進撃の巨人 13巻には51話から第54話まで掲載されています。前巻12巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。13巻の収録内容© 諫山創 進撃の巨人 13巻より51話 リヴァイ班調査兵団がライナーとベルトルトから奪還しエレンを何とか壁まで 30巻では、エレンVSライナー、ポルコから始まる。 進撃の巨人を無料で読む方法! 今回は、進撃の巨人129話ネタバレを紹介しました! が… やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね! u-nextの無料トライアルを利用したら、すぐに無料で読めま … 進撃の巨人のアニメseason3 Part.2 の範囲の内容は、凄まじい... 料理が苦痛なら、料理しなければいいじゃない! スマホを使いこなせていない方にオススメ 「スマホ×PC」とタイトルにあるので、P ... ダムマニアになってしまいそうな絵本 1988年10月1刷、2018年6月5刷。そ ... あなたの知らない節約術がきっと見つかる 自他共に認める「節約マニア」の私ですが、 ... 『好きなことしか本気になれない』を読んだ感想。そこまで構えなくても、「ちょっと好き」でもOK!. 進撃の巨人129話のネタバレ感想記事です。ファルコの顎の巨人やアニの女型の巨人、ライナーの鎧の巨人にピークの車力の巨人と、久々に巨人を交えた迫力あるバトルシーンが満載でした。そしてミカサたち104期の生き残りたちがこのマーレ勢力と共闘しているのが感慨深いですね。 死闘の中、ジークが叫びの力を使って巨人たちを出現させる。 エレンが地ならしを起こし、によってストヘス区は街が壊れ、多くの怪我人が出たところから物語は始まる。 本部に行くと硬質化から... キヨミがマーレ海岸都市オディハにアズマビトが所有する格納庫で飛行艇を整備できる為、船で飛行艇を牽引して向かったらいいのでは?と提案される, お互いの名前を聞いた二人は弾薬庫を爆発させて命を犠牲にして船を爆発させてイェーガー派を食い止める。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 作者曰く、進撃の巨人はもう残り5%くらいらしいので、あと1年も経たないうちに終わってしまいそうです。, この記事は盛大なネタバレ記事になるので、ネタバレしたくない方はページを離れてください。, アニとライナーが巨人化してイェーガー派を殲滅しているさなか、マガトとハンジはアズマビトと合流しました。, そのままキヨミと共にエンジニアを連れて、さっさと準備して飛行艇で飛び去る作戦でしたが、アズマビトのエンジニア曰く、整備工程に1日かかるとのこと。, 設備が整っている環境だったら半日でできるらしい。でもフロックを含めイェーガー派は今目の前にいて、武器も人もたくさんいます。, 仮にイェーガー派を残らず殲滅できたとして、半日後に出発しても、そのころにはマーレは地ならしによって平らな土地になっています。, 落胆するハンジとマガトに対して、「一旦船で南に出発し、オディハという海岸都市に行く。そこにはアズマビトが所有する格納庫があって飛行艇を整備できるので、そこから飛行艇で飛んで行こう」とキヨミが提案。, 作戦の変更を聞いたミカサ達はアズマビトたちを、ドンパチやっている戦場突っ切って港の船まで誘導しようと試みます。, ライナーは鎧の巨人なので、雷槍で撃たれてもある程度耐えられますが、アニは防御面では特別秀でているわけではないので、一発受けただけでも腕がもげたりします。, そんなこんなで、アズマビトたちが船に逃げ込むことは成功しましたが、アニとライナーはボコボコにされてしまいました。, 相手が104期訓練兵の同期ということもあって、当初はコニーらは戦闘に参加しない予定でした。, アニとライナーがボッコボコにやられ、あと一発でも雷槍を食らおうものなら本当に死ぬんじゃないかっていうタイミングで、コニーが叫びながら飛び出してきました。