インデックス用のシール付きです。 試験前の法令集[…]. このブログでは、ビジネスや学習、遊び、建築などをテーマに、 インデックス用のシールと、線引き(アンダーライン)のお手本集は申し込みハガキで送られてきます。, 通称「オレンジ本」 【メール便可】, ボールペン フリクションボール ウッド03(3色) 関西の近代建築を試験に出る順に紹介! 横書きです。 日建学院に通う生徒はほぼオレンジ本を使っています。 そのソースを読みに行くのは馬鹿げています。, 施工も専門用語や工程が図解で確認できるテキストがあると圧倒的に想像しやすくなります。, 予備校のテキストとは、全てにおいて最適化された一級建築士試験対策のための必須アイテムです。, 私の場合、7年の苦労が、「ここに全部かいてあるじゃねーか!」っていう感動があることによって、勉強が進むんですね。, 他にもTACという予備校もありますが、下のサイトの予備校比較によると、教材の質は最低限という話です。 msmaflink({"n":"建築基準法関係法令集","b":"","t":"","d":"https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com","c_p":"","p":["\/images\/I\/31yOLcYmROL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/%E5%BB%BA%E7%AF%89%E5%9F%BA%E6%BA%96%E6%B3%95%E9%96%A2%E4%BF%82%E6%B3%95%E4%BB%A4%E9%9B%86-%E5%BB%BA%E7%AF%89%E8%B3%87%E6%96%99%E7%A0%94%E7%A9%B6%E7%A4%BE\/dp\/4863586590","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1613714","rakuten":"1613710","yahoo":"1613716"},"eid":"Lzkqo","s":"s"}); 建設会社で働く会社員。 Unity+C#,VR, UnityとPhotonでオンライン対戦型ボードゲーム「犬猫将棋」を作成したい(19):王将がいない場合の勝敗判定. 僕の場合、思い立って4月から7月までの4ヶ月間勉強を開始しました。所感として少し勉強が不十分だと感じましたが、合格することができました。4月から勉強を始めるのは全然アリだと思います。 「何かを始めるのに遅すぎるということはない」とよく言われますが、僕もそう思います。 九州の近代建築を試験に出る順に紹介!, アメリカの近代建築を試験に出る順に紹介! 横書きです。 d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) 独学で一級建築士を目指すことが可能なのかどうか疑問に思っている人もいるでしょう。そこで、独学で目指す人のために必要な勉強時間やおすすめのテキストはもちろん、スケジュールの立て方についても解説します。参考にしてください。 ・解説が分かりやすい構造計算の市販教材の紹介, 連絡先 独学組 運営事務局 サイズはB5で、建築士試験に持ち込みできる法令集の中では最大です。 一級・二級建築士 おすすめの法令集【厳選1冊】比較&時短の解説付き 建築法令集:発売日までの勉強対策. 独学組の「3ヶ月で一級建築士合格する方法」 です。, この過去問題集は、オリジナル解説をつけた過去7年分の問題を収録しているため、過去問をこなすべき量としては十分です。, また、解説がどの教材よりも分かりやすいと非常に評判が高いため、初学者でも既に事前知識がある人でも安心して使うことができるでしょう。, 学科は学科Ⅰ〜Ⅴのそれぞれの科目に対して合格ラインとなる得点基準が設けられており、総得点で85~97点以上取得できれば合格となります。, 製図試験は、ランクⅠ~Ⅳの4段階評価の内、一番上のランクⅠの人でなければ合格となりません。, まず、配点が大きい学科Ⅲの法規と学科Ⅳの構造について勉強を開始することがオススメです。, 法規については、法令に普段から慣れ親しんでいないと内容が理解しにくく躓きやすいため、なるべく早い段階で対策をしておくべきです。, また、構造については計算問題が出題され、苦手意識を持つ受験生が多いことから早めの対策をしておくと安心です。, 参考書を一通り読み過去問を3周ほどこなした上で、分からなかった問題やインプットが甘い論点を徹底的に対策しましょう。, 構造計算と法規をしっかりと勉強しておけば環境・設備や施工の勉強が進めやすくなるため、この順序で行うと良いでしょう。