高田加奈恵 - 滝山雪絵; 小森美加 - 新谷真弓; 三沢怜子 - 鮎ゆうき(第2〜3シリーズ) 蔵原敦志(薫の兄) - 川原和久(第1〜3シリーズ) 新藤芳美 - ふせえり(第1〜3シリーズ) 海堂慎也 - 神保悟志(第1〜4シリーズ、スペシャル) 第2シリーズ. 『温泉へ行こう』(おんせんへいこう、Let's go ONSEN)は、TBS系列のテレビドラマシリーズ枠「愛の劇場」で放送された昼ドラ(昼帯ドラマ)である。, 温泉旅館を舞台にした帯ドラマで、1999年から2005年にかけて全5シリーズが放送され、第5シリーズをもって「温泉へ行こう」シリーズは幕を閉じた[1]。また、2004年11月10日には、『水曜プレミア』枠で「温泉へ行こうスペシャル」を放送。さらに2008年、主人公の椎名薫を引き継いだ新シリーズ[1]「温泉へGo!」が同年9月1日から11月21日の間に放送された。最高視聴率は2001年2月7日放送(第2シリーズ)で記録した13.2%[1]。, 2012年11月6日から2013年6月5日まで、BS-TBSの「奥さま劇場」枠にて第1シリーズから第5シリーズまで再放送された(同枠の初回放映作品)。また、「温泉へ行こうスペシャル」を金曜劇場枠で再放送された(2013年7月12日)。, 第1シリーズから第4シリーズの初頭までの舞台となった旅館「蔵原」は、静岡県伊東市にある Southern Cross Resort 内の割烹旅館「御宿りゅう石」であるが、廃業に伴い、第4シリーズでは舞台を「久松」に移した。「久松」は群馬県・四万温泉にある五百年の歴史をもつ「四万たむら」である。第5シリーズの「御宿如月」の舞台となるのは長野県・昼神温泉の純和風旅館「石苔亭いしだ」である。, 第1シリーズから第4シリーズまでの展開はコミカルな要素が多かったが、第5シリーズはシリアスな要素が多いものになっている。, 2015年2月10日から2015年8月5日まで、BS-TBSの「奥さま劇場」枠にて第1シリーズから第5シリーズまで再放送された(第3シリーズは編成上の都合により再放送は取りやめになった)。, 椎名薫は大手銀行に勤めていたが、婚約者であるエリート行員・海堂慎也が上司の娘・川村亜矢子との縁談を承知したため一方的に婚約を破棄される。失意の薫は、高校時代からの友人神野冴子、ハローワークで知り合った吹越美晴とともに、幼い頃別れた生みの親の母・志津江が営む老舗温泉旅館「蔵原」を訪れるが、そこで大女将である母から「蔵原」の女将になるよう言われる。「蔵原」には既に、失踪中の薫の兄・敦志の妻・悠里子という若女将がいて信頼を集めていたにもかかわらず、志津江の鶴の一声で薫が若女将となり、仲居からは強く反発され、いじめを受ける。支配人の武藤健司も、悠里子とその実家に恩義があり、薫の存在が面白くない。そんな中志津江が急死し、遺言により薫は女将となるのだが、納得のいかない仲居一同からは一層強いいじめにあう。しかしいじめにめげない薫は徐々に仲居たちに認められる存在になり、当初犬猿の仲であった武藤とも次第にひかれ合うようになり、頼りないながらも女将として「蔵原」を切り盛りする。, 「蔵原」の経営は相変わらず芳しくなく、銀行から融資の条件として三沢怜子が女将として送り込まれた。薫は居場所を失い仲居見習いへと降格。怜子は薫が銀行員時代海堂を密かに想っていて、海堂と婚約した薫に対して複雑な感情があった。そんな中、秋田へ出向した時の部下が自分の方針についていけず自殺したことにショックを受け銀行を辞めた海堂が廃人同然の状態で「蔵原」に現れる。薫の心は武藤と海堂の間で揺れ動く。さらに志津江とうり二つの姉・由季乃の出現で、「蔵原」は混乱する。実は由季乃はアメリカでホテルチェーンを経営する大富豪桜井グループの会長夫人で、「蔵原」の土地を買収してゴルフ場を作るために日本にきたのだった。怜子の努力にもかかわらず経営が上向かない「蔵原」に対して銀行は、桜井グループへの土地譲渡をしない限りすぐにも競売にかけると宣告。しかし、薫や仲居たちのもてなしの心にうたれた由季乃が義理の息子を説得し、ゴルフ場にはしないという約束をとりつけた上で桜井グループとの提携を行うことで、なんとか経営を立て直し、薫と武藤は結婚を決意する。, 武藤と薫の結婚式の日、武藤はなぜか失踪する。取り残された薫はそれでも気丈に女将を続ける。そこに武藤が戻るが、以前とは別人のようにダメ男で薫に対して冷淡になっていた。悠里子が再婚を断られた理由が自分との過去(不良時代に誤ってナイフで傷をつけてしまった)にあったと思い込んだ武藤は、自分には幸せになる権利がないと堅く思い込んでしまったのだった。