かくいう私もその一人です!なんとなく聞いてはいたけど、これか!と日々ダメージを受けています。笑 最近では、おいしいお惣菜を気軽にコンビニやスーパーで買うことができるようになり、ついつい買ってしまう私です。 子供に... 家事と育児の両立って本当に大変…と思っていらっしゃる方いませんか? 当サイトでは「コーヒーチェーンを学んで楽しむ!」をコンセプトに情報を発信してまいります。皆さんのカフェライフを楽しくすることに貢献できましたら幸いと考えております!, カプセルコーヒーメーカー「UCCドリップポッド」使った感想・評判・DP2徹底解説!, カプセルコーヒーメーカー「キューリグ」徹底解説!実際に使用した感想!【ネオトレビエBS200】, ネスカフェ ドルチェグスト徹底解説!実際に使用した感想!【ジェニオ2 プレミアム 】, DRIP POD(ドリップポッド) UCC(上島珈琲) ドリップポッド レッド DP2(R).

UCC DP2とDP3の違いは? UCCには、今回調べてみた「DP3」の他に「DP2」というモデルもあります。 2つの違いを簡単な比較表にしてみました! DP3.

最安価格(税込): ¥10,200 (前週比:-55円↓) 発売日:2020年 1月24日. 抽出モード . DP2. 色々ある電気圧力鍋の中でも『ブルーノの圧力鍋』が気になったので、色... みなさん、毎日のご飯、どうしてますか? dp2とdp3の違い 「dp3」は、本体デザインが従来よりシンプルになっています。 また、「dp2」には無かった新抽出モード「ストロング」「アイス」が搭載され、50通り以上の飲み方ができるようになりました。 ucc「ドリップポッドdp3」のここが凄い 育児中の皆さん、ちゃんと休憩してますかー? ママのお仕事って一日中、気が休まる暇も無いし、誰かに褒めてもらえることも少ない。 だからこそ私は、休憩時間を決めて自分で自分を存分に甘やかす時間を設けることにしています!! と、言っても... しょっぱなからすみません、育児中の皆さんにお聞きしたいことがあります! 私もその一人ですが、日々の育児のハードさに世界中のママへのリスペクトが止まりません!, 育児が始まったらしばらくは我慢しなきゃいけないことも色々あるだろうなとは覚悟してましたが、甘かった…, 想定外で、かつダメージが大きかったのは、喫茶店でのコーヒータイムです。丁寧にドリップされたコーヒーを楽しむ時間…, 産前のコーヒー好きの皆さん、コーヒーは一日一杯くらい飲んでも問題ないって言いますし、是非楽しんでおきましょう!, 産後の私はつべこべ言ってても仕方ないので、せめてお家のコーヒータイムを充実させようと思っています。, お手頃価格で簡単においしいコーヒーを入れるのに良さそうなコーヒーマシンを発見しました!, UCCと言えば…急に話が脱線しちゃいますが、産休に入る前、職場で缶コーヒーを毎日飲んでるおじさんと仲良かったんですね。, そのおじさんが「香料入れてごまかしてない缶コーヒーはめっちゃ少ないんやで!UCCは香料も使ってないのに旨いんや!」と熱く語ってたので、おじさんのお誕生日にUCCの缶コーヒーをケースでプレゼントしたことを思い出しました。, そんなこんなで、UCCには良い印象を持っていたこともあり、そういえばUCCってインスタント以外のコーヒーも扱ってるメーカーだから期待できるのでは?と思ったわけです。, もちろん、コーヒーマシンなんて、一度買うと気軽に買いなおせるものじゃないから、実際に使っている人の感想も調べていきますよ!, それとこのマシン、最近新モデルとして発売されたのか、似たような名前のUCC DP2というのもありました。場合によってはDP2を買った方が良いかもしれないので、それぞれの違いも調べてご紹介します!, 私、今回調べるまで知らなかったんですが、UCCって喫茶店も展開してるんですね!なんという説得力…!!, 抽出モードも蒸らし、注湯スピードをおすすめの条件で抽出してくれる【スタンダード】の他に、【ストロング】や【アイス】モードもあるみたいです!, 蒸らし時間をスタンダードモードより長く、注湯スピードを遅く湯を細くすることで、香り高く濃厚な味わいに。