お世話になったり仲の良かった人が転勤してしまうという時、やはり何か贈り物をしたい ... お餞別の言葉で、「退職者」「遠方に行く方」へ贈るメッセージについて紹介していきま ... 商社マンとの結婚を考えているなら転勤の頻度と長さに注目するべき。商社マンは基本的 ... 転勤を機に結婚する場合、引越しと結婚の手続きを同時に行う必要があります。まずは何 ... 転勤のない仕事には何があるでしょうか。どのような会社や職種であれば、転勤がないの ... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. まずは、転勤支度金のうち赴任手当について紹介します。赴任手当とは、転勤にかかる費用を会社が補助する手当です。会社の社員本人だけでなく、子どもを含む家族分も支給される場合が多い転勤支度金となっています。赴任手当の相場は、家族構成や職位によって定めているケースが多いです。ですので、他の転勤支度金と違い、会社が特に使い道を指定していません。ですので、赴任手当を受け取るにあたって、社員は領収書などを会社に提出しなくても良いのです。, 転勤支度金である赴任手当の相場は、例として一般社員(定額、家族帯同:本人、配偶者、子ども2人)の場合は約23万円です。同じ家族構成で課長クラスの社員の場合は相場として26万円、部長クラスになると28万円が相場となります。この際、単身赴任や独身の社員は、同じ職位でも家族持ちの半額程度が相場となるので、覚えておきましょう。, 次に、転勤支度金のうち「現住地から赴任地までの旅費」を紹介します。「現住地から赴任地までの旅費」とは、引越しの際に社員が赴任地に向かうのに必要な交通費のことです。赴任地が海外など遠方の場合は、それにかかる宿泊滞在費も「現住地から赴任地までの旅費」として含まれます。家族がいる場合は、その分の転勤支度金も支給されるのが一般的です。, 赴任手当と違い家族構成や職位による定額制ではない転勤支度金である「現住地から赴任地までの旅費」には、相場というものがありません。しかし、多くの会社では「現住地から赴任地までの旅費」を「宿泊滞在費+日当+交通費」で計算します。日当とは、赴任地に向かう時間分の給与です。また、これは赴任手当同様に家族分が会社から支給されるケースが多くあります。その場合、社員の子どもは子ども料金もしくは大人の半額という計算方法で計算されるのが一般的です。こういった点からも、決まった相場はないといえるでしょう。, 最後に、単身赴任手当という転勤支度金を紹介します。単身赴任の場合、まずは上記の赴任手当が会社から支給されます。この転勤支度金である単身赴任手当の相場は10万円前後です。ただ、単身赴任では引越しにかかる費用だけでなく、生活費や帰省費用の補助もあります。これは、単身赴任によって自宅と赴任先の二重生活となり、社員の生活費負担が増すためです。この単身赴任手当の相場は、1か月で代替5万円程度と言えるでしょう。, 単身赴任先が賃貸の場合は、会社から社員へ家賃補助がつくこともあります。家賃補助では、社員の負担額上限が決まっている場合と、会社の負担額上限が決まっている場合の2パターンがあるでしょう。しかし、大体家賃の70%程度が会社負担となります。このほかに帰省費用として、月に1回(会社によっては2回)分の往復交通費が支給されるのが、この単身赴任手当と言えるでしょう。, 上記以外にも、転勤支度金としての手当はいくつか存在します。引越しにかかる費用の手当である「荷造り運送費」や、転勤後すぐに生活できるようにするための「着後手当」などです。会社によっては、家具や電化製品などの生活必需品にかかる費用を支給するところもあります。また、子どもの転園・転学にかかる費用を補助する「転園・転学手当」などもあるでしょう。会社がどこまで手当を出すのか把握して、必要な費用などを考えておいてください。, 以上、転勤による引越しをする社員が貰える転勤支度金の種類と、その相場についてご紹介しました。転勤による引越しが決まったときは、まず会社の社内規定や転勤規程を読み、自分が受け取ることができる転勤支度金を計算してみましょう。