人工透析を受けている人や慢性腎不全、急性腎不全、ネフローゼ症候群などの腎疾患が原因で、腎臓から分泌される造血因子であるエリスロポエチンが減少し、赤血球の産生が低下することにより起こります。 治療の大まかな流れは以下のとおりです。, 1~2週間:網赤血球が増える(血が盛んに造られていることをあらわす) もともと鉄剤は、便秘、下痢、吐き気、胃痛などの胃腸系副作用が起こりやすい薬ですが、特にフェロミアはその印象が強いです。いつまでその副作用が続くのか?対策はないのか?この2点を解説します。 ダイエットもしておらず、特にお腹を下したとあたうこともなく、食欲にも変わりないように思うのですが、これくらいの体重減少は許容範囲なのでしょうか? 、 光線過敏症 鉄剤内服時の副作用. 昔の鉄剤は服用すると胃の調子が悪くなるなどの副作用があったため、現在でも服用に抵抗感を持つ人が少なくありません。現在も同様に副作用が起こるのでしょうか?鉄剤の服用と副作用について知って … ●非徐放性鉄剤:クエン酸第一鉄ナトリウム、溶性ピロリン酸第二鉄  ただ副作用等や投薬の期間などの説明はないため不安が大きく、また私自身は閉経まで鉄剤でしのぎたいと思っているので、生理をとめないといけない程の症状なのか疑問に思っています。 、 上腹部不快感 鉄剤として飲む1日の鉄量は50mg~200mg程度で、食事からの鉄の推奨摂取量に対してかなり多いです。しかし、飲み合わせが悪いと鉄吸収率が低下して、鉄欠乏性貧血がよくならないケースがあります。 ・鉄剤を服用すると便が黒くなることがありますが、心配はいりません。 、 腹部膨満感, 悪心 、 下痢 ・免疫力(抵抗力)が低下していて、風邪などを引きやすい 、 胸やけ ・貧血が改善されたからといって、指示なしに勝手にのむのを止めたりしないで下さい。, 鉄欠乏性貧血を予防するには、食生活を改善することが大切です。 ※キーワードをスペースで区切るとAND検索に、半角の「|」で挟むとOR検索になります, 赤血球の生成に関わる鉄(鉄分)を体内に補充することで、主に鉄欠乏性貧血による頭痛やめまい、息切れなどの症状を改善する薬. -副作用と注意- 、 嘔吐 これは大腸がんやポリープの可能性は高いのでしょうか?約半年くらいしかたっていませんが、内視鏡検査をするべきなのでしょうか?, 昨晩、赤ワイン〜300〜400mlほど飲みましたところ、今朝、イカ墨を食べたあとの様なかなり黒い便が出ました。途中までは黄色っぽい普通の色のもので、あるところからいきなり暗くなってます。 Q: 便の色が変わるのはどうして? A: 鉄剤を服用すると、便が黒色、または緑黒色になります。これは吸収されなかった鉄剤によるもので、排泄される過程で鉄が酸化、または食物等との反応により便が黒色または緑黒色に、そして、匂いも変化してしまうのです。 ・ウンチ臭い口臭や体臭がする また、人間ドックで便潜血陽性だったため、大腸内視鏡カメラも行い異常はありませんでした。(痔でした。) 、 便秘 貧血は、その原因によって次のような種類があります。 急ぎの受診、状況によっては救急車が必要です。どうしても受診できない場合でも、翌朝には受診しましょう。, 胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染や消炎鎮痛剤などによって胃粘膜の強度が落ち、それぞれの部位が胃酸によって損傷した症状です。この病気で黒い便が出るのは、粘膜の傷が血管に及ぶと出血を起こし、血液が胃酸と反応し黒くなったものが便と共に排出されるためです。, 胃潰瘍や十二指腸潰瘍では、空腹時にみぞおち辺りが痛むことが多いといわれています。また、胸焼けやげっぷ、吐き気などもよくある症状です。, がんが血管を傷つけ出血すると、上記と同様の理由で黒い便の原因となることがあります。, 胃がんは初期には自覚症状があまりないことも多くありますが、胃の痛みや胸やけ、気分不快、体重減少などが現れることもあります。, いわゆる便秘の状態となると、腸内で便の腐敗や酸化が起こる、水分が抜けることなどによって便の色が濃褐色となることがあります。, 主な便秘の症状としてはお腹の張りや食欲不振のほか、腰痛や体の疲れ、肌荒れなどさまざまな症状が挙げられます。, 大腸がんは赤い血便がみられたり、便が細くなったり、便秘などがみられますが、小腸に近い盲腸や上行結腸にできると黒い便が出ることがあります。, まれに小腸の潰瘍や血管の病変、腫瘍などにより赤い血便だけではなく、黒い便が出ることがあります。, 貧血などの治療薬として、鉄分を配合したいわゆる鉄剤を造血剤として用いることがあります。鉄剤を服用すると、吸収されない鉄分の色によって便が黒くなるケースがあります。, 特別害のない黒い便ですので貧血の治療が優先されることも多いですが、鉄剤を内服していて黒い便が気になる場合、主治医に相談してみるとよいでしょう。, 基本的に、鉄剤の内服などの心当たりがないのに黒い便が続く、特にドロドロとした真っ黒な便が出たときには必ず受診しましょう。このような便は胃などからの出血が原因となっている可能性があります。, 受診の際には黒い便がいつ・どの程度の量出たか、繰り返しているのか、他に症状があるかどうかなどを伝えるようにしましょう。, たとえば、海藻類をたくさん食べたときには、消化しきれずにそのまま色素が反映されて黒い便が出ることがあります。また、イカスミやチョコレート、ココアなどをたくさん摂取したときも色素がそのまま腸に届くため、黒い便となることがあります。, 同時に肉類や脂質の摂りすぎは腸内の悪玉菌を増加させ、便の変色や酸化といった現象を起こし、便の色が濃褐色となることがあります。, 上記にあげたうち、肉類や脂質の摂りすぎの場合は腸内環境を乱している可能性があります。この状態を改善するためには、肉類や脂質を抑えてバランスのよい食事を心がけることが大切です。, たとえば、腸内環境や蠕動運動を活性化させる食物繊維は、水溶性、不溶性をどちらも摂るのがよいでしょう。水溶性食物繊維は海藻やオクラなどに多く含まれ、不溶性食物繊維は野菜やキノコ類などに豊富です。, 食事などを改善しても症状がよくならないときには、思いもよらぬ原因が潜んでいるかもしれません。一度内科や消化器内科で相談してみましょう。, 1ヶ月前から血便(黒い便)がでて、胃カメラ、CTスキャンをとりましたが、結果異常なしと言われました。