- アート・アンド・ランゲージ - BMPT - コンピューターアート - コンセプチュアル・アート - ハプニング -  キネティックアート - ミニマリズム - ニューヨーク・スクール - オプ・アート - ポスト・ミニマリズム - サイケデリック・アート - ソフト・スカルプチュア - ネオダダ - カラーフィールド・ペインティング - ミニマリズム - ヌーヴォー・レアリスム - ポップアート - フルクサス - コンセプチュアル・アート - ランド・アート - パフォーマンスアート - ビデオ・アート - インスタレーション - 新表現主義 - アウトサイダー・アート 絵に関して調べてほしいことがあればできるだけ対応しますのでぜひ連絡をくださいm(_ _)m, Follow @matomerusagisan The aquarelle placed here is an image produced with the photograph which an online school of Anna Mason provides. 素描(そびょう、すがき)、デッサン(フランス語: dessin)、ドローイング(英語: drawing)とは、物体の形体、明暗などを平面に描画する美術の制作技法、過程、あるいは作品のこと。これに準ずるものを指す場合もある[1]。 「水彩画を美しく描くためのコツ」 それを知っているか、知らないか、 ただそれだけの違いでした。 絵心がなくても、美しい水彩画をスラスラ描ける!67歳 男性 デッサン編までをひと通り終わりました。 書いては消し、書いては消しの連続です。 こちらの受講生は、ヘアメイクのお仕事をされていらっしゃり、イメージ画を描けるようになりたいということで、人物画のデッサンを練習しています。, 当初から、思いきり手を動かすことができていて、線に勢いのある作品を描かれていました。, ご本人は、デッサンの経験もなく描き方が分からないながらも、積極的に手を動かせていて、荒削りな感じではありましたが「うまくなりたい!」という熱意が伝わってくる方でした。, この時点では、全体的に鉛筆の腹で描いたようなタッチで、似たような質感が全体的に目立ちますが、モチーフにしている写真画像から、明暗を拾いながら手探りで立体を描写しようとしている様子が伝わります。, 人物画でポイントになる「目」に関しても、細かく描こうとされていて、モデルの持つ雰囲気は伝わってくる作品です。, 冒頭でご覧いただいたビフォー&アフターの作品は、人物画添削を何度か繰り返し練習したものです。, 個人情報の関係上、モチーフ画像がお見せできないのが残念なのですが、まず、モデルを描く際に、一番初めに確認して欲しいのが「光の方向」です。, 光の流れを意識しながら、明暗を描き込むと・・・こんな風にリアリティが増してきますよ〜♪, 右の作品画像では、白目の部分がかなり明るく描かれていますが、実際には「全体の中でどのくらいの明るさか?」と考えた場合、それほど白く(明るく)ないことに注目してみてください。, また、今回の作品ではしっかりと描かれているので、特に触れていませんが、瞳の黒さもしっかり色をつけることが重要です。, 加筆後のデッサンでは、サラッと色を暗く付けているように 見えますが、実は頭部の回り込みを意識しながら明暗が付けられています。, この微妙な明暗の違いで、立体を表現するのは、少し技術が必要ですが、イメージとしては「ここまで描けるよ」ということを知っていただければと思います。, ご自身で額を触ってみると正面から側面へと、形が移り変わっていくのが感じられませんか?, 人間の頭部は球体に近い形なので、正面(描き手から一番近い場所)に対して、側面があり、更には裏側に回, それから、髪の毛の生え際の形も微妙に修正してあるのですが、この生え際のラインも重要なポイントです。, この髪型の場合であれば、髪の毛の生えかたを丁寧に描いていくことで、きちんと奥行きが表現できると思いますが、ちょっとした形の違いで、額の立体の見え方にも影響してきますので、よく観察しながら形を整えて行きましょう。, 髪の毛の黒さが目を引くモデルさんですので、髪の毛の固有色をあらかじめしっかり乗せ、パッと見の印象を合わせて置くと、形の違いにも気がつきやすくなりますよ。, もう一度、光の方向を確認すると、顔の正面に対して側面の部分は斜め上からの光が届きにくくなっていて、一段階暗くなっています。