キャベツの皿うどん風. 「☆簡単☆鶏団子とたっぷり野菜の中華スープ」の作り方。生姜がきいた鶏団子。それをたっぷり野菜の中華スープと一緒にいただきます。寒い冬にぴったりの1品です( ᵕᴗᵕ ) 材料:〜鶏団子〜、鶏胸肉(ささみでも!)、絹豆腐.. スマイル井上さんによると、まだ完成途上らしいですが、公開されたレシピに従って早速試してみました!, 押し棒でつぶしたりと頑張ったのですが…水分の少ない具材をすりつぶすのにはフードプロセッサーじゃないとキツいですね, 薊さんもダイエットを続けていて代謝が落ちた時に、春雨を活用して停滞を抜け出すことがあると言っていました!, 【3合・5合・10合】減量食マグマのレシピ/レビュー/栄養まとめ【沼のトマトアレンジ】, 【3合・5合・10合】「ジャンピラフ」のレシピを公開&再現 【マッスルグリル|女性向の沼】. 楽天が運営する楽天レシピ。鶏団子スープのレシピ検索結果 132品、人気順。1番人気は冬ダイエットスープ♪鶏団子スープ☆!定番レシピからアレンジ料理までいろいろな味付けや調理法をランキング形式でご覧いただけます。 マッソー!スワンプ沼口です。マッスルグリルのレシピをもとに「鶏団子の中華スープ」を再現しました。鶏団子が絶品。手間をかけてでも作りたいレシピでした。 ふわっとした団子の食感に、さくっとした食感をプラスしました。 鶏団子と春雨のスープの予定でしたがちょっと失敗してます。でも減量にはかなり優れた美味しい料理です。最強の減量食シリーズとしてまた改めて作ります。https://t.co/OY84PXqMof pic.twitter.com/HIo9djz7Ha, 私はミキサー(Vitamix)でやったのですが、上手く混ざらず一部のネギが丸々残ってしまいました。, 型くずれしないように表面に火を通すのが目的なので、500Wで2~3分で十分でした。, また、鶏むね肉にありがちなパサつきも全く感じません。むしろ野菜が混じっていて、ジューシーさを感じるくらいです。, ただ、ラーメン二郎さながら(? (1) すり身の塊を手で握り、親指と人差し指の間から絞り出すようにしてスプーンですくい、丸める。 作り立てではなく、一晩ほど置いて出汁の味を染み込ませると 味わいが増し、「ふわっ」「さくっ」の食感がさらに際立ちますよ。, あっさりとした「ささみ」、脂のコクを感じる「もも」。2種のひき肉を使います。それぞれのひき肉を半量ずつとり、1.5番出汁と一緒に鍋に入れて、火にかける。調味料を加えながら熱を入れていくのですが、ポイントは温度がかかる前にひき肉をほぐすこと。火が入ってくると、肉同士が結着してダマになってしまうからです。, 火を入れたそぼろは、さくっとした食感になりますが、そこに、ふわっとした食感をプラスするために、半分量取っておいた生のひき肉を加えます。 まずは、火を通したそぼろをすり鉢に移し替え、すりこぎであたりながら温度を下げましょう。熱々のままだと、生のひき肉やつなぎの卵を入れたときに、接着剤の役目が弱まってしまい、理想の食感を得られません。常により効果的な素材の状態、つまりタイミングを考えて作業することも料理がよりおいしくなる大切なコツです。, 鶏団子の作り方は、 )野菜がもりもり入っているので食べ応えはバツグンです。, 「飽きたら途中で酢を入れて味を変えるといい」そんな薊さんのコメントに習って酢を加えてみました。, もう少し元のスープに中華風味が効いてきたら、また違った結果になったかもしれません。, 本レシピで使っている春雨は高GI値。血糖値が上がりやすいため、ダイエットスイッチが入るというメリットがあります。, レシピに米ではなく春雨を使っているので、沼のようにドロッとしている訳ではありません。