, あの時のジャンはヘタレだったのでアルミンによって助けられましたが、今はもう違います。, アニとライナーのボコボコ具合を見て危機感を感じていたのはミカサたちだけではありません。, まだ自分から巨人化したことがないファルコに対して、ピークはダメと諫めますが、主人公気質MAXのファルコは止まりません。, 先代の顎の巨人継承者であるポルコを想いながら、自分もやるべきことをやるために飛び出して行きました。, ちなみに、ファルコは巨人化が初めてでうまく制御できず、イェーガー派を殲滅した後はジャンとかピークを襲ってしまいましたが、なんとか大丈夫でした。, イェーガー派の殲滅中、フロックは隙をついて立体起動で船の方へ飛び出し、雷槍を向けました。, エルディアを救うだなんだと言って、船に向かって最後の雷槍を放とうとしますが、そこでスナイパー・ガビの放った弾が見事に命中します。, フロックはそのまま海に落ち、放った雷槍も大きく軌道が外れて船に当たりませんでした。, ガビに銃で撃たれたので、すぐに手当しないと危険な状態です。でもそのまま海に落ちたので、まともに止血もできず、溺れないように必死にもがいて体力も奪われ、最後は海に沈むでしょう。, かなり粘ったキャラですし、読者には嫌われていたかもしれませんが、一般人代表みたいなキャラで自分の軸を強く持っていたので、最期は少し寂しいですね。, そんなこんなで、なんとかイェーガー派を倒して船に乗り込むことに成功したハンジら一同。, 元々仲間だったけど裏切ったけどまた仲間みたいな関係になったアニとライナーが、コニーとジャンとミカサに支えられている姿は何とも言えない光景です。まさに懐古。, 船に乗り込む一同ですが、マガトは乗らず、「早く出発しろ」と言ってさっきまで戦闘していた場所まで戻っていきました。殿を務めるようです。, 実は、フロックたちと戦闘している時、列車を使ってイェーガー派の増援が来ていました。その増援を止めようとしていたところ、誰かが爆破してくれて事なきを得たのです。, キースはアルミンたちがアニを連れて南下しているのを見て、彼らの目的を悟ったようです。, 実はこの船はマーレ軍から奪った船で、ハンジたちが乗って行った船よりも速いため、このまま港に置いておいたらイェーガー派の残党がこの船を使ってすぐに追いついてしまうとのこと。, マガトが船に乗り込むのを見ていたイェーガー派の残党は追うように船に乗り込みました。, マガトとキースはお互いの身の上話的なことを少ししたあと、大量の火薬に着火して船を爆発させ、イェーガー派の残党と共に死にました…。, 初期のマガトはエルディア人を毛嫌いしていましたが、それも軍に忠実な犬を演じていたから。, 心の内では、自分が育成したライナーたちが好きだったんですね。親心もあったと思います。, せっかく継承したので、巨人の姿を見てみたいとは思っていましたが、まさかこんなに早く見れるとは。, 個人的にこの世界観と合っていてかなりツボにハマっているレベルでめちゃくちゃ好きです。, それぞれの巨人特有の特長があるにせよ、どの巨人も不気味さとかっこよさと化け物感があってデザイン性に長けていると思います。, また、ポルコの巨人の爪は硬質化で作ったようなデザインでしたが、ファルコの巨人の爪は鳥みたいな爪になってて面白いです。, キヨミ曰く、エレンのもとに間に合うかどうかは博打らしいですが、メタ的に考えれば間に合うでしょうね。, 進撃の巨人では有名な稀代の博打家エルヴィンの博打は全て勝っていますし、今回のキヨミの博打も勝つと思います。そうでないと物語のテンポが悪くなってしまうので。, 今後の予想としては、大陸に辿り着いてマーレ大陸がいかに壊滅的な被害を被っているかを目の当たりにするんですかね。, 特に、アニの父親はマーレ当局に抵抗していたので、マーレ側はエルディア人の言っていることを信じて地ならしの対策をとっているかもしれません。, アニの父親たちが生き残っていたら、それはとても良いことですが、肝心なのはエレンを止めることです。