WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". (写真)2013年9月の台風18号で浸水した、原告・山岡哲志さんの自宅。泥水が窓ガラスを割って流れ込み、家の中にサーフボードが浮かんでいた=京都府福知山市石原地区で2013年9月16日、山岡さん提供 ・ご質問の応答. (読売新聞2020/06/18 06:00) https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20200618-OYO1T50011/ 浸水被害が起きる可能性について十分に説明をしないまま宅地を販売したとして、2013年9月の台風18号による豪雨で自宅が浸水した京都府福知山市石原(いさ)地区の住民ら7人が市を相手取り、計約6200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は17日、市から宅地を直接購入した3人に計約800万円を賠償するよう命じた。 ・当年の大規模地震傾向&想定(毎年) 中央防災会議 防災対策実行会議.

この地区などに住む住民7人は、過去にたびたび水害があったにもかかわらず、市は危険性を十分に説明しないまま宅地を販売していたなどとして、およそ6200万円の賠償を求めていました。, 17日の判決で京都地方裁判所の井上一成裁判長は「浸水するおそれのある土地かどうかは購入者にとって重大な関心事だ。市はハザードマップの内容だけでなく、過去の浸水被害の状況や今後の被害の可能性に関する情報を開示し説明する義務を負っていた」と判断し、およそ810万円を支払うよう市に命じました。, 判決のあと原告の1人の山岡哲志さんは「永住を決めて家を購入した1年半後に浸水被害を受けました。市は一刻も早く治水対策をして住みよい地区にしてほしい」と述べました。 Copyright © 2020 ポッポの体感地震予測日記-肆 All Rights Reserved. ※2:雨水出水(内水)浸水想定区域のエリア及び浸水深

近年、大きな被害をもたらす水害が全国で相次ぎ、不動産取引の際に水害リスクの説明を求める動きが広がっている。 原告弁護団によると、「宅地を造成・販売する自治体に水害リスクの説明責任を認めた、画期的な判決」という。 判決は、市によるハザードマップ配布は宅地購入に当たっての十分な情報提供とは言えないと指摘。「市は信義則上、最近の浸水被害の状況や今後、被害が発生する可能性を説明すべき義務を負っていたが、説明義務を尽くさなかった」と判断した。仲介業者から購入した4人については、市の責任を否定した。, 水害危険性「市に説明義務」被災住民へ賠償命じる 京都地裁

2013年9月の台風18号で、京都府福知山市が造成した土地に建てた自宅が浸水被害を受けた住民7人が、過去の水害などの情報提供を怠ったとして市に約2200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、京都地裁であった。井上一成裁判長は、市から土地を購入した3人への説明義務違反を認め、計約810万円の支払いを命じた。 浸水想定区域をその区域に含む市町村の長は、国土交通省令で定めるところにより、市町村地域防災計画において定められた第一項各号に掲げる事項を住民、滞在者その他の者(第15条の11において「住民等」という。)に周知させるため、これらの事項(次の各号に掲げる区域をその区域に含む市町村にあつては、それぞれ当該各号に定める事項を含む。)を記載した印刷物の配布その他の必要な措置を講じなければならない。

