毎月のお支払いに、税金・自賠責保険・諸費用・カーナビなどのオプション費用等をすべて含める事が可能です。ご契約時の初期費用はございません。ご希望により、頭金やボーナス払いも承れます。

※本コラムに掲載の内容は、2019年8月24日時点に確認した内容に基づいたものです。法令規則や金利改定、メーカーモデルチェンジなどにより異なる場合がございます。予めご了承ください。. また、荷物の所有者に対する損害賠償のための保険である貨物保険にも加入したほうが良いでしょう。荷主によってはこの保険への加入が求められる場合もあります。, 軽貨物運送業は届け出たらすぐに開業が可能という、開業のハードルの低さが魅力です。 続々独立開業中!独立開業をした方々に人気のフランチャイズ本部ベスト10を公開中。

『軽のシゴトドットコム』は軽貨物だけの求貨・求車情報を専門に扱う完全無料のマッチングサイトで、掲載企業数が業界トップクラス。

軽貨物運送業は、独立開業できるビジネスとして注目されています。 いま注目の急成長ビジネスがひと目でわかります。, 車の運転が好きな人なら、ドライバーの仕事をしてみたいと考えたことがあるかもしれません。ドライバーの求人を探していると、「軽貨物ドライバー」や「業務委託ドライバー」などといった募集を見かけることがあるかと思います。求人にはよく「月収〇〇万円以上!」や「自由に働ける!」など、魅力的なことが書いてありますが、実態がよく分からずイマイチ踏み込めないという人も多いのではないでしょうか。, そこで今回は、軽貨物ドライバーとはどんな仕事なのか、軽貨物事業を開業するために必要な資金や手続きについてご紹介していきます。興味のある方はぜひご一読ください。, ますは、軽貨物ドライバーの仕組みから解説していきましょう。多くの場合、元締めとなる会社が企業などの依頼主から、「荷物を運んでほしい」と仕事の依頼を受けます。その仕事を、軽貨物ドライバーに「この荷物をここからここへ運んでくれ」と業務委託をするわけです。, 元締めの会社の配送センターから各地へ出発する場合もあれば、企業から企業へ運ぶパターンもあります。, 「業務委託」という形態では、その会社の社員となって働くのではなく、対等な取引相手として仕事を請け負います。つまり軽貨物ドライバーを始めるということは、個人事業主として開業するということになるのです。, 個人事業主ですので、どんな風に仕事をするかも自分で決めることができます。複数の運送会社と取引してもいいですし、自分で仕事を取ってきても構わないのです。最初は運送業者と契約して仕事をもらい、慣れたら独立するという人も多いようですね。, また、運送には軽自動車を使うので大型免許などの特殊な運転免許はいりません。普通免許と軽自動車さえあれば、すぐに始められます。個人事業主というとハードルが高そうに感じるかもしれませんが、軽貨物事業を開業すること自体はそれほど難しくないのです。, 軽貨物ドライバーとして開業するにはどれくらいの資金が必要なのでしょうか。その内訳を見ていきましょう。, 荷物を運ぶ車は、軽貨物事業において絶対に必要です。車種は軽トラックや軽バンを使うのが一般的といわれています。最初は中古からスタートする人も多く、中古で状態のいいものなら安くて50万円からといった金額から用意できるでしょう。, カーナビや荷物を運ぶときに使う台車、取引先との連絡に使う携帯電話などの購入費用です。いつも同じ道を通るような仕事の場合はカーナビはいらないかもしれませんし、扱う貨物によって必要な備品は変わってくるでしょう。しかし、今後仕事の幅を広げることを考えると、事前にそろえておくのが無難ですね。, 毎日車を運転しますので、任意保険には必ず入っておきましょう。自分だけならまだしも、他人を傷つけたら大変です。保険はできるだけ手厚いものに加入しておきましょう。また、配送中に貨物が破損した場合などに備えて、貨物保険にも加入しておくことをおすすめします。, 軽貨物運送業を行うには、陸運局に「貨物軽自動車運送届出書」を提出します。これを提出することで、いわゆる「黒ナンバー」を取得することができるのです。なお、取得にかかる費用は2000円程度です。, すでにちょうどいい軽自動車をお持ちなら、開業資金は細かな備品や保険加入料、黒ナンバー取得費用ぐらいです。うまくいけば、費用を10万円以内で収めることも可能でしょう。このように、元手がかからないというのは軽貨物事業を開業することの大きな魅力ですね。, 軽貨物事業にはいいところだけでなく、大変な面もあります。ここでは、軽貨物ドライバーの大変な部分についてもお話ししていきます。, 当然ながら、仕事に使える軽自動車を所有していなければ、新たに車を購入しなければなりません。車は決して安価なものではないので、少なからず負担になります。, 軽貨物ドライバーはあくまで個人事業主ですので、仕事に使う車のガソリン代、保険料、整備費などの経費はすべて自己負担になります。, 会社員であれば健康保険や社会保険、年金の支払いや手続きは会社が代わりにやってくれていると思います。しかし、軽貨物ドライバーは個人事業主ですので、これらもすべて自分で管理して支払っていかなくてはなりません。, 軽貨物ドライバーは自分の担当が決められていることがほとんどです。自分が休んだとしても、代わりに仕事をしてくれる人はそういません。もしもそのせいで荷物が運べなかった場合、損害賠償を請求されることもありえるのです。また、当然有給休暇などありませんので、休んだらその分収入は減ることになります。, このように、やはり個人事業主である責任という点が負担になるところがあるようです。この事業に限ったことではありませんが、軽貨物事業を開業する際はメリットとデメリットをよく理解して取り組むようにしましょう。, 軽貨物ドライバーには個人事業主であるが故のデメリットもあることが分かりました。そのような不安点を解消するひとつの方法が、フランチャイズに加盟するということです。フランチャイズに加盟して軽貨物事業を開業する場合、どんなメリットがあるのかを見ていきましょう。, 車を持っていない人のために、事業用の軽自動車を貸してくれるシステムを導入しているところもあります。軽貨物を開業するにあたって一番の費用となるのが車の購入費用ですので、これは大変うれしいシステムですね。, 交通安全、交通マナーや取引先への対応などについて、研修を行い、十分な知識と技術を習得してから現場に就くことができます。運転をする仕事が初めての人や、企業へひとりで向かうのが不安な人にはとても頼もしい制度です。, 開業届の提出、確定申告など、開業時やその後の運用に関する手続きなどもサポートしてくれます。, フランチャイズの加盟店として開業することで、その知名度のあるフランチャイズの看板を使うことができます。個人で開業するよりも、取引先からの信頼を得やすくなるでしょう。, このように、フランチャイズに加盟すれば開業資金や運用資金を大幅に抑えられる可能性があり、さらに本部からのサポートを受けられます。これから初めて軽貨物事業を開業しようと考えている人は、フランチャイズの加盟を考えてみてはいかがでしょうか?, 軽貨物ドライバーという仕事は比較的手軽に始めやすい半面、「うまくいかないのではないか」という不安なイメージを多いと思います。確かに軽貨物事業を開業するには、責任もリスクも伴います。, しかし、フランチャイズのサポートさえあれば初心者の方でも大丈夫です。フランチャイズはこれまで経営をしてきて培った経験をもとに、熱意あるオーナードライバーを支援してくれます。不安を取り除いて仕事に集中できるための対策を、日々考え続けているのです。, 軽貨物事業のスタートにはフランチャイズをうまく利用して、大好きな運転の仕事をする夢をぜひ叶えてくださいね。, ■業種:リペア・便利屋 , 便利屋 , リペア・修理屋 , ハウスクリーニング , その他, 様々なリペアを手掛けてきたトータルリペア本部が、お問い合わせを多く頂く、「脱サラ」検討者の方に向けた開業プランを整備しました!.

