また、部屋の空気を綺麗に保つためには、空気清浄器や除湿器なども効果的に使うといいです。, 昔の日本家屋は、障子、ふすま、床板、畳、天井板、土壁のように、紙と木、土といった自然にあるモノで作っていたので隙間があり、換気をする必要がありませんでした。 Torabinejad, Mahmoud, Richard Walton. “Post endodontic pain following single-visit root canal preparation with rotary vs reciprocating instruments: a meta-analysis of randomized clinical trials”, https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5445416/, http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?patentnumber=4746292, https://books.google.com/books?id=lhuaCgAAQBAJ&pg=PT2212, http://www.nycdentist.com/services/tooth-pain-root-canal/endodontic-access-means-root-canal-opening-into-pulp/, http://faculty.ksu.edu.sa/Dr.Hanan/BooksIngle/ch03.pdf, “Choice of Treatment Plan Based on Root Canal Therapy versus Extraction and Implant Placement: A Mini Review”, https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4509120/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=根管治療&oldid=75467360, 歯損傷診断(これは、患者がプラスチック製の器具を噛むよう依頼される検査。これは患者が噛むと痛みを訴える場合に有用で、その歯を特定するために使用される), 口腔および唾液の汚染から歯を隔離して、無菌の手術野を提供する。唾液による根管汚染は、予後を危うくする新たな微生物を根管に導いてしまう。. W.B. 詳しいプロフィールはこちら. また、資源環境技術総合研究所安全工学部の高橋正好の「二酸化炭素と人体」によると、過剰に摂取すると死亡することもある物質です。 Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved. CThe effects of simple interventions on tooth mortality:findings 北見 顕介/KensukeKitami このコンテンツでは、現役の歯科医師ができるだけ専門用語を使わずに、わかりやすい言葉を使って解説しています。, 大事な乳歯を虫歯にさせないために、今回解説する「親が守るべきポイント」を知っておけば、乳歯の虫歯を防ぐことは十分に可能だからです, おやつを食べても、その後歯磨きをすれば、虫歯にならないし大丈夫!と思うかもしれません。, そもそも歯磨きは何のためにするのでしょうか?もし食べカスをとるためだとしたら、食べカスをいくらとっても虫歯を予防できるわけではありません。, 寝る直前に糖が含まれる食べ物を食べて、口の中が酸性のまま眠ってしまうと、眠っている間には唾液がほとんど出なくなります。, 眠っている間、長時間口の中が酸性のままになってしまい、歯が溶かされるリスクが高まるからです, 「乳歯はいずれ生え変わるし虫歯になっても問題無い」と思う親も多いことと思いますが、乳歯の虫歯を決して甘くみてはいけません。それは, なぜでしょうか?その理由として次のようなことがあげられます。ひとつづつ確認してみてください。, もし、生え変わるべき永久歯がない場合、乳歯をできるだけ大切に使い続けていく必要があります。, 歯が全く生えていないうちは定着できる場所がないので、たとえ口の中に入っても、なかなか住み着くことができない。, 口の中にミュータンス菌がいても、糖分を含んだ食べ物を口に入れない段階では、餌がないので住み着くことができない。, 診療中よく、親が子供に対して「あなたが甘いものばかり食べるからでしょ」とか「歯磨きをちゃんとしなかったから虫歯になったんだよ」などと親が子を叱る場面によく遭遇しますが、もし、, 6歳〜12歳(小学生くらい)になっても虫歯になっているのなら、これらは全部大人の責任です, 例えば高学年になる前、10歳くらいまでは1日に1回、夜寝る前に親が仕上げ磨きをするのがベストです, 歯は上の歯と下の歯で噛み合い、それに加えて唾液の流れなどによって、食べカスなどが洗い流されていきます。, This error message is only visible to WordPress admins. 根管洗浄のシステムには、手動攪拌と機械補助攪拌という2分野の技法がある。手動洗浄には陽圧洗浄が含まれ、これは一般的に注射器と横穴針を用いて行われる。