Cannnabis、、カナビス、カンナビス、神奈備す、神奈備草・・・ 脳細胞、ニューロンはまるで麻の葉柄のようにミクロの世界で神聖幾何学的に広がっています。心が疲れた時や体が疲労した時、ニューロンは乱れて、まるで崩れた神聖幾何学図形のように不協和音になっているかもしれません。これらを交通整理し、人々が持っている自己治癒力を高め、自分本来の体の流れを作り出し、美しい和音を奏でている状態=マインドフルな状態にしていくのです。 神奈備(かむなび・かんなび・かみなび)とは、神道において、神霊(神や御霊)が宿る御霊代(みたましろ)・依り代(よりしろ)を擁した領域のこと。または、神代(かみしろ)として自然環境を神体(しんたい)とすること。万葉集においての表記は7つ(22首、23例)ある。, 神が「鎮座する」または「隠れ住まう」山や森の神域や、神籬(ひもろぎ)・磐座(いわくら)となる森林や神木(しんぼく)や鎮守の森や神体山[1]を、また特徴的な岩(夫婦岩)や滝(那智滝)がある神域などをさす。神籬と磐座の総称でもある。依り代となる森林や岩などがない「神奈備野」もある。, 「カンナビ」は「神並び」の「カンナラビ」が「カンナビ」となったとする説や、「ナビ」は「隠れる」を意味し「神が隠れ籠れる」場所とする説がある。もっとも後者は、上代特殊仮名遣いの発見により否定されている。, 神奈備はアニミズムでもあり、自然への感謝や畏敬や畏怖の体現であるが、神の住まう神域や、常世(とこよ)と現世(うつしよ)の端境、または、その常世と現世をわかつ結界や、禁足地なども意味する。, 自然を手付かずに残す事例として、自然環境の保護の観点からも重視され、里山やその周囲の文化として貴重であり、固有の土壌細菌の発見が新薬の開発のきっかけとなることがあるほか、世界中の自然環境学の研究者などが、研究に訪れる場所でもある。, 現在の神社神道の神体は「社(やしろ)」であり、神奈備とはいわない。神社神道も本来は日本で自然発生的に生まれた原始宗教といわれ、自然崇拝や精霊崇拝を内包する古神道から派生して現在に至る。現在の神社には、主たる祭神の尊(みこと)とは別に、「自然」という神体が存在するのが常で、神体として注連縄が飾られた社とともに、境内の内外に神木や霊石や鎮守の森の湖沼や滝などの神体が存在する。古い神社では、拝殿や本殿もなく、自然の神奈備そのものを祭神として祀るところもある。, 『出雲国風土記』には「カンナビ」の山が4か所記載される。「カンナビ」の漢字表記はさまざま。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=神奈備&oldid=73486732.


冒頭で、CBDは神経=気を回復させる役割があると書きましたが、穢れを祓うということは、枯れた気を蘇らせる植物ということでもあります。 これは神聖な場所を守るための結界なのです。奈良の神奈備は大神神社の三輪山です。
脳神経回路の形成、脳細胞の新生、神経保護といった役割があるのだそうですが、神経はいわば「気(プラーナ)」にあたります。, 英語でアサをCannabisと呼び、 神奈備は神の気を巡らせる場所であり、カンナビノイド は神奈備の井戸、この井戸の中にはたくさんの神の気を蓄えているのでしょう。 考古学的に調べられているだけでも日本で使用されたものの歴史はなんと1万年前で弥生時代には布といえばアサだったのだそうです。絹は高級品だったので、一般的には麻で全てをまかない、衣服のみならず、袋、縄、綱、草履に至るまでなんでもアサから作ることが出来、不老長寿の薬と言われる種子は栄養が豊富で食用になり、油も取れ、七味にも使われている、捨てる部分のない万能な植物です。, 神社の祭具類は全てアサで作られていました。 という意味になるそうです。 この2つの漢字は人気ですね。それも理由があり、大変命名に使うのには縁起が良いのです。優しい心の子どもに成長して、人を助けることは、いずれはまわりまわって自分にも良いことがあります。「情けは人のためならず、めぐりめぐって己がため」ですね。 神奈備と称されるには実は綺麗な三角でないと選ばれないのです。 他にも日本にはたくさんの神奈備があるのです。 神奈備(かむなび・かんなび・かみなび)とは、神道において、神霊(神や御霊)が宿る御霊代(みたましろ)・依り代(よりしろ)を擁した領域のこと。 または、神代(かみしろ)として自然環境を神体(しんたい)とすること。 万葉集においての表記は7つ(22首、23例)ある。 奈の字もどことなくピラミッド的に見えるような・・・ 「奈」は、「からなし」という果樹を意味する漢字です。「からなし」は漢字で「唐梨」と書き、バラ科のカリンの別名とされ、古くはベニリンゴを表す名称としても使われています。 「奈」は本来、「木」と「示」をくっつけてできた「柰(ダイ)」という文字でした。「示」はお祈りなどの神事で使われる文字で、「大(木)」は大地をおおう大きい樹を表すことから、「神事に用いられる果樹」を意味するようになりました。 ちなみに、「奈」には「どうか?」という手段や方法を尋ねる疑問の意味も … 「なびる」とは日本古語で「隠れる」=神が隠れる場所 カンナビ部分はアサの意味ですが、日本人としてはこれはまさに神奈備ではないか??と思ってしまいます。 和のピラミッドが神奈備なのかもしれません。 ョン★2018å¹´1月31日, 鑑定スケジュール・日記(19) (9). ハイ状態をもたらすTHC(テトラハイドロカンナビノール、こちらは葉から採る成分)とは異なり、正反対の性質を持ちます。 素人ですが、多分これは万葉仮名の名残であり、「な」の音を表音文字で「奈」と表現しただけだなのではないでしょうか。事実、奈良とは「なら」と訓み、それは「平」という意味です。名詞にはすでに残っていませんが現在でも動詞で平にするを「ならす」という形で残っています。

Cannabinoid、、神奈備の井戸 神奈備とは神の住まう場所という意味です。ニッポニカの辞典によれば神奈備は「古代において神霊の鎮まる場所で、小山や森のような所と考えられる。」と、あります。 出雲には4つの神奈備山と称される山がありますが、出雲大社のあの大きな注連縄というのは、アサが使われていました。