, 注湯スピードを落とすと発生しやすい雑味を数ml/秒単位の細かい調整により抑えることに成功しました。, 他には、コンパクトで使いやすい、静かというのが特長のようで、確かにキッチンやダイニングテーブルに置きっぱなしでも邪魔にならない、むしろお洒落を演出できる見た目です。, そしてなんと、先ほどの抽出モードとカプセルの組み合わせによって50通り以上の飲み方が出来るらしいです。, 50通り以上って、そこまで使いこなせるか!?とも思ったんですが、来客時のお茶出しのことまで考えると、使いこなせる気がしてきました。笑, DP3にお水だけ入れて、あとは各自お好きなものを選んで、お好きにやってくださいねってシステムにしてしまえば、おもてなしストレスも無くなるし、お客さんにも自分の飲みたいものを楽しく選んでもらえそうです!, それでもあえて、良い口コミからネガティブなコメントを取り上げるとすれば、中に以下のようなものがありました。, ・美味しいドリップコーヒーが簡単に淹れられる。操作、お手入れも簡単。分かりやすい写真入りの説明書が同梱されているのは、さすが日本のメーカー。, ・コーヒーメーカーを買い替えようと思い、1番本格的なコーヒーが飲めそうなので購入。(カプセルもちゃんとレギュラーコーヒーを使っているし)ブルーマウンテンのカプセルを飲んだのだけど、驚くくらい薫り高く美味しいかった!, ・以前は別メーカーを使っていたのだが、操作性がイマイチで、、、。今回こちらに買い替えた結果、大正解だった!, 電源オンからの立ち上げも早く、ドリップ中の音も気にならないし、何より操作が分かりやすくお手入れもしやすい。カプセルも種類によって単価も様々だけど、家で美味しいコーヒーを飲めることを考えれば許容範囲内。, ・この商品は、ハンドドリップに近い味が再現できます。エスプレッソ的な強いコーヒーよりも、昔ながらの喫茶店で淹れたコーヒーの方が好みなのであれば、こっちの方がおすすめ。, ・専用のカプセルじゃないとつかえない他社製品も多いですが、レギュラーコーヒー(粉)でも入れられる。, ・スーパーで売っているコーヒー豆でも淹れられて経済的だし、コーヒー以外にも使えてうれしい!私はアールグレイとジャスミンティーがお気に入り。, ・ポッドも種類も多くて良いと思う。また、粉のコーヒーも使用できるのがとても便利で、大変満足。, ・使い方がとても簡単で、本格的なコーヒーが淹れられるのがとてもいい。カプセルを利用するのもいいけど、粉からでも淹れられるので、手持ちのコーヒー豆も消費できかなりポイントが高い。, ・マシン自体もコンパクトでキッチンに収まりやすく、色も落ち着いたブラウンなので馴染みやすかった。, 実際に使っている方の口コミが総じて高評価なのはもちろん、他社のマシンからの買い替えで満足している方が多いようでとっても説得力がある口コミばかりでした!!, 一方で他社と比較して、カプセルの単価がやや高く、スーパーやドラッグストアでは売っていないというコメントがありました。, ちょっと調べてみましたが、おおよそ一杯あたり10円程度の価格差で、カプセルを販売している実店舗はまだそれほど多くないようです。, お店でコーヒーを買うことを考えれば、10円程度の差であれば許容範囲かなと思いますし、今は通販ですぐに届くので、それほど気にならないかなと思います。, 抽出モードを3種類から選べること!あとは好みになりますが、デザインもよりお洒落になったように感じます。, 皆さんもつかの間の休息だからこそ、美味しいコーヒーを飲んで元気をチャージしましょう!!. 今回はカプセル式のコーヒーメーカーである「UCCドリップポッド」を紹介させていただきます。, 「カプセル式のコーヒーメーカーとは何か?」ということから「UCCドリップポッド」の「DP2」の評判や実際に使用した感想など、コーヒーチェーンを中心に年間1000回カフェに通う私が、徹底的にお伝えさせていただければと思っております。