観客動員. 中島はゴール決めてないのがな アギーレ氏が率いた過去のチームには、テクニックがあったと語った 対戦相手条件別戦績. © Urawa-Football-Tsushin . ともに日本代表のmf柴崎岳(現レガネス)とdf室屋成(現ハノーファー)をはじめ、約50人ものjリーガーを育てている青森山田高・黒田剛監督が「(青森山田の歴代で)トップレベルじゃない? 「日本に合った監督だと思う」と太鼓判を押した 2007、 優勝記念コラム:浦和レッズレディースが頂点に立った日. 1: 2020/11/10(火) 00:36:20.84 _user9 [11.8 選手権青森県予選決勝 青森山田高 3-0 八戸学院野辺地西高 カクヒログループアスレチックスタジアム] ともに日本代表のmf柴崎岳(現レガネス)とdf室屋成(現ハノーファー)をはじめ、約50人ものjリーガーを育てている青森 天皇杯. © Guard Kanasaru., Ltd. 「小さい頃からの夢であるプロサッカー選手を浦和レッズという伝統のあるチームでスタートできる事に感謝しています」流通経済大学 宮本優太が2022シーズン新加入内定, 「浦和レッズという偉大なクラブでスタートできることを、大変嬉しく思います」浦和レッズユースSB福島竜弥が2021シーズン トップチーム昇格, 2020年10月の浦レポは終盤戦に入ったトップチームの動向、優勝に向けて突き進むレディースを徹底レポートします!, 解消された違和感と興梠の言葉 浦和がこの日の仙台を笑えない理由【轡田哲朗レッズレビュー/J23節仙台戦】, 相手のミスを咎めるのは勝利への近道 「同じもの」の意味の違い【轡田哲朗レッズレビュー/J24節C大阪戦】, 興梠慎三が「自分としては一番好きなプレー」と自らの得点以外のプレーを挙げた理由【河合貴子 試合のポイント/J23節仙台戦】, 横浜FMに6失点の大敗 橋岡大樹が悔やんだゲームプラン崩壊の理由【河合貴子 試合のポイント/J第27節横浜FM戦】, 5得点の完勝で浦女が6年ぶりのリーグ制覇【河合貴子 試合のポイント/なでしこ16節愛媛戦】, 2年間の積み上げが結実したリーグ優勝 オシムサッカーを思い起こさせた姿【轡田哲朗レッズレビュー/なでしこ16節愛媛戦】, 【代表通信】ただの言い間違いではない、フラッシュインタビューで久保建英が”勝ち点3”と言った理由, 浮上してきた湘南ベルマーレのハイプレス考察。リバプールにも通じる戦術はなぜうまく機能してこなかったのか?【Jラボ】, カギはどこでボールを奪えるか 臨機応変な修正に期待したいゲーム【横浜FM戦プレビュー】, 石丸清隆監督「この(対戦)チームが特に上位だから、下位だから、ということでスイッチが入る、入らないというのは本来おかしいかなと思ってる」【11/13練習後コメント】, 今節も何かしらのテストを実施する可能性が高い。大幅にメンバーを入れ替える策も。ポステコグルーの大胆な采配に注目 [J27節 浦和戦プレビュー], 注目は両サイドMFのプレー。浦和は相手を”嵌められる”か。【Match Preview】[2020Jリーグ第27節]横浜F・マリノスvs浦和レッズ, 「1・4」ルヴァンカップ決勝について大金直樹代表取締役社長の説明【Web囲み取材第2報】, 「大勢のサポーターが見学に訪れた県民の日の公開練習。今季の集大成を見せるラストスパートへ」【練習レポート】, 【真紅の輝石】浦和レッズ大槻毅監督が語る「戦い方の基本理念」と「アカデミーの現状認識」. All rights reserved. © Guard Kanasaru., Ltd. All Rights Reserved. 優勝記念コラム:浦和レッズレディースが頂点に立った日. 別にクラブの生え抜きでもレジェンドでもないよそ者の大槻と遺恨残しても別によくね?, 結局クラファンで集めた1億は何に使う予定なの? Copyright© SPAIA | スポーツデータAI予想解析メディア All Rights Reserved. 2011、 ドイツ語通訳いらんて事か, 引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/wc/1600751394/, サンペレグリノ (S.PELLEGRINO) 炭酸水 PET 500ml [直輸入品] ×36本, サンペレグリノ (S.PELLEGRINO) 炭酸水 PET 500ml ×36本, 【マンチェスター・U】「エヴラがぶっちゃけた内容だと…」「すげえ告発だな んでたぶん真実だろ」, 【J1第27節】川崎フロンターレ、優勝王手ならず 脇坂泰斗が先制弾も後半追いつかれ鹿島とドロー, 【J1第27節】ベガルタ仙台、G大阪に4発完勝で18試合ぶり白星!長沢駿が古巣沈めるハットトリック, 【J1第27節】清水エスパルス、C大阪に3発勝利で今季初の連勝!ヘナト・アウグストが中央突破からオーバーヘッド弾, 【J1第27節】サガン鳥栖、チアゴ・アウベス弾で先制も追いつかれ札幌とドロー 6試合負けなし. 