よくみるとJhonまでROOTにしろと言っているのはおかしい これで入れた。, 次は まずはMYSQLに接続して、ちゃんとMYSQLのUserを作成しよう。, mysqlをインストールしたけれど、AWS設定でポートを開けなナイトいけないらしい こんな設定だけでわけがわからないなら、誰も使おうとしない。 mysql> update mysql.user set password=password(‘root用の任意パスワード’) where user = ‘root’; /home/jhon/.rbenv/versions/2.4.3/lib/ruby/gems/2.4.0″ can be modified by user “jhon” (or applications running as that user).  「We’re sorry, but something went wrong.」 App 21298 stdout: でも、画面上の表示はだめ。 でsinatraアプリにアクセスできます。, ちなみに、リンクさえApacheが読めるところに貼ってやれば、実際のソースファイルの場所はどこでもOKです。, shimada-kさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog /home/jhon/.rbenv/versions/2.4.3/lib” can be modified by user “jhon” (or applications running as that user). F, [2018-01-24T14:09:31.476865 #21298] FATAL — : | ということで勧めてみる — create_table(:users) The path ” /home/jhon/.rbenv/versions” can be modified by user “jhon” (or applications running as that user). で見ると Unable to open logs ed48dd0c73fe69371ac2d854257ad4a538118b4475404fecc810b72fb4ed7153a857888b6dd8c8eaf0f623800ccc859ec3b4193d86ee30abe7511dfbe2d92d96, とりあえず、バーチャルで次の段階へ進むが、今度はインターナル500エラーになった。 エラーログを見ると Why not register and get more from Qiita? The log level has been raised to WARN and the output directed to STDERR until the problem is fixed. Passenger is running as root, and part(s) of the passenger root path (/home/jhon/.rbenv/versions/2.4.3/lib/ruby/gems/2.4.0/gems/passenger-5.1.12) can be changed by non-root user(s): 「/home/jhon/.rbenv/versions/2.4.3/lib/ruby/gems/2.4.0/gems/passenger-5.1.12」:non-root user(s), jhonがルート権限でいい場合と悪い場合があるらしい。じゃなくて、ROOT権限にしろということか。 ERROR 1045 (28000): Access denied for user ‘hiyoko’@’localhost’ (using password: YES) [jhon@ip-172-31-33-76 log]$ ls -al, ログを見るとこのエラーは解消したみたい。 [root@ip-172-31-33-76 jhon]# ls -al, 一応これも入れておく 先日、8時間ほどかけて、RailsのアプリケーションをApache上で動くように設定した。Passengerを使うことでスムーズにRailsアプリを実行できると思いきや、いくつかハマってしまった点があったので、それらも含めて、簡潔にまとめておく。, Rails : 5.1.6 App 14425 stderr: Rails Error: Unable to access log file. 今まで見なかったエラーになる。, make_sockでパーミッションのエラーだ。 Please ensure that /home/jhon/hiyoko/log/production.log exists and is writable (ie, make it writable for user and group: chmod 0664 /home/jhon/hiyoko/log/production.log). [jhon@ip-172-31-33-76 config]$, ソケットを書かなければ別のエラーになるので、接続自体はOKのはずなので、 だからだ。 The path ” apache 2.2.3 mysql 5.0.45 Ruby 1.8.5 RubyGems 1.3.3 Rails 2.3.4 Rake 0.8.7 passenger 2.2.5 Redmine 0.8.3 という環境でRedmineを運用しようと考えております。 諸々のインストールが完了し、database.yml、httpd.conf(passenger.conf等の外部ファイルではなく └── tmp, そこでpublicディレクトリのシンボリックリンクを/var/wwwに以下に張って対応します。, これだけじゃ動かないのでRackBaseURLを設定します。私は上述のmods-enabled/passenger.confに設定しました。, さらにsinatraアプリの直下にconfig.ruを配置します。このファイルはpassengerが自動で読んでくれます。, http://www.hoge.jp/sinatra エラーがなかったので。 Passenger is running as root, and part(s) of the passenger root path passengerをインストールします。 #passenger-install-apache2-module. Access denied for user ‘ahiru’@’localhost’ (using password: YES)Please provide the root password for your MySQL installation [ W 2018-01-24 08:26:20.8109 13901/T1 age/Cor/CoreMain.cpp:897 ]: WARNING: potential privilege escalation vulnerability. App 14425 stderr: ├── public /home/jhon/.rbenv/versions/2.4.3/lib/ruby” can be modified by user “jhon” (or applications running as that user). CentOS 7 サービス自動起動設定. が、画面に出た。, Incomplete response received from applicationブラウザのエラーを改善する, ・.rbenvまでをROOTにしてみたchown root:root .rbenv, 画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。画面に出た。, Rails(Productionモード)、Apache、Passenger、MYSQLで環境を構築すること, 購入した書籍、図解でわかる暗記のすごいコツ|たった1日で基本が身に付く! Query OK, 0 rows affected (0.00 sec), I, [2018-01-24T16:12:59.777289 #25618]  INFO — : Started GET “/users/show” for 110.3.248.146 at 2018-01-24 16:12:59 +0900 no listening sockets available, shutting down [root@ip-172-31-33-76 config]#. F, [2018-01-24T16:12:59.780950 #25618] FATAL — : App 14425 stderr: Started GET “/users/show” for 110.3.248.146 at 2018-01-24 13:27:32 +0900 とすると ちゃんと接続できた。 先日、8時間ほどかけて、RailsのアプリケーションをApache上で動くように設定した。Passengerを使うことでスムーズにRailsアプリを実行できると思いきや、いくつかハマってしまった点があったので、それらも含めて、簡潔にまとめておく。 config/database.ymlに以下のSOCKETを入れてみて(PRODUCTIONに), 変更した後に [ N 2018-01-24 13:42:45.4718 21251/T7 age/Cor/SecurityUpdateChecker.h:374 ]: Security update check: no update found (next check in 24 hours) Change the owner of the path to root, or avoid running Passenger as root. * TO maseda IDENTIFIED BY ‘Mimata1**’ WITH GRANT OPTION, アクセス拒否のエラーになる プログラミングに関係のない質問 やってほしいことだけを記載した丸投げの質問 問題・課題が含まれていない質問 意図的に内容が抹消された質問 過去に投稿した質問と同じ内容の質問 広告と受け取られるような投稿. Apache+Passengerはrailsを起動させる一番簡単な方法(ホスト側) というふうに考えてください。 ホストOSがWindows10、ゲストOSがCentOS7 という時点で結構びっくりしているのですが、逆ではない … Mysql2::Error (Access denied for user ‘hiyoko’@’localhost’ (using password: NO)): [jhon@ip-172-31-33-76 hiyoko]$ mysql -u root mysql> show tables; ということで、database.ymlに別のUserを設定してみる。, ************************** App 21282 stdout: grant select on *. Change the owner of the path to root, or avoid running Passenger as root. App 14425 stderr: grant select on *. http://www.hoge.jp/sinatra/, 環境:Linux debian 3.2.0-3-amd64 [debian wheezy], sinatraをapacheで動かすためにpassengerをインストールします。, PassengerRootとPassengerRubyの箇所をmods-enabled/passenger.conに設定します。, sinatraアプリに必要なファイルを作成します。アプリのファイルはapp.rbにします。今回アプリのファイルは, sinatraアプリはプロジェク直下のpublicディレクトリをDocumentRootに設定しないといけないのですが、その設定をしてしまうと他のアプリに影響がでることが多々あるかと思います。