また、転勤支度金によっては、受け取るのに領収書などが必要になる場合があります。転職支度金を貰う際には相場だけでなく、転勤支度金の手続き方法についても併せて確認しておくべきです。そうすれば、安心して転勤後も仕事に励めるでしょう。, doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断, 転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。, ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い, 内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。, 業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。. お使いのブラウザはJavaScriptが無効になっています。 転勤支度金である赴任手当の相場は、例として一般社員(定額、家族帯同:本人、配偶者、子ども2人)の場合は約23万円です。同じ家族構成で課長クラスの社員の場合は相場として26万円、部長クラスになると28万円が相場となります。 JavaScriptが無効の状態ではコンテンツが正しく表示されない可能性があります。, この記事では、海外に転勤する前に必要な準備や手続きについて紹介します。また、家族や恋人についての悩みにもお答えします。, 海外への転勤が決まったら、まずは会社が行ってくれる準備や手続きを確認し、自ら準備しなければならないことを明確にしておきましょう。, 海外転勤に必要な準備や手続きを、自分でやることと会社がやってくれることに分けると以下のようになります。, 会社によっては、ビザの取得、転勤先の住居や引越し業者探しも自分でやらなければならない場合もあります。, 1年以上の転勤になる場合は、最寄りの役所で「海外転出届」を提出し、住民登録を抹消する手続き(住民票の除票)を行いましょう。出国の2週間前から、住んでいる地域の役所で手続きすることができます。, 1年以内の転勤であれば、住民票について、特に手続きをする必要はありません。ただし、海外転勤を機に自宅の賃貸契約を解除する場合は、実家の市区町村などに住民票を異動させる必要があります。, ちなみに、住民登録を抹消すると、役所で印鑑証明が取れなくなります。印鑑証明は、自家用車の廃車手続きで必要になるため、除票は廃車の手続きを行ってからにしましょう。, 賃貸物件に住んでいる場合は、出国日から逆算して解約日を決めます。解約日を決めたら、不動産屋に連絡しましょう。あわせて、電気・ガス・水道などの停止手続きも忘れずに行います。物件を解約してから出国日までは、ホテルやウィークリーマンションで生活することになります。その費用は、会社が負担してくれる可能性があるので確認しましょう。, 持ち家がある人で家族も連れて海外転勤する場合は、家を売却するのか、誰かに貸すのか、業者や親戚に管理してもらうのかを決めましょう。住宅は、最低でも月に1度以上は換気や通水などの手入れをしないと傷んでしまうもの。空き巣などの被害に合わないためにも、空き家のままにしておくのはやめましょう。, ローンを払いながら空き家を管理する業者を利用するとなると、出費は増えますが、急に帰国が決まってもすぐに住み始めることができるので、賃貸に出すよりもスムーズです。, 自宅で使用していた家具や家電は、処分するのか、実家などで保管してもらうのか、または誰かに譲るのかを決めましょう。転勤先に送るのも一つの手ですが、海外転勤者向けの賃貸マンションには、家具が備え付けられているのがほとんど。家電も、電圧などが異なるので使用できない場合があります。, 引っ越しの荷造りは余裕を持って行いましょう。海外に荷物を送る場合、到着までに船便では1〜2ヶ月、空港便では1〜2週間ほどかかります。, 赴任先で調達できるものは、日本から送らなくてもOK。衣服など、荷物が届くまでに必要なものは、機内持ち込み用のキャリーケースに入れて持っていきましょう。