機械補助洗浄の技法は音波や超音波を用いたり、根尖部の陰圧洗浄を行うさらに新しいシステムを含んでいる[25]。, 標準の充填材はガッタパーチャで、これはグッタペルカノキの樹液から調製された天然ポリマーである。 標準的な歯内療法技法は、仮封用セメントと共に円錐型のガッタパーチャポイントを洗浄された根管に挿入するものである[26]。別の技法は、溶融または加熱軟化したガッタパーチャを使い、それを次に根管路に注入ないし圧接する。 しかしながら、ガッタパーチャは冷えるにつれて収縮するため温熱技法は信頼性に乏しく、時には技法の組み合わせが用いられる。ガッタパーチャは放射線不透過性なので、その後根管の通路が完全に埋められて空隙がないことを(レントゲン撮影で)確認することができる[要出典]。, 代替の充填材は、1950年代初頭にアンジェロ・サルジェンティによって発明された。充填材は長年にわたり数種類の調製(N2、N2ユニバーサル、RC-2B、RC-2Bホワイト)が行われているが、いずれもパラホルムアルデヒドを含んでいる。 パラホルムアルデヒドは、根管内に注入されるとホルムアルデヒドを形成して、これが通路に浸透して殺菌を行う。ホルムアルデヒドは理論的には無害な水と二酸化炭素に変換される。一部の調査によると、この手法の結果はガッタパーチャを用いて行われた根管手術よりも優れている。しかしながら、スウェーデンの医療技術評価評議会によると、疑念の余地なき科学的研究が欠如しているとのことである[要出典]。, 稀なケースとして、(充填シーラーの)ペーストが他の材料と同じ様に、根管を過ぎて周囲の骨に入ってしまう事がありうる。 これが起こる場合、ホルムアルデヒドは直ちに無害な物質に変わる。 血液は通常1リットルあたり2mgのホルムアルデヒドを含み、身体は数秒でこれを調節する。過剰充填の残りは徐々に吸収され、最終的な結果は一般に良好である。1991年に、アメリカ歯科医師会(ADA)の歯科治療学評議会はこの治療法が「非推奨」であると再決議し、米国の歯科学校では教えられないとした。 歯内療法における科学的証拠はあるものの、まだ不足している[27]。こうしたサポートの欠如にもかかわらず、サルジェンティの技法はN2がより安価で少なくともガッタパーチャと同じくらい安全だと信じる人達に支持されている[28]。, 歯根尖部周囲の膿瘍の酸性度によって麻酔の不活性化が起こるため、鎮痛管理を成し遂げるのが難しいことがある。 時には、膿瘍が排出されて抗生物質が処方され、炎症が和らいだ時に施術が再試行されたりもする。ドレナージ(排膿)して圧力緩和を促進することができるよう、その歯の歯冠を取り払ってしまうこともありうる[要出典]。, クラウンや類似の被せ物をセメント固定する前に歯の破折を防止する手段として、根管治療が施された歯の噛み合わせを和らげることがある。 時には歯科医は、感染した歯髄を全て取り除いてから、歯にドレッシング材や仮封材を施すことで歯の予備治療を行う。これは抜髄処置と呼ばれる。また歯科医は神経組織の90%を含む歯髄の冠状部だけを除去し、歯根内の歯髄を手付かずのまま残したりもする。「生活歯髄切断法」と呼ばれるこの施術は、本質的に全ての痛みを取り除く傾向がある。 歯髄切断法は感染した乳歯(第一生歯)のための比較的決定的な治療法であるかもしれない。抜髄処置および歯髄切断法の施術は、根管治療を終えるにあたっての経過観察の来診まで痛みを排除することを目的としている。 痛みのさらなる発現は、感染が継続中であるか生きている神経組織が残っていることを示すことになる[要出典]。, その部位を徹底的に殺菌するため、一部の歯科医は水酸化カルシウムペーストで根管を仮封することを決定したりする。この強塩基は消毒および周辺組織の炎症を減らすため1週間以上その場に残され、患者は施術を完了するために2度3度目の往診に戻る必要がある。 しかしながら、この複数回診のオプションからは何の効用も現れず、実際には1回の施術のほうが複数回よりも患者の転帰[注釈 4]が良好になることが(統計的に有意ではないが)示されている[30]。, 往診期間は仮封材が充填される[31]。仮封の漏れは、唾液中の細菌に根管を再感染させてしまう恐れがある(歯冠への微小漏出)。側面または垂直方向の凝縮を用いてガッタパーチャと根管充填シーラーで閉塞された全ての根管が、唾液に曝された時点から30日以内に再汚染されていたことをカヤット達は示した[32]。したがって、根管治療の間ずっと歯冠封鎖を維持することは、処置の成功にとって非常に重要である[33]。, 根管治療を受けた臼歯および小臼歯は、歯尖部を覆うクラウンで保護されるべきである。これは、(感染および施術が)根管体系に達するとかなりの量の歯牙構造を除去してしまうためである。臼歯や小臼歯は咀嚼に使われる主要な歯であり、歯尖補綴せずにいると将来的には確実に破折してしまう。一般的に前歯は、齲蝕による広範な歯の喪失または審美的観点や異常咬合がある場合を除き、根管施術後に完全修復する必要はない。歯冠または歯尖部を保護する金の被せ物を嵌めることは、治療された歯の密封に最高の能力を有するため推奨されている[34]。, 歯根充填された歯の修復について、従来の詰め物と比較するとクラウンの効果を評価する証拠は不十分であり、修復の決定は施術者の臨床経験および患者の意向に拠るべきである[35]。