, sinatra だけだった。. hiyokoがいる == 20180124050132 CreateUsers: migrated (0.0049s) =============================. Empty set (0.00 sec) SET PASSWORD FOR ‘ahiru’@’localhost’ = PASSWORD(‘Mima***’); /home/jhon/.rbenv/versions/2.4.3/lib/ruby/gems/2.4.0/gems” can be modified by user “jhon” (or applications running as that user). What is going on with this article? と思ったら、自分でバーチャル設定をしたところに * to hiyoko@’localhost’ identified by ‘Mimata1****’; エラーログを見ると App 14425 stderr: Mysql2::Error (Access denied for user ‘hiyoko’@’localhost’ (using password: NO)): ahiruユーザでアクセス拒否だ を実行するとちょっと違う感じがでてきたが、これで良かったみたい, [jhon@ip-172-31-33-76 hiyoko]$ rake db:create RAILS_ENV=production /home/jhon/.rbenv/versions/2.4.3/lib/ruby/gems/2.4.0/gems/passenger-5.1.12″ can be modified by user “jhon” (or applications running as that user). Change the owner of the path to root, or avoid running Passenger as root. あった [jhon@ip-172-31-33-76 hiyoko]$ mysql -u hiyoko -p Enter password:  出たー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! ちゃんとMYSQLでログインできるのに、なぜかアクセスできない。, ************************** [jhon@ip-172-31-33-76 hiyoko]$, *************************************** としてやってみる>>>これもダメだった, mysql> SET password for ahiru@localhost = password(‘Mimata1**’);(あえてシングルクォーテーションは入れていない) [jhon@ip-172-31-33-76 hiyoko]$ rake db:migrate RAILS_ENV=production App 14425 stderr: Started GET “/users/show” for 110.3.248.146 at 2018-01-24 09:43:01 +0900 The path ” 500エラー [ N 2018-01-24 09:41:36.7566 14397/T7 age/Cor/SecurityUpdateChecker.h:374 ]: Security update check: no update found (next check in 24 hours) Database changed gemでインストールするため、用意されたポリシーではラベル付けが適切に行えない; Phusion Passenger公式から提供されているパッケージに含まれているSELinux Passenger moduleの品質が極めて低い ... object_r:var_lib_t:s0 apache apache 32 Dec 5 00:38 script drwxr-xr-x. PassengerDefaultUser   apache, 次は sinatraをapacheで動かすためにpassengerをインストールします。 #gem install passenger. ├── log.txt [sudo] password for jhon:  今度はここだ。なにか設定がおかしい。時刻14時13分 ・httpd.confに By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. /home/jhon/.rbenv/versions/2.4.3/lib/ruby/gems” can be modified by user “jhon” (or applications running as that user). Mysql2::Error: Access denied for user ‘hiyoko’@’localhost’ to database ‘hiyoko_production’: CREATE DATABASE `hiyoko_production` DEFAULT CHARACTER SET `utf8` COLLATE `utf8_unicode_ci`, ということは、DBの設定がおかしいのか? Stopping httpd:                                            [  OK  ] App 14441 stdout: こっちも実行しないといけないらしい [jhon@ip-172-31-33-76 hiyoko]$ sudo chkconfig –add mysqld Change the owner of the path to root, or avoid running Passenger as root. 自宅サーバでsinatraアプリを動かすことにしたので、既存のslimアプリとバッティングしない設定を試した時のメモです。, /var/www/slimにslimアプリがあるとします。slimアプリもsinatraアプリも, http://www.hoge.jp/slim/ ということは、いままで環境変数のパスワードが消えた?だからログインできなかったんだ。直打ちが効いた。, と思ったが、パスワードの直打ちでOKだった。 [jhon@ip-172-31-33-76 hiyoko]$ rails g model user name:string username:string location:string about:text The path ” 110.3.248.146 – – [24/Jan/2018:13:43:15 +0900] “GET /users/show HTTP/1.1” 500 1477 “-” “Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/63.0.3239.132 Safari/537.36”, 他のエラーログを探して見るか。 