働く会社にパソコンがない、パソコンを全く触らずに仕事ができるということのほうが現代では珍しいのではないでしょうか。, だからこそ、就活や転職の際に必ずといっていいほど問われるのは「パソコンはできますか?」という質問。, そんな時に役に立つのが、Microsoft Office Specialistの資格、通称MOS資格です。, パソコンスキルを身に着けていると、就職する時のアピールになるだけでなく、実際に仕事をする時により効率的に業務をこなせるようになります。, つまり、パソコンの文章や表計算ソフトとして一般的に使用されている、WordやExcelなどのMicrosoft Office製品についてのスキルを証明してくれる資格になります。, 累計受験者数は440万人以上であり、10代から50代以上の幅広い年齢層、日本全国の地域の方が受験しています。(MOS公式サイトより), またMicrosoft Officeは世界中で同規格のものが使用されているため、世界共通の資格としても使用できます。, Word、Excel、PowerPoint、Axess、Outlookの5つのソフトと、2013、2016、365&2019のバージョンごとに異なった試験となっています。, (PowerPoint、Axess、Outlookは365&2019のバージョンはありません), また、WordとExcelの2013、2016バージョンには上級レベル(エキスパート)の試験もあり、こちらは会社全体の業務そのものの改善に役立つような、高度な内容のスキルについての試験となっています。, 同一バージョンのうち、規定の複数科目に合格することでMOS Associate、もしくはMOS エキスパート、MOS マスターの称号を得られます。, この試験で問われるのは基本的な操作スキルであり、どのような会社・職種であっても必要とされることが多い能力だからです。, また、この資格は、ただ就職の時に役立つだけでなく、実際の業務にも役立てられるような、実践的な内容を問うものとなっています。, ですから、これから就職活動をする学生だけでなく、事務系への転職を考える人や、すでに会社でWordやExcelを使用しているけれども、もっと効率的に業務をこなしたい、パソコンスキルを身に着けてできる仕事の幅を広げたいと考えている人などにもオススメです。, どちらの試験でも試験の難易度や合格証、受験料について差はありませんので、自分の受けやすい方を受験するといいでしょう。, 週に1日~7日とスクールによって開催日は異なっていますが、毎日日本全国各地で行われています。, 受験日や受験時間、定員や申込受付期間などはスクールによって異なっているので、受験するためには直接パソコンスクールに問い合わせと申し込みをする必要があります。, 全国一斉試験は、MOS公式サイトから申し込めるようになっており、全国で同日に行われる試験です。, 一般的に「試験を受ける」と考えた時に想像されるイメージには、こちらのほうが近いでしょう。, 受験票が来るまで試験会場がどこになるかわからない(ある程度の地域しか選べない)、月に1回か2回しか試験がないなどの点が不便ですが、直接スクールに問い合わせなどをする必要はありません。, また、定員がいっぱいになってしまうということもないので、受験までのスケジュールを組みやすいでしょう。, 試験はどのバージョン、レベルでも50分間の実技試験のみとなっており、筆記試験はありません。, 試験範囲はソフトとバージョンによって全て異なっているため、MOS公式サイトで自分の受けたいソフトとバージョンの試験内容を必ず確認するようにしましょう。, 参考までにですが、Word2016の一般レベルの試験範囲は以下のようになっています。, 残念ながらMOSの合格率は公開されていませんが、合格点は1000点満点中550点~850点とされています(公式サイトより)。, 合格点は試験問題やバージョンによって変化しますが、合格点が低いのは難易度の高いエキスパートの一部であり、基本的には700点超え程度で合格とされているようです。, Microsoft Officeの基本的なスキルが身についているかをはかる試験であり、特に一般レベルの試験は試験内容を見ても分かるように、さほど難しいものではありません。, その証拠に、対策授業をしているパソコンスクールでは、どこも90%以上の合格率を謳っています。, たとえ1度で合格できなくとも、随時試験を利用すれば短期間のうちに何度も受け直しが可能なので、受かるまで何回も受験できます。, というのも、普段仕事で使っているとしても、試験で問われる機能を全部知っているとは限らないからです。