, カプセル式のコーヒーメーカーは通常のコーヒーメーカーとは違い、コーヒーの粉をセットするというのではなく「カプセル」というものを使用します。ちなみ「UCCドリップポッド」の場合は、このカプセルのことを「ポッド」という風に呼んでいます。, このカプセルをコーヒーメーカーにセットしてボタンを押すだけで簡単にコーヒーができます。とにかく手間がかからないのが特徴。, 通常のコーヒーメーカーの場合は、使用後にフィルターについているコーヒー粉の洗浄などをする必要がありますが、カプセル式の場合は、使用したカップを捨てるだけなのでそういった作業が必要ありません。ちなみにカプセル式のコーヒーメーカーでは「キューリグ」なども有名です。, 【関連】カプセルコーヒーメーカー「キューリグ」徹底解説!実際に使用した感想!【ネオトレビエBS200】, カプセルは、特殊な製法によって挽きたての味わいが完全に密封されています。コーヒーを淹れる技術がなくても、誰でも簡単に本格的な味が楽しめるのがカプセル式コーヒーメーカーの魅力なのです。, また、それぞれのメーカーごとにオリジナルのカプセルを出しており「そのカプセルの味を飲みたい!」という理由で、カプセル式コーヒーメーカーを買う人もいるようです。, カプセル一個あたりの値段は、大体60円~100円くらいなので、コーヒー粉で淹れるよりかは、コストがかかります。(価格はものによりますが), 個人的には、一杯あたりの値段が少し高いという点を除いては、相当使い勝手がよいコーヒーメーカーだと思います。ちょっとした手間が面倒でコーヒーを淹れるのが億劫になってしまう方などにはぴったりだと思います。, ・カップをセットするだけで、とにかく手間がかからない。使用後にフィルターについてコーヒー粉を洗うという作業がない。, 「UCCドリップポッド」は、カプセル式のコーヒーメーカーです。自宅で簡単にプロのハンドドリップコーヒーが楽しめます。電源をを押してから90秒でスピーディーにコーヒーが完成し、片付けの手間などもほとんどかかりません。忙しい朝にも気兼ねなく本格的な味わいのコーヒーが飲めるというのが魅力です。, 「UCCドリップコーヒー」を手掛けるのは上島珈琲店株式会社です。上島珈琲と言えば「大人のための喫茶店」をコンセプトとしたコーヒーチェーンで「黒糖ミルク珈琲」をはじめ、こだわりの「ネルドリップコーヒー」などが有名です。ですので、味に対する信頼は高いです。, しかも、「UCCドリップポッド DP2」は、今まではプロの手作業でハンドドリップするしかなくドリップポッド抽出機では不可能とされていた、スペシャリティコーヒーがボタン1つでできるようになったのです。スペシャリティコーヒーに関しては次の項目で説明させていただきます。, 「UCCドリップポッド」では、コーヒーから紅茶、日本茶まで20種類以上の味を楽しむことができます。(2018年2月現在), 毎日飲んでも飽きないようにブレンドされた「リッチブレンド」や「スペシャルブレンド」。スペシャリティコーヒーのように贅沢な味わいのものまで、気分に合わせてコーヒーを楽しむことができます。, ポッドについて詳しくは⇒ドリップポッドのカプセルは何種類?<飲んだ感想・定期購入(頒布会)はお得?>, スペシャリティコーヒーは、ざっくりと説明しますと、厳しい審査をくぐり抜けた質が高いと正式な認定を受けたコーヒーです。, 近年、アメリカではスペシャリティコーヒーを取り扱ったコーヒーショップが流行し、「サードウェーブ」というムーブメントとして話題になりました。日本にも続々とスペシャリティコーヒーを取り扱うカフェが登場しました。1杯400円程から800円を超えるものまで、基本的に通常のコーヒーよりも高い値段で提供されています。, 「UCCドリップポッド」では、そんなスペシャリティコーヒーの本格的な味を、手軽に安価に自宅で飲めてしまうのは、魅力的です。そのため「UCCドリップポッド」は、レベルの高いコーヒーを提供していることから、コーヒーに対して本物嗜好が高い方から支持を集めているようです。, ドリップポッドは専用のポッドだけでなく、レギュラーコーヒー(粉のコーヒー)も作ることができるのが魅力です。