単に、サンプルチュートリアルを実行するだけなのに、こんなに時間がかかると手軽とは言えない。, ブラウザ表示するとIncomplete response received from applicationエラーが表示された, 会社の環境でも発生したブラウザのエラーは同じ「Incomplete response received from application」というエラーだった。そこでsecerts.ymlにシークレットキーを入れる, qnaiglfmugm82487yfam7y4qixm8734pt7bfdac6622(サンプルなので実際のものとは違う), を実行してみる 500 1447は変わらない。  Require all granted <<<これをコメントにする*************. エラーログは Developmentモードならローカル環境ですぐだろうけど、実際に公開するためのProductionモードは経験者が教えてくれないとさっぱり動かないと思った。経験者がいなかったのでひたすらネット情報を頼った。しかも色々のパターンがあって時間がかかる。RAILSが廃れる理由がわかった気がする。 では接続可能, もしかして、RAILSのバージョンが上がってDBの作成まで進めないとだめなのかな?, ************************** [ W 2018-01-24 08:26:20.8109 13901/T1 age/Cor/CoreMain.cpp:897 ]: WARNING: potential privilege escalation vulnerability. 今度は別のアクセス拒否になった, App 14425 stderr: Started GET “/users/show” for 110.3.248.146 at 2018-01-24 12:46:37 +0900 App 14425 stderr:   mysql2 (0.4.10) lib/mysql2/client.rb:89:in `connect’, MYSQLを見るとちゃんとアヒルもひよこもいる。これをみると別にRAILSで使うときは事前にUserを作る必要はないみたい, 困ったときの再起動 なんのことはない。MYSQLが起動していない。       create      test/fixtures/users.yml, これでUserテーブルが作成されたみたい hiyoko folderのproduction.logだ にパスワードが設定されていないから, defaultとproductionにパスワードを設定する。できれば違うパスワードが望ましいが、、、 Starting httpd: (13)Permission denied: make_sock: could not bind to address [::]:80 service httpd restartをすると 別のエラーがブラウザで出たが多分これは、一歩前進したほうだ。 [jhon@ip-172-31-33-76 config]$ sudo su AuthType not set! なので、まずは.rbenvまでをROOTにしてみた, [root@ip-172-31-33-76 jhon]# chown root:root .rbenv ちなみにmysql -u hiyoko -p よほど根気が無いと無理だ。ここまで約2週間かかった。誰もそばに設定した人がいない。 Change the owner of the path to root, or avoid running Passenger as root. エラーと同じだ。>>結果はSUDOでHTTPDを再起動しなかっただけで、パスワードの直打ちが必要。       create    app/models/user.rb Stopping httpd:                                            [FAILED] Query OK, 4 rows affected (0.01 sec) apacheUserにしてみるといいのか?と思ったらROOTユーザにしろって意味かな?結果はROOTにした.  configuration error:  couldn’t perform authentication. PassengerUserSwitching off [jhon@ip-172-31-33-76 hiyoko]$ mysql -u root やっと App 14425 stderr: ★動いた AWS,rails,apache,passengerでアプリを動かす、自宅でやってみた続き2018年1月24日 のエラーになった。, でも今のAWSにその設定がない 下の@localhostにも与える必要があることを忘れない) Mysql2::Error (Access denied for user ‘ahiru’@’localhost’ (using password: NO)):  mysql2 (0.4.10) lib/mysql2/client.rb:89:in `connect’, もしかして、チュートリアルを進めればいいのかな。 [root@ip-172-31-33-76 config]# service httpd restart Help us understand the problem. The path ” ↓ ├── app.rb [jhon@ip-172-31-33-76 hiyoko]$, その後再度 この部分は削除して元に戻す。, それがだめなら、       create    db/migrate/20180124050132_create_users.rb 実行する, rake db:create RAILS_ENV=production 実行すると同じアクセス拒否になった。 ブログを報告する, これは「カーネル/VM Advent Calendar2012」17日目の記事です。…, 新しいマシン(Sandy Bridge)を買ったのでTurboBoostを試して….