, 左の画像をご覧ください。よく見ると実際のモデルの顔のアウトラインは作品よりも少し狭く修正してはいるのですが、それよりも、一段階暗さを置くことで、顎のシャープさが伝わってきます。, 頬骨を境に面の変わり目があります。今回もここに暗さを置くことで面の変わり目が際立ち、奥に行く形が現れてきました。, これも、鏡を見ながら自分の顔を触ってみると理解しやすいと思いますので、やってみてくださいね。, メイクをする時、凹凸をあえて強調するために、明るい部分を描く道具と、暗い部分を描く道具を使い分けますが、明るさを際立たせる部分と、暗くする部分、うまく使い分けることで、メリハリのあるメイクに仕上がるはずです。, よくお伝えするのですが、正面の顔を描く時、描ける人かどうかがすぐに分かる判断基準として、鼻をどれだけ立体的に描けるか?を見ます。, ですので、鼻が手前に出っ張っているように見えなくてはならないのですが、手前に出てきているように描き起こす技術って、実はちょっとレベルが高いです。, 大切なところなので、「見る力」に自身がない方は、もう一度しっかり違いを確認してみてくださいね。, 光が上から当たっていることを考慮し、こちらは明暗をもう少し細く観察し、暗さごとに5段階に色分けしてあります。, 初心者の方は、まずは「明・中・暗」の3段階位に分けて考えるだけでも、絵にまとまりが出てきますので、やってみてくださいね。, このように「形をとること」「明暗を描き分けること」「光を表現すること」は、全て同じ作業の中から生まれています。, ですので、これを別々に考えることなく、同時にできるようになってくると、描くことがきっと楽しくなってきます♪, 明暗を付けるときに、面積のバランスがなんかヘンだな?と感じたら、形を見直してみる。, 光の流れを見ていくと、ここの形がおかしいな?といったように、違和感に気がつけるようになってくるのです。, 受講生のみなさんは、受講生専用の添削掲示板にて指導内容の全文をご覧いただけますので、そちらも参考にしていただければと思います♪. 細密画を習い始めました、 透明水彩絵の具で描く透明水彩画の世界に魅了しました 。水彩画の筆を運ぶたびに引き込まれる細密画の世界に没頭しています。. 一目で違いがわかる!人物画のデッサンで大事な明暗の付け方、解説します! 62.3k件のビュー; 絵が苦手な初心者がデッサン力を身に付けるためのはじめの一歩 45.5k件のビュー; 目から鱗が落ちる・・デッサンが一気に上達してしまう魔法とは! 19.5k件のビュー #パステルシャインアート #パステルアート #パステル #放課後等デイサービス #デイサービス #雪だるま #snowman #練り消しゴム #練り消し #白玉だんご #セラピーアート #セラピー #ヒーリング, A post shared by ふわふわパステル (@fuwafuwapastel110) on Dec 22, 2017 at 7:53pm PST, 鉛筆を消すときには通常固形の消しゴムを使うことが多いかと思いますが、デッサンや鉛筆画の鉛筆を消すときは練り消しといって、ぐにゃぐにゃと粘土のような質感の消しゴムを使うのがコツです。消したい場所にあわせて細くしたり太くしたりもできますし、押し付ける強さによってもどれだけ消すのかを調節できます。, 画材を販売している店にはだいたい置いてあるので、鉛筆画を描く鉛筆をそろえるついでに練り消しも購入しておきましょう。ちぎったり押し付けたりすることで、自在に白い部分を演出する描き方ができるのでおすすめです。, エノキ耳郎 ・ オリジナルの素敵な封筒と おめでとうのメッセージと共に なんともビミョ〜なテイストの 綿棒が届きました。 ・ が、しかし! この形、痒いところに手が届く!!! もう戻れないかも♡ ・ #誕生日 #プレゼント #綿棒 #エノキ耳郎 #暮らしの道具 #紙一重 #使いやすい #気持ちいい #口が開いてしまう #嬉しい #リピートしよ, A post shared by sena (@sen___t) on Jul 13, 2018 at 5:30am PDT, 鉛筆で絵を描いていると、ここの部分をぼかしたい、ちょっとだけこすって線を薄くしたいといった描き方をするときに綿棒やティッシュを使うのがコツです。指でこする方法もありますが、指の脂がついてしまったり指についている黒鉛が再び紙についてしまって汚れてしまうこともあります。