・『デッドライン』(新潮社刊)=第41回野間文芸新人賞受賞, のりしろ・ゆうすけ。1986年6月18日北海道江別市生まれ。法政大学社会学部メディア社会学科卒。2015年、「十七八より」で第58回群像新人文学賞を受賞しデビュー。2018年、『本物の読書家』で第40回野間文芸新人賞を受賞, ふるかわ・まこと。1988年7月29日福岡県福岡市生まれ。第一薬科大学付属高等学校卒。2016年「縫わんばならん」で第48回新潮新人賞を受賞しデビュー。, 主な作品: document.write(''); width: 100px; border: 0 !important; float: left !important; display: inline !important; } margin: 0; } text-indent: 0 !important; padding: 0; } height: 1em !important; display: none; (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright© myDate = new Date(); myYear = myDate.getFullYear(); document.write(myYear); NIPPAN All Rights Reserved. }, 2019年12月16日(月)、日本文学振興会より第162回芥川龍之介賞の候補作が発表された。, 今回芥川賞にノミネートされたのは、古川真人「背高泡立草」、髙尾長良「音に聞く」、千葉雅也「デッドライン」など5作で、木村友祐氏・千葉雅也氏・乗代雄介氏の3名が初ノミネート。古川真人氏は2回連続、4度目のノミネートとなっている。, 選考会は2020年1月15日(水)に築地「新喜楽」にて開催。贈呈式は、2月下旬に都内で行なわれる。, ・木村友祐「幼な子の聖戦」(すばる11月号) } ・『勉強の哲学――来たるべきバカのために』(文藝春秋刊) /* ]]> */ ・『別のしかたで――ツイッター哲学』(河出書房新社刊) window._wpemojiSettings = {"baseUrl":"https:\/\/s.w.org\/images\/core\/emoji\/12.0.0-1\/72x72\/","ext":".png","svgUrl":"https:\/\/s.w.org\/images\/core\/emoji\/12.0.0-1\/svg\/","svgExt":".svg","source":{"concatemoji":"https:\/\/hon-hikidashi.jp\/wp-includes\/js\/wp-emoji-release.min.js?ver=5.3.6"}}; 2019年12月16日(月)、日本文学振興会より第162回芥川龍之介賞の候補作が発表された。 今回芥川賞にノミネートされたのは、古川真人「背高泡立草」、髙尾長良「音に聞く」、千葉雅也「デッドライン」など5作で、木村友祐氏・千葉雅也氏・乗代雄介氏の3名が初ノミネート。 !function(e,a,t){var r,n,o,i,p=a.createElement("canvas"),s=p.getContext&&p.getContext("2d");function c(e,t){var a=String.fromCharCode;s.clearRect(0,0,p.width,p.height),s.fillText(a.apply(this,e),0,0);var r=p.toDataURL();return s.clearRect(0,0,p.width,p.height),s.fillText(a.apply(this,t),0,0),r===p.toDataURL()}function l(e){if(!s||!s.fillText)return!1;switch(s.textBaseline="top",s.font="600 32px Arial",e){case"flag":return!c([127987,65039,8205,9895,65039],[127987,65039,8203,9895,65039])&&(!c([55356,56826,55356,56819],[55356,56826,8203,55356,56819])&&!c([55356,57332,56128,56423,56128,56418,56128,56421,56128,56430,56128,56423,56128,56447],[55356,57332,8203,56128,56423,8203,56128,56418,8203,56128,56421,8203,56128,56430,8203,56128,56423,8203,56128,56447]));case"emoji":return!c([55357,56424,55356,57342,8205,55358,56605,8205,55357,56424,55356,57340],[55357,56424,55356,57342,8203,55358,56605,8203,55357,56424,55356,57340])}return!1}function d(e){var t=a.createElement("script");t.src=e,t.defer=t.type="text/javascript",a.getElementsByTagName("head")[0].appendChild(t)}for(i=Array("flag","emoji"),t.supports={everything:!0,everythingExceptFlag:!0},o=0;o } margin: 0 !important; ・古川真人「背高泡立草」(すばる10月号), きむら・ゆうすけ。1970年、青森県八戸市生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒。2009年、「海猫ツリーハウス」で第33回すばる文学賞を受賞しデビュー。, 主な作品: ・『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』(河出書房新社刊)=紀伊國屋じんぶん大賞2013、第5回表象文化論学会賞受賞 line-height: 18px !important; ・『野良ビトたちの燃え上がる肖像』(新潮社刊) ・『イサの氾濫』(未來社刊)=第25回三島由紀夫賞候補、第38回野間文芸新人賞候補 ・『ラッコの家』(文藝春秋刊)=第161回芥川賞候補, 芥川賞は、直木賞と同じく日本文学振興会が昭和10年に制定。新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品のうち最も優秀なものに贈られ(応募方式ではない)、主に無名もしくは新進の作家を対象としている。授賞は上半期・下半期の年2回。選考委員は、小川洋子・奥泉光・川上弘美・島田雅彦・堀江敏幸・松浦寿輝・宮本輝・山田詠美・吉田修一の各氏。. 2020年1月15日、第162回 芥川龍之介賞・直木三十五賞の選考会が行われ、受賞作が発表されました。 おめでとうございます! 《芥川賞》 草は刈らねばならない。そこに埋もれているのは、納屋だけではな … ・乗代雄介「最高の任務」(群像12月号) ・『聖地Cs』(新潮社刊)=第36回野間文芸新人賞候補 ・髙尾長良「音に聞く」(文學界9月号) } padding: 10px 0 20px 0 !important; ・『影媛』(新潮社刊)=第152回芥川賞候補, ちば・まさや。1978年12月14日栃木県宇都宮市生まれ。東京大学大学院博士課程修了。博士(学術)。2013年刊の『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』で、紀伊國屋じんぶん大賞および表象文化論学会賞を受賞。『勉強の哲学――来たるべきバカのために』、『意味がない無意味』などを刊行。2019年、初の小説作品「デッドライン」で第41回野間文芸新人賞を受賞。, 主な作品: .wp_social_bookmarking_light div{ ・『肉骨茶』(新潮社刊)=第148回芥川賞候補 img.emoji { .wp_social_bookmarking_light_clear{ min-height: 30px !important; '); background: none !important; 第163回芥川賞受賞作発表 2020年7月15日(水)、芥川賞の受賞作が発表されました。 ダブル受賞です。 高山羽根子『首里の馬』 遠野遥『破局』 首里の馬 作者:高山羽根子 発売日: 2020/07/27 メディア: Kindle版 破局 作者:遠野遥 発売日: 2020/07/04 メディア: Kindle版 高山… /*