, その中で、分からなかった問題やインプットしきれていなかった分野の問題についてさらに参考書を読んで理解を深めていくと効果的です。, 製図の対策は、課題の一つ一つに時間がかかってしまう上に、かなり無茶な条件を課される場合が多くいため対策が難しいです。, また、覚えることが多く同じ問題が出題される可能性はほぼないため、過去問を活用した対策もできなくなってしまいます。, 二級建築士以上の人に添削をお願いして、第三者の目による客観的なチェックをしておかないと、自分の課題や問題点が把握できません。, なるべくお金をかけずにプロの添削を受けたい場合は、予備校などで行われている1日添削の利用も検討してみましょう。, よって、通信講座を活用しての学習がおすすめです。通信講座を活用することで難しい内容もわかりやすい講座を通じて理解することができ、安心して学習を進めることができます。, スタディングは1級建築士の講座を展開しており、受講費用は試験全体をサポートしてくれるコースでも98,000円となっています。, これは大手予備校の10分の1、他の通信講座の価格の4分の1~5分の1の価格となっており、圧倒的な安さが売りの講座といえるでしょう。, さらに、多くの受験生が苦労する設計製図の対策も基礎講座から解答法を徹底的に叩き込んでくれる設計となっており、初心者の方でも合格に必要な力を十分身につけることができます。, リーズナブルで充実の内容を誇るスタディングの建築士講座をぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?, こちらのトピックで、1級建築士試験におすすめの参考書や問題集はどのようなものがあるのか、ご紹介します。, まずオススメの参考書は 各出版元の法令集の中で「一番早いものでも11月頃に発売」となります。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; 建築士は独学でも対策が可能ですが、製図試験対策は誰かに添削してもらう必要があります。また、スケジュール管理や勉強の順番などにも注意を払う必要があります。こちらの記事で、おすすめの勉強法やテキストについて解説します。 多分このサイトにたどり着いたということは、「一級建築士、独学」とかでたくさん検索してると思うのです。, おそらく、共通しているのは、一級建築士試験を脅威か不安に感じていることと思います。, でも、どのブログもその勉強法の核心がそもそもずれていることに合格してから気が付きました。, 予備校に金払うのが嫌で、完全独学の方法論をググって読んでやってましたが圧倒的に効率が悪い!, 予備校テキストなしの独学が無謀であるという現実から目をそらそうとしているサイトの多いこと。, 予備校なしの独学では合格できない、もしくは効率が非常に低いということを念頭に置く必要があります。, 一級建築士試験に関して一般的に信じられている、独学が可能ということが必ずしも正しいとは思いません。, 少なくとも私のように日本の正統な建築教育を受けていない人間は、市販のテキストや問題集では歯が立たちません。, もちろん、とっても自頭の良い人は市販のものだけに集中しても受かるのかもしれませんが、そういう特殊な例はここでは扱いません。, 私の7年とは、予備校にお金を払うのが嫌だったので、頑なに市販の問題集や、テキストを探して勉強をしました。, そもそも法令集に線を引いてそれを使って法規を解くということも知らないで勉強を始めました。(やってるうちに気づきましたが), それから、単語の意味を調べたりしましたし、過去問を解いてるうちにその答えのソースがどの書籍に載っているのかを辿って探したりもしました。, それが、後述のJASSシリーズ等の難解な書籍で、それをゴリゴリ読んだりとか無駄な努力をしていたのです。, 普通であれば、数年で独学は諦めますよね。7年も独学続けるってちょっと異常だと思います。, 次の3年は実際に受験してみて、毎年箸にも棒にも掛からぬスコア(30~50/125点程度)でした。, 相変わらず、過去問を解いていましたが、その背景をきちんと理解せずに問題を解いていたのは失敗でした。, そして、最後の一年に予備校のテキストを手に入れたら、急速に勉強は進み、スコアは(101/125点)をマーク、無事合格にこぎつけました。, グラフを見て分かるように、勉強量が急激に増えていますが、膨大な出題範囲の把握が非常に大切で、それが詳細にまとめられている予備校のテキスト無しでは無謀なのです。, なぜならば、予備校のテキストには過去問に出題されている問題のソースがそのまま覚えれば良いぐらいのレベルまで落とし込んで書いてあり、その他の文献を一切読むことなく、そのテキストさえ完璧に仕上げてしまえば試験に確実に受かるからです。