220:2020/01/13(月) 08:07:30.19ID:rG9l9Thfa. なんj 羊たちの沈黙とかハンニバルって大量の虫とかみたいな生理的に気持ち悪い系の表現でてくる? 【悲し報】ワイ、心の中の女が目覚めマッチングアプリで遊んでしまう 144 2020/01/13(月) 07:53:18.47ID:5NQYqXXp0. ID: 7NPgPERo4w, 2017/05/23(火) 12:44:29 別に間違いとも思えないが 孫堅にするか孫策にするか孫権にするかは意見のわかれるところなだけや お前の考えに合わないからと言って間違いというのが間違い. 157:2020/01/13(月) 07:56:02.82ID:NckgibLH0. 単純に腕っ節が強い奴をあんま主役に据えたがらないしないというのは中華の美意識なんやろか, 関羽と張飛は劉備と寝所をともにするほどであり、その恩愛は君臣というより兄弟のようであった, http://kokopyon.net/blog-entry-24525.html, http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526211216, 昔の嘘松「きさらぎ駅とかいう異世界に迷い込んだんだけど」昔のネット民「マジかよ…」「怖い…」, 【悲報】ひろゆきさん、ツイッターのアカウント名を変えた結果、公式マークが無くなった上に旧アカウント名を他人に取得されるwww, 【朗報】ジャンプ『呪術廻戦』、7話で超絶大盛りあがり!マジで第二の鬼滅の刃狙えそう, 【画像】なろう主人公「対人戦は苦手なんだよ。本気出すとやりすぎちゃうからね(ニチャァ」. 254:2020/01/13(月) 08:10:45.19ID:bvt4u83/0. スポンサーリンク. ID: Ya5ax49v/9, 2018/09/17(月) 08:34:06 曹操(そうそう)なんか、どんなに強かろうと三国志の悪役なのです。 絶対に好きになってはいけません、どうしても曹操ファンになりたいという方は、これから紹介する曹操を好きになってはいけない理由を読んで、考え方を変えて下さい。 『三国志』ってなんで劉備が主人公なん?関羽か曹操の方が魅力あるやん 【画像】ツイッターの子供部屋おじさん、自分の子供部屋を公開し始める 【画像】子供部屋おじさんの部屋の写真、開示される 「子供部屋おじさん」って言うほど気持ち悪いか? (後略), 曹操の詩に関する後世の評価には、南朝梁の鍾嶸『詩品』下巻 魏武帝魏明帝[40]の「曹公古直、甚有悲涼之句」(古直にして、甚だ悲涼の句)、明の周履靖の「自然沈雄」、陸時雍の「其言如摧鋒之斧」(その言、鋒を摧(くだ)く斧の如し)、清の沈徳潜の「沈雄俊爽、時露覇気」などがある。また、沈徳潜は曹操の詩には漢の空気が残り、曹丕以後は魏の作品であると記している。「月明星稀、烏鵠南飛」の句は宋の蘇東坡の赤壁賦にも引かれまた苦寒行は唐の杜甫の石龕詩に利用されている。中国文学研究者の松本幸男は、曹操従軍文学と言うべき作が多いと指摘している。現存する彼の詩作品は多くはないが、そこには民衆や兵士の困苦を憐れむ気持ちや、乱世平定への気概が感じられる。表現自体は簡潔なものが多いが、スケールが大きく大望を望んだ文体が特徴である。, 改革開放の父の鄧小平は、三度目の復活を果たした1977年7月、「志在千里、壮心不已」という心境をもらした。老いてなお進取の意気込みを示した言葉は、曹操の「歩出夏門行」亀雖寿[41](208年頃の作品)という楽府からの引用である。, 渡邉義浩はこの中国史上初めての文学活動について、魏王朝を打ち立てる為の政治的な意図も含まれているとし、そしてこの一連の活動によって漢王室を滅ぼす基盤が出来たとする[42]。