抽出量も調節できるので、普通のコーヒーメーカーがなかったとしても、レギュラーコーヒーを作る役割も担ってくれるのがよいところです。, 通常サイズの水タンクは0.75L(750ml)で約5杯分(140ml抽出時)作ることができます。別売りの、大容量タンク1.5L(1500ml)を使用すれば連続10杯(140ml抽出時)作ることができます。, 「UCCドリップポッド」は、カプセルコーヒーメーカーの「ドルチェグスト」と比較されることが多いです。細かい機能の違いはあるものの、大きな違いはそもそも主として作るコーヒーの種類が違うということです。, ドルチェグストは「エスプレッソ」というコーヒーを作るのがメインです。エスプレッソは、圧力をかけて抽出したコーヒーです。噛み砕いていうと、ギューっと凝縮して作った濃厚なコーヒーとでも言った方がよいかもしれません。ブレンドコーヒーなどとは全く違う味わいです。, 「美味しいブレンドコーヒーが飲みたい」という目的であれば「UCCドリップポッド」の方が個人的にはおすすめです。, ドルチェグスト⇒ネスカフェ ドルチェグスト徹底解説!実際に使用した感想!【ジェニオ2 プレミアム 】, エスプレッソ理解するには実際に飲んでみるのがよいと思います。大体どこのコーヒーチェーンでも置いてあるので訪れてみるのもよいでしょう。ちなみに、ドトールコーヒーではショートサイズ220円から飲むことができます。(ドルチェゲストのものとは全然違いますので、あくまでエスプレッソとは何かを理解する上でのご参考までに), 「UCCドリップポッド」の魅力は、電源を押してから90秒で、手間をかけず本格的なコーヒーが飲めるところです。しかし実際のところはどうなのでしょうか?「UCCドリップポッド DP2」を使ってみました。, 「UCCドリップポッド」でコーヒーを淹れる手順を、おおまかにまとめてみました。実際に使用している感覚を掴んでいただければ幸いです。, ④湯量を設定して「COFFEE」「TEA」「GREEN TEA」で該当するボタンを押す, 実際に使ってみた感想ですが、とにかく手間はかからずものすごく楽です。コーヒーの粉を測る工程や、フィルターを洗うという工程もないため、億劫になって「本当はコーヒーが飲みたいけど我慢する」というような事態にはならないかと思います。スピーディーにコーヒーが出来ていく感覚はちょっとした快感です。, 僕は他に「キューリグ」というカプセル式のコーヒーメーカーを持っているのですが、起動時間が3分程かかってしまうのが「キューリグ」の難点でした。しかし、UCCドリップポッドの場合は電源を押して30秒ほどで、すぐにコーヒーを淹れられる状態になるところがとても良いです。操作性もシンプルなので、毎朝コーヒーを淹れることが負担にはならないと思います。, 片付けは、とても楽です。使用したポッドを取り出して捨てて、ポッドを入れているところを軽く水で注ぐだけです。特にコーヒーの汚れが目立ってついている訳ではないので、正直言って「洗う必要ないかも」と思ってしまうレベルです。楽です。, レギュラーコーヒーも淹れてみました。専用のカップに淹れて、ポッドと同じような要領でセットします。やはり飲み終わった後に、フィルターの粉を洗う手間がかかります。一度、カプセルを使うと、味の質も高いし手間もかからないので、カプセルを使うことがメインになるかと思います。, 「リッチブレンド」を飲みました。こちらはUCCのコーヒー鑑定士がブレンドを監修した、酸味を抑えたコクのあるのが特徴のブレンドコーヒーとのことでした。ドリップポッド定番の味わいです。, 「リッチブレンド」は家庭で飲む美味しいコーヒーというより、本格的な味わいが楽しめるコーヒーです。ナッツのような香りに、適度な酸味とコクのある味わい。バランスがよいです。これが自宅で手軽に飲めるという事に、コーヒーメーカーの凄みのようなものを感じてしまいます。店で提供されてもおかしくはないレベルだと思います。, 適正の抽出量が180mlということで、たっぷり飲める量であるにも関わらず、味が薄くないのがよいです。