, また、MOSの試験では時間内に問題を解かなくてはなりませんので、普段利用している機能もよりスピーディに、手早くこなせるように手順を確認しておく必要があります。, 何回も受験できる、とは言ってもそのたびに受験料もかかってしまいますし、できれば1回で合格したいですよね。, 普段からパソコンを学校や会社で利用している、WordやExcelの使用経験がある、試験内容を見て大体やることが分かる、という人は、「参考書を利用した独学」がおすすめです。, 自分の受けたいソフトとバージョンに合った参考書を購入し、自分に足りないスキルを補いましょう。, 特に評価の高い参考書はFOM出版のものと日経BPのものですが、読みやすい、自分に合った参考書を利用することが大切です。, 独学の良さはいつでも自分の好きな時に勉強ができることですが、随時試験を利用すればいつでも受験できてしまうことから、「今は忙しいから…」「仕事が山場を越したら」など、MOS試験の場合は特に受験が後回しになりがちです。, また、前述したように、たとえ仕事で使っている機能だとしても、試験を受ける場合には「正しく、早い手順で」行うことが重要になります。, もしかしたら、普段自分がやっているよりも効率的な方法が書かれているかもしれません。, そして、分からない問題は考えて答えを出すのではなく、解答をすぐに見てその手順を覚えるようにしましょう。, 思考力を問う問題ではなく、規定の手順をどれだけ正確に早くできるかの試験だからです。, 何度も練習問題を繰り返し、参考書の問題を、回答を見なくてもスラスラと解けるようになるまで練習しましょう。, 予想問題を解いて、40分以内に90%以上を正しく解けるようになるのが、試験を受けに行くときの目安とされています。, WordやExcelって聞いたことはあるけれども良くわからない、文字入力をするのがやっと、という初心者の人は「パソコンスクールに通う」のがおすすめです。, 苦手な場合は、独学で勉強しようとしても何をどうすればいいか分からなくなってしまうことも多いので、効率よく勉強できます。, 元々のパソコンスキルと通うスクールにもよりますが、何回も試験を受け直すよりも安くなる場合もあるので、独学で不合格になってしまった人も一度検討してみるといいかもしれません。, 忙しくてパソコンスクールに通う時間がない、近くにスクールがない、という人や、少しでもリーズナブルにしたい、という人は通信講座がおすすめです。, 通信講座の場合は自分で計画を立てて進めなければなりませんが、参考書だけを利用して勉強する場合に比べ、テキストや映像授業などでより丁寧に分かりやすく教えてもらえます。, MOS資格とは、Microsoft Office Specialistの略で、Microsoft Office製品についてのスキルを証明してくれる資格でした。, これからパソコンを使った仕事に就きたい人や、仕事をより効率的に進めたい人に、MOS資格はぴったりだと言えるでしょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 資格取ろうか悩んでる人 テープ起こし検定試験に合格して副業で活かしたい、 でも実際、評判はどうなのかしら? といった疑問を持っている方もいらっしゃるかと思います。 この記事では、 テープ起こし検定試験 ... 資格取ろうか悩んでる人 文書処理能力検定という資格があるんですね。履歴書に書ける資格なんですか?   文書処理能力検定の資格をとろうと思ったとき、どんな資格なのかや試験の詳細、取得するとどん ... 上級ウェブ解析士の資格を取得したいけど… 「受験の難易度はどれくらいか?」 「受験勉強への対策方法はどうすれば?」 って、気になりますよね。 資格取得を目指すにあたって、具体的な情報や対策方法を掴んで ... ネットショップ実務士という資格を取ろうか考えているけど   「そもそもネットショップ実務士ってどんな資格?」 「検定試験って難しいの?」 「口コミはいいの?」   など気になって調 ... 「初級ウェブ解析士」と聞くと、なんとなくウェブマーケティングに強そうと思いませんか。実際のところ、どんな資格なのか気になりますよね。そこで今回は、   ・初級ウェブ解析士とはどんな資格? Copyright© パソコン教室パレハ , 2020 All Rights Reserved. | 有名な資格にMOSというものがあります。MOSとは、正式名称でマイクロソフトオフィススペシャリスト(Microsoft office specialist)というもので、名前の通りOffice系の資格になります。MOSは数ある資格の中でも比較的簡単に取得することができる神のような資格です。 