和菓子はその程よい甘さ、そして繊細で芸術的な見た目がとても印象的ですよね。 伝統を継がれて今もなお人気な和菓子は外国人にとっては珍しく、お土産としてとても人気があります。, 和菓子は日本料理と同じく日本文化のひとつであり、私たちが英語で説明し良さを伝えられることが出来たら、外国人は喜び、さらに日本のことを好きになってくれるでしょう。, 和菓子の説明はなかなか難しいですが、ここで少し基本的な知識を得て国際交流に活かしてみてはいかがでしょうか。, その中で驚いたことは、外国人は私が思っている以上に和菓子に興味があり、そして予想もしない質問を多々してきたことがありました。, お菓子を指差して「これは何ですか?」から始まり、さらには「“餡子”は何ですか?」 「豆なのに甘いの?」「和三盆は普通の砂糖と何が違うの?」「お茶会でお抹茶はお椀を回して飲むなら、普段の食事も回すの?」等の質問を受けました。, まず、「これは◯◯です。」と日本名は言えても、英語でそれが何なのか詳しい情報を説明したり、なぜそうなのか理由を説明したりすることは簡単ではありませんでした。, 私たちにとって当たり前なことは、外国人にとっては文化・習慣が違うので当たり前ではなく、疑問がいっぱいなんですよね。, 多少の知識を英語でもっておくこと、そして「良さを丁寧に伝えたい」という気持ちが大切だと思いました。, いざ、返答に困ったとしても、ポイントを押さえておけば伝えやすくなりますし、食文化の話は日本紹介に繋がり、丁寧な説明によって日本の心まで伝えられる可能性があります!, 日本最古の和菓子屋はなんと創業1000年を超える老舗もあり、和菓子は日本の伝統的なお菓子と言っても過言ではありません。, 日本特有の食べ物ですので日本語の発音で“WAGASHI”で通しても良いと思いますが、それだけでは意味は伝わりません。, 和菓子も、ワサビが“WASABI”という固有名詞として世界で通じてしまうくらい有名なように、海外で浸透すれば良いのですが。(辞書にはWASABIやSUSHIなどのように載っておらず、その言葉自体が認知されていないのが現状です。その言葉がより浸透すれば英英辞典などで”WAGASHI”という文字が表記されるようになるかもしれません!), 和菓子は英語で“Japanese confectionery” または、“Japanese sweets”と言います。, なので、和菓子を説明する時にはこのような表現や例文が易しく伝えやすいかと思います。, Wagashi is Japanese sweets.=和菓子は、日本のスイーツです。, Wagashi is one of the Japanese traditional confectioneries, that is served with Japanese green tea.=日本の伝統的なお菓子のひとつで、日本茶と共にいただきます。, Japanese sweets are typically made of rice, wheat, red bean paste, and sugar etc.=一般的に和菓子は、お米・小麦・あんこ・砂糖などから作られています。, Manju is a Japanese sweet bun stuffed with red bean paste. (練り切りは見た目はマジパンに似ていますが、違うものです。練り切りは、白豆あんやもち米から作られた求肥から作られています。), The dough is tinted with various colors and sculpted into various shapes. (だんごの人気のたれは、あんこや甘醤油です。), Yokan is a azuki jelly made of red bean paste, agar and sugar. The dough is tinted with various colors and sculpted into various shapes. I underlined words I had to look up, and highlighted parts (of the text) I... A smile doesn’t always mean being happy. Japanese sweets are typically made of rice, wheat, red bean paste, and sugar etc. in May  5月に は 日本語 で何と言いますか?, Thank you very much! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); スポンサーリンク ブログ執筆は、私にとっても英語知識のインプットになっています。ご覧になってくださる方と一緒に楽しみながら学びたいと思い始めました。 Nerikiri is made from sweet white bean paste and gyuhi which is made of glutinous rice. (饅頭は、あんこを詰めた日本の甘く丸いお菓子です。), Daifuku is a sweet rice cake stuffed with a sweet filling, most commonly red bean paste. 春夏秋冬、四季ごとの行事って沢山ありますよね。お花見やお盆など、私たちにとって身近な行事を外国の人に説明するときにはどんな表現が使われているでしょうか。, 日本のことをもっと世界中の人に知ってもらえたら嬉しいですよね。日本のことを英語で紹介しているページも沢山あります。All about Japan やJapan-guide.comなどは日本人の私達が見ても面白いと思います。これらの日本の行事を紹介したサイトを参考にして、四季の主な行事を説明されたフレーズをピックアップしていきます。, お花見について分かりやすく紹介された記事はこちらのページにあります。世界各国の民族文化を紹介するフェスティバルを主催しているSmithsonian Folklife Festivalのサイト内Significance of Sakura: Cherry Blossom Traditions in Japanより。, be calledは「~と呼ばれる」となります。桜が単なる花ではなく“a special flower” 、日本人にとって思い入れの深い特別な花であるということを説明できますね。, literallyは「文字通り、まさに」meanは「~を意味する、示す」などの意味があり、何かを説明するときには便利な単語です。trace backは「(過去などに)遡る」という意味。, colleagueは「(職場の)同僚」という意味。co-workerも同じく「同僚」という意味でどちらもよく使われます。, potluck party(持ち寄りのパーティ)など、海外の人にとって馴染みのある例えを出すと、相手にもイメージが湧きやすいと思います。, “We call this custom~”「この習慣を~と呼びます。」