HDR には、実際に目で見る現実に近いカラーと明るい範囲が広く用意されています。Premiere Pro では、Rec.2100 HLG のカラースペースをサポートしているため、放送により鮮やかで動的なコンテンツが使用されます。, Apple ProRes および Sony XAVC Intra コーデックは、Premiere Pro の HDR パイプライン全体で完全にカラーマネジメントされ、GPU で高速化されます。これは 1 つの機能に限られているだけではありません。この機能を使用すると、Premiere Pro で、プロフェッショナルな放送用ワークフローを中心にした HLG コンテンツの読み込み、編集、書き出しをおこなうことができます。, 適切な HDR 監視をおこなうには、専用の I/O ハードウェアと、HDR 準拠のリファレンスモニター、または SDI または HDMI 2.0 以上を使用して接続された UHD テレビが必要です。, Premiere Pro/環境設定/再生(macOS)をクリックするか、編集/環境設定/再生(Win) をクリックします。, 10bit HLG が推奨されます。 UHD 60p を維持でき、表示が幅広くサポートされています。, 12bit HLG は、30fps @ 3840x2160(AJA ハードウェアの帯域幅制限)に制限されており、すべてのモニターがサポートするわけではありません。, アドビでは、Premiere Pro で、HDR カラースペースに対する変更のみをおこなうことをお勧めします。 AJA コントロールパネルおよび Premiere Pro で HDR カラースペースに変更を加えると、予期しない結果が発生することがあります。, BlackMagic Design は、Decklink と Ultrastudio のラインナップに HDR 対応デバイスを搭載しています。, https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/decklink, https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/ultrastudio, Lumetri スコープパネルで、レンチアイコンを選択し、「カラースペース」を「自動」に設定します。, HLG メディア(ファイル/読み込み)を Premiere Pro に読み込みます。, メディアブラウザーまたはプロジェクトパネルからタイムラインにクリップをドラッグします。, 新しく作成されたワークスペースは、自動的に Rec.2100 HLG に設定されます。また、Lumetri スコープは、選択されたシーケンスまたはメディアに基づいて、自動的に正しいカラースペースに切り替わります。, スムーズな再生のためにレンダリングが必要なエフェクトや調整が追加されている場合は、HDR 範囲およびカラースペースを維持したまま、シーケンスをレンダリングすることができます。 シーケンスのカラースペースが HLG に設定されている場合、ビデオのプレビューは自動的に 1920 x 1080 の ProRes HQ に設定されます。, 高画質のカラーエンコードが必要な場合は、ProRes 4444 を選択します。ビデオプレビューファイルの解像度を変更することもできますが、プレビューファイルコーデックでは他のコーデックを選択することはできません。, 書き出し時に「プレビューを使用」を選択して、書き出しを高速化します。  このオプションを選択すると、エフェクトを再処理するのではなく、プレビューファイルからフレームをトランスコードすることができます。, 最終的な成果物が ProRes の場合は、プレビューレンダリングを成果物の仕様と一致するように設定することで、時間を節約できます。書き出し時に、「シーケンス設定に合わせる」を選択すると、Premiere Pro ではレンダリングされたフレームがプレビューファイルからコピーされますが、エフェクトのエンコードや処理は再度おこなわれません。  このようにしてレンダリングをおこなったり、すばやく書き出したりすることができます。, Premiere Pro には、ProRes および XAVC-I 用のシーケンスプリセットが用意されています。