, 高GI値である春雨は、ダイエットスイッチが入るというメリットがある一方で、お腹が空きやすいです。, 確かに多少沼より腹持ちは悪い気がしましたが、野菜を多く入れていて食物繊維が豊富だったこともあってか「お腹が空きやすい食べ物」という気はしませんでした。. 15分 623kcal 2.2g. おうちで手軽に作れる、簡単おいしい中華スープのレシピをご紹介します。お好みの具材を入れて楽しめる、人気の中華スープが盛りだくさん。あっという間に作れる時短レシピから、食べごたえも兼ね備えたボリューム満点スープまで、おすすめ中華スープの作り方をまとめました。 (2) 洋食の料理人がよくやるように、スプーン2本で丸める そこで、火を入れてそぼろにした鶏肉を混ぜて (3) 手だけで丸めていく 鶏のひき肉を生のまま団子に仕立てて炊くと肉同士の結着が強くなりすぎて、嫌な弾力が残ります。単にふわっとやわらかいだけでなく、さくっと歯が入る歯触り。ちょっとしたコツ、手間でふたつの食感を併せ持つワンランク上の鶏団子を作ってみましょう。 © 2020 タクトレブログ All rights reserved. 肉同士の結着が強くなりすぎて、嫌な弾力が残ります。 「鶏肉団子キャベツ鍋」の作り方。 ... v♪ 材料:鶏挽き肉、生姜、紹興酒.. ... 鍋に水と中華スープのもとをいれて火にかけ、スープを作る。 スープが煮たったら肉団子をスプーンですくっていれる。 6. の3つの手法があります。 大きさは、ひと口大でもいいですし、例えば、大きめに丸めて炊いた野菜なども添え、煮物椀のように仕立てたり、小さく丸めてお弁当のおかずにするなど臨機応変に楽しんでください。, すり身団子を出汁の中で決して沸騰させてはいけません。沸騰させると、団子の中の旨味も脂もすべて出てしまい、ダシガラのようにスカスカの食感になってしまうだけでなく、鶏から雑味も出て、煮汁の味も落ちてしまうからです。団子の中に火が均等に入るよう、時々鍋ごと軽くゆすってあげてください。, 団子は、浮いてくればほぼでき上がり。正直なもので、入れた順番に浮いてきます。浮いてきた団子を箸で押し戻すと、上まで戻ってくる速度で中の火の入り加減が想像できるでしょう。こうして、いつも鍋の中を観察していると、目に見えないものも見えてくる。これが料理の醍醐味であり、楽しさでもあります。, 熱々のできたてではなく、引き熱で煮汁が団子に染み込んでいくので、一晩置いたほうがおいしくなります。温め直すときも沸騰しないように気をつけて下さい。, 以上の6つのコツをしっかり押さえたら、今度は映像で、おいしい鶏団子の作り方を見てみましょう!, 夏にかけて旬を迎えるすずきは、皮が硬く厚い魚だけに、この皮目をカリッと焼き上げるのがおいしさのコツ。フライパンを使うのがおすすめです。, みずみずしく肉質が柔らかな新玉ねぎ。じっくり火を通し、水分を片栗粉に吸わせ、養分も逃さず全てを味わえば、玉ねぎの甘みに深く感心することができます。, 筍本来のおいしさを味わうコツ、それは、出汁に溶け出した風味も味わうことです。そこで、卵でとじて筍も汁も一緒に食べてもらうという一品を考えました。, 大根おろしに片栗粉と白玉粉を混ぜ、具は千切りの大根というとてもヘルシーでシンプルな大根餅。冬に甘みを増した大根の美味しさを堪能できる一品です。, 適度に脂を落としながら旨味は残し、かつふっくらと仕上がる“酒蒸し”で、脂の乗った寒ブリのおいしさとヘルシーさを両立させた一品です。, 高タンパク低カロリーな鶏むね肉。パサつかないよう蒸してから表面にこんがり焼き色をつけ、「鴨肉?」と思わせる仕上がりを考えた料理です。, 低カロリーのキノコを薄い衣でカラッと揚げ、ポン酢を使った酸味のあるタレをかけるサラダ感覚のヘルシーかき揚げ丼です。, 炭水化物やカロリーが高いのが気になる焼きそば。