税理士はもちろん、中小企業診断士やファイナンシャルプランナーなどもお金に関する仕事を扱うため、簿記は役に立ちます。しかし、営業やマーケティングなど、一見会計に関係ない部署に配属されたとしても、簿記の知識があると、数字を見て、より具体的な提案や企画書の作成ができることもあります。, お金のことにまつわる、あらゆる知識を身に付けることができます。もちろん、銀行や証券などの金融業界へ就職したい人は、そのまま知識が活かせます。内定後に資格取得を打診されることもあるため、早いうちにとっておいて損はありません。ファイナンシャルプランナーには1級~3級まであります。2級・3級は比較的合格率が高いため、学生時代に勉強しても取得しやすいでしょう。, 理系の場合、専門職に就く可能性が高いです。そのため、就活においてはまず行きたい専門分野に関する資格の取得を考えてみましょう。それ以外で、理系におすすめの資格として次の4つを紹介します。・ITパスポート試験・基本情報技術者試験・弁理士, 「情報処理の促進に関する法律」に基づく国家資格です。この資格を持つことでPCスキルがあることの証明になります。情報処理に関する基本的な知識が求められ、難易度は低めです。ほとんどの人は独学で学び、受験しています。ITエンジニアだけでなく、事務職への就活でもアピールできるため、理系に関わらず受験者数は多いです。, 経済産業省が開催する資格試験で、難易度はITパスポート試験の1段階上と捉えられます。この試験をパスすることで、高度IT人材となるための必要な知識と技能を持ち、実践的な活用能力が身に付いていることが証明されます。ITに関する基本的な知識だけではなく、経営や管理、プログラミングの知識に関する出題が含まれます。, 特許や商標、意匠、実用新案などの知的財産に関する知識を持つ人が取得する資格です。法律や特許の専門知識を学び、資格取得後の就職先としては、人々や企業の特許権・意匠権などの権利を保護する特許事務所などがあります。司法試験の次に難易度が高いと言われ、何年間も資格取得を目指して勉強している人もいます。目指すなら、時間のあるうちにしっかり勉強しておきたい資格です。, ただやみくもに、取れそうな資格から取ることはあまりおすすめできません。大学生が資格を取る際には、次のポイントも考えて選ぶことをおすすめします。, なりたい職業が決まっているなら、その職業になるために必要な資格があるか調べてみましょう。職種によって、資格がなければ働けない仕事、資格があれば有利な仕事、資格がなくても働ける仕事があります。資格がなければ働けない仕事の場合は、資格勉強が不可欠です。仮に資格がなくても働ける仕事であっても、職務に関係のある知識を得られるかを見て資格を選びましょう。, 趣味と関係している資格、その分野の知識に興味がある資格を取るのもおすすめです。もしかすると、それがたまたま仕事につながる可能性もありますし、勉強しながら自分が楽しむこともできるので、一石二鳥です。資格の取得によって自信がつき、知識も増えて、よりその分野のことを調べるのが楽しくなるかもしれません。, 本記事では、大学生が資格を取得するべき理由やおすすめの資格について紹介しました。必ずしも資格が何かの役に立つというわけではありませんが、なりたい職業や業界によっては資格取得が必須になるところもあります。興味や関心がある分野の資格であれば、自分がほしい知識を学びながら資格取得が可能です。自分にとって何がプラスになるか、喜びにつながるかを考えて、これから目指す資格を考えてみましょう。, 大学のレポートや資料作り、手書きで苦労していませんか?今回は、大学生におすすめのパソコンの選び方をご紹介します。, 参考:一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会「【公式】TOEIC Program|IIBC」, 参考:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構「情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験」. "text": "