, 繊細で美しい鉛筆画を描きたい場合は、あらかじめ綺麗なティッシュや綿棒を用意しておいた方が安心です。練り消しでも細かい使い方はできますが、指と同様もともとついていた黒鉛が紙にうつってしまうこともあります。, また、下記の記事は大人の塗り絵におすすめの色鉛筆セットについて書かれた記事です。大人の塗り絵に使う色鉛筆セットに興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。, 高校1.2年生 デザイン工芸 前期は全部デッサンです! 最初は王道 石膏デッサン。 始業時間5分前、アトリエに行ったらすでに9割の人が描いていました、、、すげー! 気合い入っている〜! 午後からは静物デッサン。 石膏で言われたことをすぐ活かす! これぞ講習会の意味!! 講師の相川でした。 ◯ ◯ ◯ #art #美術 #美大 #受験 #予備校 #ochabi #高校生 #基礎 #デッサン #構成 #平面 #立体 #夏期講習, A post shared by 御茶の水美術学院 (@ochabiwwwgakuinwww) on Jul 23, 2018 at 10:32pm PDT, デッサンというのは鉛筆を使って対象の形などをとらえる練習のことをいいます。紙に向かって対象の大きさをだいたい描いて、質感や影などを描き込んで行く描き方をするのがコツですが、きちんと形や質感をとらえるには相当数練習が必要です。, 初心者がデッサンを描きやすくするためには、比率をきちんととらえる方法があります。紙の縦横にガイドとなる線を引いて、鉛筆などで比率をとりながら全体を描いていく方法です。, . 写真の存在を以って写実的な絵画を否定する一般の論者は、このことを考慮しているとは考え難い。写真の存在によって迫真的な絵画表現を否定するの見解を肯定的に主張する場合に、ある種の再現性の不足から無意味とするのであれば、その他の観点が眼中にないと考えられるからである。肉眼の視覚と写真のような光学像による平面的な造形との相違はその実在性であり、絵画は写真のような光学的な造形よりも、人間の視覚に肉薄出来る。この相違は決定的である[4]。, 写実的な絵画を制作する画家や写真を使用する作家たちは、しばしばこのことを強調する。他方で、その対極にあるような作家は、一般のこの誤解を悪用し論難するのに利用する場合もある[5]。フォトリアリズムの一大ムーブメントが過去のものとなった現在でも、これらの事情が正確に認知されているとは言えず、ホックニー『秘密の知識』のような公告的な表現を用いた著書が出版されているという現状がある。, 描画に用いる主要材料に従って木炭デッサン、鉛筆デッサン、描く対象によって静物デッサン、人物デッサン、石膏デッサンなどという。, 素描に使用される道具は多岐に亘り、一般的な黒鉛筆・木炭の他にペン、色鉛筆、パステル、コンテ、フェルトペン、クレヨン、ブラシ、擦筆、スタイラスなどに使用例がある。描き込む素材には紙の他、板紙、皮、キャンバス、板が使用される。, デッサン用木炭は、原料とする樹木の種類、産地、収穫時期など、加工の差などによって性質には差が生じ、一様に同じものにはならない。湿気ていると性質が変化し良くないとされている。数種類の木炭を好む者もいる。伊研が大手筋であり、ヤナギ、高熱ヤナギ、ミズキ、クワがよく使われる。, デッサン用木炭には木材の芯がそのまま残っているものがあり、芯が描画の際に邪魔になることがある。この芯を予め取り除くことを「芯抜き」と呼称する。, 鉛筆の硬度の種類には、9H〜2H・H・F・HB・B・2B〜8Bなどがある。これ以外の種類もあるが、中央あたりのものが一般的で、10Hなどは殆ど使用されない。メーカーやシリーズによって、テクスチャー、色合い、描画感、強度などに差がある。紙は、画用紙[補注 3]やケント紙が多く用いられる[6]。