点滴ですぐに改善するので、症状があればドクターに報告しましょう。, 手のしびれや硬直があると、患者さんに精神的不安を与えてしまいます。 野口病院にて甲状腺癌を手術。 あしたまにゃ~にゃぁ~(スペイン生活、パセドウ病), 甲状腺腫(良性)摘出手術を受け、そこから数十年後の2013年バセドウ病と診断されたブロガーが紹介してくれている闘病ブログです。, 出典: バセドウ病と不安神経症の主婦、ハーブティーの、のんびり日記♪ - Yahoo!ブログ, バセドウ病と向き合って12年の管理人がつづる日々の薬との向き合い方を紹介しています。また、一度は完治したが、再発も経験しているとのことです。少しでも毎日のお薬を飲む憂鬱さを解消できればと思います。, 出典: 甲状腺癌(乳頭癌)を30歳で告知されたコジコジ・・・ 野口病院にて甲状腺癌を手術。 甲状腺全摘出手術⇒気管切開⇒傷口感染症手術⇒アイソトープ治療2回 ⇒右側頚部リンパ節切除手術(転移)⇒左側頚部リンパ節をサイバーナイフ治療(転移) 先の見えない癌と、共に生きる。

嗄声の出現は、誤嚥の原因になるので注意が必要です。, 基本的に全摘した方で、Ca製剤の投与が不十分な方に多いです。 甲状腺全摘をするとホルモン産生がなくなるので、甲状腺ホルモンの内服が生涯必要となります。, 【ヤーズ・ヤーズフレックス】ピルで避妊できている人とできない人がいる理由【大事な話】, 【生理痛に悩む女性へ】ヤーズフレックス配合錠とはどのようなものか、安全性や使い方についてお話します。. 甲状腺全摘出手術 術後4日目 (退院・入院7日目) | まりもりんの闘病ブログ(卵巣膿腫(開腹手術)・バセドウ病(手術)) ホーム ピグ アメブロ.

そのため、基本的に術後は安静指示が長くなります(翌日朝までベッド上安静など)。, 術後出血によって喉頭浮腫や気道狭窄を起こし、緊急対応が必要となることがあります。 ドレーンが抜けると一大事ですので、固定や扱い方も同時に気にしてくださいね。, これらが持続すると、創部を圧迫したり脂肪制限食、絶食などの対応をすることがあります。, 反回神経麻痺については、嗄声が出現することがあります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 投薬治療を24カ月程度続けたが、寛解しなかった。一度は投薬中止し、寛解したもののまた再発してしまった。等、次なる治療方法を検討される方もいるのではないだろうか。, 一般的にはアイソトープ治療を選択する方が多いようだが、中には全摘出を選択する場合もあるようだ。, 私自身はまだ投薬治療開始間もないので、しばらく先になりそうだが、初診時の検査結果がよくなかったので、寛解せず、次はどのような治療方針にすべきか?迷う事になる可能性が高いだろう。, 読んで字のごとく、甲状腺を全部摘出する手術になります。ひと昔前は一部残すやり方もあったようですが、色々とデメリットもあり現在は全摘出をする場合が殆どだそうです。, 甲状腺は左右対称に2つある器官ですが、癌とは違い、片側のみ摘出とかではないようです。これは自己抗体が体の中で出来た事により、甲状腺を刺激する物質は片方だけではなく両方の甲状腺を刺激するからです。, 自己抗体さえなければ正常だったはずの甲状腺を全部摘出しちゃうのは何とも勿体ないですけどね。。。, 摘出後はどうなるのか?というと、甲状腺が無くなった事により体に必要だったはずのホルモンが出なくなります。それを補う為の薬を飲み続けなければなりません。チラージンS、LT4という薬を用いられるケースが多いようですね。, この薬のメリットやデメリット、リスク等色々調べました。いくつか気になる情報を入手したので共有させていただきます。, 要約すると、アレルギー反応や肝機能障害を起こすケースある、という事らしいです。残念ながら、統計的なデータは掲載されておりませんでしたが、皮膚症状で相談を受けるケースが増えてきたと記載がありましたので注意が必要ですね。, 記事URLはコチラ→https://www.m3.com/open/clinical/news/article/259023/, FT4についてはこの薬によりコントロールがし易いのですが、FT3についてはそうもいかないようです。理由は生物活性といい、T3は甲状腺から分泌されるものが約20%、残りの80%は抹消でT4から変換しT3が生成されているものである為、全摘出後は薬でT4を補ったとしても生物活性のあるT3が不足する場合があるのだそうです。, この病院では色々とデータを取った結果、FT3を正常値に合わせるようなコントロールを推奨しているようです。少しFT4の数値が高めになるようですが、、、。この方がメリットというかリスクが少ないという見解のようです。, kuma+ URLはコチラ→https://www.kuma-h.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/10/KUMAplus_2018vol10.pdf, 以上が全摘出後に服用する「チラージンS」の特徴や関連情報の紹介となりました。こうしてみると、術後のFT値のコントロールが難しいというか、安定させるまでは暫く様子を見ないとダメって事ですね。アレルギーについては抗アレルギー薬で対処するのでしょうか。, ネットで色々と情報を漁りました。人口甲状腺は無いのか?甲状腺移植は無いのか?、、、結果、見つかりませんでした。唯一、可能性がありそうなのは治療ではありませんが、「麻疹(はしか)」です。, 麻疹は恐ろしい病気で近年分かった事のようですが、自己免疫をリセットする症状があるようです。最大、自身の持つ自己免疫の70%をリセットしてしまうのだそうです。, 自己免疫と自己抗体は違う意味合いがあるようなので何とも言えませんが、もし麻疹にかかって、且つ、自分自身の甲状腺に対する自己抗体がリセットされたら、治るのでしょうか?, 仮に、これで完治したとしても、他の重大な病気にかかるリスクが増えるので本末転倒です。しかも、内部的要因と外部からの要因ではまた違うようでした。駄文でしたね。, 今後、免疫学や内分泌系の医学の進歩により、自分自身の甲状腺に対する自己抗体をリセットするなり、制御する細胞を生み出すような医療が出来れば第四の治療法が確立されるかもしれませんね。, 私自身は研究者ではないので、そのような研究をされている方達を陰ながら応援するしかないですが、今出来るのはこの3通りの治療方法しかないので、薬がダメならアイソトープか手術と向き合うしかないようです。, 最後は話しが余談からだいぶ脱線しちゃいましたが、全摘出をされる方、された方は術後の治療も頑張ってください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, https://www.m3.com/open/clinical/news/article/259023/, https://www.kuma-h.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/10/KUMAplus_2018vol10.pdf.