文系大学生におすすめの資格10選! 難易度や就活役立ち度一覧! 文系の学生の中で多く聞かれる悩みとして「就活で頑張ったと胸を張れることがない」、「自分のアピールポイントが自分でわからない」といったものがあります。 "acceptedAnswer": { 理系職種に就く社会人は、スキルアップや会社からの促しで、資格を取る人が多い現状です。, 引用元-理系大学生におすすめの就活に有利な資格まとめ | 就活のことならキャリアパーク, 弁理士試験に合格している合格者を見てみると、弁理士の勉強時間、学習時間はだいたい予備校や専門学校の授業が基礎講座、択一講座、論文講座、論文答練、択一答練などの200回程度のフルコースの講座を受けて合格されています。, さらに学校の勉強の他に自習を1:4程度で行わないと弁理士は合格できないと思うので、最低3000時間程度の勉強は必要です。, 予備校をフルコースで活用したときの学習時間で、予備校をあまり使わなかったりすると、さらに倍程度の時間がかかるとみてください。, 特許法や意匠法、商標法などは法律でも特別法といわれている部類なので、とても難解で理解しづらい科目です。よってかなりの時間をかけないと理解できないでしょう。, 特に択一試験が7科目もあり、それなりに厄介な問題が多いので、択一試験に苦しむ受験生が多いはずです。, 客観的に見て、受験初期から短答合格まで2-3年、そこから論文合格まで2年ほどかかるというのが相当の期間といえるでしょう。, 合格率 "url": "https://www.foresight.jp/media/university-student/"
  • 簿記
    • 大学生が「就活前に取っておきたい資格」としても人気が高い資格です。宅建試験の重要科目「権利関係」を学ぶことで、健全なビジネス活動を支える仕組みとしての「契約の概念」を基礎レベルから理解できます。契約書に関するルールを学んだ証にもなるため、就活の際にアピールできるのです。

      "name": "宅建が大学生の就職におすすめの理由", そして、非正規社員の増加や外国人労働者問題もあります。, こうしたことから、大卒とはいえども、生きていくための武器になる資格は、就活前に取得をしたほうがよいのはいうまでもありません。ここでは、大学生が就活前にとるべき、おすすめの資格を紹介していきましょう。, このスケジュールの中で、就職準備のカギとなるのが、インターンシップ(インターン)とエントリーシート(ES)です。インターンは少しでも早く学生との接点を持ちたい企業が実施しています。経団連はインターンを直接採用と結びつけないよう指導していますが、現実はインターン参加者を優遇する企業が多いそうです。, そして、最も大切なのがESです。ESは志望動機・自己PRなど企業が独自に設けた多数の項目に、詳細に書き込んで提出します。企業はじっくりとESを精査して書類選考を行います。いい加減なESを提出すれば、その時点でもう先に進むことはできません。まずはしっかりとしたESを制作することが、その先の就活を左右することになるのです。, 企業が大学生に求めているものは……と、考えると大学生が就活前に取得しておきたい資格が見えてきます。どんなに部活やサークルでリーダーシップを発揮しても、企業から見れば大学生はしょせん「ひよっこ」です。社会に出てから鍛え上げられ、社会人として徐々に成長していくものなので、企業が求めているのは「その学生の将来性」です。, 大学生のうちに取得したい資格は「将来に通じるもの」になります。在学中に価値のある資格を身に付けておけば歓迎されるでしょう。「就活前から努力をしている」という姿勢も評価されるのです。, 金融・保険・証券・不動産などの業界を目指している大学生におすすめなのが、FP(ファイナンシャルプランナー)です。FPは、人生のさまざまな場面で関わってくる「お金のアドバイザー」として、クライアントが描いている将来設計をベースに、マネープランを作成しアドバイスを行います。, FP資格を取得することにより、資金計画・税金・株式や投資計画・預貯金・不動産・相続や事業の継承など、はば広いお金の知識の持ち主として認めてもらえます。もちろん、その知識やスキルは、企業でも経理・総務・営業などの部署でも歓迎されるのです。, FP資格は、国家資格である「FP技能士」のほか、AFP・CFPという民間資格があります。初めて受験をする人は認知度が高い「FP技能士」がいいでしょう。, FP技能士は、3・2・1級がありますが、企業が能力を歓迎しているのはFP2級以上です。就活をする前、在学中に3級を取得してから、余裕があれば2級へとステップアップしてください。FP技能士の資格を取得していると、以下の業界への就職に有利です。, また、一般企業の経理・総務などの部門に就職を考えている場合は、FP資格を取得していると、履歴書で「はば広いお金の知識の持ち主」として自信を持って自分をアピールすることができます。