, 超大型巨人よりもずっと巨大な骨の巨人と化したエレンを止めることはできるのでしょうか。, 104期の同期の兵士もたくさんいた中、結局多くの血を流すことになってしまいましたが、世界を救うため、エレンを止めるため、犠牲はしょうがないと思います。, 次回の130話では、おそらく大陸の惨状を知り、アニの父親らが登場、生きていることを確認して、エレンを止めるために飛行艇で飛び立つところまで行くかと思います。, また来月も130話が解禁されたらネタバレ感想記事を書きますので、ぜひご覧ください。, アマゾンプライム会員になってまずは無料で暇つぶしを大いに満喫しましょう。プライム会員になると、アニメ見放題、映画見放題、ドラマ見放題…!アマゾンをよく利用する人なら速達も時間指定便も無料で利用できます。アマゾンユーザーなら会員にならないと損です!まずは無料でお試しプライム. 私は12巻... 『こころ』は誰目線の語りかに注目すると10倍楽しめる 進撃の巨人129話のネタバレを掲載しています。129話では、ハンジ一行とイェーガー派との戦いが描かれる。そして、マガトとキースが犠牲となり死亡する展開に!?進撃の巨人129話の内容を知りたい方はご覧ください。, コニーが撃ったダズが海に沈んでいく。サムエルも額に銃弾を食らって死んでしまっている。巨人に変身したアニとライナーがイェーガー派と交戦していた。, アズマビト家の技術者の話いわく、通常飛行艇を飛ばす整備に一日は要するとのこと。十分な設備があれば半日でなんとかなるが、ハンジの計算によると地鳴らしの進行速度的に半日もあれば海岸から600kmは被害に遭い、4日もあればすべての大陸を踏み潰すことができるという。, 例え最善の手でエレンを止めることができてもレベリオを救うことはできない。絶望に暮れるハンジたちだったが、キヨミがとある提案をする。ここより南のマーレ海岸都市オディハにアズマビトが所有する格納庫があり、そこでも飛行艇の整備は可能とのこと。すぐさま船で飛行艇を牽引し、オディハで飛行艇を整備するという作戦を提案する。オディハは一応地鳴らしより先回りできる距離にある場所だったが、さらに半日保つかは賭けになる。何にせよここで飛行艇を飛ばすことはできないので、この作戦にかけ、今外で戦ってるメンバーに作戦の変更を告げに行く。, 女型の巨人となって戦うアニにミカサが作戦の変更を伝える。が、アニは「そんなことでエレンに勝てるの?」「レベリオの父の元までたどり着けるの?」と作戦に懐疑的だった。, アズマビトが出てきたことで何かを察知したフロック。巨人を後回しにしてアズマビトを狙わせていく。船に走るアズマビトらをイェーガー派が雷槍で狙うが、女型や鎧の巨人が盾になっていく。, 飛行艇を持って船で逃げようとする作戦を見抜いたフロックは、ありったけの雷槍を持って来させ、何としてでも船を破壊しようとする。船を守るため女型と鎧がイェーガー派と交戦するが、出航準備まで保ちそうにはなかった。それを見てファルコが「オレも戦わなくちゃ」と、一人走っていく。, アニとライナーのピンチにミカサは「ライナーとアニを助けないと」と言うが、「駅から増援を乗せた列車を食い止めないと出航どころか全滅だ」とハンジが言う。しかし、突如線路が爆発し、列車が脱線していく。, アニとライナーにイェーガー派が襲いかかるが、それをコニーが阻止していく。ハンジ、ミカサ、ジャンもアニとライナーを守るためにイェーガー派を倒していく。, ハンジ一行とイェーガー派の戦いが激化していくが、突如巨人化の爆発が起こる。ファルコが顎の巨人に変身していたのであった。, ファルコが巨人になったことでイェーガー派の連携が崩れ、その隙を突いてハンジ一行が制圧していく。が、フロックが乱戦を抜け雷槍で船を狙っていく。しかし、船上のガビがライフルをフロックに命中させ阻止していく。, オニャンコポンから出航の準備ができたことが告げられる。が、顎の巨人となったファルコは自我を失い暴走していた。車力の巨人に噛みつくファルコ。