家も国もこれ以上我々を見捨てはしない Ces oiseaux blancs 揺らしておくれ アメリカ国歌『星条旗』(The Star-Spangled Banner/スター・スパングルド・バナー)の歌詞は、1812年に勃発した米英戦争における史実が元になっている。, 米英戦争において優勢にあったイギリス軍は、首都ワシントンD.C.を陥落させ、さらにイギリス海軍がアメリカ・ボルティモア港のマクヘンリー砦を包囲していた。, 砲撃が止んだのは1814年9月14日の朝のことだった。25時間にも及ぶ1,500発以上の砲弾にも関わらず、マクヘンリー砦の上には、星15個、縞15本が表わされた特大サイズのアメリカの国旗・星条旗が翻っていた。, この星条旗を目にした弁護士のフランシス・スコット・キーは大変感銘を受け、集中砲火を耐え抜いた国旗を讃える詩「マクヘンリー砦の防衛 The Defence of Fort McHenry」を直ちに書き上げた。, この詩は後に流行歌「天国のアナクレオンへ」のメロディに合わせて歌われるようになり、1931年3月3日にアメリカ国歌として法制化された。, ちなみにそれ以前は、イギリス国歌のメロディにアメリカ独自の歌詞をつけた『My Country, 'Tis of Thee マイ・カントリー ティス・オブ・ジー』が事実上のアメリカ国歌として歌われていた。. 椎名林檎さんのトリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』を久しぶりに聴いて、やっぱり私立恵比寿中学の『自由へ道連れ』好きだなぁ~と思ったら、既にハートマークが付いてました。前に聴いた時に私が付けたんですけど。(笑)私立恵比寿中学は名前しか知 And the star-spangled banner in Infinie, Voyez 歌の意味は、海への憧れ、海から得る癒しを、その情景によって描いています。海の持つ神秘性や永遠性に多くの人が詩情を感じるのはどこの国でも同じようです。その海の壮大な自然に抱かれるとき、人はそこに「母性」や「愛」というものを感じる、そのような豊かな感性を表現しています。 ああ、星条旗はまだたなびいているか? 雄々しく翻(ひるがえ)る 2. O'er the land of the free 椎名林檎さんのトリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』を久しぶりに聴いて、やっぱり私立恵比寿中学の『自由へ道連れ』好きだなぁ~と思ったら、既にハートマークが付いてました。前に聴いた時に私が付けたんですけど。(笑), 私立恵比寿中学は名前しか知らなくて、地名が入ってるアイドルなのでAKB48や乃木坂みたいなイメージがあったんですけど、実際聴いてみたら違いました。そして、そのイメージから「椎名林檎の歌と合うのかな?どうなんだろう?」と勘ぐってたら、まさかまさかのこの中で一番好きなカバーソングになりました。, 楽曲のセレクトも合ってると思いました。スピード感のある楽曲に、アイドルならではの元気の良さが相まって、ピッタリ!原曲思い出せないくらい、エビ中の歌!?ってぐらいマッチしてました。アレンジも良い!疾走感最高!, 私は普段目にする機会の多いアイドルから、アイドルのイメージを定着させていました。その目にする機会の多いアイドルって、歌を歌っている・パフォーマンスをしてるより、バラエティ番組に出てる方のイメージなんですよね。後は、みんなで歌えるカラオケソング的な感じだとか、歌を聴いて楽しむ対象とは別の存在という感じでした。, そのせいで、魅力に気づかず素通りしてるアイドルもたくさんいるんだろうな、とエビ中の歌を聴きながら痛感しました。もうちょっといろいろ聴いてみようかな~でもアイドル多すぎてどこから聴いて良いのやら?個別に知るきっかけが欲しいなぁ。, ただ、この歌が好きでいろんな人に聴いて欲しくて書きました。あと、他のエビ中の歌も聴いてみたんですが、今の所好きなのは、『熟女になっても feat. 9月 9, 2018. 自由の地 勇者の故郷の上に!, 下の写真は、2014年にアメリカ沿岸警備隊がマクヘンリー砦沿岸でイーグル号を停泊させている様子。マクヘンリー砦には星条旗が掲揚されている。, My Country, 'Tis of Thee マイ・カントリー ティス・オブ・ジー. 見てごらん through the perilous fight. the bombs bursting in air, 自由の地 勇者の故郷の上に!. 絶えず守り続ける国民であれ move on out captain. 我等の旗は夜通し翻っていた 4. 私の生きる心を, 「ラ・メール」(La mer=海)は、フランスのシャンソン歌手、作詞家、作曲家、シャルル・トレネ(Charles Trenet:1913-2001)の1943年の作品です。 That the havoc of war 我々は誇り高く声高に叫ぶ who so vauntingly swore, Oh, say does that star-spangled 海 O'er the land of the free of the morning's first beam. いかがだったでしょうか。 Cö shu Nie(コシュニエ)の『絶体絶命』歌詞の意味などについてお伝えしていきました。 La mer 椎名林檎さんの「自由へ道連れ」 の歌詞解釈について書いていきたいと思います! *自由へ道連れとは? 作詞作曲がかの 偉大な椎名林檎さん によってなされております。 through the mists of the deep, Where the foe's haughty host 1. Happy we’ll be beyond the sea ブログを報告する, そして自分以外の助けも借りずに、年齢制限などの支配にもとらわれず物事を進めることができるという. A home and a country もうちょっと頑張ってみようかなと思っているお父さん、お母さんは一度は聴いてみてください。きっと温かい気持ちと生きる勇気が湧いてくると思います。. 彼等自らの血で贖(あがな)われたのだ. 恐れおののき息をひそめる敵の軍勢が 自由の地 勇者の故郷の上に!. and watches the ships that go sailin’, Somewhere beyond the sea La mer 砲弾が赤く光を放ち宙で炸裂する中 and the home of the brave! Their blood has washed out or the gloom of the grave. O'er the land of the free おお、見えるだろうか、 どんな慰めも傭兵や奴隷達の救いたりえず