, 曹操は武芸にも優れており、揚州で兵を徴募した際、多数の兵卒が反乱を起こしたが、曹操は剣を手に数十人を殺し、残りのものは皆恐れをなしたといわれるほど、人並みはずれた腕力を持ち、自身で飛ぶ鳥を射たり猛獣を捕らえたりしたともいう[43]。また曹操は張譲の邸宅に忍び込んで発見された際、手戟を振り回し土塀を乗り越えて逃げ、その人並外れた武技で誰も彼を殺害できなかったという[44]。, 裴松之が引用する張華の『博物志』では、草書・音楽・囲碁に長けた当時の人物を紹介した後、彼らに劣らぬ腕前の持ち主として曹操の名を記している。また、食に対する興味・関心が深く、知識も豊富であったことが伺える[注 12]。なお、陝西省漢中市博物館には、曹操が書いたと伝わる文字(石刻)の拓本が残る。, 曹操が後漢の献帝に上奏した酒の醸造法「九醞春酒法」は、現在の日本の酒造業界において尚行われている「段掛け方式」の元であると言われている。[要出典]曹操の九醞春酒法に関する上奏文は現存している。, 『三国志』何夔伝によれば、曹操は厳しい性格で、職務で誤りを犯した属官をしばしば杖で殴っていた。曹操が司空だった時、何夔は属官となったが、毒薬を所持し、杖で叩かれたら毒薬を飲む覚悟で職務に当たっていた。, 西晋の文学者の陸機の「弔魏武帝文」によると、298年、陸機は宮中の書庫から曹操が息子たちに与えた遺言を目にする機会を得た。遺言には「生前自分に仕えていた女官たちは、みな銅雀台に置き、8尺の寝台と帳を設け、そこに毎日朝晩供物を捧げよ。月の1日と15日には、かならず帳に向かって歌と舞を捧げよ。息子たちは折にふれて銅雀台に登り、西にある私の陵墓を望め。残っている香は夫人たちに分け与えよ。仕事がない側室たちは履の組み紐の作り方を習い、それを売って生計を立てよ。私が歴任した官の印綬はすべて蔵にしまっておくように。私の残した衣服はまた別の蔵にしまうように。それができない場合は兄弟でそれぞれ分け合えよ」などと細々した指示が書き残されていたという。これを見た陸機は「愾然歎息」し、「徽清絃而獨奏、進脯糒而誰嘗」(死んだ後に歌や飯を供して誰が喜ぼうか)「貽塵謗於後王」(後の王に醜聞を伝える)と批評している。, 文武両面に非凡な才能を見せた曹操を陳寿は「非常の人、超世の傑」(類稀なる才の持ち主であり、時代を超えた英雄である)と評している。, 曹操没後百年近くたった五胡十六国時代、既に曹操は批判の対象にされていた。曹操の後継政権である西晋を滅ぼした後趙の石勒は、曹操を司馬懿と並べて「孤児や未亡人を欺き、騙して天下を取った」(『晋書』石勒載記)と痛烈に非難している。しかし、魏の後継政権を称した北魏では、曹操は先代の名君として、『魏書』劉聡伝では「曹武削平寇讎、魏文奄有中原、於有偽孫假命於江呉、僭劉盗名於岷蜀」(曹操は天下を平定し曹丕は中原を支配したが、ニセの孫氏である呉や、ニセ劉氏である蜀が反旗を翻し三国時代になってしまった)とされていた。逆に南朝で編纂された『後漢書』では、曹操を悪人に描こうと史料を改変しており、前述の徐州虐殺のみならず、荀彧を暗殺し、漢王朝を乗っ取った極悪非道の人物として描くことになった。この『後漢書』の曹操悪人説は清の趙翼が高く評価したことから有名になった。趙翼は「実は『後漢書』の記述こそ真実であり、陳寿『三国志』は晋をはばかり嘘を書いた」と『二十二史箚記』で述べた。現代では後漢書の史料改変に逆に疑問の声が投げかけられており、一部では曹操の評価も逆転している[注 13]。, 『三国志演義』の原型として確認できる最も初期のものとして、北宋の説話があげられる。『東京夢華録』に「説三分」なるジャンルがみられ、蘇軾『東坡志林』には、講談を聞いた子供たちは劉備が負けると涙を流し、曹操が負けると大喜びしたとの記述がある。