特に、特定の成果物用にオーディオチャネライゼーションを適切に表示するために、独自のプリセットを作成することもできます。  すべてのプリセットにはステレオオーディオが含まれます。適切なエンコードを手動で設定するには、次の手順を実行します。, 「書き出し設定」ダイアログボックスで、「形式」ドロップダウンオプション(Quicktime または MXF OP1A)の形式を選択します。, 「ビデオ」タブを開き、「エンコード設定」セクションを検索して、選択した形式について次の設定をおこないます。, プロジェクトパネルでクリップを右クリックして、変更/フッテージを変換を選択します。または、クリップを選択して、クリップ/変更/フッテージを変換を選択します。, カラースペースを手動で選択するには、「レンチ」アイコンをクリックして、「カラースペース」を選択し、適切なオプションを選択します。, HDR プロジェクトにおいて、32 ビットカラーの処理が可能なエフェクトを使用することができます。, HLG ファイルを含むサンプルプロジェクトをダウンロードして、この機能をご自身でお試しください。, HLG メディアのサポートについてのお問い合わせPremiere Pro コミュニティの専門家にお尋ねください。ご意見をお待ちしております。, リーガルノーティス Adobe Premiere ProでUltraキーエフェクトを使用し、ピクセルカラーにもとづいて選択したクリップの特定の領域を透明にします。 Microsoft Windows 10(64 ビット)日本語版バージョン 1703 以降, 推奨されるグラフィックカードの一覧については、Adobe Premiere Pro に推奨されるグラフィックカードを参照してください。, Mac OS v10.12 以降(ハードウェアアクセラレーションには v10.13 以降必須), * ユーザーへの注意:本製品をアクティベートして使用するには、インターネット接続、Adobe ID、および使用許諾条件への同意が必要です。本製品は、アドビまたはサードパーティのオンラインサービスへの連携またはアクセスが可能な場合があります。アドビのサービスは 13 歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件およびアドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。アプリケーションとサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、予告なく変更または中止となることもあります。追加料金またはメンバーシップ料金が適用されることがあります。, 要件は VR システムによって異なります。ここで説明されている要件は基本要件のみです。, 様々な種類のヘッドセットの要件および Premiere Pro 用のイマーシブ環境の設定について詳しくは、Premiere Pro のイマーシブなビデオを参照してください。, 2016 以降の Mac ハードウェアに搭載された Mac OS 10.13(またはそれ以降), NVIDIA では、Premiere Proの最新リリースで使用されている CUDA 9.2 SDK に対応する、Windows 用 ODE ドライバーを公開しています。これは Microsoft のデフォルトのドライバーではありませんが、NVIDIA バージョン 411.63(410 シリーズドライバー)からこのドライバーを直接ダウンロードできます。, Premiere Pro は、「南アジアおよび中東」テキストエンジンを使用する中東およびインド言語のスクリプトのテキストコンポジションをサポートしています。, リーガルノーティス Premiere Proは、PhotoshopやAfter Effects、Adobe Audition、Adobe Stock など、他のアプリやサービスとシームレス に連携しています。M プライバシーポリシー, 使い方についての質問やCreator同士の情報交換ができます。気軽に質問してみましょう。, Premiere Pro の Rec. 解決済み: 時間軸を細かく拡大する機能はどこにありますか? 旧型のものでは、シーケンスの左下に表示されていました。 どなたか教えてください - 8194001