~の後に続く単語を変えることで、他の習慣も紹介出来ますね。, お盆について紹介されている記事は上記にも紹介したAll about Japanサイト内のWhat is Obon?に詳しく掲載されています。, spiritは「魂、霊魂、聖霊」など。ancestorは「先祖、祖先」魂は他にもsoulという言葉もありますが、ご先祖の精神が宿ったものだと考えると、聖霊という意味合いのspiritがしっくりきています。, welcomingは“welcoming party”という言葉もあるように「歓迎する」という意味があります。greetは「あいさつ、迎える」の意味。, midは「中ごろ、中央の、中間の」という意味です。in mid winterであれば「真冬に」という意味になります。, regionは「地方、地域」の意味。日系人の多いハワイでも、そのまま“Bon dance”と呼ばれるお祭りが幾つかのローカルエリアで開催されています。, お月見もAll about Japanサイト内のお月見についての記事Savor the Harvest Moonで詳しく解説されています。, referには「言及する、触れる、参照する」などの意味があります。harvest moon は「中秋の満月、秋分の頃の満月」など。the old lunar calendarとは「旧暦、太陰暦」のことです。, correspondは「該当する、一致する、合致する」などの意味があります。旧暦の日付がこの日に相当している、という説明になっていますね。, gazing は「じっと見つめる、凝視する」などの意味。国によっては月の表面に見える姿はライオンであったりカニであったり人の姿だったりと様々なようです。, お正月についての記事はこちら8 Things to Know About New Year's in Japanより。, typicalは「典型的な、代表的な」という意味の形容詞です。typicallyは副詞になります。typical traditionは「代表的な伝統行事」というようなニュアンスですね。householdは「家族、世帯、一家」など。, periodは「(一定の)期間、時期」の意味。not A but B「AではなくB」なので、January 1st「元旦」だけでなく、the entire first week of January「1月の第1週全体」をお正月と呼ぶという説明ですね。, We say“日本語のフレーズ”, which means “英語でのフレーズ”. Nerikiri represents Japanese nature. Nerikiri represents Japanese nature. Yokan is a azuki jelly made of red bean paste, agar and sugar. (大福は、餅のスイーツで、一般的にあんこが詰まっています。), Daifuku comes in many varieties, some versions contain whole pieces of fruit.(大福はバラエティーにとんでおり、果物が入ったものもあります。), Castella is a Japanese sponge cake made of sugar, flour, eggs, and starch syrup (or honey). (羊羹は、あんこ・寒天・砂糖で作られた小豆ゼリーです。), Mizu-yokan that is made with more water than usual is eaten in summer. 日本には、春夏秋冬と4つの季節があり、ひな祭りといったようなお祝い事の行事も多くあります。それらの行事は、春夏秋冬の四季の移り変わりと一緒になって、独特の文化・伝統として存在しています。, 今回は、日本を紹介するときに使える「四季と行事」について、「四季」は日本独特のものなのか?英語の「四季」の由来は?お正月や節分は、英語で何て言えば良い?などなど、まとめてみました。, 四季のある地域は他にもあります。ですが、日本ほど四季の移り変わりがはっきりしている国は珍しいとされています。, 中緯度で大陸の東に位置する日本列島は、ほぼ3ヶ月ごとに季節が移り変わっていきます。こうした気候の特徴から、日本人は四季をより身近に感じ、季節を愛でるようになったと言われています。, 日本では、食べ物に「旬」という言葉があるように、季節が変わるごとに新しいものが次々と現れます。春・夏・秋・冬それぞれの季節で、ファッションはもちろん、街の雰囲気から景観まで変わってしまいます。四季にちなんだ商品が多いのも、日本の特徴と言えますね。, 一方、英語で「四季」について調べてみると、「summer(夏)」や「winter(冬)」という言葉は、1000年以上前からあったとされ、当時は、暑い時期「summer」と寒い時期「winter」が主な季節だったからではないかという説があります。, 「summer」、「winter」ともに古いゲルマン語から派生した言葉で、それぞれ「1年の中の暑い季節」、「湿った季節」の意味だとされています。, 「spring(春)」と「fall/autumn(秋)」は後からでてきた言葉で、「spring」は「急に動く、飛び跳ねる」、「(川の)源泉」という意味がありましたが、12世紀には「地面から湧き出る水」を表すようになり、16世紀頃から「冬が過ぎ、草花が萌え出る」=「春」を意味するようになったと言われています。, そして、「秋」は12〜13世紀、収穫にちなんで「harvest」と呼ばれていたそうです。16世紀にはフランス語の影響で「autumn」、または「fall of the leaf(葉っぱが落ちること)」から「fall」と言われるようになります。, 現在は、アメリカで「fall」、イギリスで「autumn」をよく使うようですが、なぜ2つの言い方が残ったのかということは、わかっていません。, ちなみに「四季」は英語で「season」ですが、「種まきの時期」という意味のラテン語「satio」が語源だと言われています。「seed(種)」や「sow(種をまく)」という単語も同じところから派生しているということです。, 日本人は普段過ごす日常を「ケ」の日、お祭りなどの非日常を「ハレ」の日とし、使い分けてきました。, 「ケ」の生活がうまく行かなくなることを「ケガレ=気枯れ」として忌み嫌い、「ハレ」の日を迎えることで日常が回復するという繰り返しによって、暮らしが成り立っていたのです。, そして、四季の移り変わりがはっきりしているからこそ、その節目節目でケジメをつけ、「ハレ」の日を楽しんできたのです。, ちなみに、英語では祝祭日は固有名詞なので、「New Year」のように単語の始めが大文字表記になります。, ひな祭りは、英語で「Doll Festival」、春分の日は「Vernal Equinox Day」、卒業式は「graduation ceremony」です。, お花見「cherry blossom viewing」を英語で説明する場合の例文は、