Copyright© パソコン教室パレハ , 2020 All Rights Reserved. 今回は、MOS試験を受ける際の、バージョンを選ぶ時のポイントについてお話しします。, こちらをご覧になられているという事は、「MOS資格を受けたい」「MOS資格を学習したい」と思われていることでしょう。でも何か、複数バージョンがある・・・。, 今回は、「MOS試験を受けるにあたって一番最適なバージョンを決めたい」っていう内容でお話をしていきたいと思います。, 今回の記事は「MOS2019とMOS2016どっちを受けたら良い?」について書いております。 MOS資格は有名で人気のある資格です。どちらを受けたらよいのか悩んでいる方が多いと思います。 調べて詳しく解説してみました。, MOS(Microsoft Office Specialist。マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト。, 通称「モス」と呼ばれています)には、2019・2016・2013の3種類があります。(Word,Excel,PowerPoint,Access,Outlookの5つにそれぞれ試験があります), 今回の記事は「MOS2019試験はいつから開始されるの?内容はどうなる?」について書いております。 MOS2019試験がいつから始まるのか気になっている方が多いと思います。 開始時期について詳しく解説してみました。, 単純に「西暦2019年に発売されたので2019年版」という感じで考えてもらって良いです。, この数字はマイクロソフト・オフィスのバージョンのことで、マイクロソフト・オフィスはバージョンアップするごとに新しい機能が追加されて作業内容の幅が広がるとともに、操作方法が改良されてより使いやすくなっているのです。, マイクロソフト・オフィスを最新版にバージョンアップするにはアップデート版を購入する必要がありますが、旧バージョンのマイクロソフト・オフィスもしばらくは継続して使えます。, ただし、マイクロソフト・オフィスをはじめパソコンのソフトウェアは、旧バージョンの製品になるといつかはセキュリティ対策などのサポートが打ち切られるので、どこかのタイミングでバージョンアップを行う必要があることを覚えておきましょう。, さて、本題です。取得するに当たって、特に弊害がないのであれば、MOS2016が良いです。, やはり最新版のほうが良いです。あえて古いものを選ぶという理由が基本的には見つかりません。, なので、今度はMOS2019というものが出ます。なので、取得するのであれば最新版を取っておくのがよいでしょう。, ちなみに、2018年5月の段階では、まだMOS2019というか、オフィス2019なるもの自体が出ていないので、公式サイトで確認すると「MOS2016」が最新版になります。, その時に、MOS試験も毎回新しいものが出てきます。形式はそれぞれ違うのですが、やはり、今、あえて古いものを受ける必要性は全くなく、何も弊害がない方には最新版を最優先でお勧めします。, 例えば、履歴書に「MOS2016取得」と書いてあるのと「MOS2010取得」と書いてあるのではイメージが異なります。よって、最新版が最もお勧めの資格になります。, よくある勘違いで「家のエクセルはウインドウズセブンです」といわれたりする方がいらっしゃいます。, あとは「マイクロソフト・オフィスのバージョンは何ですか?」と聞いたときに「10です」と答える方もいらっしゃいます。, そもそも「ウインドウズ」っていうのは、ざっくりいうと「パソコン本体の画面」のことです。, 今出ているものを大きく分けると「ウインドウズ10」「ウインドウズ8」「ウインドウズ7」というように「バージョンが3つ」あります。, これらのバージョンが新しくなっていきます。「新しいウインドウズが発売された!」みたいな感じで発表されています。, もう一つあるのが「オフィスソフト」。これは「エクセル」や「ワード」というように、「会社(企業)」などで主に使うソフトになります。, 案内文を書こうと思ったら「ワード」を使います。計算をしようと思ったら「エクセル」を使います。, なぜこんな勘違いが起こるかというと「新しいウインドウズ」を出す際に、同時に「オフィス」も発売されるからです。, 「ウインドウズ10」が発売された頃に入っているのが「オフィス2016」になります。, なので、言うならば「私の家のパソコンは、ウインドウズ10が入っていて、オフィスのバージョンは2016です」という感じになります。, マイクロソフト・オフィスのバージョンアップに併せて、MOSも試験内容が全般的にデータ更新されています。