今回、そのポイントなど分かりやすくまとめたので是非参考にしてくださいね。, しこりのようなもので、多くが良性です。 バセドウ病症状・治療あれこれの19年, バセドウ病闘病中に体重が増加したブロガーの赤裸々なダイエットブログです。闘病で下がる代謝との攻防戦が紹介されています。, 出典:

甲状腺全摘出術などで副甲状腺が全て失われると、副甲状腺ホルモンが不足してしまうため血液中のカルシウム濃度が低下し、手足がしびれるなどの症状がでます。 その場合は、カルシウム製剤とその吸収を促進するビタミンd剤を服用する必要があります。

今日は、横浜市関内にある横浜関内わだクリニックに来ています。半年に一度の定期検査です。予約は10時半ですが、血液検査があるため1時間前に到着し、採血を済ませ、結果が出るまで暇つぶしに朝ごはんを食べに出てきました。病院のすぐ近くにある、パセラ珈琲店ここのモーニング安いんです厚切りハニートーストセットコーヒー(おかわり自由)、サラダ、ゆで卵厚切りトーストで450円この分厚さバターもいっぱい、はちみつもかけ放題税込450円ですよ安すぎでしょ。しかも美味しいさあ血液, こんばんはいつもブログを読んで頂きいいねやコメントありがとうございます今日は久しぶりのが降っていますが、少し気温が高いので体は楽ですね明日で術後3週間…あっという間ですね術後初日は唾を飲み込むのすら辛くて痛みも強かったし常に首を絞められているような強い圧迫感でしたが…最近は傷の痛みは普通にしていれば痛くありません…唾を飲み込む時は違和感はありますが辛くはありません。物を食べたり飲んだりも元通りではないけどだいぶ楽にはなってきました首を絞められている圧迫感はだいぶ軽, 皆さま〜こんにちは香港在住のASAKO(旧ネクタイ作家)もうすぐ他の国へ引っ越しますサワディーカー毎日このブログを楽しみにしてくださっている方には、本当にごめんなさいもーむちゃくちゃ色んなことがあってまず息子の送り迎えに片道1時間半、行って帰って3時間、帰りも迎えに行って3時間、1日の6時間は移動、になったのと、甲状腺のしこり摘出手術を勧められ、良性なので緊急性はないのだけどサイズが大きくなってきたので、これは、香港の場合は取, 皆さんこんばんはいつもブログを読んで頂きいいねやコメントありがとうございます前日ほどではないですが、夜中に何回か看護師さんが点滴をチェックしに来るので目が覚めてしまいあまりよく眠れませんでした。あさ6時の起床と共にロキソプロフェンとレバミピドを飲みました。やはりまだ痛み止めがないとちょっと辛いかな…今朝は昨日まで出ていた熱も下がり唾を飲み込むのも少しだけ楽になったかな。朝の9時頃、先生が来て首のドレーンを抜く処置をしてくれました一昨日手術して今日抜けるんだ…と心の中, 乳頭癌と同様に、濾胞癌の治療も手術です。ただし術前に濾胞癌の診断がついていることはまれですので、多くは良性腫瘍に準じた方法になります。良性腫瘍の手術は、腫瘍の存在する側を正常甲状腺とともに切除する片葉切除が行われます。右側にあれば右葉切除、左なら左葉切除となります。遠隔転移があって濾胞癌と分かっている場合は、最初から甲状腺をすべて切除(全摘)します。これは術後に放射性ヨウ素による転移の治療を行うためです。片葉切除後に経過観察をしていて、そのうちに肺などに転移を疑う腫瘤が, こんばんはいつもブログを読んで頂きいいねやコメントありがとうございますさてさて2018年元日ですが…皆さん如何お過ごしですか12月28日に甲状腺の手術をして4日が経ちました。昨日、退院してきましたが…傷の痛みは少しだけ良くなっています。ただ、むせたりくしゃみしたりしゃっくりが何気に大変でして…結構ダメージ喰らいますご飯や唾を飲み込むのはだいぶ出来るようになりましたが全く痛みなく食べれたり飲んだりできるのはもう少し先かな…結構掛かりそうです発声の方は相変わらず掠れた, 甲状腺手術後、頸部にさまざまな症状を訴える方が多いです。