(もちろん実務にも使えます), そのテキストを見れば、試験の全貌が見えます。試験の底が見えます。試験の出題範囲が見えます。建築士試験の出題範囲の全体量を把握できるのです。, 要するに、過去問に出た出題範囲をカテゴリー別に順序良くまとめて、背景知識として分かり易く読める読み物にしてあるということです。, 出題範囲を把握しないで勉強を始めるなんて山頂がどこにあるのか分からない山を登るようなものです。, 自分が登っている山が茶臼岳なのか、富士山なのか、エベレストなのか、それをまず知らずして、勉強計画は成り立ちません。, 予備校のテキストとは、まさに、ギリギリまで削り込まれ磨き上げられた過去問のソースが結合しているダイアモンドなのです。, それさえ完全に仕上げれば、解けない問題などほぼないと言い切れるぐらいの切れ味を持った代物です。, しかも、それが今年のテキストであるならば、法改正にも対応している豊富な例を含んだ、まさに門外不出の最高の勉強パートナーであることが間違いないです。, 7年が全く持って無駄だったわけではありませんが、かなり短縮することはできたと思います。, そして、予備校のテキストを手に入れてから、出題範囲がわかり、後述する綿密な勉強計画をこなすことで合格に結び付きました。, まず、一級建築士に受かるための確実なルートは予備校の教科書をいち早く手に入れることです。, 逆に言えば、予備校の教科書と問題集さえ手に入れれば1年、いや、数ヶ月で勝ち目がでてきます。, 予備校のテキストをなんとしてでも手に入れましょう。持つべきものは友人や同僚や先輩です。, それもテキストをタダで見せてくれたり、貸してくれたり、古いのをくれたりする友人や同僚や先輩です。, 資格の予備校とは、80万とか100万とか払って入学し、いわゆる塾みたいなものに通うことになるのではと思われるかもしれません。, どんな手を使ってでもテキストを手に入れるということが合格への最短ルートだということです。, 実際予備校のテキストを入手する手段はいくつかあります。安い順に並べると下のようになります, 予備校って一年で受からないと自動的に次の年の最新教材がもらえるので、型落ちのテキストが余っている人がたまにいます。, メルカリ・ヤフオクでしたら数千~数万くらいで手に入ります。これは出品者によりますが。, 忘れずにテキスト5冊、問題集5冊セットになっている物を買いましょう。年度も要チェックです。, それから、教材だけを買うのであれば予備校の通信講座という手もあります。下のリンクだと10万とかで買えます。, それから、二次試験対策も考えるのであれば、予備校に入学してしまうのもありでしょう。, 合格率が全く違うので、2次試験で予備校に通うなら、セットでテキストも買ってしまうというのは一つの手です。, 法規であれば、現行法規に対応して練り込まれた良質な問題を大量に解く必要があります。, それができるのは最新の予備校の問題集と変更のポイントを色々押さえてあるテキストです。, 計画であれば、数字に対してあらゆる角度からアプローチし、全ての寸法や面積等の数字を整理整頓してあるテキストを覚えるのが一番確実です。, 設備・環境でさえもあらゆる用語の定義も意味も単位もシステムも、すべて揃えて比較しながら覚えるテキストなしには語れません, 例えば、光束、光度、照度、光束発散度、輝度の違いが完全に整理して書いてあったりするんです。, 構造も、たった一冊のテキストで、私のJASSシリーズのコレクションを完全に網羅し、凌駕している特別なテキストです。, このJASSや建築物の構造関係技術基準解説書等が、それがたったの一冊にまとまっているんです。, 市販のチャレンジ7の問題解説とか読むと、出典がJASS5とか書いてあったりするんですよね。 一級建築士の学科試験を独学で突破したい初学者人向けに、僕の実体験を元に独学の心得とおススメの教材や勉強方法をまとめてみました。 1.はじめに; 2.そもそも一級建築士の学科試験は独学で突破可 … 建築士は木造・二級・一級の3種類ありますが、独学で合格することは可能なのか、気になる人は多いと思います。, こちらの記事では、建築士に独学で合格する方法や必要な勉強時間などについて解説します!, 学科試験は過去問の類似問題が非常に多いため、過去問に多く取り組むことが合格への近道, 二級建築士は、短大卒や専門学校卒で受験している方も多く難易度も一級ほど高くはありません。, 大学卒業者や大学院卒業者がほとんどを占めている一級建築士試験と違い、二級であれば独学でも合格することは不可能ではありません。, その上、合格基準点は60点とあまり高くないため、建築を勉強したことのある人なら大きく躓くことなく合格することができるでしょう。