「浦和レッズという偉大なクラブでスタートできることを、大変嬉しく思います」浦和レッズユースsb福島竜弥が2021シーズン トップチーム昇格 2020年10月の浦レポは終盤戦に入ったトップチームの動向、優勝に向けて突き進むレディースを徹底レポートします! 浦和レッズ大好きcamisa8です。 ポルトガル語を使った仕事としてJリーグの通訳は憧れの職業ですね。 しかもそれが自分の憧れのチームであったら最高極まりない仕事ですね。 今回は我が浦和レッズの歴代通訳のまとめ記事を作成してみました↓ 共に闘い、共に頂点へ」の活動が10月にスタート。社長は, 3連覇を目指した5月のフィリップス・ライティング国際7人制サッカー大会は準々決勝で敗退した。, 万全を期して臨んだシーズンであったが、開幕早々に連敗したことを受けてオジェックを解任し、コーチだった, ユースから昇格した若手選手を積極的に起用し、序盤は一時首位に躍り出るなど好調を維持し前半戦を鹿島に次ぐ2位で折り返した。しかし、7月にリーグ戦14連敗を喫していた大分に0-1で敗戦したのをきっかけに、9月の山形戦に勝利するまで公式戦8連敗を喫するなど大失速し、その後は持ち直したものの最終的にリーグ戦は6位に終わった。, 2008年12月からチームダイレクターを務めていた信藤健仁が体調不良を訴え、その後の検査で甲状腺の機能に障害があることが判明し、治療が必要と診断されたことにより、2009年限りで同職を退任。後任に、初代浦和キャプテンの, リーグ戦は序盤こそ上位に食い込んだが、前年同様夏場に失速し10位に終わった。また、ナビスコカップはグループリーグ敗退、天皇杯はベスト8で敗退とこの年もタイトル獲得はならなかったため、シーズン終了後にフィンケ監督を始め6人中5人のコーチが退任した。, タイトル獲得を目指して大型補強を敢行したものの、この年は序盤から一時降格圏内に転落するほど低迷し、, 従来どおり埼玉スタジアムと駒場スタジアムの2箇所を登録上の本拠地としているが、駒場はトラック改修工事のため使用せず、ホームゲームは全試合(リーグ戦・ナビスコ杯とも)埼玉で開催した。駒場で1年を通して試合が組まれないのは, 開幕戦こそ広島に敗れるも、前半戦は前年とは対照的に順調に勝点を積み上げて8勝6分3敗で勝点30の3位で折り返した。その後はJ2降格が決まった直後の札幌や、下位に低迷していたG大阪に敗れるなど取りこぼしも目立ったが、最終戦で名古屋に勝利して3位でシーズンを終え、2008年シーズン以来5年ぶりにACL出場権を獲得した。なお、最終節での勝利はリーグ優勝を決めた2006年シーズンのG大阪戦以来6年ぶりとなった。, 開幕戦で前年王者の広島に勝利し、2008年から続いていた開幕戦の連敗を止めてクラブ史上初の, 序盤は前述のトラブルによる混乱もあり、5試合を消化した時点で2敗を喫する等やや躓いたものの、その後はクラブ新記録となる4試合連続完封を記録するなど強固な守備を武器に一気に調子を上げ、ペトロヴィッチ体制となって初めて首位で, 10月6日、ペトロヴィッチ監督との契約を更新した。浦和レッズの監督としては、クラブ史上最長となる4シーズン目を迎える事になる。, リーグ戦は、中断後も好調を維持し、一時は2位と勝点差7をつけて首位に立つものの、前年同様終盤に失速。当時12ゴールと得点源だった興梠が第30節の鹿島戦で負傷し、第32節の勝てば優勝決定という大一番となった、勝点差5の2位, リーグ戦1stステージでは、開幕戦で湘南に3-1で勝利し、その後も一度も負けることなく順調に勝点を伸ばすと、6月3日の柏戦でJ1新記録となる開幕14試合連続無敗を達成。そして、第16節で神戸に引き分け史上初の無敗優勝を決めた。無敗記録は最終的に、7月19日に2ndステージ第3節の広島とのホーム戦で敗れるまで続き、開幕19試合連続無敗となった。, 2ndステージは最終的に9勝4敗4引き分けとなり、年間成績ではサンフレッチェ広島に勝点2及ばず勝点2位となったため、, その一方で、天皇杯は順調に相手を撃破し、9年ぶりの決勝進出を果たすものの、決勝のガンバ大阪との対戦では先制を許した後、興梠のゴールで追いつき1-1で前半を折り返す。しかし、後半に勝ち越しを許し1-2で敗れ、9年ぶりの優勝を果たせなかった。, チームは第8節終了時点で6勝1分1敗と首位を走っていたが、第9節の当時リーグ最下位の, だが、2007年の優勝とは違い、2年連続で出場する為には最低でも4位に入らなければならないJリーグでは、監督交代後は守備に重きを置き競争力を取り戻した一方、攻撃の構築に手間取り、8月は3連勝を含む勝ち点10を稼いだが、その後は全く連勝を挙げられず、最後は3試合連続で0-1で敗れ結局リーグ戦は7位で終了した。沖縄での2次キャンプで「相手のコートで戦う」(ペトロヴィッチ), 開幕5試合で2分3敗と1勝もできず下位に低迷。