(時事通信2020年06月17日17時21分)https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061700953&g=soc 公布日:平成17年6月7日; 環廃対発050607001号 (環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部 廃棄物対策課長から各都道府県一般廃棄物行政主管部(局)長あ … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 不動産取引を行う対象物件が洪水等ハザードマップ(水防法第15条第3項)の浸水エリアに該当している場合には、そのことについて説明するというものです。(ハザードマップに当該物件の位置を明示して浸水深や避難場所、避難経路などを説明しなさいねということだと思います。), これまで親切な不動産業者であれば重要事項説明の対象ではなくても、水害ハザードエリアについても説明されてきたところだとは思います。, しかしながら、近年の大雨による被害の大きさを鑑みて、不動産取引時点から購入者に対してリスクを説明することも重要と国は考えたのでしょう。重要事項説明において買主がリスクを認識するよう法令で義務付けされたわけです。, 【新たに加えられる施行規則(施行規則第16条の4の3第3の2号)】 これに対し福知山市は、「ハザードマップを配布して危険性を周知していた」などと反論していました。, 認められたのは…市から「直接購入」した原告のみ (両丹日日新聞2020年06月18日)  https://www.ryoutan.co.jp/articles/2020/06/90425/, (写真)台風18号で家屋が浸水する石原(いさ)地区(2013年9月) 住民7人のうち、3人の請求を認め、不動産業者から購入した4人の請求は棄却した。, 浸水リスク伝えず造成地販売 福知山市に810万円支払い命令 京都地裁 住民と行政が5年に渡って争った裁判の判決。 京都地方裁判所は17日、一部で福知山市の説明義務違反を認める判決を言い渡しました。, 【原告弁護団の代表】 「一部とはいえ、画期的な勝訴判決を得ることができた」 【原告・居合克樹さん(2015年提訴時)】 「もし事前に(水害が)ここまでくると知っていたら、ですか?それは、ここには家を建てていません」 同訴訟は従来の水害訴訟と違い、河川管理の責任ではなく、宅地販売時の行政の説明責任を問う「全国初の取り組み」(原告弁護団)という。

https://www.mlit.go.jp/river/bousai/main/saigai/tisiki/syozaiti/pdf/08kouzui-hm_r0201.pdf, 省令上は、市町村の長が公表しているもの(ホームページなどに公表されているハザードマップ)でOKと読み取れます。, しかしながら、国や都道府県が公表しその後、市町村のハザードマップの改訂までのタイムラグがあるので、市町村が公表していないからといって国や都道府県が公表している浸水想定区域を説明しない場合、市町村が改訂が遅れることによる問題ではありますが、後々問題になる可能性があります。, ですので、取引リスクを減らすためにも、国や都道府県が水防法第14条、同法第14条の2、第14条の3に基づき公表している洪水浸水想定区域※を説明するのが良いのではないかと思います。, また、対象物件の周辺に複数の1・2級河川がある場合、その河川ごとに浸水想定区域が公表されていますのでご注意ください。 京都府福知山市の住民が市を訴えた裁判で、注目の判決です。, 浸水した住宅地…福知山市が造成 「規模の小さい支川の氾濫や内水の氾濫は考慮されておらず、ハザードマップの情報は不十分」と断じた。 居合さんたち石原地区などの住民7人は、福知山市が土地の販売時に浸水の危険性を告知しなかったなどと主張し、市を提訴。 京都府福知山市では川の氾濫で多くの住宅が浸水し、裁判の原告のひとりで、石原地区に住む居合克樹さんの自宅も大きな被害を受けました。 特徴が異なる“2種類の洪水” 「洪水」は、その特徴の違いから *津波・高潮による洪水 *台風・豪雨による洪水 の2種類に分類することができます。 同じ“洪水”であっても、避難方法や注意点なども異なりますので、それぞれ分けてお話してみたいと思います。 判決は住民7人のうち、市から土地を購入した3人は請求を認め、不動産業者から購入した4人は請求を棄却しました。 福知山市は「判決の内容を精査し、今後の対応を検討していきます」とコメントしています。, 「住宅が浸水」水害リスクの説明責任は? 福知山市の”説明義務違反”認める判決 京都地裁

浸水・停電による通信手段の喪失 隣町の消防から「今、役場が浸水しとるんや!」と電話がかかってきました。あっという間に 水があふれてきたので、あわてて書類とかを机の上に上げているところだとい … 浸水被害が起きる可能性について十分な説明をしないまま造成地を販売したとして、2013年9月の台風18号で浸水被害を受けた京都府福知山市の住民7人が市を相手取り損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁(井上一成裁判長)は17日、住民側の主張を一部認め、市に対し3人に計約810万円を支払うよう命じた。 (写真)2013年9月の台風18号で水没した京都府福知山市石原地区の造成地=同地区で2013年9月16日、読者提供 ・当月の地震活動傾向&特性(毎月) 京都府福知山市造成の住宅地で発生した浸水被害について被災住民7人が市に総額6221万円の損害賠償を求めた訴訟です。、 水害発生の可能性について、市は「(水害時の浸水区域を示す)ハザードマップで必要な情報を提供した」と主張していたが、井上一成裁判長は「マップの配布だけでは不十分」と指摘し、説明義務違反を認めた。弁護団によると、不動産販売を巡って、水害リスクに関する行政の説明義務違反を認めた判決は初めて。