残念ながらこれはどうしても避けられないことです。首を絞められている感じがする、のどが詰まる感じがする、飲み込みにくい、飲み込んだ時にひっかかる感じがする、痰がからみやすくなった、という訴えが多いようです。何年もすると慣れてきて、徐々に気にならなくなるようですが、何十年も症状が変わらない、術直後はよかったのに何年か経ってから気になるようになった、という患者さんもいるようです。甲状腺手術は皮膚をめくり上げて行われるので, こんばんはいつもブログを読んで頂きいいねやコメントありがとうございますだいぶ寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか私は子供たちの風邪を移され熱は出さないもののちょっと風邪気味…そんな中、本日は一ヶ月前に受けた甲状腺手術の為の術前検査の結果を聞きに外来へやって参りました先生『おはようございます。前回受けて頂いた術前検査の結果ですが、心電図もレントゲンも特に以上はありませんでした。血液検査はビックリするほど普通で全項目基準値内です。』私『そうですか…』先生『久しぶりに, 皆さんこんばんはいつもブログを読んで頂きいいねやコメントありがとうございます昨日の夜から一時間寝て起きてを繰り返し結局朝までそんな感じ…術後っていつもこんな感じだなぁ…。朝、7時頃看護師さんがやってきて心電図と尿道カテーテルを抜いてくれましたこれでトイレも歩行もあとは首から出ているドレーンと点滴だけです。朝の回診で主治医の先生から傷をチェックしてもらいガーゼの交換してもらいました傷はキレイで問題なしそのあと水を飲めるかどうか先生から渡され術後初めての水を飲みました。, こんばんはいつもブログを読んで頂きいいねやコメントありがとうございます金曜日の夜からやはり熱を出して土曜日の朝に熱を測ってみたら…38.7℃身体中痛くて夜中に何度も目を覚ましインフルエンザかな…と思い午前中に近くの病院へ行きました。熱が高かったので別の部屋に隔離されインフルエンザの検査をしたのですが、陰性でしたとりあえず、薬を飲んでいたら熱は下がりました普通の風邪だったのかな…。さて、ちょうど一ヶ月前…甲状腺の手術をしましたあっという間の一ヶ月だったので手術を, こんばんはいつもブログを読んで頂きいいねやコメントありがとうございます今朝、外を見たら…うっすら雪化粧していました雪が降ったりやんだり…外は寒いらしく道路はテロテロらしい今年一番の寒気らしいですね朝の9時から術前に歯科で診察。前回卵巣がんで入院したときは歯科の診察なんてなかったのですが、最近術前の患者さんには歯科を必ず受けてもらうらしく歯のお掃除してもらいましたそのあと、シャワーを浴びてお昼ご飯を食べていたらパラディさんがお見舞いに来てくれましたマーカーが上がった, こんばんはいつもブログを読んで頂きいいねやコメントありがとうございますいよいよ手術当日…朝、5時には目が覚めて暇を持て余し朝から大門未知子を見ておりましたそしたら偶然にも甲状腺がんの手術のストーリーで何だかリアル~そんなこんなでトイレに行ったり…血圧を計りに行ったり…体重を計りに行ったり…歯磨きしたり…朝の7時までしか水分取れないのでペットボトルのお茶をイッキに飲んだりまたDVD見てソワソワしてました8時30分になり術着に着替えて9時5分前に看護師さんと主治医の先, こんばんはいつもブログを読んで頂きいいねやコメントありがとうございます昨日、仕事している最中からあちらこちらがチクチクズキズキ…左下腹部(以前に卵巣があった辺り)がたまにチクチク痛んだり、肋骨の下の辺りや真裏の背中側が痛んだり…最近頻繁にある痛みですやはり再発の痛みなのか…昨日、家に帰ってから肋骨の下の痛みがどんどん強くなり早めに布団に入ったものの痛くて寝れない横向いても仰向けでも痛いので、この前退院する時にもらったロキソプロフェンを飲みました。