, 初期フランドル派 - ルネサンス - 盛期ルネサンス - 北方ルネサンス - マニエリスム - グロテスク装飾 - フォンテーヌブロー派, 写実主義 - ビーダーマイヤー - ハドソン・リバー派 - バルビゾン派 - マッキア派 - 移動派 - トーナリズム - ラファエル前派 - 唯美主義 - ヴィクトリア朝絵画 - ジャポニスム - 印象派 - ポスト印象派 - 新印象派 - クロワゾニスム- 綜合主義(ポン=タヴァン派) - ナビ派 - 世紀末芸術 - 象徴主義(ロシア象徴主義) - アーツ・アンド・クラフツ運動 - アール・ヌーヴォー - 分離派(ウィーン・ミュンヘン・ベルリン) - 素朴派, フォーヴィスム - キュビスム - ダダイスム - 未来派 - ノヴェチェント - イマジズム - ヴォーティシズム - ブリュッケ - 表現主義 - 新即物主義 - ミュンヘン新芸術家協会 - 青騎士 - シュプレマティスム - 構成主義 - 新造形主義 - デ・ステイル - ピュリスム - バウハウス - アール・デコ - シュルレアリスム - エコール・ド・パリ - モデルニスモ, アンフォルメル - 抽象表現主義 - コブラ 心の底から震えるような感動を感じることでしょう。. . 絵画を理解し 描く為に 必要な デッサンやスケッチ ドローイング これら 全てデッサンと言いますが 細密デッサンは そのデッサン自体が 作品となります。 ↑の デッサンは YouTube 岸和田絵画教室で検索してくださ […] 細密画とは、絵具を何色も配合して、長い時間をかけて一つ一つ細かな作品を仕上げる根気のいる作業です。, 「細密画を描くのは初めてだ」という方は、一番自分の描きたいものを選択する方法がいいかと思います。, どうしても、その上を目指そうとするならばプロの先生から技術を学ぶ方が近道です。しかし、○○学校などの美術教室は費用が高額なために、, 一週間くらいで仕上げています。色の配合と筆の使い方など、慣れない間はどうしても思うようには進みません。, なぜ陶器か?という疑問ですが、初心者がプラスチック製のパレットを使うと、絵具がはじいてしまい正確な色合いの確認ができないからです。, 特にヨーロッパの美術用品メーカーが作っているものの中には、かなり高価ながら古くからのブランドとして愛用されているものもあります。練習用としては向いていません。何回も練習しますから本気の1枚ならいいかと・・・, 細目紙は、吸水性が良くたわみにくく、ぼかしを美しく見せる特徴がありますから、細密画を描くのに最も適した水彩紙と言えます。, 紙が水に濡れると繊維の間に水が入って伸び、ふたたび乾くと元に戻るという性質を利用しているわけですが、今回の, ‘Painting produced using an online video tutoria. ワシミミズク(Bubo bubo)は、鳥綱フクロウ目フクロウ科ワシミミズク属に分 ... 弥勒菩薩、マイトレーヤ、メッテイヤ、メッテッヤは仏教において、釈迦牟尼仏の次に現 ... 観音菩薩は、救うべき相手の個性や状況の応じて様々な姿に変化されます。 「心のめざ ... (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright © 初心者がはじめて描く細密画 All Rights Reserved. 仮に「イラスト」を描くことを目的とすれば、その手段として「模写」や「デッサン」が考えられます。模写をすることで、「スキル(技術)」を身につけることができます。他人のマンガやアニメの模写をすることで、上手い人がどのように描くかを学ぶことができます。最初は少しズレてしまったり、うまく模写することができませんが、練習を重ねていく内にうまく描くことができるようになります。, 模写には「メリット」があります。ここは左右対称、ここの割合は2:1、目の角度は何度といったように、考えて模写をすることで、自分で1からオリジナルの絵を描いたときに、自分の絵がどのように歪んでいるかわかるようになります。意識しながら正解を覚えることで、それに近づいたオリジナルの絵が描きやすくなるということです。デッサンで正確に人体の構造を学んだとしても、デフォルメした漫画の絵ではわざと正確に描かないこともあります。漫画やイラストでは、それらしく見せるために、わざと正確に描かないこともあるのです。そうした技術は模写によって会得することができます。, また、模写にも「デメリット」があります。模写を単にしても、模写がうまくなるだけで、創造的な絵を描けるとは限らないということです。模写はうまくかけるのに、何も見ないで1から描こうとすると素人レベルの絵しか描けない場合があるのです。単に模倣して写すだけではなく、考えて模倣して写さなけれれば画力が上がらないのです。, デッサン:3次元対象物をよく観察し、平面上に幻想的な空間を再現構築すること(「スーパーデッサン」)。