, 自家用車を持っている人は、売却するか廃車の手続きをするかを選びましょう。売却する際は、買い取りサービス業者に依頼します。複数の業者に見積もりを出してもらい、比較・検討するのが良いでしょう。, 車を残しておきたい場合は、自動車税がかからないよう、廃車=一時抹消登録の手続きを行いましょう。手続きは、業者に依頼することもできますし、近くの運輸支局で自ら行うこともできます。廃車にする際は、同時に自動車保険の停止や解約などの手続きも必要になります。, ここでは、税金や社会保険料の支払いについて解説します。手続き自体は会社が行ってくれますが、海外転勤を機に仕事を辞めた配偶者を扶養に入れるなど、今までと異なる状況になる場合は早めに会社に伝えましょう。, 住民税は、1月1日時点で住民票がある場所に、その年の6月から納めるのが基本。1月1日よりも前に「海外転出届」を提出し、住民登録を抹消する場合は、その年の6月から翌年5月までの住民税を支払わなくていいことになります。, 住民登録を抹消した人であれば、所得税は徴収されません。その代わり、転勤先の国に、その国の税制度に従って所得税を納める必要があります。家賃収入や持ち家の売却収入など、海外転勤中に国内で得た収入は日本での課税対象になります。, 住民登録を抹消していない場合は、日本と転勤する国の両方に納税する二重課税になってしまうので、日本と転勤先の国の租税条約にしたがって手続きする必要があります。, 住民登録を抹消しても、単身赴任で家族が家に住み続けるなら、住宅ローン控除が受けられます。ただ、海外転勤すると日本で所得税を納めることがなくなるので、住宅ローン控除の恩恵を受けることはありません。, 家族を連れて海外転勤する場合は、「転任の命令等により居住しないこととなる旨の届出書」などの書類を近くの税務署に提出しましょう。この手続きをしておくと、帰国後に再び住宅ローン控除が受けられるようになります。ただし、海外転勤中の期間も対象期間に含まれてしまうので注意しましょう。, 1月1日よりも前に住民登録を抹消した場合、その年の6月から住民税を納める必要がなくなり、ふるさと納税をしても住民税の控除を受けることはできません。, 海外転勤をしても、日本の健康保険と厚生年金には加入し続けることになります。保険料も給与から天引きされます。, 日本の健康保険を海外で使うことはできませんが、帰国後に手続きをすれば海外での治療費の一部が払い戻されます。ただし、自分で負担した金額がすべて支給されるわけではないので注意しましょう。, 厚生年金は、日本の制度に加入し続けながら、転勤先の国の制度にも加入するのが原則。ただし、社会保障協定を結んでいる国に転勤する場合、5年以内であればその国の年金制度への加入は免除されます。, 海外転勤が5年を超える場合は、日本の年金からは外れ、転勤の先の国の年金に加入します。海外の年金に加入している期間は、日本の年金への加入期間としては認められないので、将来の受給額が減らないよう、転勤中は国民年金に任意加入することもできます。, また、例外的に、日本と転勤先の国に申請すれば、転勤先の国の年金への加入を免除される期間が延長されることもあります。, ネットなどで事前にリサーチしておくと安心でしょう。社内で同じ国に転勤したことがある人に話を聞いてみるのもいいでしょう。, 家族がいる人の場合、転勤先の治安は、一緒に連れて行くかどうかを判断するためにも重要になります。転勤先の国の情報は、日本在外企業協会のHPから確認するのがおすすめです。地震などの災害、テロや感染症に関する情報を閲覧することができます。また、現地の駐在員のブログなども参考になります。, 転勤先の食文化や居住地周辺の飲食店なども、事前に調べておくことをおすすめします。海外でも日本食を出す飲食店が増えてきていますが、値段は高めです。もしも、日本食が恋しいということであれば、スーパーで買った日本の食材や日本から調達した調味料などを使って料理するといいでしょう。, 転勤先の国のマナーやルール、文化を知っておくことも大切です。日本では問題のない行為が、国によっては犯罪になることもあります。