バンダイナムコ 本レポートに掲載した銘柄:レーザーテック(6920)、ソニー(6758)、任天堂(7974)レーザーテック レーザーテックの2021年6月期1q(2020年7-9月期)は、売上高131億6,500万円(前年比2.4倍)、営業利益45億2,… 2011年ソフト売上ランキング メーカー別ランキング カプコン メーカー別ランキング マイクロソフト 2017年ソフト売上ランキング 機種別ランキング, 2018年ソフト売上 カプコン 成功要因の任天堂で紹介する。 2.2 ソニー ソニーの基本戦略は、プレイステーションブランドの確立と、 ゲーム&ネットワークサ ービス事業の基盤を一層強固にし、プレイステーションプラットフォーム上 … メーカー別ランキング セガサミー, グラフ置き場 ファミ通調べによる、2020年9月の国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データをお届けする。2020年9月28日~2020年10月25日の4週分。 集計期間:13å¹´12月30日~・週刊ファミ通調べ 任天堂 コーエーテクモ メーカー別ランキング メーカー別ランキング 2016年ソフト売上ランキング JavaScriptが無効の為、一部のコンテンツをご利用いただけません。JavaScriptの設定を有効にしてからご利用いただきますようお願いいたします。(設定方法), 2021年版「株主優待カレンダー」販売中!優待投資の基本、注目銘柄、資産形成の基本も!!, 本レポートに掲載した銘柄:レーザーテック(6920)、ソニー(6758)、任天堂(7974), レーザーテックの2021年6月期1Q(2020年7-9月期)は、売上高131億6,500万円(前年比2.4倍)、営業利益45億2,900万円(同3.2倍)となりました。, 今1QはEUVマスク欠陥検査装置を中心とするEUV関連製品の売上が順調でした。半導体関連装置売上高は、110億5,400万円(前年比3.5倍)となり、全体をけん引しました。, 売上高は前年比で大きく伸びましたが、売上総利益率は前1Q56.4%から今1Q52.0%に低下しました。会社側はプロダクトミックスの悪化によると説明していますが、EUV関連装置の中でもEUV光を使う市場シェア100%で好採算のEUVマスク欠陥検査装置「ACTIS A150」(価格は未公表だが1台推定50~80億円)やEUVマスクプランクス欠陥検査装置「ABICS E120」(価格は1台約40億円)ではなく、DUV(ディープウルトラバイオレット、深紫外線)光を使いKLAと競合する半導体マスク欠陥検査装置「MATRICS X8ULTRA」(価格は約15億円)が伸びたためと思われます(会社側は、「ACTIS A150」「ABICS E120」「MATRICS X8ULTRA」にEUVマスク裏面検査/クリーニング装置「BASIC Series」(価格は1台約4億円)の4製品を「EUV関連」としています)。, 一方で、研究開発費を十分使い切れなかったため、販管費の伸びが前年比36.9%増と増収率を下回りました。その結果、売上高営業利益率は前1Q25.8%から今1Q34.4%に大きく上昇しました。, 今1Qの全社受注高は、243億6,900万円(前年比2.3倍、前期比70.0%増)となりました。前2Qに過去最大の305億5,000万円を実現した後減少していましたが、再び増加に転じました。ちなみに、半導体関連装置のみの受注高は今1Q228億8,400万円(前年比2.6倍)となり、過去最高の前2Q288億2,700万円に次ぐ水準となりました。今の水準の受注が続くかどうか、今後の推移を見守る必要がありますが、足元の受注の勢いは強いと言えます。, 受注の中身を見ると、EUV関連が多い模様です。特に受注高の大きい四半期は、価格の高いEUVマスク欠陥検査装置「ACTIS A150」の受注が1~2台入っていると思われます。「A150」のこれまでの受注は2022年から量産が開始される「3ナノ」ロジック半導体の研究開発用の装置と思われます。ただし、今後は「3ナノ」量産ライン向けの受注を得る可能性があり、その場合は全社で高水準の受注が続く可能性があります。, 「A150」は、基本的にはフォトマスクにペリクル(防塵カバー)を被せる場合を想定したマスク欠陥検査装置です。しかし、ペリクルなしでも使えます。ペリクルなしで使った場合、DUV光では検知できなかったキズが検知できるため、フォトマスクのキズの検査はより完全になります。, 今のところ、3ナノ生産ラインがペリクルあり、ペリクルなしのどちらになるのか結論は出ていないようですが(私見では、同じ会社でもペリクルありのラインとなしのラインが混在する可能性があります)、A150の需要は傾向的に増えると思われます。, また、「2ナノ」(量産開始は早ければ3ナノ量産開始の2年後)へ向けた引き合いも出ているもようです。2ナノは今のA150の改良型で対応することになると思われます。, 今1Q決算発表時には、今期2021年6月期会社予想は変更されませんでした。今2Q以降に研究開発費が増え、通期では当初計画通りに研究開発費が増加するため、会社予想は変更しないというものです(研究開発費は2020年6月期32億9,700万円、2021年6月期会社計画67億1,200万円。研究開発費の増加とプロダクトミックスの悪化による売上総利益率の低下が、営業増益率が2020年6月期89.7%増から2021年6月期12.9%増に鈍化すると会社側が予想する要因です)。, ただし、好採算のA150の納入、検収が早くなれば全体の売上総利益率が改善すること、TSMC、サムスンの5ナノ生産ラインの増強によって、DUV光を使う半導体マスク欠陥検査装置「MATRICS X8ULTRA」の売上が増える可能性もあります。楽天証券では前回レポートで営業利益が会社予想に対して若干上乗せになる可能性を指摘しましたが、5ナノ増産投資の勢いが強いことから、今回の業績予想では売上高も上乗せ期待が持てるとしました。今期業績予想は、会社予想の売上高570億円(前年比33.9%増)、営業利益170億円(同12.9%増)に対して、楽天証券では売上高590億円(同38.6%増)、営業利益190億円(同26.1%増)と予想します。, 来期の楽天証券予想は変更しませんが、研究開発費の増加が一服するため、50%台の営業増益率が予想されます。, 今後6~12カ月間の目標株価は、1万3,000円を維持します。今回の2022年6月期楽天証券予想EPS 236.2円に想定PEGを1倍強、想定PERを50~60倍として当てはめました(前回と同じ評価です)。引き続き中長期での投資妙味を感じます。, 2021年3月期2Q決算レポート:レーザーテック(受注は増加トレンドに転じたか)、ソニー(ゲームは上方修正)、任天堂(上方修正だが、ソフト販売は地域によってばらつきも), 本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。 詳細こちら >>, 配信:記事配信時 随時facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります, 本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。, ●レーザーテックの2021年6月期1Qは、売上高2.4倍、営業利益3.2倍。受注高が前4Q比70.0%増となり回復傾向。今期は上方修正の可能性も。今後6~12カ月間の目標株価は1万3,000円を維持する。. ソニーと任天堂の売上という一点で比べると ソニーの方が売上高はずっと上です。 でも、任天堂が赤字ということですが あくまでも営業利益であって 任天堂は純利益としては黒字ですが、ソニーは基本的に … 2018年ソフト売上ランキング