一方、その能力は認められており、蘇轍の『三国論』によると、世間の人は孫権や劉備は曹操に及ばないと思っていたという。, 南宋から元の頃にはこれらの物語は書物にまとめられ、『三国志平話』と呼ばれる口語体による三国物小説が生まれた。『三国志平話』もまた、曹操を悪者としている。, その後、羅貫中が三国物語をまとめ直したものが『三国志演義』で、大まかな流れは外れないものの蜀漢の陣営を正統とみなし、大衆の判官びいきの心理への訴求と儒教的脚色がなされている。, また、中国は唐末・五代以降常に異民族に領土を蚕食され続け、南宋期にそれに対する反発として大義名分と正統を重んじる朱子学が完成されてからは長く官学としての主流となると、三国志もまた正統と異端を断ずる格好の材料となっていった。特に南宋では、中原を異民族王朝金に征服されていたこともあり、中原回復を唱えた諸葛亮を自らと重ね合わせていたために魏は金と重ねあわされ悪役にされ、魏を正統王朝としていることから陳寿も非難を受け、曹操は多くの論者によって悪とされたと、『四庫全書総目提要』は論じている。蜀を正統王朝とする『続後漢書』のような史書も編纂され、曹操は正統王朝の漢を乗っ取った悪人として広く一般に認識された。『三国志演義』があまりにも読まれすぎた為に、前述の趙翼のような清朝考証学者も演義の影響を受け、劉備を善玉として曹操を悪人にするような解釈をすることが多く、時には正史『三国志』の本文を改ざんして無理な読みにしている例すらあるという[45]。, 『三国志演義』の影響によって悪役としての評価が定着した曹操であるが、1950年代以降に入ってからは、再評価が進んでいる。, 近代の中国においては、西洋の進出に対してその劣位が明白になり、幾度となく近代化を目指しては失敗した背景に、思想的な儒教・華夷思想への偏重などがあったと反省され、思想的な枠組みを超えて合理性を追求した曹操の施策が、魯迅など多くの知識人によって再評価された。, 特に曹操再評価を盛り上げたのは毛沢東で、彼の主導の下、曹操再評価運動が大々的に行われた。郭沫若が戯曲において曹操を肯定的に評価したのもこの頃である。また、文化大革命の時の批林批孔運動でも、曹操は反儒教の人物として肯定された。, 批林批孔運動では、儒法闘争史観が主張された。これは中国思想を儒教の系譜(孔子・孟子などが中心)と、道家・法家・兵家・墨家(老荘・韓非子・孫子・墨子等)や王充の二つに分け、儒家を悪の権化として法家を善玉とする史観である。中国共産党からすれば、これら二つの思想は「革命」の段階的進行であった、と説明されている[46]。身分制度を重視し、男女差別を人倫の基とした儒教の系譜に対しては否定的な評価がなされ、合理性を追求した法家の思想には甘い評価が為される傾向がある。その中で、曹操は法家の重要人物として高い評価を与えられた。そのため、曹操も単なる「悪役」から多少味のある「悪役」程度には評価を変えてきているようになり、京劇の隈取りも善玉のものに変えるよう政府から指示されたという(前述竹内論考)[注 14]。, 日本では吉川英治が小説『三国志』において曹操を悪役ではなく作品前半の主人公の一人として描き、新たな曹操像を提示した。1962年に吉川幸次郎が『三国志実録』において曹操の再評価を行い、特に文学の面での功績を高く評価した。またそれまで日本語訳の無かった『正史三国志』に着目し、曹操の事跡を正史によって詳しく紹介した。長年かけ弟子の井波律子らが完訳した。, 陳舜臣作『秘本三国志』は、『三国志演義』に依拠しない、新しい史実解釈を用いた小説として、大きな影響を与えた。のちに作者は『曹操』とその続編『曹操残夢』を著した[注 15]。この他曹操を主役格に据えた作品として、北方謙三作『三国志』がある。