また、転勤先の国の人の会社での立ち居振る舞いや休日の過ごし方も調べておくと良いでしょう。例えば、平日の夜に、会社の同僚や取引先の人と会食することが多い国もあれば、家族と過ごすために出来るだけ早く帰宅するのが当たり前の国もあります。, 海外への転勤となると、家族を連れて行くのか、それとも日本に残して単身赴任するのか悩む人が多いようです。ここでは、海外転勤者が家族を連れて行く際の判断基準を紹介します。ぜひ参考にしてください。, 2016年に労働政策研究・研修機構(JILPT)が行った調査によると、海外転勤した人のうち、家族を連れて行った人の割合(52.5%)と単身赴任した人の割合(44.2%)はほぼ同じでした。, 家族を連れていくかどうかは、「配偶者の仕事の有無」と「転勤先の生活環境」から考えましょう。, 配偶者が仕事をしている場合、仕事を今すぐ辞められるのか、仕事を辞めても良いと思っているかを話し合いましょう。また、転勤先の生活環境も、家族を連れて行くか判断する上では重要です。国によっては、女性や子どもが犯罪に巻き込まれやすいため、夜間の外出が禁止されているような治安の悪い地域もあります。日本とまったく異なる気候や環境の国では、ストレスを感じたり体調を崩したりしてしまう可能性もあるので注意が必要です。, 前出の調査では、海外転勤者が単身赴任を選んだ理由の第1位は、「子どもの就学・受験のため」(50.3%)でした。また、男性の場合、乳幼児・小学校就学前の子どもがいた人の半数以上が家族を連れて行ったのに対し、小学校以上の子どもがいた人の過半数が単身赴任を選びました。, 子どもが受験をして入学した学校に通っている場合は、退学や休学をしてまで海外転勤に連れて行くのはもったいないと考えたり、そもそも帰国後に復学することが認められていなかったりするため、配偶者が子どもとともに国内に残るケースが多いようです。, ほとんどの会社では、就業規則で「転勤は正当な理由なく拒否することができない」と定められています。海外転勤の場合は、一旦「打診」として話があることが多いので、海外に転勤できない事情があれば、その段階で相談してみましょう。, 転勤先で住む家の家賃は、基本的には会社が負担してくれます。一時帰国のための旅費も支給されますが、支給額や支給回数に限度があるのが一般的です。家族を連れていく場合は家族帯同手当、単身赴任する場合は単身赴任手当や、日本に残った家族の生活を支えるための家族残留手当が支給されることがあります。中には、子どもの養育費や英会話スクールの費用を支給してくれる会社もあるようです。, JILPTの調査では、転勤後に役職が上がったと回答した人の割合は、国内転勤者に比べて海外転勤者のほうが14.9%高くなっています。また、海外転勤者の86.5%が、転勤後に職業能力が上がった・やや上がったと回答しています。, 海外転勤の可能性が高いのは、海外に工場を持つ製造業や、電気・ガス・水道などライフライン関連の業界、金融業です。製造業では、主に製造・生産現場の管理職として海外転勤を命じられることが多いのが特徴です。, 1985年静岡県生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。大手社会保険労務士事務所に約6年間勤務したのちに独立し、山本社会保険労務士事務所東京オフィスを設立。若手社労士ならではのレスポンスの早さと、相手の立場に立った分かりやすい説明が好評。主に労務顧問、人事労務相談、就業規則作成、行政対応、電子申請、給与計算代行などの業務を行う。, 製薬業界の転職事情・職種別の年収推移、転職が有利になる方法など…製薬業界での転職に役立つアドバイス集。, 海外転勤が決まったら、まずは会社側が行ってくれる手続きと、自分で行わなければならない準備や手続きを明確にしましょう。税金や社会保険の手続きは、基本的には会社が行ってくれます。, 家族を連れていくかどうかは、「配偶者の仕事の有無」と「転勤先の生活環境」から考えてみるといいでしょう。海外転勤で家族を連れて行った人と単身赴任した人の割合はほぼ同じでした。.