, 現在、MOSには「2016」と「2013」の2種類に加えて、220年2月に「2019」が追加されて3種類になりました。, 今回の記事は「MOS2010が廃止される?|MOS2010が終了されるとどうなるか?」について書いております。 MOS2010が廃止されることを知らない方が多いと思います。 廃止されるとどうなるのか詳しく解説してみました。, そこで迷うのは、「2019、2016、2013、どのバージョンを取得すればいいのか?」ということです。, マイクロソフト・オフィスはバージョンアップによって新機能が追加されていますが、基本的なところを含めてほとんどの内容は旧バージョンを踏襲しています。, そのため、どのバージョンのMOSも試験の出題範囲条件は多少の差異がある程度で、ほとんど変わりません。, よくある勘違いで言うと、「新しいバージョンになったから、新機能がたくさん増えている。 だから覚える事がまた増えた」というものです。, ですが、私の個人的な意見を言うと、オフィスに関しては「2010年版」から「2016年版」まで殆ど変わりません。, MOS2013の、エキスパートPart1、Part2については、こちらの記事も参考にしてください。 MOS Excel 2013 エキスパートPart1とPart2の違いを徹底解説します今回の記事は「MOS Excel 2013 エキスパートPart1とPart2の違い」について書いております。 Part1とPart2の違いがどんなものなのか気になっている方が多いと思います。 違いについて詳しく解説してみました。続きを見る, 今回の記事は「MOS Excel 2013 エキスパートPart1とPart2の違い」について書いております。 Part1とPart2の違いがどんなものなのか気になっている方が多いと思います。 違いについて詳しく解説してみました。, でも、そこまで注意してスキルを使いこなしている人を私は見たことがありません。そういう人にとっては大切な事かもしれませんが、一般的に使う分には問題ない変更です。, ですが、それでは、「実践力が身につきにくいだろう」ということで、変更がかかったのが「MOS2013」です。, MOS2013は、「一から作り上げる形式」に変わりました。ですが、以前までの形式になれていた、MOSの受験生たちから、多くの批判を受けました。, とはいっても、MOS2010の形式に戻すのではなく、実践力を養えるものがよいという感じで出てきたのが、「MOS2016」です。, これは、ちょうど「MOS2010」と「MOS2016」の中間どころと考えて良いでしょう。, バージョン2010の場合は、各設問に相関関係がありませんでしたが、2013の場合は、設問に答えながら、一定の成果物を完成させます。, 例えばWordなら、最終的に完成させたいものが「PTAの案内文」だとすると、設問1で「PTA案内文」のページの設定を行なって、設問2でそのファイルに「画像を入れる」という問題が指示されるという形です。, 一問一答式と異なり、途中の設問で大幅に誤った解答をすると、目的のファイルが出来上がらないということになります。, 例えば実際にあった例ですが、「グラフを作る」という問題があり、その次は「その作成したグラフの色を変える」という流れで、グラフに関して何問か続くんですね。, そうなると、最初のグラフが作成できないと、後の問題が全く出来ないという事になり、大幅に点数を落とすことになってしまいます。, バージョン2013では、一つのファイルを完成させる形式で試験が進みましたが、2016の場合は、一回の試験の中に複数のプロジェクトがあります。プロジェクトの中には、いくつかのタスクがあり、それを解答する形です。, 例えば、プロジェクト1では、文章の挿入から形式を整えるまでの操作がタスクとして指示され、プロジェクト2では、文書に画像や図を挿入し体裁を整える操作がタスクとして指示されるといったイメージです。, そのファイルが7つくらい出てきます。2013年版と2010年版の間と思うと良いと思います。非常に行ないやすい試験です。, ちょうど、「MOS2010」と「MOS2013」を合体させたようなのが「MOS2016」です。, MOS2019の概要が発表されましたが、2016で好評だった「マルチプロジェクト形式」になりました。, 受験をしようと思ったときに「家や転職した職場のバージョンが2013だった」という事はよくあることです。, もしも、MOSを勉強してから合格を目指そうと思った場合には2つ道があるかと思います。, 後は、独学で学ばれるとしたら、書店で販売しているテキストを使って学習を行なっていくかと思います。