, 学科試験と製図試験の間は2ヶ月ほど空白期間ができてしまうため、気持ちを切らさずに高い集中力を維持しながら入念に対策を行うことがポイントとなります。, 二級建築士の勉強時間の目安は、建築関係が初学者の場合は1年間程度、建築関係の科目を履修したことのある人であれば半年間が目安と言われています。, 勉強時間で換算すると建築初学者の場合トータル1000時間程度、建築系の科目を履修したことのある人の場合トータル500時間くらいです。, とはいえ、1年間で1000時間の勉強をこなすためには、単純計算で1日あたり3時間以上の勉強をする必要があるため、かなり大変であると言えるでしょう。, 一級建築士の合格のために必要な勉強時間の目安は、建築初学者で1500時間程度、建築系の科目を履修したことがある人で1000時間程度と言われています。, 建設関係の仕事に従事していたりして、実務経験がある人であっても油断せずに、700時間以上の勉強時間は最低でも確保するようにしましょう。, 一級建築士の1次試験は科目数がかなり多いので、時間をかけて苦手を作らないような入念な対策が求められます。, 二級建築士の勉強法や勉強スケジュールは、どのようにして進めていけばいいのを見てみましょう。, 学科試験は、100満点中およそ6割にあたる58~60点以上の正答が合格ラインになります。, また、科目別に基準点が定められており各科目で13点以上の得点をして、総得点が57~60点くらいを取れれば合格となります。, 合格率は例年30~40%くらいで推移しており、半分以上の人は落ちてしまう試験となっています。, 製図試験はランクⅠ~Ⅳの4段階で評価されますが、一番上のランクⅠの人でなければ合格できません。, 合格率は50~55%くらいであり、学科試験と比べるとやや合格率は高くなっています。, 法規の問題は、試験に出てくる問題を建築基準法が掲載されている「法規」を参照しながら解いていく必要があるため、法規の引き方に慣れていないとすぐに失点してしまいます。, そのため、法規の引き方を身に着けるためにも、できるだけ早めに対策をしておくと良いでしょう。, 演習を繰り返すことで、法規のどのあたりに答えの該当箇所があるのか、またどのようなひっかけのポイントがあるのかが掴めてきます。, 学科試験は過去問と出題傾向があまり変わらないことから、過去問をひたすらやり込むことが得点に直結します。, 特に「建築計画・建築構造・建築施工」の科目は出題傾向がほとんど変わらないので、過去問をやり込んだ量が得点に結びつきます。, 日頃の演習では7割の得点を目指しておけば、十分に合格することな可能となるため、7割を目指してしっかりと過去問をやりこみましょう。, 解くべき量の目安としては、過去5年分となる500問を5周ほど解くとほぼ合格圏に到達できるでしょう。, その中でも、得意な科目は3回で済ませたり、苦手な科目は5回以上解いて苦手意識を無くすなど工夫を重ねていくことで、より高得点を狙うことができます。, 建築基準法について改正があった場合などは、しっかりと頭に入れておかないといけません。, 簡単な問題で躓かないようにするためにも、法改正にはしっかりと対応できるように知識をアップグレードしましょう。, 特に、話題になるような大きな改正点については、ほぼ必ず出題されると思って勉強しておきましょう。, つまらない失点をして不合格になるのは非常にもったいないため、時事には敏感になっておくべきです。, 製図試験は3日前に問題が公表されるものの、あらゆるパターンを頭の中に入れておかなければなりません。, 次に、図面を書くことに慣れたら、与えられた課題を元に図面の計画をまとめるプランニング(エスキス)などの対策を行うと良いでしょう。, しかし、採点については初心者では不明な部分が多いため、建築士に合格した人や講師の人などに採点・添削してもらう必要があります。, 添削をしてもらわないと自分の課題や出題のポイントが理解できず、本番で苦労することになってしまいます。, 二級建築士に合格するためには、学科試験が7月上旬に行われるため、遅くとも半年前にあたる2月には勉強をスタートするイメージで計画を立てましょう。, 仕事が忙しくてなかなか時間がとれない場合は、1月や12月から勉強に着手してももちろん構いません。, 2月から勉強を始める場合は、2月をまるまる使って最初の1ヶ月間で法規科目の勉強を行うと良いでしょう。, 次に、3月と4月を使って他の学科科目の勉強を行い、5月と6月を過去問演習と改正法の確認に当てるように勉強スケジュールを立てると、効率的な勉強ができます。, 7月の学科試験が終わったら、ほっと一息入れるのではなくすぐに製図試験の対策に取り掛かりましょう。, ここで気を抜くと学んだ内容を忘れてしまう恐れがあるため、間を空けずに製図試験対策に着手してください。, まずオススメする法令集として