落葉松 からまつ 二番の歌詞で「落葉松の芽が吹く 北国の」と歌われる「落葉松(からまつ)」は、マツ科カラマツ属の落葉針葉樹。 日本の固有種で、北海道では明治時代からカラマツの造林が積極的に行 … 昭和60年度NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部課題曲B(女) 落葉松 作詞:野上彰、作曲:小林秀雄 (演奏:青森県八戸市立根城中学校合唱部、昭和60年ころ) 選択制の時期の女声向け 高等学校の部課題曲Bです。課題曲JukeBoxには残念ながら 音源が公開されていませんが、 LEGENDの「落葉松」歌詞ページです。作詞:野上彰,作曲:小林秀雄。(歌いだし)落葉松の秋の雨にわたしの 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 わたしの 心が濡れる, 落葉松の 陽のある雨に ョンを受けた白秋は同年11月、文芸誌「明星(みょうじょう)」上で『落葉松』を発表している。, 落葉松の 秋の雨に ※GDPR(EU一般データ保護規則)対象国から歌ネットをご利用いただくことができません。. 『落葉松』(からまつ)は、小林秀雄の歌曲。 のちに合唱曲やピアノ曲へも編曲された。 概説 1972年(昭和47年)秋、小林は翌年春に開催予定の野上彰を追悼するコンサートのために、主宰者であるアルト歌手・四家文子から作曲依頼を受ける。 ※2020年8月時点での規制対象国(EU加盟国)は、下記の通りです。 落葉松の 夜の雨に わたしの 心が濡れる 落葉松の 陽のある雨に わたしの 思い出が濡れる 落葉松の 小鳥の雨に わたしの 乾いた眼が濡れる わたしの 乾いた眼が濡れる 落葉松の 秋の雨に 更多更詳盡歌詞 在 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網 わたしの 手が 1972年(昭和47年)秋、小林は翌年春に開催予定の野上彰を追悼するコンサートのために、主宰者であるアルト歌手・四家文子から作曲依頼を受ける。四家から野上の遺稿を手渡された小林は、その中の『落葉松』という詩に目を留め、「深く激しい感動のうちに一気に初演楽譜を書き上げた」[1]。詩は、軽井沢の自然を愛した野上が、1947年(昭和22年)秋に書いたものであり、1959年(昭和34年)出版の野上の小説「軽井沢物語」の巻末に掲げられている。初演はソプラノ=小林久美(小林秀雄の妻)、ピアノ=鷹取淑子により行われ、「高い評価を得た」[1]。以後、日本歌曲として愛唱されたこの曲は1976年(昭和51年)、鎌倉女子大学教授・蓑田良子の勧めにより女声合唱に編曲され、その後、混声合唱、男声合唱、ピアノ曲としても編曲され、作曲から40年以上たった現在でも広く演奏され続けている。, 表題曲を含む全4曲の合唱曲集として1976年から1980年にかけて作曲された。女声合唱版の出版は1982年(昭和57年)、混声合唱版の出版は1984年(昭和59年)である。なお男声合唱版は表題曲のみの単曲の合唱曲として出版されている。なお、2000年に改訂されている。, 出版譜の前書きで小林は「私は、歌詞や内容のすべてが聴衆に完全に伝わる、明るい音楽を創作の中心に据えます。そして、粗雑で軽薄な音楽を排します。」「「明るい、わかりやすい音楽を、正格な技術で演奏する。内容や心は、それに乗って滲み出てくる」。これが音楽です。」として、当時の合唱コンクール等に見られた「陰湿な精神主義」[2]や「技術の拙劣さを心や情緒の話にすり替えてしまいます」[2]といった風潮を厳しく批判している。, 全音楽譜出版社から出版されている。女声合唱版、混声合唱版は現在「改訂版」が流通している。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=落葉松_(小林秀雄)&oldid=80339777. わたしの 思い出が濡れる ほっとする音楽、猫、野菜作りの落葉松のページです。 落葉松 「落葉松」について、作曲者の小林秀雄は次のように言っています。 1967年、わずか56歳で惜しまれつつ逝った詩人・野上彰氏が、1947年秋、氏の最も愛した軽井沢で書かれたこの詩と、私は1972年12月に出会った。 You cannot use Uta Net from the countries covered by GDPR. 落葉松の 夜の雨に わたしの 乾いた眼が濡れる, 学校・コンクールで歌う有名な合唱曲. 『落葉松(からまつ)』は、作曲:小林 秀雄、作詞:野上彰による日本の歌曲・合唱曲。小説「軽井沢物語」を出版するなど、軽井沢の自然をこよなく愛した野上が生前残した詩に、親交のあった小林秀雄 … 落葉松の 小鳥の雨に 『落葉松』(からまつ)は、詩人・北原白秋が大正10年(1921年)11月発行の「明星」で発表した作品。 講習会に参加するため、同年夏に長野県軽井沢の星野温泉に滞在していた北原白秋は、宿近くに広がる落葉松林の風景を愛し、毎朝の散歩を欠かさなかったという。 France, Belgium, Denmark, Sweden, Czech Republic, Estonia, Malta, Germany, Luxembourg, Greece, Finland, Slovakia, Latvia, Romania, Italy, Spain, Austria, Hungary, Lithuania, Bulgaria, Netherlands. わたしの 手が濡れる フランス、ベルギー、デンマーク、スウェーデン、チェコ、エストニア、マルタ、ドイツ、ルクセンブルク、ギリシャ、フィンランド、スロバキア、ラトビア、ルーマニア、イタリア、スペイン、オーストリア、ハンガリー、リトアニア、ブルガリア、オランダ, The regulated countries are as follows. 落葉松 北原白秋一からまつの林を過ぎて、からまつをしみじみと見き。からまつはさびしかりけり。たびゆくはさびしかりけり。二からまつの林を出でて、からまつの林に入りぬ。からまつの林に入りて、また細く道はつづけり。三からまつの林の奥もわが通る道は