, この書店で販売されているテキストは、ご自宅にそのバージョンと同じものが無いと基本的には学習できません。, 独学で勉強される方は、コツがあります。詳しくは別記事に書きました。下記をご覧下さい。, この記事はMOS資格を独学で合格できる秘密の方法について書いたものです。 MOS資格を取りたいがどのように勉強していけばよいかわからないと多くの方に言われます。 「MOS資格を独学で合格できる秘密の方法」を書いているので参考にしてみてください。, 1つは「独学」という道。もう一つは「パソコン教室」に通うというもの。この2つがあるかと思います。, あなたが、パソコン苦手だと思われるようであれば、パソコン教室に通われる事をお勧めします。, 逆に「MOS2016」新バージョンをお勧めしないパソコン教室はちょっと利用をやめておいたほうが良いでしょう。, 非常に微妙です。他のバージョンをお勧めされたらなぜなのか理由を聞いてみると良いでしょう。, 私も、MOS2013や過去のMOS2010を両方2種類を勉強してもらうようにお話をすることがありますが、それには理由が必ずあります。, 後述するような状況を踏まえた上で、その方にあった最適なバージョンをご紹介しています。, 最新版を受けたいのだけど、自宅にあるものが、「オフィス2013」です。というケースはあります。もしも、あなたがパソコン教室などで受講をして受けるのであれば、最新版のMOS2016を受講すれば良いです。, テキストを購入してから学習する事になるかと思いますが、2013年版と2016年版は異なります。, 今回の記事は「MOS2016を2013バージョンで勉強出来ない」について書いております。 MOS2016を受けたいけど、家のパソコンが2013なので勉強できないという方が多いと思います。 勉強する裏技を詳しく解説してみました。, 「たぶん、これは、2013だから少し違うけど、まあ理解できた」というような高度な学習が出来る方はそれでよいかなと思います。, 効率、安心感、時間短縮、今後のスキルアップなどを考えると、パソコン教室に行く事は非常にメリットが大きいです。, 「MOS資格を取得する目的がどこにあるのか?」という事によっても変わってきますが、最新版が良い事に越した事はないですが、MOS資格のためだけに、新しいものをわざわざ買う必要はないと思います。, 日常で使う機能で言えば、殆ど変わりません。なので、実力試しや、とりあえず、資格が欲しいという感じの理由であれば、お持ちのバージョンを受けるほうが良いでしょう。, パソコンに大変不慣れな方からしたら「2016年版と2010年版は全く違う」という声も出てきます。, そういった方にとっては、職場で使う為に、MOS資格を取得すると考えているのであれば、職場のバージョンにあわせておくほうが良いでしょう。, つまり、自分が会社でマイクロソフト オフィス2010を使っていればMOS2010、2013を使っていればMOS2013を受験する、ということです。, 今回は、MOS(Microsoft Office Specialist)のバージョンの違いと選ぶポイントについてお話をしました。, -MOS資格・パソコン資格 -パソコン, パソコン教室, MOS, パソコン資格, 資格, 検定, 今回の記事は「MOS Excel エキスパートに出てくる関数はどんなものがあるか」について書いております。 MOS Excel エキスパートに出てくる関数はどんなものがあるか気になる方が多いと思います。 詳しく解説してみました。, この記事はMOS資格取得後について書いています。 就職に役立つのか、役に立たないのか? MOS資格を役立てられる人と役に立てられない人の違いなど疑問点を詳しく解説していますので参考にしてみてください。, この記事はMOS受験料について書いたものです。 MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)受験料は、科目やグレードによって異なってきます。 MOS受験料一覧や、支払方法についても書いているので参考にしてみてください。, 今回の記事は「MOS資格を勉強するのに最適なパソコンの選び方」について書いております。 MOS資格を勉強するのにどんなパソコンを購入していいのか分からないという方が多いと思います。 最適なパソコンの選び方について詳しく解説してみました。. mosに合格するには「独学」「通学講座を受講」「通信講座を受講」の3つの勉強法があります。それぞれの勉強方法には、パソコンスキルのレベルやライフスタイルにおける向き不向き、つまりメリットとデメリットがあります。