・応募に際し発生する通信料等は応募者のご負担になります。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"望み (角川文庫)","b":"KADOKAWA","t":"","d":"https://m.media-amazon.com","c_p":"","p":["/images/I/4198+FOWGGL.jpg"],"u":{"u":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041082099","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1997953","rakuten":"1997950","yahoo":"1997957"},"eid":"q5QCt","s":"s"}); 「被害者側だけじゃなく、私は加害者も加害者家族も、みんな恐ろしく不幸なんだと思います。それだけは分かる気がします。, ※配信情報は2020年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。. ・当選者に対して、読書メーター内のメッセージ機能を使用してやりとりを行い、株式会社トリスタ(以下、トリスタと言います)より賞品を送付するものとします。(発送先は日本国内に限らせていただきます) どう足掻いても辛い息苦しさに打ちのめされました。, 生々しい心理描写に、小説を読む喜びを久しぶりに思い出しました。 雫井 脩介『望み』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。2020年映画『望み』の原作小説 東京のベッドタウンに住み、建築デザインの仕事をしている石川一登(いしかわかずと)と校正者の妻・貴代美(きよみ)。 ・おひとりにつき応募は1回のみとなります。ご参加時期により抽選プレゼントの賞品内容が異なります。 辛かった。読みながら辛くて辛くて。 各電子書籍ストアにて、本日より映画公開を記念した新アイテムの配信を開始します!・望み【映画カバー版】雫井脩介(角川文庫)・雫井脩介3作品試し読み合本(『望み』『つばさものがたり』『クローズド・ノート』)詳しくはこちらをチェック!, 「望み」映画公開を記念してAmazonギフト券が当たるキャンペーンを実施します。詳しくはこちらをチェック!, 「望み」映画公開を記念して映画オリジナルグッズや雫井脩介サイン本が当たる読書感想投稿キャンペーンを実施します。詳しくはこちらをチェック!, 家族の絆や希望とは何なのかをとことん追求した秀作。雫井脩介の新たな代表作だろう。――池上冬樹さん(書評家)〈月刊ジェイ・ノベル11月号より〉, 『望み』が「週刊文春ミステリーベスト10 2016年【国内部門】」の第9位にランクインしました! この機会に慟哭必至の心理サスペンス『望み』をぜひご一読下さい!, 『週刊ダイヤモンド』(11月5日号)の「オフタイムの楽しみ ミステリー」のコーナーで、北上次郎さんに『望み』をご紹介いただきました。この秋にぜひ読んで頂きたい傑作ミステリーです。ぜひご注目下さい!, 10月18日付の読売新聞朝刊に掲載された雫井脩介さん『望み』の書評が「YOMIURI ONLINE」でご覧頂けるようになりました。 本年度を代表する傑作サスペンスをこの機会にぜひご一読下さい。, 10月25日(火)発売の「週刊ポスト」11/3号(徳間書店)に雫井脩介さんのインタビューが掲載されました。「家族とは何か」を問う傑作心理サスペンス『望み』をぜひこの機会にご一読下さい。, 究極の状況に置かれて初めて知る家族の心情、息子の決意に触れ、 ・本キャンペーンの抽選結果は、各当選者の方に対してのみ、当選の旨を読書メーター内のメッセージ機能を使用して通知するものとします。 子供たちがいつ犯罪に巻き込まれるか、どの親も心の奥で不安があると思います。 今回は雫井脩介『望み』のネタバレと感想をお届けしました! では、最後にまとめです。 ――中江有里さん(女優・作家)〈「週刊新潮」10/13号より〉, 10月18日(火)付の「読売新聞」(朝刊)の〈エンターテインメント小説月評〉で『望み』が紹介されました! 読書の秋にぜひご一読下さい!, 10月15日(土)発売の「ジェイ・ノベル」11月号(実業之日本社)の「J's Book Bar」のコーナーに書評が掲載されました。評者は池上冬樹さんです。「家族の絆や希望とは何なのかをとことん追求した秀作。雫井脩介の新たな代表作だろう」とのお言葉を頂きました。, 「週刊新潮」10月13日号に掲載された『望み』の書評がBookBangでご覧頂けるようになりました! 評者は中江有里さんです。ぜひご一読下さい!, 「週刊ポスト」10/14・21号に掲載された雫井脩介さんのインタビューがサイト「NEWSポストセブン」でご覧頂けるようになりました! ぜひご一読下さい!, 10月5日(水)発売の「週刊新潮」10月13日号(新潮社)の「Bookwormの読書万巻」のコーナーで、『望み』の書評が掲載されました。評者は中江有里さんです。ぜひご一読下さい。, 10月3日(月)発売の「週刊ポスト」10/14・21号(小学館)に雫井脩介さんのインタビューが掲載されました。「自己愛も家族愛も全て曝け出した彼らの残像がいつまでも脳裏にこびりつく、今季最大級の収穫だ」との絶賛のお言葉を頂きました。ぜひご一読下さい。, 『山田風太郎賞』の第7回候補作品が発表され、雫井脩介さん『望み』が候補作に選ばれました。山田風太郎賞とは、過去一年間で最も「面白い」と評価されたエンタテインメント小説に贈られる文学賞です。 小説『望み』は、そんな教訓が得られる一冊でした。 まとめ. わずか数日間の出来事だけど、その時間はとてつもなく長くて辛くて切ない。, 悲劇は誰にでも起こりうる。そのとき何を考え、どう行動するのか。まさに「生きる」とはどういうことかを鋭く突きつける、現代の究極の選択がこの作品だ。, 激しい文章でもスリリングな話の展開でもないのに、どんどん物語に引き込まれていき、読み切ってしまいました。代表作のひとつになると確信しています。, ハラハラドキドキというより、心が重くて苦しくて、でも読み進めずにはいられないといった焦燥感に駆られて一気に読みました。 しかし「事件」と名づけられるまでの、手がかりのない途方もない時間の中には、家族や関係者の不安があり、葛藤があり、逡巡があり、巻き込まれたかもしれない当事者に対するあふれるような愛があるのだと、呼吸を忘れるほど物語に没頭しながら、はじめて理解した。, 理不尽な犯罪によって突然奪われた家族の日常。 ただ“生きている”それだけのことが何と尊く愛しいのだろう… 絶望に支配された暗闇の中ではいかなる”望み”も胸を締め付ける。 雫井脩介の真骨頂というべき作品だと思います。, 私だったらどうする。規士が自分の息子だったらどうする、と問い続けながら読みました。 ・レビューは、未発表かつオリジナルのものに限ります。 ・個人情報の取り扱いにつきましては読書メーターの個人情報保護方針(https://bookmeter.com/privacy)をご確認ください。 ※期限を過ぎると当選権利が失われますので、かならず下記日程までにメッセージの受信状況をご確認ください。第1弾:2020年10月9日(金)、第2弾:2020年11月4日(水), ・本キャンペーンは、株式会社KADOKAWA(以下、KADOKAWAと言います)が主催しています。