, たとえば目の前にある「リンゴ」をよく観察して、紙に書き写して描くことです。いうならば、物理的な現象(リンゴや家)を理詰め(知識、法則性、理論)で理解するために手を動かす手法であるといえます。, デッサン力:点・線・面・色彩によって、質感・形態・量感・遠近感・動勢を表し、画面を構成することができる能力。, (備考)デッサン:木炭・コンテ・鉛筆などで描いた単色の線画。普通,作品の下絵として描かれる。素描(出典:大辞林)。, 本来は創作の予備的な下絵として描かれた。また,彩画と対比されることもある。デッサン。物事の全容を把握するために要点を簡単に書き記すこと。また,その文(出典:大辞林)。, たとえば、「光」とは何か、「陰」と「影」の違いとは何か、「球」とは何かといったことです。何も考えないで描くと、不自然に見えてしまうような絵も、模写をすることによって自然な絵に近づいていきます。, 1枚の絵を描くときには、「3つの要素」が盛り込まれていることが必要だと「スーパーデッサン入門」では書かれています。3つの要素とは「立体感」、「空間感」、「材質感」(+α光の効果)です。こうした3つの要素を学ぶということが、デッサンをするということです。3つの要素を抑えていない絵はどこか歪(ゆが)んで見えてしまいます。立方体、円筒、楕円、円、球、影、パース、人物や物などが具体的なデッサンの例です。, デッサンのメリットは、イラストや漫画などの創作をする際に役に立つということです。たとえば、手を「立方体」+「円筒形」として捉えるデッサンの訓練をすることによって、イラストや漫画を描くときにより「自然に」描くことができます。手の影の落とし方や、質感などもデッサンによって身に付けることができます。デッサンは「表現力」UPに直結します。「スーパーパースデッサン」、「スーパー表現デッサン」や「人物デッサンのすべて」という書籍が出ているように、表現の幅が広がるのです。人間や建物をバランスよく描くことができたり、水や翼、木々や炎をより正確に描くことができるようになります。, 模写と同じように、デッサンも考察をしないと上達しません。デッサン力が乏しいと、絵も歪んでしまうのです。一般的に上手い絵とされているものは、立体表現力があり、バランスがある絵です。たいていの人は、いきなりイラストを描こうとして失敗してしまい、上手に描くために「デッサン」をするのです。それが絵描きのための「第一歩」であるといえます。毎日少しずつデッサンをして「基礎画力」を高めていきましょう。, デッサンのデメリットは、デッサンをすることで満足し、デッサンをすることが目的となってしまう場合があるということです。まだ足りない、まだ足りないといってデッサンばかりをしているだけの人もいます。自分で真っ白な紙に、頭のなかで構想した絵を描いて創るということをしないということです。, これは目的がイラストであり、手段がデッサンであったのに、目的がデッサンとなってしまっているケースです。デッサンオタクにならないように、インプット(デッサンで知識をつける)をしたらアウトプット(真っ白な紙にオリジナルの絵を描く)しましょう。たとえばデッサンで影の付け方を覚えたら、物体(たとえばりんご)を見ないでも物体を紙に頭のなかだけで考えて描けるようになりましょう。, ダヴィンチはただ作家のみを研究して、自然の作品を研究しない人は愚かであると『絵画論』の33Pで述べています。これは言い換えれば、模写ばかりをして「自然物」を考察して「デッサン」をしない人は愚かであるということになります。ただ写真や絵を模写するだけでは、デッサン力は向上しないということです。模写する場合でも「考察」を重視し、その考察は解剖学やパースなどの「知識」などを元にした考察である必要があります。, 「効率性」の面から考えると、デッサンで画力を鍛えるより、他人の絵や写真から資料を探し、線をおこしたほうがいいという意見があります。昔と違ってインターネットが発達し、資料が探しやすくなったり、書籍が増えたり、漫画などの資料が増えたことも影響していると思います。10万以上もフォルダ分けをして資料を管理し、構図や塗りをすこし変えて使う人もいるらしいです。ただし、本当に自分が描きたいものが資料を探してもない場合は、やはり自分で描くしかありません。そういうときにデッサンをしていた場合と、していない場合では差がついてくると思います。, 論点としては、デッサンと模写のどちらをすればよいのかというものがあります。