そこで、ソバを抜いてもやしとえのきで焼きそば風にしようと考えたヘルシー料理です。, レバーが苦手という人も、クセを気にせず食べられるよう、日本料理のカワハギの肝和えやあん肝の手法をヒントに考えた一品です。, 2種類のシャガイモを使って、食材の特徴を極め、ジャガイモの味がよくわかるポテトコロッケを作ってみましょう。, 旬の瑞々しいきゅうりと、なまり節を鰹節で共和えに。さっぱりとした旨味を楽しむ夏の前菜です。, 豆腐を出汁の出る穴子と一緒に炊き合わせ、旨みを含ませる。とても簡単ですが、豆腐が一段上のごちそうになります。, 柔らかくて瑞々しい春キャベツに、春雨、鰆と、春にちなんだ素材を合わせた、まさに「春を楽しむ」酢の物です。, 初鰹のシーズン。鰹といえば“たたき”ですが、炊きたてのご飯に熱々のお茶をかけて器の中で“たたき”に仕立てる徳島の郷土料理、「茶ずまし」をご紹介します。, 脂が多い三枚肉。でもその脂に旨味があります。そこで、「下ゆで」して下処理を施してからステーキに。表面はカリッ、中はトロトロ。三枚肉の脂の旨味を存分に味わえる料理です。, ごぼう、蓮根、大根………。食材の特性を生かして、水分の飛ばし方、香りづけ、味つけなど、調理の仕方を変えて楽しみましょう。, 蒸し過ぎて“す”が入り食感が悪くなるなど、失敗しがちな茶碗蒸し。器を変えることだけで、簡単な料理に変わります。, 霜にあたって甘味が増す白菜。鍋の脇役ではなく、主役として白菜のおいしさを堪能する極意を伝授しましょう。, 出汁を取った後の昆布を最後までおいしく食べるなら佃煮に。干ししいたけの戻し汁で昆布に旨みを戻し、酢を入れて柔らかく仕上げるのがポイント。, ほんのひと手間加えるだけで格段に美味が引き上げられる、日本の食卓らしいおかず「照り焼き」の極意をご紹介します。, 加工品の笹かまぼこにも下ごしらえをほどこし、卵を割るタイミングで鍋の温度を下げる。ほんの少しの手間で、家庭の味が21世紀バージョンに。, 日本の家庭料理の原点とも言える乾物。調理法としてはいたってシンプルですが、「炊く」という行為をより意識することでワンランク上の味わいに。, ぐつぐつと食材を煮込むのではなく 、“焼く”と“煮る”の間を意識して。火を入れすぎない、夏にもピッタリなすき焼きを。, この時期しか食べられない、アクや辛味のない新もの野菜を使ったお料理です。それぞれの野菜の特性を活かし、風味も歯ごたえもよい一皿に仕上げましょう。, 材料も手に入れやすく、作り方も意外なほど簡単な、口当たりなめらかで、見た目にも涼しげな「小倉寒天」の作り方をご紹介。, ごはんひと粒ひと粒に鶏皮の旨味、タマネギの甘味、ケチャップをいかにまとわせるかは“焼き”が最大のポイント。, スーパーで簡単に手に入るあさりとしじみを使ったお椀を、ワンランクアップさせる秘訣をお教えします。, 「豚肉のしょうが焼き」で、火力の弱い家庭の調理器具でも、全く違うおいしさを追及できることを証明します。, ほっくりと温かい気持ちになる家庭の定番、かぼちゃの煮つけを、さらにおいしくする「目からウロコ」のコツをご紹介します。, 素材の切り方や下味の付け方、時間差での火入れなど、調理をする“コツ”がいくつも入った料理「親子丼」をご紹介します。, 家庭料理の中でも、とりわけ人気が高いハンバーグ。それだけに作る人の数だけレシピが存在します。今回ご紹介するのは、正統派のドイツ風に独自のアレンジを加えたオリジナルハンバーグです。, 植物性たんぱく質が豊富で低カロリーな豆腐を使った料理の中でも人気が高い、「揚げ出し豆腐」。今回は粉の衣を使わずに豆腐だけで揚げる、ヘルシーな揚げ出しをご紹介します。, 市販のルウによるカレーは、本来“何もしない”のが一番おいしく、基本になる数種の野菜を加えてサラリと食べるのが最良の選択です。