丈太郎「チッ…股間がうずきやがる…。ヤるか…」ボロン スタープラチナ「オラァ! No.26235の一覧 [0] ... (2011/04/24 21:23) [5] 麻帆良学園都市の日々・中間考査「目標」 [スパイク] (2011/06/25 22:29) [6] 麻帆良学園都市の日々・中間考査「助言」 [スパイク] (2011/08/21 18:56) [7] 麻帆良学園都市の日々・中間考査「世界」 [スパイク] (2012/04/01 14:35) [8] 麻帆良学園都市の … 全ては誰かの笑顔のために(作者:桐生 乱桐(アジフライ))(原作:とある魔術の禁書目録). 1: 以下、名無しにかわりましてss速報vipがお送りします 2016/12/28(水) 14:57:34.28 id:ivnfqgvr0 とある研究所 研究員 「それじゃあ空条承太郎君、次はこのテスト なんだが… セルフ大泉学園ss 〒178-0061 練馬区大泉学園町6-30-29 tel 03-3925-0291 map: 24時間営業 : セルフ; セルフ洗車; 車検; カーコン; 車販売買取; 認証工場; レンタカー; カーコーティング; カーリース; 保険; セルフ春日町ss 〒179-0074 練馬区春日町2-4-22 tel 03-5848-5957 map: 24時間営業: セルフ; セルフ洗車; 車 … ssのまとめブログのアンテナ . dio一味がエジプトじゃなくて学園都市を居住地にしたオリ要素満載の3部再構成とか色々名作あるからなぁ 88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/29(木) … スピードワゴン「学園都市だァ?」 ... 2020年09月24日 . ss ディオ「学園都市・・・?」の過去ログ書庫 ... 24:08.48 id:09qceqv/o (-5,+29,-12) ディオさま禁書勢に踏み台にされてレイプされてしまうん? 6 : ... dioは成長すると共に、こう自分に誓いを立てた。 『母を捨てたあの男を必ず見つけ出して復習してやると!』 推進システム研究所(閉鎖) 超電磁砲 24話; 鉄身航空技術研究所付属実験空港 禁書目録Ⅱ期 12話; 樹形図の設計者情報送受信センター 超電磁砲s 13話; 婚后航空飛行場 超電磁砲s 24話 神戸の田舎道を歩きながらさくっと撮影しました。 撮影機材:z 50 +『 nikkor z dx 16-50mm f/3.5-6.3 vr』 『nikkor z dx 50-250mm f/4.5-6.3 vr』 昼間は主に鉄塔と青空を撮影しました。 西神南駅付近は駅前は商店がありますが少し離れると住宅街が広がりコンビ… 学園都市に住まう男が誰かの笑顔のために奮闘せんと戦う物語 前の奴の焼き直しの二番煎じ 更新はきっとスローペース 11/23 #0をすごいちょっとだけ修正 5/20 #23のサブタイトルを変更 学園都市で唯一の国際空港が建設されている。 主な施設. Dio. パワフルアスピレーション ・内径1.51mmのOTW型 血栓吸引カテーテルです。 ・アウターカテーテルを目的部位まで安全に進めるためのテーパされたRX型のインナーカテーテルが付属されています。 isは最強の兵器。その認識は学園都市の兵器の前に揺らぎ崩れていく。 第三次世界大戦。それを初めとし、世界の人々は学園都市の力を知ることとなる。女尊男卑の社会で虐げられてきた者たちにとって、学園都市 … 1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/09(金) 02:26:18.57 ID:ygwFI3Yf0 千冬と真耶の前にいきなり現れた車椅子の女。木原病理と名乗るその女を前に、千冬は警戒している。, 「あらあら。困りました。私もお仕事ですから円周ちゃんを連れて行かれてしまうと困ってしまうんです」, 『木原』という存在が学園都市でどのような地位を持っているのかは不明だが、円周は貴重な情報源だ。渡せと言われてはいそうですかと渡せるわけがない。, 刀を握る千冬の手に僅かに力がこもる。一見自然体だが、いつ病理が仕掛けてきても動けるように警戒し続けている。, 「まさかまさか。そんな強盗みたいな恐ろしいことをするわけないじゃないですか。私はご覧の通りまともに立ち上がれませんし、かよわい私には荒事は不向きなんです」, 病理は笑顔で敵意はないと告げるが、千冬は一瞬背筋を虫が這うかのような気味の悪い悪寒を感じた。, 「木原病理さんは『諦め』のプロなんです。自分も色々諦めてきたし、他人も色々諦めさせてきた。そんなわけで諦めて円周ちゃんを渡してもらいまーす」, 「そうですかね。人生で一度も仮病を使ったことのない人間なんて、むしろ珍しいと思います。つまり人類全体として『諦めたがる』というのはメジャーな欲望なのでは?」, 「それはお前の偏見だな。少なくとも私は生まれてから一度も仮病など使ったことはない。確かに諦めることができれば人生は案外楽なものかもしれないが、そう簡単に諦められる立場にいないのでね」, 確かに円周は貴重な情報源だ。本来なら何としてでも確保しておきたい。だがもし拒否すれば病理がどんな手段に出るか分からない。この女の『穏便』になんて言葉はろくでもない物なきがしてならない。この得体の知れない相手と争う事は避けたかった。, 千冬には車椅子に座った相手に戦うことに迷いはない。だが同時に、車椅子の相手に負けるはずがないと慢心もしていなかった。, 相手は未知の技術を持つ学園都市。車椅子に重火器の類でも仕込まれていても今更驚きはしない。, そして今の最優先事項は学園都市に向かい一夏達を迅速に回収することだ。これ以上この場に足止めをくらうことは避けたかった。