結論からいえば、どちらもする必要があります。模写をするためにはデッサンの知識が必要になってくるからです。あえて順序付けるなら、デッサンをしてから模写をしたほうがいいといえます。, どちらのほうが「効率」がよいのか(効率性の違い)という論点もあります。結論からいえば、「目的」によりますが、「デッサン」のほうが効率がいいです。1から新しいキャラクターを描いてみたいという目的を持つ方は、「デッサン」という手段のほうが効率がいいと思います。好きな漫画やアニメのキャラクターを上手く描いてみたいという目的を持つ方は、「模写」という手段のほうが効率が高いともいえます。, しかし、模写だけをしていると、好きなキャラクターを走らせたり座らせたり、表情を変えたりすることができません。好きなキャラクターを描いてみたいという場合でも、「デッサン」が必要になってくることがわかります。デッサンは表現力を高めるための理論を学ぶので、動かしたり表情を変えたりすることができるからです。, プロの漫画家はデッサンで基礎を作り、そこから応用させて自分の個性を創りあげます。プロの絵は基礎を元に作り上げられた応用であるといえます。いきなり応用を見て基礎を見出すような考察力がある素人はめったにいません。まずは基礎(たとえば三次元のリンゴや顔)を見てリンゴや顔の描き方を学ぶのです。つぎに、基礎の顔を長くしたり、短くしたり、髪の毛を変えてみたりして応用し、独創性を高めるのです。, デッサンが「基礎」を見て、描いて学ぶものであるとすれば、模写が「応用」を見て、描いて学ぶものであるということがわかります。両方学ぶ必要がありますが、まずは「基礎」であるデッサンから学び、「応用」である模写に移行したほうが私は良いと思います。もちろん、漫画を「模写」することでしか学べない領域の知識もあります。コマ割りの方法や、吹き出し、効果音、迫力のある戦闘シーンや、魅力のあるキャラクター、独特の構図などです。「模写」を最初に行い、うまくいかない場合は「デッサン」に移行したり、「模写」と「デッサン」を交互に行うなど、それぞれのスタイルでやることも大切です。, 模写を上手にするためには、「空間把握能力」が必要です。空間把握能力とは、「物体の位置・方向・姿勢・大きさ・形状・間隔など、物体が三次元空間に占めている状態や関係を、すばやく正確に把握、認識する能力(出典:goo辞書)」です。こうした空間把握能力を鍛えるためには、「デッサン」をして知識をつけたりする必要があります。つまり、模写とデッサンは両方する必要があるといえます。, 「美術解剖学をデッサン・アニメ・漫画に活かす人体クロッキー」という本では、クロッキーの目的は描画力の向上にあると書かれています。初心者が絵を描こうとすると、棒人間のようになりがちであり、筋肉や骨を意識した絵が描けない場合が多いそうです。, 「デッサン」をするさいにも、輪郭線・境界線を書きたがり、立体感をうまく表現できていないのです。そこで、「クロッキー」を行うことによって、「デッサン」の精度がより高まることが期待されます。, クロッキーにおいて大事なのは、「人体の軸」を描くことであり、「肉付け」をすることです。筋肉の収縮や弛緩、骨格や運動を意識しながら描くことが重要です。アニメいやイラストに表されている輪郭線の下には、膨大な情報がつまっているのです。そうした情報を知らないで輪郭線を描いていても、成長は見込めません。, クロッキー、デッサン、模写の違い:クロッキーは短時間で絵の構造(基礎)を学び、デッサンは長時間で絵の構造(基礎)を学ぶことであるということができます。模写に関しては、クロッキーに比べて長い時間をかけて絵の構造(応用・実践)を学ぶということです。このようい三者は、短時間基礎、長時間基礎、長時間応用と区別することができます。, クロッキー、デッサン、模写の共通点:どれも「考察」が重要です。デッサンのためのクロッキー、模写のためのデッサンとして補完的に考えることができます。解剖学やパース、影の落とし方といった知識を元に、三次元のものを描写して学ぶか、二次元のものを模写して学ぶかといった違いでしかありません。, ・高桑真恵、「美術解剖学をデッサン・アニメ・漫画に活かす人体クロッキー」、マール社, アーティストに役立つような情報をまとめ、人間関係の手段として芸術が寄与すればいいなと思っています。学んだもの、考えたものは自分だけが独占するのではなく、共有するべきものだと思っています。