一方桜井グループでは、大きな収入を得られないうえ由季乃の私情で旅館として残しているようなものである「蔵原」に関して反発と、廃業の話が持ち上がっており、由季乃と桜井の夫婦仲もそのことですれ違いを起こしていた。武藤は薫に対して態度を変えずにいたが、武藤への想いを断ち切ろうと武藤のプロポーズの言葉の書かれたノートを燃やそうとしたことでボヤが発生した物置に、我に返ってノートを取りに向かう薫をプロポーズの言葉で引き止めたことから、権利は関係無しに薫を愛していることを素直に認め二人は元の鞘に戻った。最終的に桜井夫婦の正式な離婚が決まり、桜井グループ内での存在理由を失った「蔵原」は廃業になるかと思われたが、由季乃が離婚慰謝料全額で「蔵原」を買い取ったことで、何事も無く営業を続けていくことになる。, 薫と武藤は延期していた新婚旅行へ。行き先は老舗の温泉旅館「久松」。実は「久松」の女将・志摩子は武藤の実の母親である。幼いころ子供を捨てて家を出た母を武藤は許していなかった。お互いに親子とは名乗ろうとしない武藤と女将をなんとか和解させようと持ち前のおせっかい精神を発揮する薫は、「蔵原」を悠里子にまかせて「久松」で仲居として働くことになる。そんな中、和解することなく志摩子が急逝。薫は志摩子が信頼を寄せていた仲居・りさ子に協力を仰ぎ一度は廃業することを決定した「久松」と志摩子の「誠心誠意のおもてなし」を引き継ごうとする。しかし薫の女将としての個性は志摩子とは大きく異なり志摩子の作り上げた「久松」は薫の色に染まっていく。そのことが我慢ならない上に密に武藤に想いを寄せたりさ子と、美晴ら「蔵原」出身の仲居との衝突も絶えない。そんな中、悠里子の切り盛りする「蔵原」での生活に馴染めずに若者と一緒に放浪生活を送っていたところを薫が「久松」に引き止めた由季乃の、義理の息子の弘樹とある女性との間の子どもだという祐介が母親に捨てられる形で現れ、由季乃が引き取ることになる。祐介は武藤・薫夫婦の息子同然に「久松」で暮らすうちに、りさ子ら仲居の結束も強め最終的には「母親に捨てられた」という武藤の心のわだかまりも解して実の母親の元へと戻っていった。りさ子は「久松」を志摩子のものでなく薫のものだと認め、武藤への想いも断ち切った。その後りさ子は他の仲居とも打ち解け、円満な形で薫は「久松」をそのまま営業していくことになる。, 「久松」の女将・薫は、従業員の慰労を兼ねて有名旅館に泊まり、そのもてなしを勉強しようと提案する。もちろん一同は大喜び。夫で支配人の健司をはじめ仲居たちと一緒に、一流と名高い温泉旅館「月島」に泊まることに。 そんな美津子の姿を見ているうちに薫のお節介心が疼きだす。慰労をいったん棚上げして美津子の手伝いをしようと提案。美津子は薫たちの厚意に感謝し、実は嫁で若女将の奈緒と喧嘩になり、奈緒が従業員たちを連れて出ていってしまったと事情を打ち明ける。 かくして、薫と健司は一日女将と支配人に、仲居たちも「月島」の従業員となって、仕事をすることになる。 一日だけとはいえ「月島」女将として張り切る薫の前に、青木という男が宅急便の配達だと言って現れる。薫は青木にハンコを求められて、ただの荷物の受け取りと思い、差し出された書面にハンコを押してしまう。ところが、それにはとんでもないことが書かれていたのだった。, 「久松」の経営が人手に渡り、薫も武藤と離婚することに。失意の薫は求人を見て「御宿如月」に仲居として勤めることにするが、そこには武藤が支配人として勤めていた。「如月」の女将・星野絹香は、オーナー・澤井恭一郎の婚約者だった。恭一郎はもともと医者だったが、手術の失敗で患者を死なせて以来酒浸りの日々を送っていた[2]。偶然にも恭一郎が留学中にホームステイしていた先が由季乃の家だったために、由季乃が「如月」に居候することになる。やがて武藤と絹香が、薫と恭一郎がひかれあうようになる。恭一郎は薫の励ましで立ち直り、医者として再出発するためにアメリカ行きを決意。薫とともに旅立とうとするが、直前で絹香が恭一郎を追い掛け、アメリカへついていくことになり、薫は武藤とともに「如月」を守っていくことになる。, 患者の実際の死因は、恭一郎が教授の地位を得る事を条件に恭一郎の代わりに執刀した、執刀経験の少ない院長の息子の手術ミスだった, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=温泉へ行こう&oldid=80431697. ところが、一行が「月島」に着いてみると、出迎えどころか旅館の中には人っ子一人見あたらない。館内を探し回って、ようやく大女将の美津子の姿を見つけるが、なんと「月島」には美津子以外、誰もいなかった。驚く薫たちを前に、美津子は自分一人でも皆をもてなすと言うのだ。が、言っているそばから次々と他の宿泊客が到着し、美津子はたちまちてんてこ舞い。