晴れ晴れとした青空が広がり。冬が成りを潜めようとしているこの頃、今日は今年一番の暖かさだった。普段はあまり寄り付かず手入れだけはしているという真選組局長 … It includes tags such as "銀魂", "吉田松陽" and more. 【銀魂】能ある鷹は【坂田銀時】 【呪術廻戦】夜の兎は呪術の世界へ転生し... 【銀魂】四葉の魂 【銀魂】空から女の子が降ってきました。5 【銀魂】四葉の魂 ー 2; 居候の黒猫さん。【高杉晋助】 とある10歳の少女は万事屋の一員であります。 !」, 桔梗はそっと銀時の頭に手を置き、撫でる。 その優しい声と手の温もりに松陽が重なった。, 松陽は俺達が生きることを望んだ…。俺達は松陽のおかげで今、生きている。 託されたこの命を、繋がなければいけない。何としてでも生きなければいけない。, 「…今のままじゃお前達を護れねェ。お前達は安全な里に降りてそこで生きろ。俺はここで強くなる。誰にも負けないくらいに…お前達を護れるくらいに…! 坂田 銀時(さかた ぎんとき)は、空知英秋作の漫画『銀魂』に登場する架空の人物であり、同作品の主人公。, 「万事屋銀ちゃん(よろずやぎんちゃん)」という何でも屋を営んでいる侍。普段は死んだ魚のような気の抜けた目をしているマイペースかつ向上心ゼロの怠け者だが、決めるところはビシッと決める。, その正体はかつて師である吉田松陽を救うべく攘夷戦争に参加し、「白夜叉」の異名で名を轟かせた伝説の攘夷志士であり、「攘夷四天王」の一人である。現在ではお登勢の代理として「新かぶき町四天王」の一人でもある。, 天然パーマの銀髪が特徴。いつも気が抜けた表情をしており気をつけないと勝手に目と眉が離れた間抜け面になってしまうらしい。服装はズンボラ星人の学校指定ジャージ[2]であり黒の上下の上に着物を片方だけ羽織り、ベルトと帯で止め、靴はブーツという一風変わった出で立ちである。瞳の色は漫画では黒、アニメでは赤になっている。, 基本的に着ている服は毎回変わらないが、同じ物を4着持っていて使い回しをしている[3]。パジャマ・防寒具はいくつか持っている。, 竜宮篇で老化した時は背の低い入れ歯の老人、かぶき町野良猫篇で猫になった時は天然パーマのように毛が立った白い毛の猫になった。天人の造り出したウイルスによって性別が反転したこともある。, 基本的に無気力かつだらしなく適当で、普段から余計かつ卑猥な言動・オヤジギャグを放つうえに金に汚く、極端に図々しい一面も持つ。何でも屋としての仕事も大抵は適当にこなして依頼料だけをもらうことしか考えていない。ただし記憶はなくともやってしまったことに対して責任を取る甲斐性はあり、そのためあやめなどの人物と腐れ縁に近い関係が続いている。サディストであり、沖田と組んで土方を弄ることもあり、その際には「ドSコンビ」と言われている。, 連載初期はボケを連発していたが、自分以上のボケ役(主に神楽・キャサリン・桂・沖田・近藤・坂本・あやめ・九兵衛・東城・小銭形など)が増えたため、ツッコミ役となることも多くなった。嫌なことはすぐ忘れるタイプで、そうでなくても何度か他人の名前を間違えたり忘れたりすることがあるが、自分が間違えられると本気で怒る。土方・全蔵など対戦経験のある人物であっても「多串くん」など適当な名前で覚えているフリをし、相手を怒らせる原因となる(本人曰く「男の顔を覚えるのは得意ではない」)。しかし万斉・似蔵のことを覚えているなど必ずしも忘れているわけではない。, 「約束」を守ることを何より重んじ、たとえそれが物言わぬ死者と一方的に結んだものであっても、あるいは半ば無理やりに約束させられたことであっても、身命を賭して守り抜こうとする。それ以外でも自分が大切に思うものを守ろうとするときは普段の怠惰ぶりを感じさせない。表面的にはさりげなく嫌われ役になるような偽悪的な言動が多いが、内心は情に厚く仲間思いであり、仲間を救うためならどこであろうと駆けつけ、多勢に無勢の状況でも臆せず立ち向かう。, このように大きな事件や揉め事にはきちんと解決に奔走することもあって周りからは慕われており、有事の際は彼のために多くの仲間が駆けつける。信頼からくる広く深い人脈は坂田金時や魂が土方と入れ替わった際には、そのまま万事屋を強力な組織へと生まれ変わらせたことからもわかる。「白夜叉」として活躍していたこともあってかある種のカリスマ性も持ち合わせ、特に悪党に対するそれは絶大で、冤罪で刑務所に入れられた際は刑務所の帝王になったり、銀行強盗の人質に取られた際は口で丸め込んで(土方以外の)全員を解放するように持っていった。, 通称は基本的には「銀さん」「銀ちゃん」などであるが、「旦那」「万事屋」「銀の字」などさまざまである。女装した場合はパー子と名乗り、ツインテールの巨乳になる。一人称は基本的に「俺」だが、たまに「僕」「てめー」「銀さん」と称する。, 名前の由来は金太郎こと坂田金時だが、「金時」と呼ぶと憤慨する。これはタイトルが恐ろしいことになり、「ジャンプが回収騒ぎになる」(アニメでは「番組表に載せられなくなる」)からだという[注釈 1]。, 甘いものを定期的に摂らないとイライラするほどの甘党で、血糖値が糖尿病寸前の域まで達しており、パフェは週一しかダメだとのこと。