【原告・居合克樹さん(2015年提訴時)】 「カーポートの樋にゴミがたくさん乗っていたので、そこまで水位が上がるとは…部屋の中はめちゃくちゃな状態ですね」 災害には水害や土砂災害など大まかにいくつかの種類に分けることができます。その中でも水害はいくつからの種類に分けることができ、水害の中にも更にいくつか種類に分けることができるのですが、その中には「外水氾濫」と「内水氾濫」が存在します。 床上浸水33,425棟,床下浸水37,358棟となっている(消防庁). • 今回の台風19号による甚大な被害を受けて,名古屋大学,東京大 学,東京工業大学,芝浦工業大学,東北大学,国連大学の研究チ ームによる,現地及び資料による調査 • 滋賀県は14年制定の流域治水推進条例で、浸水想定区域などを説明する努力義務を業者に課した。京都府も16年、府が業者に水害リスクなどの情報を提供し、業者には情報の把握を義務付ける条例を制定した。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 立野ダム 国交相は慎重に判断、説明を (熊本日日新聞社説 2012年11月26日), 公共事業削減 対象83ダム 中止は15 民主、相次ぎ転換(東京新聞2012年11月24日, 球磨川水系河川整備基本方針の策定において川辺川ダム阻止のために市民側が提出した11通の意見書, 1月14日「八ッ場あしたの会」第12回総会記念集会「『ダムに抗(あらが)う』の配布資料. 東京都建設局では、東京都で過去に発生した水害被害の記録をまとめています。この過去10年間の記録をもとに、水害被害が多い地域=水害リスクの高い地域として紹介します。 宅地や事業所などへの浸水被害は大きく分けて2つ、床下浸水と床上浸水があります。本記事では床上浸水の棟数を基準にして地域ごとに比較します。 浸水害には河川が氾濫して街が水没する「外水氾濫」と、大雨の排水が間に合わなくて街が水没する「内水氾濫」があります。大規模水害につながるのは河川洪水ですが、内水氾濫はゲリラ豪雨などの局地豪雨でも発生するため注意が必要です。 洪水浸水想定区域図作成マニュアル(第4版) 2017.10.6 洪水浸水想定区域図作成マニュアル(第4 版) 平成27年7月 国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課 水防企画室 国土技術政策総合研究所 河川研究 …

法第15条第3項の住民、滞在者その他の者(以下この条において「住民等」という。)に周知させるための必要な措置は、次に掲げるものとする。 裁判で住民側は、「造成地周辺の過去の浸水被害発生状況や被害に遭う危険性の高さについて、市が十分に説明しなかった」と主張。市側は「防災ハザードマップで予想される浸水を伝えており、買い手として情報を得る努力を怠った」と反論していた。【添島香苗】, 福知山水害、市に賠償命令 「宅地売却で説明尽くさず」―京都地裁 居合さんの自宅は、2017年や2018年の豪雨でも浸水。 2009年に不動産業者を介して購入した土地を造成したのは、福知山市でした。