たっぷり本格的な味わいを楽しむことができます。個人的には味のクオリティは申し分ないように感じました。, ちなみに、もう1つの定番コーヒーである「スペシャルブレンド」も飲んだのですが、こちらの方はバランスが取れていて、本格的な感じというよりは、家庭で飲めるすごく美味しいコーヒーというような感じでした。コーヒーの種類によって違う味を楽しめるのも魅力。, 詳しい感想はこちら⇒ドリップポッドのカプセルは何種類?<飲んだ感想・定期購入(頒布会)はお得?>, 「UCCドリップポッド」の手に入れる方法は大きく分けると2種類あります。普通に本体を購入する方法と、UCCが実施している頒布会を利用する方法です。, 「UCCドリップポッド DP2」の入手方法として、amazonや店頭などで本体を購入して好きなポッドを自由に購入するという方法です。要するに普通に買うという方法。, amazonの価格によると(2018年2月現在)本体の価格は「ドリップポッドDP2」12560円。, ポッドは最もお得なリッチブレンドが8個入りで539円(1杯約67円)、ブルーマウンテンブレンド1036円(1杯約129円)となっております。, 「UCCドリップポッド DP2」の場合は、普通にamazonなどで購入するだけでなく「頒布会」という手段を使うことでお得に楽しむこともできるのです。, UCCドリップポッドを楽しむのには頒布会という手段があります。定期購入が原則となりますが、先程お伝えしたように普通に購入した場合よりも総額にすると1万円以上お得になります。, 頒布会では、DP2が無料でついてきて、月ごとに48杯分のコーヒーが毎月ご自宅に届けられます。, 月替わりコーヒーが16杯と、ブレンドコーヒー2種が32杯分。マシンが無料でついてきて毎月48杯のコーヒーが3900円(1杯約81円)で飲むことができます。スペシャリティコーヒーなどもお得に飲むことができるのです。, ちなみに、12ヶ月が経過するとマシンは自分のものになります。そこからは、48杯のコーヒーを2900円(1杯約60円)で飲むことができます。, ただ48杯分ということで、1日2杯飲む方や同居している方も飲まれる場合はよいのですが、1人で飲む場合だと少し多く感じてしまう方もいると思います。また、他にも色んなコーヒーメーカーの味をとっかえひっかえして楽しみたい方には不向きかもしれません。, ただ、UCCドリップポッドのコーヒーの味はクオリティが高く、人によるところもありますが、UCCドリップポッドだけを飲んでいても、とても充実したコーヒーライフを過ごせるかと思います。, 「UCCドリップポッド DP2」があると、自宅で手間をかけずに本格的なコーヒーを楽しむことができます。カプセルコーヒーも掘り下げて知っていくと、新たなカフェライフを過ごすことができて楽しいと思います。, <当サイトについて> 火加減を気にする必要もありませんし、ボタン1つで面倒な料理も作れてしまうのは便利以外の何物でもありませんよね。

uccドリップポッド(drip pod)公式サイト。厳選したコーヒーをプロのハンドドリップの味わいでたのしめるコーヒーメーカー・マシンの「ドリップポッド(drip pod)」はこちらから。限定品のスペシャルティコーヒーから、鑑定士のブレンドまで、約20種類から一杯ずつ選べます。 ドリップポッド dp3 [ホワイト] ucc 上島珈琲. そこで、ドリップポッドdp3とdp2の違いを調べてみました。 dp3とdp2はコーヒーの抽出方法は同じです。 専用カプセルを使ってコーヒーを楽しめます。(通常のドリップした粉からでも大丈夫) dp3になって変わった点. 今回はカプセル式のコーヒーメーカーである「uccドリップポッド」を紹介させていただきます。 「カプセル式のコーヒーメーカーとは何か?」ということから「uccドリップポッド」の「dp2」の評判や実際に使用した感想など、コーヒーチェーンを中心に年間1000回カフェに通う私が、徹底的に … だからこそ私は、休憩時間を決めて自分で自分を存分に甘やかす時間を設けることにしています!!