(その食生活の影響からか糖分の摂り過ぎでインポになったと、新八の口から語られている。)ファミレスに行くと必ずパフェを頼み、白米に小豆一缶丸ごと乗せたものを「宇治銀時丼」と称している。度々「カルシウムさえ摂れれば人生は大抵うまくいく」と豪語するが、実際はいちご牛乳・コーヒー牛乳などの甘い乳飲料しか飲めない。酒も好きだがあまり強くはなく、自動販売機の中や道路でよく吐いている。, 愛読書は『週刊少年ジャンプ』で、毎週発売日にほぼ欠かさず購入している。ジャンプ歴は20年。一番好きな漫画は「ギン肉マン」。「聖侍星矢」の技について全蔵と討論したこともあるなど、掲載漫画に関する知識は豊富。「ギンタマン」(作:天知くん(ゴリラ))はあまり好きではないようだが、それでも一応目を通している。買ったものはある程度溜まってから一気に新八が捨てている。絵はかなり下手だが、本人には自覚がない。, 怪奇現象の類や歯医者が大の苦手で、特に怪奇現象は幽霊の存在を頑なに認めようとしないが、霊感が非常に強く、複数の霊を憑依させて意識を支配されることなく操ることが出来る。, ゲームも昔遊んでいたようで、ファミコンから流行中のゲームまで知識は豊富である。好きなゲームはドラクエで、『5』が特にお気に入り。『3』より『5』の方が名作だと信じている。『ドラクエ5』の作内での花嫁はビアンカにしている模様。, パチンコなどの賭けごとも好きで昼間から打っていることもある。ほとんどの場合負け続けて文無しになるが、ごく稀に大勝ちする。, ナース・痴漢物のアダルトビデオを長谷川からよく借りているようだが、新八・神楽が未成年であることを配慮して、絶対に成人雑誌などを万事屋内に持ち込まないようにしている。, 万事屋という仕事柄、善人・悪人問わずさまざまな人間と関わる機会が多く、非常に広い交友関係を持っている。普段のだらしなさゆえに新八・神楽のみならず、かぶき町の人々にも憎まれ口を叩かれているが、人を引き寄せる不思議な魅力があり親しまれている。, 特に新八・神楽は「坂田さんファミリー[4]」「坂田家の食卓[5]」と発言するなど、現在では一つの家族のような関係である。新八には侍として憧憬を抱かれており、神楽のことは時に親子のようなやり取りを見せたり、保護者のような愛情をそそぐ場面があったりと非常に大切に思っている。真選組・土方とは「腐れ縁」のような間柄となっており、土方からはライバル的存在として認識され、沖田・山崎など他の隊士からは「旦那」と呼ばれ慕われている。しかしバラガキ篇にて自らが攘夷志士であったことを土方の前で明かし、山崎に攘夷浪士と接触していないか見張られるなど、真選組とは複雑な関係でもある。長谷川とは馬が合い、ともにパチンコ・キャバクラで遊びふけることが多い。また長谷川のバイト先に顔を出し、新八・神楽とともにアルバイトを手伝うことも多いが、大抵の場合は妨害にしかならず、その度に長谷川は仕事をクビにされている。, かつての盟友である桂・高杉・坂本とは終戦後交流が途絶えていたが、それぞれの形で再会を果たす。 ボクのかぶき町日記』では主役の座をゲームオリジナルキャラクターの空に取られているのを若干悔やんでいる節があるが、万事屋の一員として彼を認めており、空が襲われたときも彼を守っている。, 『銀玉くえすと 銀さんが転職したり世界を救ったり』ではパー子・教師・真選組・宇宙海賊などのほか、上記のクローン銀時にも転職可能。また読者からの応募をもとにした「パフェ銀時」という職も存在する。, 『銀魂乱舞』ではプレイアブルキャラクターの一人として登場。オリジナルストーリー「かぶき町頂上乱舞」では、テレビ番組の特集であらゆる願いを叶えるという「玉」の存在を知り、自分の願いを叶えるため万事屋を飛び出す。, 原作・アニメのパロディでの銀時は「坂田金時」という名前の謎のプー太郎であり、同じホストの最強のケツアゴを持つ志村新八を仲間に持ち、中国系マフィアの女ボスである美女・神楽をパトロンに迎えたホスト。髪の毛の色は金髪だが、天然パーマは変わらず。新八のモノローグでは金色夜叉と呼ばれていた。, セイント・ビースト ケダモノたちのHEAVEN'S PARTY - スウィートジャンクション - スパロボOGネットラジオ うますぎWAVE - 12人の優しい殺し屋 side R - 仮面ライダーキバ webラジオ「キバラジ」 - アニゲラ!ディドゥーーン!!! 先生を救えなかった…男の俺がついていながら…何も出来なかった…!!! ずっとあなたのこと好いていたのよ。今日頑張って話しかけたのに!!」. It includes tags such as "銀魂", "高杉晋助" and more. 「待って!! 「どどんやき?」 ふわりと柔らかな銀糸が揺れる。 大きな紅い瞳をきょとんとさせて、その両手に余るような達磨を抱えた愛息子が小首を傾げた。 - SAY YOU Channel KISS Of Voice! "吉田松陽子育て日誌 睦月の十一日" is episode no. 銀時も松陽に勝ちたいと特訓に励んではいるものの清麿(とついでに高杉)ほどひたむきではない。 ジャンプの発売日は全てを放置して買いに行き、おやつが配られれば誰よりも早く食べ終え他の連中から …