2100 HLG(ハイブリッドログガンマ)でネイティブに動作します。, Southeast Asia (Includes Indonesia, Malaysia, Philippines, Singapore, Thailand, and Vietnam) - English, الشرق الأوسط وشمال أفريقيا - اللغة العربية. CLOSE. Premiere Proは撮影した動画に合わせて自動的に最適なシーケンスを選んでくれる機能があるので、それに任せてしまってもOKです。 ここではPremiere Pro初心者さんがわかりづらいシーケンス設定を超簡単に解説します。 このページの目次.   |   Premiere Pro は、「南アジアおよび中東」テキストエンジンを使用する中東およびインド言語のスクリプトのテキストコンポジションをサポートしています。

Premiere Pro CC2015では、4K編集は可能です。 4K動画素材をタイムラインパネルにドラッグすれば、シーケンス設定は自動で作成されます。 XAVC S(3840×2160 30p)の場合、推定ですが「RED R3D - 4K - 4K 16×9 29.97」のプリセットが設定されるようです。 補足ですが、PC性能はさらにCドライブや …

プライバシーポリシー, 使い方についての質問やCreator同士の情報交換ができます。気軽に質問してみましょう。, Adobe Premiere Pro を実行するには、以下に示す最小技術仕様をコンピューターが満たしている必要があります。最適なパフォーマンスを得るには、推奨されるシステム仕様を使用します。, 必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証およびオンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。*, Southeast Asia (Includes Indonesia, Malaysia, Philippines, Singapore, Thailand, and Vietnam) - English, الشرق الأوسط وشمال أفريقيا - اللغة العربية, ASIO 互換または Microsoft Windows Driver Model, 8 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージ上にはインストールしない), 8 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムが使用されているボリュームまたは取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストールしない), NVIDIA GTX 970 または AMD R9 290 相当、あるいはそれ以上, SLI はサポートされていません。少なくとも 1 つの GPU がこれらの仕様に個別に適合している必要があります, USB:最低 2 つ(2x)の USB 3.0 ポート。合計 3 つ(3x)の利用可能な USB ポート, グラフィックス:NVIDIA GeForce® GTX 970 または AMD Radeon™ R9 290 相当以上, 第 6 世代(またはそれ以降)の Intel® Core™ プロセッサーを搭載し、Intel Graphics に対応した Windows 10.

Adobeのソフトには単品プランとコンプリートプランがあります。2 2020年2月現在、Adobe Premiere Proのみを利用する場合の価格は毎月2,480円(税別)、Adobeのクリエイティブソフトをすべて利用できるAdobe Creative Cloudコンプリートプランは、毎月5,680円(税別)です。 この機能を使用すると、Premiere Pro で、プロフェッショナルな放送用ワークフローを中心にした HLG コンテンツの読み込み、編集、書き出しをおこなうことができます。 次のコーデックは、現在 Premiere Pro でサポートされています。

  |  

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。, 学習内容:特定のカラー範囲のピクセルを選択して、透明または不透明にする画像の領域を定義する, 後で透明に変更するための背景カラーが選択しやすくなるように、被写体の撮影はよくグリーンバックの前でおこなわれます。そのため、キーイングはグリーンバック合成とも呼ばれます。Ultraキーエフェクトを使用して、グリーンバックの背景を透明にします。, Ultraキーエフェクトでは、画像内のどのカラーでも透明の設定に使用でき、エフェクト結果を細かく調整できます。, 適用したUltraキーエフェクトのコンポジット画像、アルファチャンネル、カラーチャンネルを表示確認するには、「出力」メニューからそれぞれの項目を選択します。, 「マットのクリーンアップ」コントロールは、透明領域のサイズを縮小またはエッジをぼかすのに役立ちます。, 「スピルサプレッション」コントロールは、金髪など明るいカラー周辺のグリーンバックキーのクリーンアップに役立ちます。, カラー補正コントロール は、キーの対象として選択したカラー範囲をスムーズにするのに役立ちます。, ヒント:Ctrlキー(Windows)またはCommandキー(macOS)を押しながら、スポイトツールでプログラムモニターの透明にするカラーをドラッグします。この方法では選択したカラーの5x5ピクセルの平均が計算されるため、多くの場合高品質なキーイング結果が得られます。, Adobe Stock提供元:AILA_IMAGES、Blackboxguild、Yurii、Michael Sapryhin、Pond5、MADDRAT、Sergiy Bykhunenko, 使い方についての質問やCreator同士の情報交換ができます。気軽に質問してみましょう。, Ultraキーエフェクト(クロマキーエフェクトの一種)を使用し、ピクセルカラーにもとづいて選択したクリップの特定の領域を透明にします。, Southeast Asia (Includes Indonesia, Malaysia, Philippines, Singapore, Thailand, and Vietnam) - English, الشرق الأوسط وشمال أفريقيا - اللغة العربية, エフェクトパネルの「キーイング」からUltraキーエフェクトをV2のグリーンバッククリップにドラッグします。, タイムラインパネルでグリーンバッククリップを選択した状態で、そこに再生ヘッドを移動します。エフェクトコントロールパネルを開いて、Ultraキーエフェクトの設定を調整します。, キーカラーでスポイトツールをクリックし、プログラムモニターに表示されている画像からグリーンのカラーを選択します。グリーンだった領域にV1の画像が表示されます。, 合成画像にグリーンの色かぶりが残っている場合は、エフェクトコントロールパネルでUltraキーの設定を「強」に変更し、選択するカラー範囲を拡張してグリーンピクセルを除去します。, 透明度:背景をキーイングしたときのソース画像の透明度を調整します。100は完全に透明、0は完全に不透明です。, ペデスタル:アルファチャンネルからノイズを除去し、光量の低い素材のキーを改善します。.

Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ ; Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法; レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正; Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング; アセットとオフラインメディアの監視.