ピークがなんとか顎の巨人を押さえ、マガトがうなじからファルコのことを助け出す。, 戦いを終え船に乗り込むハンジ一行。しかし、マガトは一人港に残っていた。そこにキースが駆けつける。イェーガー派の増援の列車を食い止めたのもキースだった。, マガトが港に残った理由は、マーレ軍から鹵獲した巡洋艦があったからだった。巡洋艦の速力ならハンジらの輸送船にすぐに追いつかれ、撃墜されてしまう恐れがあった。「ここに残してはおけない」とマガトが言うと、キースは「ならば手を貸そう」と答える。, マガトは弾薬庫に火をつけようとしていた。キースに「海に飛び込むなら今だぞ」と言うが、「いやいい、死に時を探していたところだ」と返す。キースはアニを連れて南に向かうかつての教え子の成長した姿を見て胸が震え、今回の行動に移った。マガトはマーレの戦士たちが、ただ普通に生きることができたらどんなに嬉しかったかということにようやく気づいたのであった。, お互い名乗り合うマガトとキース。そして、火薬庫に火がつき、船が爆発するのであった。. 前回のあらすじ 読書こそ我が人生! 年間500冊以上の本を読むワーキングマザーがお勧めする、AI社会を生き抜くために読むべき本をご紹介します。, 「ライナー死なない問題」なんて言われてますけど、今回もライナーは死にませんでしたね。雷槍でボロボロなんですけどね。諌山先生はライナーが大好きだそうですけど、うん、確かに愛情は伝わってきますね…むしろ気の毒になってくるくらい…, ところで今回のタイトルは『懐古』ですが、そんなに「懐古」していたかなあ?今回のタイトルの意味がちょっと分からないのですが、お分かりの方はコメントに書き込んでいただけると嬉しいです。, 飛空艇を飛ばすには、アズマビトの整備士をもってしても、半日が必要。その間にエレン達は上陸地点から600kmを地ならししてしまう。そもそも四面楚歌の状況で、イェーガー派から半日飛空艇を守ることは不可能。, こうした絶望的な状況で、キヨミが提案をします。船で飛行艇を牽引して、大陸にあるアズマビト所有の格納庫へ行き、そこで整備をしては、と。, キヨミやアズマビト達は船に走り、ライナーとアニは彼らを守りますが、雷槍のダメージにより追い詰められます。ファルコも巨人になり、総力を挙げてイェーガー派から船を守ろうとする中、フロックが1人抜け出し、船に雷槍を打ち込もうとしますが、ガビに撃ち落とされます。船が出航する中、マガト元帥は残り、増援の列車を脱線させたキースとともに、イェーガー派の手に渡らぬようマーレから鹵獲した巡洋艦を爆破させるのでした。, 知性巨人になってから初めての巨人化で自分を制御できないファルコを、マガト元帥は刃で切り出します。その手つきは今まで切り出してきた誰よりも丁寧で優しく、傷一つつけないものでした。アルミンでさえ、エレンの腕を切り落とす勢いで刺したものですが。, 「あの子達」の中にジークもちゃんと含まれていましたが、彼は今、どこで何をしているのでしょうね?, 飛空艇を整備して飛べるようにするまで最低でも半日かかる、つまりエレンの上陸地点から600kmの範囲が地ならしされてしまうと知った時、ジャンの脳裏に浮かんだのは、レベリオで共に飲み交わしたトルコ帽をかぶった少年達でした。, この少年は、エレンの走馬灯にも現れています。彼らと飲み交わす前、エレンは彼らのキャンプを前に涙を流していました。私はその涙を、この後キャンプが反エルディア人勢力に襲撃され、少年が命を落とすことになる未来が見えたからだと考察しました。その事件が、エレンを地ならしに駆り立てたとも。, しかしジャンは、共に飲み、共に笑う少年を思い起こしています。彼が死んでしまっているのなら、あのような形でジャンの回想には出てこないでしょう。となると、少年はまだ生きていることになります。, では、エレンの涙の理由は?