由良川やその支流では、04年の台風23号など過去にも水害が相次いでおり、市は06年以降、全戸配布しているハザードマップで、地区が3~5メートル浸水する区域と表示。市は「マップで浸水について伝えており、(住民側は)情報の取得を怠った」と主張していた。 Architecture and Urban Planning, 宅建業法施行規則第16条4の3(法第35条第1項第14号イの国土交通省令・内閣府及び同号ロの国土交通省令で定める事項)に新たに「3の2」が追加され、これにより、宅地及び建物の売買・交換・賃借を行う物件の位置が洪水ハザードエリアの中であれば重要事項説明が必要となります。, こんにちは!はじめての方は、はじめまして!やまけん(@yama_architect)といいます。建築や都市計画に関する業務経験を生かして建築士や宅建士の業務に役立つ情報を日々発信しています。. ます。この凹凸の違いにより浸冠水の状況が全く異なってきます。このこと は、低地のどこに住むかで水害にあいやすいか否かが決まることになりま す。空中写真は洪水氾濫時に撮影したものです。これを元に冠水、浸水、軽微 浸水害には河川が氾濫して街が水没する「外水氾濫」と、大雨の排水が間に合わなくて街が水没する「内水氾濫」があります。大規模水害につながるのは河川洪水ですが、内水氾濫はゲリラ豪雨などの局地豪雨でも発生するため注意が必要です。, 海がなければ津波は起こらず、崖がなければ崖崩れは起こりません。しかし大雨による浸水害は、川がなくても発生します。それは、浸水被害をもたらす原因に、河川の洪水による「外水氾濫(がいすいはんらん)」と、大雨の排水が追いつかなくて生じる「内水氾濫(ないすいはんらん)」の2種類があるためです。, 台風や集中豪雨による大雨で河川の水位が上昇し、堤防の上から水が溢れたり、堤防が決壊したりして河川が氾濫することを、いわゆる「河川洪水」と呼びます。特に大きな河川の堤防が決壊して洪水が生じると、大量の水が一気に市街地に流れ込み、住宅やインフラへの被害、逃げ遅れによる人的被害が生じる「水害」となります。, 大雨が降り始めてから実際に洪水が生じるまでには時間がかかりますので、警報や各種の情報を元に適切な準備と避難を行えば、人的被害については最小化することができます。しかし大規模な洪水が発生すると浸水地域においては大地震に匹敵する大規模な物理被害が生じるため、洪水が発生する地域に住んでいる場合は特に建物への対策が必須です。, 一方近年発生が増えているのが「内水氾濫」です。いわゆるゲリラ豪雨などが生じ、都市部に短時間で局地的な大雨が降ると、排水路や下水道が雨水を流しきれなくなり、街の中に溢れ出した雨水が溢れて浸水を生じさせます。近くに河川がなくても発生する水害であり、都市化された市街地で多発する傾向にある災害です。, 河川洪水と異なり、雨が降り始めてから数時間程度で発生する場合があり、地下にいた場合など避難などが間に合わない可能性があります。また近隣に河川がなくとも市街地内部だけで生じる災害であるため、内水氾濫ハザードマップなどで自宅が浸水する恐れがあるのかどうかを確認しておく必要があります。ただし外水氾濫と異なり浸水する深さは浅いため、街が消滅するほどの被害になることは基本的にありません。, 床上浸水に巻き込まれた高齢者の避難が間に合わずに溺死。河川洪水で住宅が全壊し、これに巻き込まれて死亡。浸水した道路を避難中に足を取られて流されたり、フタの外れた水路や下水道に落下して溺死。またかん水した道路やアンダーパス部分に自動車で突っ込んで死亡。など、浸水被害が生じた場合は人的被害が生じることがあります。, ※なお、台風や大雨が来ると、田んぼや水路の様子を見に行った高齢者が水に流されて死亡したというニュースをよく見かけますが、これらは浸水被害者とは別にカウントされます。, 浸水の深さが増すほどに被害は生じますが、床下浸水であっても多くの被害が生じます。自働し損ねた自動車バイクが使えなくなったり、屋外に設置されている家財が水没して使用できなくなる場合があります。また床下が水没した場合、汚泥処理、床下の洗浄、消毒などが必要になるため費用が生じます。また半地下のガレージや地下室がある場合、床下浸水程度の水深でも容易に水没しますので、対策が取られていない場合は大きな被害を生じることになります。, 床上浸水が生じた場合、まずは絨毯・畳などが水没して使えなくなり、場合によりフローリングの張り替えが必要になる場合があります。また水深が高いと壁材・ボード・断熱剤などが水につかり、これらも全損扱いになる場合がありリフォームが必要となります。家財が水につかった場合、家電製品は基本的に買い換え、家具については洗浄しても使用できない状況であれば買い換えとなります。浸水の深さが高い場合は、住宅が無事でも全面リフォームが必要にあることもあり、この金銭負担も大きなものになります。, 水につかった建物や家財は、単に泥水で汚れたというだけではなく、汚水につかって汚染されたと考えなければなりません。ですので単に乾燥させれば良いのではなく、清潔な水を大量に使って洗浄し、乾燥させ、消毒をしなければ元のように使用することはできません。こうした作業を中途半端に終わらせると、水害後に感染症へ罹患するリスクが高まり、被害が長引くことになります。, 河川洪水の規模が極めて大きい場合、水量と水流が強い地域にあたった住宅が流されたり、河川際の地盤が削り取られて住宅が地面毎流されたり、漂流物の衝突で家屋が破壊されたりする場合があります。こうなるともうできることはなく、家屋を撤去して建て替えるか、賃貸住宅へ住み替えるか、といった対応が必要です。全開した家屋に住宅ローンが残っている場合は、いわゆる二重ローン問題に直面することになり、金銭的な対応が必要になります。, ※ですので、身も蓋もありませんが、河川洪水が想定されている地域に住宅を購入してはならないのです。洪水が生じる場所は決まっていますし、調べればすぐに分かります。どうしてもそこに家を建てたいのであれば、徹底した浸水対策が必要になりますが、であれば最初から洪水が生じない地域に住めばよいのです。, 浸水が生じると下水道が溢れるため、生活排水を流せなくなります。上水道が使えても、トイレ・風呂・洗濯などの排水が行えないため、実質断水状態になります。また住宅のコンセントが水没すると漏電ブレーカーが落ちて自宅が停電したり、あるいは地域の変電所が浸水で水没すると大規模な停電が発生します。当然道路が冠水して流通も止まるため、ライフラインが停止することに備えた準備が必要になります。, 浸水で下水道が溢れると、汚水が街中に広がることになります。水が引いた後も汚物を含んだヘドロが街中に残るため衛生環境が悪化し、感染症に罹患するリスクが高まります。また大規模な停電や断水が生じると衛生環境が悪化するため、大地震直後の避難所のように食中毒が発生するリスクが高まります。いずれの場合も、水が引いた後の泥の除去、洗浄、消毒、衛生管理が必要になります。, 「自分と家族が死なないための防災対策」と「経営改善にもつながる緊急時に役立つBCP」のポイントを解説するフリーの専門家。分かりやすく実践的なアドバイスに定評があり、テレビ・新聞・メディアなどへの出演多数。. ハザードマップを配布して危険性を周知していたとする市の主張に対し、100年に1回程度起こる規模の大雨の想定は現実感に乏しいと指摘。