漫画作品では吉川英治『三国志』を漫画化した横山光輝作『三国志』や、李學仁原案(原作)・王欣太作画『蒼天航路』が登場し、またコンピュータゲームでもコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から『三國志曹操伝』が発売されている。, 歴史学的には、まず中国における郭沫若らの曹操論争があって文学的な評価が進み、その流れを受けて日本でも、京都大学の谷川道雄・川勝義雄らによる曹操集団および曹魏政権に対する再評価が進んだ。曹操の政策として知られる九品官人法は魏晋南北朝時代の貴族制度の前史として言及されることが多い[注 16]。川勝らの曹操ないし曹魏政権、魏晋南北朝理解に対して、越智重明・矢野主税などとの間では1950年代から1970年代の間に活発な議論があった[要出典]。また後漢が建国の経緯から豪族のと知識人を糾合した政権であり、統治機能が失われた黄巾の乱以降に、いち早く豪族と知識人を糾合することに成功したのが曹操であり袁紹であった。曹操が袁紹に勝利した要因には上述の九品官人法のような現実的な人材登用制度の採用がある。また屯田制は豪族が土地と農民を所有する制度に対抗するために導入したが、結果として全ての土地が曹氏のものとなった。これはのちの西晋の占田・課田制とそれに続く均田制をかんがみると公地公民制度の端緒といえる。, 兄弟の長幼は不明な部分が多いため、以下は『三国志』武文世王公伝の兄弟順に従う。裴松之はこれが生母の貴賤に拠った順序であると指摘している。, 曹昂・曹鑠・曹沖・曹據・曹宇・曹林・曹袞・曹玹・曹峻・曹矩・曹幹・曹上・曹彪・曹勤・曹乗・曹整・曹京・曹均・曹棘・曹徽・曹茂・曹協・曹蕤・曹鑑・曹霖・曹礼・曹邕・曹貢・曹儼, 武烈呉皇后・謝夫人・徐夫人・大帝歩皇后・大懿王皇后・敬懐王皇后・大帝潘皇后・廃帝全皇后・景帝朱皇后・昭献何皇后・末帝滕皇后, そのため、中立的でない偏った観点から記事が構成されているおそれがあり、場合によっては記事の修正が必要です。議論は, 『後漢書』卷9 孝献帝紀第九。『三国志』董卓伝では、197年に裴茂らは李傕を滅ぼしたとしている。, 『孫子』を曹操の偽作とする説もあったが、前漢時代の墓から『孫子』が出土したことにより、現在では否定されている。, 曹操は「中正」と呼ばれる役人によって人材を能力ののみで選抜するようにしたが、のちに司馬懿が中正を統括する「大中正」という官職を置いたために、中正の公正さは失われ、権力者の, 『武帝紀』には劉備との戦いことのみ言及され、周瑜に敗れたという記述には触れていない。史家がこれを厳しく批判している, 『呉書』「周瑜伝」『晋書』『晋紀』『後漢書』『後漢紀』『太平御覧』『水経注』では、曹操軍を打ち破ったのは劉備ではなく、周瑜です。曹操が周瑜に大敗した話が書かれている。, 鶏肋(鶏のあばら骨)は捨てるには惜しいが、食べても腹の足しになるほど肉がついてない, NHK BSプレミアム 偉人たちの健康診断 『三国志・曹操 頭が痛い!歯も痛い!』, “曹操の子孫が集合、互いに「探り合い」でぎこちなく=中国 - ライブドアニュース”, http://news.livedoor.com/article/detail/8288595/, http://news.ltn.com.tw/news/world/breakingnews/2377316, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=曹操&oldid=80347271, 魏武帝(曹操)が洛陽に建始殿を建てたとき濯龍園の木を伐採していたところ血が流れでた。また梨の木を移植しようとして根を傷つけたところ血が流れ出た。武帝(曹操)はこれを縁起でもないと嫌な気持ちでいたがやがて病に臥しその月に亡くなってしまった。この年を武帝(曹操)の.