もしかしたらエレンはあの時、自分自身が引き起こした地ならしにより、少年とその家族、同胞を全て殺してしまう未来を見ていたのでしょうか?, もしそうだとすれば、エレンは「予定されている未来を実現するために行動している」ことになりますが、自由を何よりも重視するエレンが、未来に従うなんて考えにくいですし、ちょっとここは分かりませんね。, …半日もあれば巨人が上陸した海岸からおよそ600kmは…被害に…全ての大陸を踏み潰すまでには4日…かかるだろう, 単純計算で大陸の端から端までの距離は600km×2×4日=4800kmとなります。長さがイメージできませんが、例えばオーストラリア大陸を横断するインディアンパシフィックが全長3961kmです。オーストラリア大陸より若干広い大陸が全世界…ちょっと世界が狭すぎないでしょうか?, 「半日」の定義を見直してみましょう。飛行艇の整備にかかる時間について、アズマビトの整備士は「整備工程に1日、十分な設備があれば半日で飛ばせられる」と語りました。この文脈では、1日=24時間、半日=12時間を表していないことは明らかです。一般的な労働時間を8時間として、1日=8時間、半日=4時間として計算し直してみますと、14,400kmになります。, 最初の計算よりずいぶん世界は広くなりましたが、赤道の長さが約4万kmですので、『進撃の巨人』の世界は、地球よりずっと狭い世界のようです。, ところで、 第126話『矜持』で壁の巨人の歩く速さを計算しましたが、そこで導かれた速度と、今回の情報から導かれる速度を比較してみましょう。私の計算では、壁の巨人の歩く速度は時速40kmでした。一方、今回の情報をもとに計算してみますと、「半日で600kmを踏破」で、半日=4時間とすると、600km/4h=150km/hとなります。, 速度については、ハンジさんの「馬の駆け足よりも早いくらいだった」発言もあります。JRAによれば、かけあし(駈歩)はクロスカントリーで550m/分、つまり33km/hです。, では、「半日」の定義が人によって違っていたら?私たちも「半日仕事だ」というときと、「豆を半日水に浸ける」という時の「半日」はイコールではないので、発言者によって半日の定義が異なる、と仮定すればつじつまは合う…のか?, アズマビトの整備士の「半日」=4時間ハンジさんの「半日」=12時間と定義すると、大陸の端から端までは「半日=4時間」を採用して14,400km、壁の巨人の歩く速度は「半日=12時間」を採用して50km/h。これならば世界の広さも許容範囲内ですし、地ならしの速度も「馬の駆け足よりも早いくらい」でつじつまが合います。, さらに、オディハまでの距離を計算してみましょう。『進撃の巨人「地ならし」の威力を計算してみた』で考察したように、ウォール・マリアの半径は約240kmです。, 高さ50mから見渡せる距離は、Ke!san によれば約27kmです。壁内人類は海を知らないので、ウォール・マリアから海までの距離は27km以上となります。となると、パラディ島の短辺は、最短約300km。地図上の矢印の先までは、短辺の約7倍でしたので、300km×7=2100km, 次に船の速度ですが、大西洋を最速で横断した船舶に与えられる賞である「ブルーリボン賞」を受賞した船の速度を見てみますと、最高速度は「キャットリンク5」の41.3ノット(約77km/h)です。飛空艇を牽引しているため速度はもう少し遅い55km/hとすると、オディハまでは2100km/55km/h=38h38時間かかります。, 地ならしの速度は50km/hですので、38時間で50km×38h=1900km進みます。この時点でオディハまで200kmの地点に迫っていることになります。200kmを踏破するのにかかる時間は、200km/50km/h=4hつまり4時間。おおっ、キヨミ様が「半日もつかは…賭けになります」とも合致しますね!, 結論壁の巨人の歩く速度は時速50kmオディハまでの距離は2100kmオディハ到着は38時間後大陸の端から端までの距離は14,400km, リクエスト受付中です!記事下のコメント、お問い合わせフォーム、ツイッターのDMなどで、お気軽にご連絡ください。.