨人が人間らしくて気持ち悪かった。もっとCGを使えば良かったのに。, 映画評価:50点久しぶりに他者と考察の喧嘩をしたくなる作品ですね!!みんな本当にちゃんと観ていたのだろうか?10人いたら10人の感想がある訳だから特に否定するつもりもないけど、まるで学生のイジメみたいに寄って集って文句言って。私としては良いところも沢山あったのでそこを書いていこうと思います。原作の漫画は10巻くらいまでしか読んでません。それでも今回映画でやられたシーンまでは理解しているつもりです。映画の性質上2時間でまとめる事(今回の場合は前半後半ですので4時間)それによってストーリーや設定を大幅に変更したり、シーンカットも必要なのだと思うこの実写版進撃の巨人(前半)はその点とても素晴らしかった。変更点は多かったが世界観が伝わりやすく巨人の特性や恐ろしさ、面白さ等がしっかり伝わってきた。始めて観る方にも分かりやすいと思うミカサだけ強い理由もなんなら原作より納得できるただ戦闘センスがあったにするより、1人だけ学校ではなく、戦地で揉まれたにする方がとても自然だ。そして巨人襲撃によるトラウマと、戦地での三年間で生きていく為に性格に闇が加わる。ミカサの形成にも共感がもてた。前半では100年以上もの間、壁の中で平和な生活をしていた人たちが突如巨人から襲撃を受け、その巨人の恐ろしさを体験したエレン(主人公)たちが巨人に復讐すべく挑むも散っていきながら成長していく。そういうものなら普通に良かったと思います。役者陣も個性的で石原さとみさんの熱演なんて最高としか言えないですよ。少年漫画では取り組めない様な恋愛描写等もより世界観をリアルに伝わってきました所々どうしてもご都合主義にはなってしまってましたが、上出来だったと思います!