薬が効いてきた頃に, まだ、首も顔も脹れて幅が一緒。何倍にも腫れている。首がない?ように見える全体が顔❗顎も腫れてるからないように見えてある種のホラーだトイレに車いすに乗せてもらい行けるようになってはいるが出会った人達は2度見する。パンパンの顔に自分もビックリ人間はすごいな。こんな身体で生きてるのだから。。。5月23日手術から1週間後、先生からお話があった。手術で摘出した細胞検査結果だほとんどが乳頭癌であったが、一部低分化成分あり。乳頭癌も長くほっ, こんにちはいつもブログを読んで頂きいいねやコメントありがとうございますさて、12月17日は楽しみにしていたるーぷ会vol.4X'maspartyでしたチキンやシャンパン、ケーキやプレゼント交換等盛り沢山で新しい方も加わり9名で楽しいX'maspartyを過ごさせて頂きました会が始まったら外はが降ってきてX'masの雰囲気がさらにupみんなの元気な顔が見れたら私も元気になれるし安心する…病気を通して大事な友達が増えていくことに凄く感謝してますそしてずっとずっとみん, 5月15日入院した翌日。朝から彼が来てくれた。手術に付き添いが必要だと知らなかったから助かった点滴の用意私の血管は細く、採血、点滴の針がなかなか刺さらず看護師さん泣かせです。2回の失敗は我慢する。でも次はないと思ってよ!と看護師さんにいつも言っている。何人却下したことか…本当にエラソーで……反省…朝9時には手術室に入るあまりドキドキ感はない。表面上は……入り口で笑って彼にバイバイ(@^^)/~~~する。名前の確認、手術よ, 12月、寝てる間に乾燥しないよう加湿の機械いれてもらう。機械につながれて寝るようになる気管孔の周りに肉がついてこない。広がっていく穴。気管孔の中は気道の隣の壁が見えるようになってきた。痛み止めのフェントステープ2mgから4mgへ。強い抗生剤を入れる事になった。2週間。肩にルート造り心臓近くまでカテーテルを持っていき点滴をする。1月肉が落ちていくのは止まったようだ。元旦から採血。点滴。私の新しい年の始まりは最悪だ。子供と離れて初めて迎える正月。こんなこと1度も, こんばんはいつもブログを読んで頂きいいねやコメントありがとうございます今日は会社を休んで甲状腺の手術後、初の診察日。そのあとに採血と婦人科のCTが入っています。パラディさんとhitotomemomoさんも病院に付き合ってくれて、るーぷ会メンバーのbunnyoさんも婦人科の診察だったので病院のあとランチへ…。スパゲッティもちもちで美味しかったたくさんお話をして…帰りに長町にある美味しいパン屋さんに連れて行ってもらってたくさん買っちゃいましたさて、甲状腺の診察ですが…診. ヨードの不足で、しこりを生じることもあります。, 乳頭がん、濾胞(ろほう)がん、低分化がん、髄様がん、未分化がんなどがあります。 こんばんはいつもブログを読んで頂きいいねやコメントありがとうございます今日は会社を休んで甲状腺の手術後、初の診察日。そのあとに採血と婦人科のCTが入っています。パラディさんとhitotomemomoさんも病院に付き合ってくれて、るーぷ会メンバーのbunnyoさんも婦人科の診察だった …

従って、上記の観察項目は非常に大切です。, ちなみに、ドレーンを挿入することで術後出血を予防できる効果はないので、ただ出血したときに分かる便利な管だと思ってください。

甲状腺がんの闘病について書かれたブログをご紹介します。伊藤病院、隈病院(甲状腺疾患専門病院)で治療を受けた人もいます。中には甲状腺乳頭がんと診断された人も・・・