効率的に勉強し合格するために、自分に合った方法で学びましょう。 でも、資格があると就活がどれ ... mos資格は就活や仕事で役に立つ! ... 就職活動 2018.3.9 就活におけるtoeicの重要性と必要スコア!一部上場企業勤務の現役サラリ… (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 資格を持たないOLが資格が欲しくて資格を調べているブログです。何か資格が欲しい方、就職に役立つ資格を取りたい方、ぜひお役立てください!自己紹介はこちら⇒運営者のプロフィール, baitoclubさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog MOS資格というのは「オフィスソフトがどれくらい使いこなせるか?」という事を問われる試験, Microsoft Office specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)のそれぞれの頭文字をとってMOS(モス), Microsoftは、「問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない」の名言で有名なビル・ゲイツが設立したソフトウェア会社, 「Microsoft Office」は、Microsoft社が販売しているオフィス・スイートのこと。, 「Word・Excel・PowerPointなどを、どれだけ使いこなせるかを証明する資格」, Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト), 各アプリケーションの基本操作、応用的な操作の習熟度を測る試験に合格すると資格が認定, プレゼンテーションのスライド作りには「Microsoft PowerPoint(パワーポイント)」, MOSの資格を持っているということは、そういった基本的なオフィスの操作ができるということに加え、複雑な文書・グラフなどの作成ができることの証明になります。, MOSを持っていることで、志望する企業や職種に応じて具体的にアピール出来て、面接でも高い評価につながる, 「Web系」の仕事に就きたいと思っている方が「MOS資格」を習得してもあまり意味がありません, レジ打ちのアルバイトの子でも、出退勤処理や有給休暇の取得などは、事務所のパソコンで, 『パソコンが使えない』『触ったこともない』という人には、遠慮していただくことが多い, 「あなたが希望する部署は経理部になるので「VLOOKUP関数」などを日常的に使用します。できますか?」, 「業務に向上心は求めません」と言い切り、「出勤さえしてくれればいい」と思われるような楽な職場に転職したいというこちらの方への回答には、辛辣なコメント, 「事務職に転職するにあたりMOSを取得しました」という実績が事務職に対する熱量のアピール, 学生時代に単にのんびり過ごしたのではなく、資格取得をしたという経験があれば、勉強熱心と評価される, 「文書作成」という科目ではMicrosoftのWordを使用してその技能を段階別に認定, Word、Excel、PowerPointなどをどれだけ使いこなせるかを証明する資格, OSは自分のパソコンの実力と就職後の熱心さを企業に伝えるためにはもってこいのパソコン資格. では、 mos資格の難易度 はどれくらいなのでしょうか。 残念ながらmosの合格率は公開されていませんが、合格点は1000点満点中550点~850点とされています(公式サイトより)。 試験結果はその場で発表されますので、合格していればすぐに履歴書に書けるのが嬉しいですね。. 数回に渡って現役人事の手倉森さんにお話を伺ってきた「就活超基礎編」。今回のテーマは「資格」。履歴書やエントリーシートには資格を書く欄があるけど、資格を持っていないと不利になのか?就活を有利に進めるためには、何か資格を取得しておいた方がいいのか? Copyright© パソコン教室パレハ , 2020 All Rights Reserved. 自己分析の浅さは人事に見透かされる. では、 mos資格の難易度 はどれくらいなのでしょうか。 残念ながらmosの合格率は公開されていませんが、合格点は1000点満点中550点~850点とされています(公式サイトより)。

今日は、パソコンスキルを証明する資格のひとつ、マイクロソフト オフィス スペシャリストについて紹介します。 マイクロソフト オフィス スペシャリストは、どれくらいのパソコンスキルを持っているのかアピールできる資格です。mosと略されることが多いです。