(NHK2020年6月17日 19時08分) https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200617/k10012474051000.html, 7年前の台風で浸水被害を受けた京都府福知山市の住民が、水害の危険性を説明しないまま宅地を販売していたとして市を訴えた裁判で、京都地方裁判所は「説明すべき義務があった」と判断し、市におよそ810万円の賠償を命じました。, 平成25年9月の台風18号による大雨で、福知山市石原地区では近くを流れる由良川とその支流が氾濫し、市が造成した宅地などで床上まで水につかる被害が出ました。 この水害訴訟は被告が河川管理者ではなく、住宅地の造成者である福知山市です。

リンクを貼っておきます。 (京都新聞2020/6/17 14:16) https://this.kiji.is/645860931698738273?c=39546741839462401 Architecture and Urban Planning.All Rights Reserved. ロ 津波防災地域づくりに関する法律(平成23年法律第123号)第53条第1項の津波災害警戒区域 同法第55条に規定する事項, ※1:洪水浸水想定区域のエリア及び浸水深

洪水・高潮氾濫からの大規模・広域避難. 井上裁判長は判決で、「市が浸水の恐れがある土地を販売することはないと住民が信頼し、マップを考慮せずに購入することは予見できた」と指摘。販売時に過去の浸水被害や今後の浸水リスクについて説明する義務があったとした。