ホンダ『N-VAN』はリースパートナーにも多くのカーリース見積り依頼が届いてます。, ※同系カーリース車両;スズキ:エヴリィバン・ダイハツ:ハイゼットカーゴ・トヨタ:ピクシスバンなど, A1. 必要書類が揃っていれば1日で終了します。, 『貨物軽自動車運送事業経営届出書』は、軽貨物運送業を始めることを届け出る書類となるものです。, 「軽貨物車を所有している」「営業所、休憩所、車庫を確保している」など、開業に必要な条件が揃っていることも重要です。要件を記入して提出することになりますが、提出用と控え用の2部が必要です。, 『事業用自動車等連絡書(連絡票)』は、使用者となる運送事業者が輸送・監査部門での申請(届出等)が完了していることを証明する書類で、事業用自動車(緑ナンバー・黒ナンバー)、について登録部門で手続をする際に必要になります。, 連絡票とともに、新たに使用する自動車が新車の場合は諸元表、中古車の場合は車検証の写しが必要です。, 1km〇〇円や時間制の運賃の記載や附帯業務の料金など、依頼を請け負う上で必要な料金を設定します。, 事業用自動車等連絡書を軽自動車検査協会に提出すると『黒ナンバー』と呼ばれる営業用のナンバープレートが発行されます。 法人・個人事業主・個人問わずカーリース車両としても多くの導入にリースパートナーはお手伝いさせて頂いております。 ホンダ『n-van』はリースパートナーにも多くのカーリース見積り依頼が届いてます。 カーリース業界No.1のシェアを誇るオリックス自動車のサイト「カーリース・オンライン」。 実に2,000以上の車種を取り揃えたラインナップの豊富さと、シンプルかつ操作性の高い見積システムには定評があります。 契約期間は3年から7年まで選択することができ、距離数は500kmから2,500kmま … リースと購入・ローンの違いを動画・イラスト・比較表でわかりやすく説明しています。詳しくはこちら, A2. お客様情報とリース希望車両双方を踏まえ、各リース会社が審査、リース料試算を行います。そのため、本ホームページ内金額は目安としてお考えください。, ●残価支払い完了後お客様の所有にできます。 「軽自動車に乗りたいけれど、できるだけお得に乗りたい」という方には軽自動車の月額リースのご利用がおすすめです。軽自動車のリースの月額はいくらくらいなのか、メリットはどのようなものがあるかについて、詳しくまとめていきます。