歯が完全に密封されていないと、最終的には失敗となりかねない。また、一度歯の根管治療を受けたらそれ以上虫歯になったりしないと多くの人が信じている。しかしそれは間違っており、根管治療を受けた歯が齲蝕に罹る可能性はまだあるので、家庭での適切なケアと十分なフッ化物塗布を怠っていると、歯牙構造がひどい齲蝕に罹る場合もある(神経が取り除かれているため患者の知らないうちに、歯に何の痛覚もないままで)。それゆえ、齲蝕による修復不能な損壊が根管治療後の抜歯の主な理由であり、最大で抜歯の3分の2を占めるという[36]。したがって、 患者が気付かないだろう問題が歯にないことを確認するためにも、根管を定期的にレントゲン撮影することが非常に重要である[要出典]。, 歯内治療は様々な理由で失敗することがある。一般的な失敗の理由の1つは、根管の不適切なデブリードマン(病巣除去)である。これには、歯内への到達が不十分、組織構造の見落とし、根管の形状が不適切(特に根管の根尖部3分の1の箇所で)などが原因かもしれず、また歯髄から歯周組織へとランダムな方向に延びる微細な副根管(枝分かれした根管)に到達することが難しいことも原因に挙げられる。枝分かれの副根管は、主に根管の先端3分の1において発見される[37]。, 封鎖充填材の口腔環境への曝露は、ガッタパーチャが口腔細菌で汚染されてしまったことを意味している可能性がある。 複雑で高価な修復歯科が熟考される場合、失敗のリスクを最小限にするため、理想的には汚染されたガッタパーチャは再治療の施術において再置換されることになろう。, 失敗した根管内で見つかる細菌の種類は、通常の感染した歯とは異なる場合がある。 エンテロコッカス・フェカリスや他の通性腸内細菌またはシュードモナス属などが、これら状況で発見されている。, 歯内治療は技術的要求の厳しいものである。 歯科医による細心の注意が必要とされるため、それは時間のかかる施術にもなりうる。 再治療の症例は一般的に歯内治療の専門医に持ち込まれる。手術顕微鏡や拡大鏡の使用が結果を向上させる場合もある。, 2000年以降、根管治療の技能と科学分野には大きな革新が見られる。歯科医は根管施術を最適に行うため、現時点のコンセプトについて教育を受ける必要がある。根管治療はより自動化されており、機械駆動の回転技術やより高度な根管充填方法のおかげで、より迅速に行うことが可能となっている。1回の歯科訪問で多くの根管施術が行われるが、これは約1-2時間かかる場合がある。より効率的で科学的な根管寸法の測定を可能にする新技術(例えばコーンビームCTスキャン)が利用可能だが、歯内療法におけるCTスキャンの使用が正当化される必要がある[38]。多くの歯科医は根管治療を実施するために歯科用ルーペを使用しており、ルーペまたはその他の拡大鏡(例えば手術用顕微鏡)を使用して行われる施術は、それら無しで行う施術よりも成功する可能性が高い。一般の歯科医もこれら先端技術に精通しつつあるが、それらはまだ根管の専門家(歯内治療医として知られる)によって使用される可能性が高い。, レーザー根管手術は物議を呼んでいる技術革新である。レーザーは速いかもしれないが、歯全体を完全消毒すると示されたことはなく[39]、損傷を引き起こす恐れがある[40]。, 手動器具の使用と比較すると、回転器具の使用は歯内治療後に起こる痛みの発生率低下と関連している、と幾つかの無作為な臨床試験が結論づけた[41][42]。不可逆的な歯髄炎症状に苦しむ患者には、コルチコステロイドの経口注射が疼痛を最初の24時間以内に軽減させることが判明した[43]。, 根管治療中に器具が分離(破損)することがあり、それは施術中に使用された金属製ファイルの一部が歯の内側に残ることを意味する。 許容レベルの洗浄および成形が既に完了していて、断片を除去する試みが歯を損傷させてしまう恐れがある場合、ファイルの断片は取り残されることがある。患者を不安にさせる潜在要素ではあるものの、金属支柱、アマルガムの詰め物、金歯、義歯の金属焼付ポーセレンなど、歯の内側に金属を入れるのは比較的一般的である。ファイル分離の発生率は治療が行われている歯の狭さ、湾曲、長さ、石灰化、歯根の数に比例する。分離したファイルの障害物による洗浄不完全な根管から生じる合併症は、外科的根管治療で対処可能である[44]。歯内治療用ファイルの破砕リスクを最小限にするためには以下のことが挙げられる[45]。, 次亜塩素酸ナトリウムの事故は、即時の激痛反応とそれに続く浮腫、血腫、斑状出血であり、最終的な解決策としては歯の境界から逃がして根尖周囲の空間に入れることである[46]。これは洗浄剤注入器の結束や過圧による医原病として起こる場合があり、また歯に尋常でない大きさの根尖孔がある場合にも起こる可能性がある[47]。通常は自己治癒的で、完全な治癒までに2-5週間かかることもある[47]。, 歯の変色が根管治療の後に起こるのは一般的である。ただし、その正確な原因は完全に解明されてはいない[48]。歯髄系の壊死性軟部組織の完全な除去ができないと、染色を引き起こす可能性があり、ある種の根管充填材(例えばガッタパーチャや根管密封セメント)も染色を引き起こす可能性がある[48]。 また別の可能性要因として、歯髄が一旦除去された後の象牙細管内の歯髄圧不足が、飲食での染色を象牙質にもたらすことがある.