, ほどよい調理の基準値である、火入れや調味料の“加減”。今回はそれを、5段階の「ゆで卵」を作りながら身に付けましょう。, 味をつけるのではなく、引き出しておくことで、素材の滋味を際立たせる料理、「酢の物」をおいしく作るポイントをお教えします。, 野菜それぞれに合った「加熱」と「止め加熱」で、食感と香りが際立つ理想の煮びたしを作る大切なポイントをお教えします。, 身はふっくらとして柔らかく、見た目も綺麗で、奥深い味わいが楽しめる、理想の「煮つけ」を完成させる大切なポイントをお教えします。, 火加減だけで芯までやわらかく、煮くずれせずに仕上げるポイントは、余熱を積極的に使う「引き加熱」。大根をおいしく炊くポイントをお教えします。, 素材となる肉の厚み、塩加減、焼ける音を聞くなど、ポイントをしっかり押さえれば、外はカリカリ、中はフワッ、中心はピンク色の仕上がり……。そんな、理想のステーキを焼き上げることができます。, 単にふわっとやわらかいだけでなく、さくっと歯が入る歯触り。ちょっとしたコツ、手間でふたつの食感を併せ持つワンランク上の鶏団子を作ってみましょう。, 鰹節と昆布の出汁なくしては、日本料理は始まりません。出汁は日本料理の命であり、出汁のクオリティが低いと、おいしさは先に進むことはできないのです。コツを身につけ、料理の腕をレベルアップさせましょう。, 「切る」ことで、歯触りや味わいをコントロールする日本料理。その極めつけである「魚を切る」コツをマスターして、おいしいお造りに挑戦しましょう。, 「魚をおろす」ということは、皮、身、腱、関節を切ること。頭で何を切るのかイメージして、包丁を持つ手に伝達するのがコツです。, 鶏肉を均一に焼くには、重石を使いながら、聴覚も駆使します。「音」で焼ける状況を見極め、おいしくきれいに焼いてみましょう。, 見た目も美しい「酢ゼリー」を使って、ソフトな酸味と、メリハリのある味わいを楽しめる、おいしい酢の物を作りましょう。, だし巻き卵は「卵でだしを抱き込む」料理。黄身と白身の性質の違いを理解した上で調理しましょう。, ほうれん草などの青菜は、葉、軸と根を別々に考えて調理し、冷水で加熱を止めるのがポイントです。, 「炊く」とは、加熱方法であると同時に味付け方法。均質に柔らかく、均質に味を付ける方法を教えます。, 揚げたての天ぷらは何ともおいしいもの。でも家庭で上手に揚げるのは至難の業と思う方も多いはず。天ぷ…, 素材が持つ油を活かすこと、そして複数の素材を煮込む時は「どの素材が一番デリケートか」を見極めるこ…, お米と水だけでこんなにおいしくなる不思議。水を制して、手早くリズミカルに研ぎ、弱火と中火の火加減…, 理想は「きれいな黄金色」。焼き魚は「素材の均一化」、「焼きムラができないよう材料を細かく動かす」…, 火が完全に通った段階で骨を取り除き、深めの皿に煮汁と共に盛り付ける……食べやすさや見た目にも留意することで、おいしい味噌煮がワンランクアップ。, 外はカリッと、中は冷たいままでもOK。“油でたたくかつおのたたき”という考え方で作る軽やかなフライです。, 煮込んだ人参、長芋、白菜をミキサーにかけたスープとともに鶏団子をいただく、あったかメニュー。, 豆腐を加えた鶏団子に、にら、白菜、きくらげなどの野菜を合わせた、あっさり中華風スープ。, 豆腐や山芋を合わせた鶏ひき肉を、ヘルシーなハンバーグに。ゆずの香りを効かせた味噌だれで。, 鶏ひき肉を、豆腐と豆乳でドライカレーに。トマトの酸味に、しょうがと香菜の香りが好相性です。, 本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。, ふたつの食感が楽しめる、おいしい鶏団子を作る6つのこと - 「おいしい」のコツ - vol.13.