, 「単刀直入に聞かせてもらおう。お前たちの目的はなんだ?学園都市は一体なにを考えてIS学園に手を出した!?」, 「えーと。そんなことを言われても私のような末端には上の考えていることなんてわかりませんよ?」, 「……そうか。ならば質問を変えよう。お前は何のために学園都市に手を貸している?お前は元々学園都市の人間のようだが、お前たちの行動がIS学園と学園都市の争い。いや、世界規模の戦争にすら発展しかねない。それを理解していないわけではないだろう」, たとえ病理よりも立場が上の人間からの命令だとしても、それだけが理由ではないはずだ。大規模な戦争にまで発展しかねない危険を犯してまで、何故こんなことをするのか。, 病理の答えを聞くことで、学園都市の目的の手掛かり、その一端にでも繋がるかもしれない。そう考えての質問だったのだが…。, 千冬には病理の言葉の意味が分からなかった。真耶もわけがわからないという表情を浮かべている。, 突然そんな関係ない話をされ困惑するが、千冬の脳裏に一瞬篠ノ之束の姿が浮かんだ。学園都市を除けば科学の発展と聞いて真っ先に思い浮かぶのがISを開発した幼馴染の姿だったからだ。, ISの存在によって世界は大きく変わった。学園都市にとってもIS開発者である篠ノ之束は無視できない存在だろう。束を狙うためにIS学園に干渉し、一夏や箒を囮にでも使うつもりだったのか。, 千冬の言葉が予想外だったのか病理はポカンとした表情を浮かべた。まるで全くの見当違いの答えを返され困惑したかのようだ。, 獲物を狩るために武器を作りだし、文明が発展すれば人間同士の争いもあり、国が出来れば国家間の戦争も起こる。国益のため、平穏、家族、民の為、信ずる神の教義等理由は様々。, そして危機に脅かされた人々。多くの命を散らし、蹂躙され、それでも生き残るために足掻き、知恵を絞り、技術を向上させていく。恐るべき脅威との対峙が人を成長させ、科学を発展させる糧となる。, 「ロシアと学園都市。その二つが戦い、勝った方が相手の技術を吸収する。でもそれだけでは『木原』としては足りないかなーと思いまして」, 今の世界は危機感が足りない。ISの力を絶対視するあまり、学園都市の脅威に未だ楽観的な所がある。, IS学園の状況を見ればそれがよく分かるだろう。不安げに見て見ぬふりをするか、逆に好戦的になり軽はずみな行動に出たりする者もいる。, 病理としては、IS側が危機感を持ってもらい、学園都市に対抗するため技術を発展させて欲しいのだ。, 「やはり競い合う相手がいてこそ技術は発達するものですから。ISと学園都市が競い合い、互いの技術を発展させていくことで科学全体の成長を促したいのです」, 「……そんなことの為に戦争を起こすと?そんなことになれば世界規模の戦争に発展してしまう!科学の発展どころか世界中が疲弊するぞ!」, 国力の低下、生産性の低下、労働力の低下等、確かに技術は発展するかもしれないが、戦争によるデメリットはあまりに多すぎる, 千冬は本能的に悟っていた。こいつと戦えば勝っても負けてもただではすまない。色んな意味で甚大な被害がでるだろう。, 病理は車椅子で円周の元に近づいていき、よいしょ、と声を上げて円周を掴みあげると、そのまま立ち去ろうとする。, 「確かに私たちはISの力を過信しているのだろう。だが、それはお前たちも同じではないのか?」, 先程の病理の発言は戦争をしようとも最終的に自分たちが絶対勝てると確信していなければ出てこない言葉だろう。, 「学園都市の技術や構成員の能力は脅威だが、それでも一つの都市でしかない。物資や資源には限りがあるはずだ。長引く戦争に耐えきれるとは思えんが?」, ISは進化する。戦闘経験を蓄積することで、IS自らが自身の形状や性能を大きく変化させ、より強化された状態になる。, 「人間は諦めないことで成長するものだ。お前のいう科学の進歩だって諦めたらそれで終わりだろう?」, 「後悔することになるかもしれないぞ?ISがお前の思想を越えた脅威となって学園都市を襲う事になるかもしれんぞ」, ISは今や全世界に広がっている。病理の言ったように危機感に煽られた人々が力を結集させISを強化していけば、ISはこれからも進化し続ける。いずれ学園都市に匹敵、そして上回る力へと発展するかもしれない。, 「なるほど、期待させていただきますよ。ISが私の思想さえ超え、新たな科学の礎になることを」, 「陳腐な言い回しになりますが、人は無限の可能性を持っています。人々がISを学園都市さえも飲み込む力へと発展させる可能性だってあるかもしれません。それもまた、科学の一つの姿なら私は喜んで迎え入れましょう」, 今は学園都市が最先端の科学を独占しているため、学園都市に集中して『木原』が生れているが、もしISが力を持ち科学が全世界に拡散したとすれば、世界中に『木原』が出現することになるかもしれない。, 病理としては既に時間稼ぎは終わっているのでどっちでも構わないのだが、今までの流れをぶった切ってそんなことを言い出す神経が理解できない。, 確かに千冬と真耶は車を失ってしまった。早く学園都市に向かわなければならないのは確かだが、だからといってこの女と一緒の車に乗るのは勘弁願いたかった。, 「ええっ!正気ですか!?東京の街中なんですから呼べばタクシーくらい直ぐ来ますよ!」, 千冬の衣服は円周との戦いでボロボロになり、僅かに下着が見えるような恰好になっていた。. SS投稿掲示板 . 私的良スレ書庫 不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。 不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitterで ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。