4月2日付で監督の堀とヘッドコーチの天野賢一との契約を解除し, ワールドカップによる中断開けからオリヴェイラ監督の戦術が浸透し、最初の10試合を4勝3分け3敗とまずまずの成績で順位を上げ始めたが、加入後9試合で6得点を記録していたファブリシオが第25節, 各ポジションに実力者を獲得し、目標とする「リーグとACLの2冠」も達成しうる陣容を揃えた, ACLは、グループリーグでブリーラム・ユナイテッド、北京国安、全北現代と同居。勝利した方が決勝トーナメント進出となる最終節・北京国安戦に3-0で完勝し、ベスト16進出。ラウンド16は蔚山現代にホームで1-2と敗れるもアウェーで3-0と勝利し逆転でベスト8進出。準々決勝は上海上港に2分けながらアウェーゴール差で勝ち上がり、準決勝は広州恒大に連勝し、リーグでの低調ぶりとは対照的に2年ぶり3度目の決勝進出を決めた。決勝は2年前と同じくアル・ヒラルと対戦したが、, 強化体制が一新され、中村修三GM・北野大助GM補佐が退任。新たにスポーツダイレクター(SD)、テクニカルダイレクター(TD)が置かれるようになった。初代SDに, 7-2 (2004年2nd第2節(8月21日)・対東京V、埼玉スタジアム2002), 1-6 (2008年J1第34節(12月6日)・対横浜FM、埼玉スタジアム2002), 19試合 (2015年1st第1節(3月7日)から2nd第2節(7月15日) - 13勝6分), 17試合 (リーグ戦2005年J1第33節(11月26日)から2006年J1第8節(4月15日)10試合、天皇杯2005年5回戦(12月10日)から決勝(1月1日)4試合、スーパー杯2006年(2月25日)1試合、ナビスコ杯2006年予選第1日(3月29日)から予選第2日(4月12日)2試合 - 15勝2分), 25試合 (2005年J1第25節(9月24日)から2007年J1第5節(4月7日) - 22勝3分), 37試合 (リーグ戦2005年J1第25節(9月24日)から2007年J1第5節(4月7日)25試合、, 17試合 (2006年第33節(11月26日)から2007年第31節(11月11日) - 12勝5分), 8連勝 (1998年1st第16節(8月5日)から2nd第6節(9月18日)) - PK勝ち1試合含む, 7連勝 (1998年1st第17節(8月8日)から2nd第6節(9月18日)) - 90分勝ちのみ, 9連敗 (1993年2nd第4節(8月7日)から第12節(11月13日)) - Vゴール負け1試合含む, 7連敗 (2009年第18節(7月18日)から第24節(8月29日)) - 90分負けのみ, 10連敗 (1993年1st第1節(5月16日)から2nd第1節(7月24日)) - PK負け1試合含む, 10連敗 (1993年2nd第14節(11月20日)から1994年1st第14節(5月4日)) - Vゴール負け3試合含む, 10連敗 (1994年2nd第8節(9月7日)から1995年1st第5節(4月1日)) - Vゴール負け1試合含む, 8連敗 (1993年1st第1節(5月16日)から第14節(6月30日)) - 90分負けのみ, 8連勝 (2004年2nd第15節(11月28日)から2009年第17節(7月11日)-対広島), 8連勝 (2007年第15節(6月17日)から2010年第22節(9月12日)-対FC東京), 9連勝 (1997年2nd第17節(10月4日)から2000年J2第42節(11月20日)-対平塚) -J2リーグ戦4試合含む。Vゴール勝ち2試合含む。 2003年に天皇杯で敗れた。, 7連敗 (1993年1st第2節(5月19日)から1994年2nd第5節(8月27日)-対名古屋) - 90分負けのみ, 7連敗 (1993年1st第13節(6月26日)から1994年2nd第21節(11月16日)-対V川崎) - Vゴール負け1試合含む, 7連敗 (1993年2nd第1節(7月24日)から1995年1st第10節(4月22日)-対広島) - PK負け1試合含む, 2007年および2008年はリーグ戦、カップ戦は「SAVAS」・ACLは「DHL」、2013年・2015年 - 2016年はリーグ戦、カップ戦は「POLUS」・ACLは「MITSUBISHI MOTORS」、2017年・2019年はリーグ戦、カップ戦は「POLUS」・ACLは「MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES」。, ファースト・インプレッション - J開幕当初、佐藤仁司広報グループ・チーフマネジャーを中心とした数名のスタッフが、市販されていない, FUN FUN SOCCER(NACK5) 毎週土曜 6:00-7:00 2016年9月をもって終了, 浦和レッズ・オフィシャル・ウェブサイト 浦和レッズが発信する公式ホームページ。通常のニュースや情報のほか、動画による配信もある。.