このナンバープレートを取り付ければ、軽貨物運送業を始めることが出来ます。独立開業のスタートです。, ここで大事な点が一点。ナンバープレートが新しくなったのですから、自動車保険の代理店もしくは保険会社にその旨を伝えてから走行しなければなりません。 カーリースをご検討の法人・個人事業主におすすめ、オリックス自動車のワンプライス中古車リースbusiness。月々1万円以下から乗れる中古車が多数ラインナップ。ワンプライス中古車リースのメリットとデメリットを徹底解剖します。事業用ナンバー(黒ナンバー)のカーリースも可能です。 運転が好きな人にはなおさら向いています。, 収入は出来高制のため、最初は苦労するかも知れませんが、ノウハウを学び経験を積んでいけば、事業を拡大したり、法人化したりできる可能性もあるのも特徴です。

●無駄なリース契約をしたくない等のお客様にも最適です。 成功するには新しい情報を仕入れるのも経営者としての仕事です。, 『軽のシゴトドットコム』はそんな人たちが少しでも役に立つようにと開発されたシステムです。効率の良い仕事を探すなら、ぜひ登録して活用してみてください。. ●あいみつ取りたいが複数リース会社と話をする時間がない その魅力は少ない資金で誰でも簡単に独立できて、しかも今非常に忙しくて仕事も豊富にあるという事です。しかし、 運送業界の経験がなくても本当に大丈夫なのでしょうか。, また、起業するにはどんな手続きがあって、その後の報酬などは十分にあるのでしょうか。今回は軽貨物運送業での独立に関してのそんな疑問にお答えします。, 軽貨物運送業とは、軽バンや軽トラックなどの軽貨物車を使用して、運賃をもらって荷物を運送する事業であり、正式名称は「貨物軽自動車運送事業」と言い、個人事業主として、1人で始めることができる運送業です。, 軽貨物運送業を開業するには都道府県の運輸局に所定の書類を提出しなければなりません。, FC(フランチャイズ)など加盟する運送業者によっては代行してくれる場合もありますが、コツを押さえれば誰でも簡単に出来る制度になっているので、ここでは個人で行う場合を説明します。 「軽自動車に乗りたいけれど、できるだけお得に乗りたい」という方には軽自動車の月額リースのご利用がおすすめです。軽自動車のリースの月額はいくらくらいなのか、メリットはどのようなものがあるかについて、詳しくまとめていきます。 他所よりお安い理由としては、全国規模で最安ディーラー及び50社のカーリース会社から最適価格をご提案いたしますので、必然的に安くなります。, A5. 開業の手続きをサポートしたり、開業前研修を設けていたりする会社もあり、運送会社へ面接に行く際は、初期費用や手数料など、給料面での不明点があれば確認しておくと良いでしょう。, 最近注目されているのが、荷物を運んで欲しい『荷主』と、荷物を運びたい『ドライバー』をマッチングするサイトです。 仕事を得る方法は2つあり、新着仕事一覧の中から、やりたい仕事を探す方法と、ドライバー登録し、荷主からのオファーを待つ方法です。, 募集している内容から、自宅から近い地域や時間など、希望に合った仕事を選ぶことが出来るシステムとなっています。後は依頼主と細かな点を直接確認し契約することになります。, 営業ナンバーを取得して開業すれば誰でも始めれられる軽貨物運送業ですが、誰でも簡単にお金を稼げる仕事という意味ではありません。

(一部取り扱いが無い車種もございます。詳しくはこちらからご相談下さい。), A3. 企業間や店舗への配達、個人への宅配など様々ですが、経験を積むことにより、それぞれの特徴や荷主への対応なども学べ、成長をすることが出来ます。, 経営者であるので、開業のための準備や申請、諸手続きを始め、売り上げから経費を差し引いた額を所得として割り出し、納税する確定申告のために税務署に赴いたり、日々の配送業務に必要なものや車、営業所の維持にかかった費用の計算、ガソリン代、自動車ローン(リース台)、車両整備費用、保険料、高速道路の利用料金、駐車場代などの支払い、営業活動など全て自分で行う必要があります。, 車両の維持費、社会保険、年金など会社員に比べ、自己負担の金額が多いのもデメリットといえます。, 銀行の融資が受けにくかったり、節税対策を取りづらいなど、大きな会社の一員でないことで、社会的信用度が低いことで苦労することもあります。, FCに加盟して業務委託を受けることで一定の仕事をうける場合も多くあります。仕事の受注などすべてを本部でおこなってくれるので、非常に便利なのですが、契約するには少なくない 軽貨物運送業以外の運送業である『一般貨物自動車運送事業』や『特定貨物自動車運送事業』は許可制なるので、役所の許可が必要になるなど、届け出たらすぐに開業するわけにはいきません。, また、普通免許と軽貨物車、車庫の確保ができればOKなので、店舗を構える必要もなく、開業のための費用も少なめで済みます。, 会社勤めのサラリーマンと異なり、勤務時間、勤務地に縛られにくく働き方は自由であるので、上司や同僚がいないため、人間関係の煩わしさが少ないというのも、この仕事が人気となっている大きな理由の一つになっています。